arsenal seveile

<   2018年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

南竜ヶ馬場から展望歩道を登る紅葉天国(10/8)

ここもこの先も
天国みたいなところですホント最高~
柳谷と万才谷
c0051781_20483047.jpg

先月はガスで真っ白だった景色がクリア
南竜山荘から南西に開けた高原大地(2,080m~2,100m)
c0051781_20490678.jpg
c0051781_20494762.jpg

谷にほとばしる水音も素晴らしい
ここは白山と別山の鞍部
白山山頂から噴出した火山岩で形成されている
c0051781_20502136.jpg

南竜ヶ馬場
c0051781_20505025.jpg
c0051781_21135963.jpg

木道のベンチでお昼ご飯をたべながら
別山を眺めたり南竜道を振り返ったりしていた
c0051781_21141831.jpg
c0051781_21145348.jpg
c0051781_21151100.jpg

白山へ至ル天国の木道
c0051781_21152910.jpg
c0051781_21154921.jpg

パッチワークのような紅葉がきれい
c0051781_21444317.jpg
c0051781_21454173.jpg
c0051781_21472002.jpg
c0051781_21474857.jpg

おおシラビソが青空に映え美しく屹立
c0051781_21502416.jpg

天国の谷間で
c0051781_21524909.jpg

シャツとタオルと顔を洗っていた人
c0051781_21595110.jpg

ナナカマド
c0051781_22292556.jpg

谷を見下ろし山を見上げつつ登る道
c0051781_22302170.jpg
c0051781_22315447.jpg

天然アートなオオシラビソ
c0051781_22352316.jpg

展望台そろそろかな、と思わせぶりな
何度目かのカーブ(笑)
c0051781_22362239.jpg

アルプス展望台
谷間の南竜山荘はお日の出を拝めないので
ここに来るのが最短とはいえ登りであるよ
c0051781_22370464.jpg

雲が横断しているあたりが北アルプス(さすがお高い)
c0051781_22483525.jpg

御前峰がちょこっとお目見え(*^^*)
c0051781_22513296.jpg

オレンジの濃淡ナナカマド
暖色だなーとしみじみ感じる
c0051781_00235290.jpg
c0051781_00242659.jpg

さっきまでいた展望台がずいぶん下
雲の隙間から御嶽山がチラっと見えた
c0051781_00262938.jpg

荒削りな道を上っていくのも楽しい
c0051781_00275605.jpg

ここを登りきれば室堂までずっと
御前峰を眺めていられるv
c0051781_00284616.jpg


by elsur147 | 2018-10-15 23:27 | yama | Comments(0)

白山を登る紅葉(10/8)

まったく北鉄登山バスったらもう~
台風の影響で運休を決めこんだら晴れてもテコでも動かない
父が伝手を頼って車を手配してくれたのが有り難いやら情けないやら
登山口まで自力で行けなかったということが、はい~
(あたしとしては公共交通機関は自力に入る ^^;)
もっとも下山も似たような...
いえ下山は奇遇な出合でヨシとする、と(ご都合解釈)

とういわけでバスが運休になった為、マイカー規制は解除されたが
登山口の駐車場から溢れた路上駐車が凄い列をつくっていた
c0051781_23250657.jpg

路上も限界になると市ノ瀬まで戻され徒歩となる
(5.5km 舗装路の急な登りを九十九折り=3)
市ノ瀬に交通規制の係員が出ていたよ
わたしらも止められたけど車は戻りますので通過オツケー
登山口までの舗装路を歩くのも貴重な体験
c0051781_23252096.jpg

来たー(自宅発7:00 出合着8:08)バスよりうんと速かった
c0051781_23253107.jpg

運休の影響でか登山客が超超少ない\(^^)/
近県や地元のマイカーは夜明け前のスタートが大半
別当出合登山口 (1,260m)
c0051781_23260699.jpg
c0051781_23261818.jpg

登りはじめは金の森
高度が上がるたびに紅葉が増していく
青空と眩しい日差しの元
快適な登山でシアワセでした(*^^*)
c0051781_23272598.jpg
c0051781_23275557.jpg
c0051781_23280896.jpg

中飯場(1,500m)
砂防工事が人力で行われていた時代の宿舎跡です
c0051781_23282222.jpg

毎度、階段式の柳谷砂防堰堤群や柱状節理が圧巻
この時期は枯れているはずの不動滝は瀑音ゴウゴウ
逆光になってしまってうまく撮れない
c0051781_23285144.jpg
c0051781_23290568.jpg
c0051781_23302887.jpg
c0051781_23311749.jpg

お気に入りの場所でお気に入りのダケカンバ
いつもこの辺りは登り渋滞で止まれなかったり
いえ止まろうと思えば止まれるんですけど
追い抜かれたくないんですよね(^^;)
c0051781_23314505.jpg
c0051781_23320121.jpg

「別当大崩れ」という地滑り斜面と堰堤によって蘇った樹林たち
c0051781_23325510.jpg
c0051781_23331992.jpg
c0051781_00005359.jpg
c0051781_00010901.jpg

中飯場と同じく宿舎があった高飯場(1,940mくらい)
c0051781_00182350.jpg

そこからすぐの甚之助避難小屋も高飯場(1,960m)
c0051781_00185768.jpg
c0051781_00210569.jpg

屋根の向こうは南竜分岐と弥陀ヶ原が広がる高原
甚之助でお腹いっぱいにすると分岐までの登りがキツイ
c0051781_00203325.jpg

南竜分岐(2,100m)
c0051781_00214469.jpg

眼下の甚之助避難小屋が見えるかなー
赤い小さい屋根がそれです
片方が白いのは先月の台風で飛んでしまったから
とりあえず影響なさそうだから直していないんやと(^^;)
白い舗装路は砂防工事の専用路
それを眺めるのも砂防新道の醍醐味と思う
c0051781_20543731.jpg

南竜道では、またしても見忘れてしまった
南竜へ向かう先 40m は谷側へ傾斜したヤセ尾根のところへ
大きな露岩を乗り越える箇所が多くて緊張のあまり
気がついた時は戻る気力なく、帰りに、と思うのですが
砂防新道を下ると、南竜分岐をあっさり通過してしまう
南竜からの登りは急なので、当然下りは急降下
気がついたら甚之助というわけです(笑)
来年こそーーー
谷間の叢に隠れた初期の堰堤を見つけるわい
c0051781_00231107.jpg

では南竜の谷間へ下りましょう
明日は山頂部から遠出が出来ない
(白峰発バス14:30 まで歩いて戻らねば、の予定でいた)
午後はガスが出やすく日の入りも早い当日の遠出はアブナイので
谷周りでノンビリ登ることにした
c0051781_00270647.jpg

当初の予定は別当出合15:30
「遠出」とは
お日の出を碧ヶ池で拝んでお花松原に行く予定でいた
(室堂から大汝峰の鞍部を中宮道方面へ往復約6時間)
ちょーどいい感じだったんですけどねえ...

by elsur147 | 2018-10-14 22:04 | yama | Comments(0)

報恩講の里帰り(10/6~7)

なむあみだぶ~
c0051781_00462059.jpg

二日目の最後は正信偈を唱える
檀家さんも一緒に心を一つに
報恩講で一番好きな瞬間である
c0051781_00474817.jpg

ご飯がすすむ粕漬けは父のお手製
c0051781_00462860.jpg

檀家さん(98歳)手作りの笹寿司は酢飯具合が絶妙
毎年楽しみにしているのであります
こちらは表。白海老をあしらってあるのもすごいなと思う
c0051781_00480036.jpg

裏面は鯛の粕漬けと甘酢でしめた大根
(鯛の他にしめ鯖とおアゲと鮭)
c0051781_00481499.jpg

スパッツを忘れたので松任のスポーツショップまでひとっ走りの帰り
台風25号が抜けた後の影響がまだ残っていた
c0051781_00465859.jpg
c0051781_00470618.jpg
c0051781_00471512.jpg

登山バスでるかなー
c0051781_00472466.jpg

出ませんよ
台風の影響で運休~
c0051781_00473633.jpg

さてどうするって話で
白峰から徒歩18.6km(どひゃーって感じ)
獅子吼に登ってもな~
山行まで一日猶予があったので
富山へ出て立山!という手もちらっと浮かんだのだが...
石にかじりついて白山に登ったのである(笑)

by elsur147 | 2018-10-12 02:00 | sato | Comments(0)

無事下山

c0051781_17125679.jpg

とっくにしてます(お昼前 ^^;)

下りたら顔馴染みの姐さんにバッタリ出会って残ったお菓子やら食べながらその場でお茶会というか反省会というか登山口でゆっくり骨休みしたせいか、いい天気やし時間も早いしもう一回登って下りて来られるね、な〜んて\(^o^)/

今年最後の白山、沢山見納めしてきたよ(*^-^*)
by elsur147 | 2018-10-09 17:12 | Comments(2)

お日の出

c0051781_774599.jpg

碧ヶ池から 5:55 でした
右の稜線は剣ヶ峰
by elsur147 | 2018-10-09 07:07 | Comments(0)

今日の山頂

c0051781_16241864.jpg

誰もいません
独り占め(*^^*)
by elsur147 | 2018-10-08 16:24 | Comments(0)

青空〜

c0051781_14552278.jpg

極楽極楽\(^o^)/
by elsur147 | 2018-10-08 14:55 | Comments(0)

じき室堂

c0051781_1411193.jpg

南竜道から谷へ下りて展望歩道を登ってきたよ。這松が腕にあたるとフサフサして気持いいです。御前峰のスリバチはこのコース限定の眺めでしょうか〜
by elsur147 | 2018-10-08 14:11 | Comments(0)

青空と稜線

c0051781_10372393.jpg

甚之助避難小屋の屋根と室堂平
by elsur147 | 2018-10-08 10:37 | Comments(0)

一の鳥居

c0051781_8265292.jpg

ではでは行って参りますv
by elsur147 | 2018-10-08 08:26 | Comments(0)



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31