arsenal seveile

茅ヶ岳(登山口~分岐)


まいたびで。新緑とヤマツツジを愛でる薫風登山v
左の茅ヶ岳と右の金ヶ岳がセットで「なんちゃって八ヶ岳」
正確には江戸後期に八ヶ岳と混同され「にせ八ツ」と呼ばれたらしい
両方ともに約20万年前前後に活動した安山岩質の火山である
c0051781_16243477.jpg

登山口の近くにある公園
c0051781_16284493.jpg

逆コースかピストンでここへ下りたら四阿で一休みかな
c0051781_16285787.jpg

早速にミツバツツジがお出迎え
標高が低いところのツツジはオレンジ
c0051781_16315903.jpg
c0051781_16314797.jpg

何の花でしょうこれ
植物博士がせっかく名前を教えてくれたのにメモらないから
前回も今回も添乗員さん二人とも植物に詳しかったです
c0051781_16384290.jpg

石や岩ゴロゴロの歩きにくい山道だけど
階段よりずーーーっといいです(笑)
c0051781_16395709.jpg

神経細胞の次に好きなのが
下から見上げる樹木の青葉v
c0051781_16391683.jpg
c0051781_16390177.jpg

日だまりにケルンが~(たまたまだろう)
c0051781_16394537.jpg

巨岩に樹木が根を張っていた
枝まで張りだして逞しいこと
岩を支える枝まであるよ(^.^)
大きく丸く抉れているのはどうしてなのかな
c0051781_16401416.jpg

ものものしいテープで通行禁止の女坂
c0051781_16471367.jpg

ここから急登のはじまりということで
「ストックはしまってくださーい」 リーダーの叫びを伝言ゲーム
(そうそう伝言では植物の新種をつくらないように、と・笑)
c0051781_16474674.jpg

女坂は柱状節理になっているそうです
足下危うい岩場からギリでチラ見え(もっとはっきり見たーい)
坂というより岩の壁
しかも上の方が迫り出している(そういうのなんて言うんだっけ・笑)
c0051781_16481228.jpg

ヤセ尾根の急な岩場を姐さん二人は(あたしの前)
前後でなんだかんだとお喋りしながら足裁きも軽快の余裕(羨ますい)
植物博士でもありカメラマンでもあったので丁度いい案配v
というわけで分岐でいったんあげます
c0051781_16483143.jpg
c0051781_16485092.jpg

# by elsur147 | 2018-05-17 21:05 | yama | Comments(0)

閑話休題


ぶれちゃったけど登山道で見つけた春蟬の抜け殻(笑)
どうして葉っぱの上で抜けているのか
大合唱がすごいのなんの
ヒグラシの鳴き声に似ていて一瞬もう秋かと思ったくらい
c0051781_00313171.jpg

本日のコースは茅ヶ岳~金ヶ岳で休憩含めて約五時間
(登山口にあった看板の写真)
c0051781_00314462.jpg

じゃまた~
# by elsur147 | 2018-05-17 00:50 | yama | Comments(0)

今日の山頂

c0051781_12294032.jpg

茅ヶ岳(山梨県北杜市) 1704m
深田久弥氏 永眠の地
正面の山はこれから目指す金ヶ岳
# by elsur147 | 2018-05-16 12:29 | Comments(0)

家チカのビオトープ


近くもない、西船橋から武蔵野線で二駅
大寝坊のピーカンはぶらっと大町に行ってきた
(信濃大町ならいいのにねえ)
職場の特養の裏手というか
どっちが表だか分かりませんが(どうでもいいです)
市川大野駅から徒歩40分少々(バスの便すこぶる悪お)
大野ときたら越前大野、と(カンケイない)
大町自然観察園(観察園は動物園の奥の院・笑)
c0051781_21033269.jpg
c0051781_21034495.jpg
c0051781_21035608.jpg
c0051781_21041122.jpg

視界が開けるとこの景色v
なんちゃって室生の竜王ヶ渕
c0051781_21042709.jpg

バラ園はぱっと見は色とりどりが鮮やかで
わ~~~っと感激してみるのだが
近くで見ると大振りすぎてかわいげがない(^^;)
大輪なら牡丹や芍薬の方が好きだな
ふと神代植物園の圧巻を思い出したが
あの辺まで行って山登りしないのも口惜しいような...
c0051781_21053801.jpg

「サハラ」という品種
黄色からオレンジに変わるらしい
c0051781_21302915.jpg

バラより水辺の景観がナイス
水は湿地帯を縫うように流れてきている
c0051781_21305580.jpg
c0051781_21320462.jpg
c0051781_21311776.jpg
c0051781_21324170.jpg

湿地は細長い地形を南北に伸びていて
遊歩道は東と西に設置されている(ぐるっと一回り)
c0051781_21465455.jpg

なんちゃって尾瀬
c0051781_21471717.jpg

日当たりの良いベンチで一休み
せせらぎと風のそよぎと緑のざわめき
時間を忘れてしまえる至福v
c0051781_21474402.jpg
c0051781_21480172.jpg

日陰はものすご~く涼しいです
c0051781_21482022.jpg
c0051781_21573882.jpg

こんこんと湧き出ていた
芽吹き前はもっとよく見えるのだが
c0051781_21575848.jpg

トカゲがちょろちょろしていた
水の中にもいろいろいたよ
ウシガエル以外はみんな静か(笑)
c0051781_21581647.jpg
c0051781_21583712.jpg
c0051781_21590384.jpg
c0051781_21592714.jpg
c0051781_21594463.jpg
c0051781_22000760.jpg

遠くからはわざわざは来ない
アクセスもよくない
車だすならもっと遠出するのかもしれない
というわけで。人もまばらなオアシスである

明日は茅ヶ岳v
# by elsur147 | 2018-05-16 00:31 | etcetra | Comments(0)

母の槍(古写真)


登ってみたい槍ヶ岳は今年も無理です
夏は白山に行けるだけ行きたいから(^^;)
七月と八月の週末は早々と満室マークがついていたので
バス便との相談はあとまわし まずは部屋の確保(室堂)
部屋というより畳一畳分のスペース確保です(笑)
花の盛りに二連泊とお盆過ぎと秋

里帰りしたとき父と山の写真を整理しながら
「あの赤いの何?誰か登ってんの?」  「ママだよ」(げっ=3)
c0051781_21150988.jpg

これは白馬のお土産で今も使っている手鏡(年季入りv)
c0051781_21145562.jpg

ちょっとに鏡が外れてダンナが直してくれたんだけど
接着剤が強すぎたのか
黒ずんだ物が沁み出てきて気味の悪いことになってしまった
「こりゃダメだな、諦めて新しいの買って下さい」
「白馬まで行って?」 (ふくれっ面してただろうな)
「は?」 「母が白馬で買ってきたんだけど(-.-)」
それに対しては何も答えず 「しばらく預からしといて」 と。
どこからかサイズの合った鏡を調達してきた(すいませんねえ)
お陰様で外に持ち歩けなくなってしまった(棺桶に入れてもらおう)
c0051781_21154514.jpg

この頃に戻れたらなーーー
c0051781_21160139.jpg

# by elsur147 | 2018-05-09 01:07 | sato | Comments(0)



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31