arsenal seveile

<   2018年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ふるさと白山

鶴来支所前にて(日御子から自転車で来た)
マイザックは父の荷台に乗せて(^^;)
登山バスそろそろバス来るかなって頃
c0051781_17474852.jpg

期間運行で便も少ないので土日は大変そう
宿も室堂と南竜ヶ馬場しかない(他はテン張るか避難小屋)
いえいえ しかなくて アクセス困難でいいんです
c0051781_17475926.jpg

道の駅 「しらやまさん」 でトイレ休憩
c0051781_19085528.jpg

あたしは出発準備よりこっちが先
今年も来たよ(わーい\(^o^)/)
c0051781_17522938.jpg
c0051781_17524771.jpg
c0051781_17525988.jpg

吊り橋の下は土砂災害を食い止める砂防堰堤群
c0051781_18070325.jpg

サクサク登ってあっという間に中飯場
c0051781_19264567.jpg

甚之助谷と不動滝(離れていても爆音が凄い)
c0051781_18123604.jpg

堰堤の説明(横着)
c0051781_18130357.jpg

目に映る全てに愛着を覚えながら登る道
c0051781_18201265.jpg
c0051781_18493660.jpg
c0051781_18510603.jpg

日光千手ヶ浜が命名の由来とされるセンジュガンピ
c0051781_18204645.jpg

ガスガスの別当大崩れ
c0051781_18500636.jpg

岩石に閉じ込められた丸石たちは
まだ日本海がなかった昔昔の
大陸が日本と続いていた頃の
先カンブリア期のオーソコーツァイトかしら~
去年も今年も行きも帰りも目を奪われる気になる石です
c0051781_18503622.jpg

あっさりと甚之助避難小屋に到着
早寝の効果かな(これ大事^^;)
c0051781_18514929.jpg


by elsur147 | 2018-07-31 23:32 | sato | Comments(0)

小出し七倉

唐突にすみません
下の画像は大汝峰から七倉山へ向かう途中
片側が激しく崩壊している山は七倉山
すさまじさに目がくらみそうでした=3
山肌の細い筋が見えますか?
あれを進んで七倉山と四塚山に登りました
四塚山は画像からは見えません
背後で存在を主張している雪渓を抱いた山は名も無き山
c0051781_23273467.jpg

いやあ我ながらよく歩いたなと思って(^^;)
ハイマツ帯を戻ることを考えると気が遠くなりそうでしたが
満足感で足取りは軽くなるものです(*^^*)
ではまた~
by elsur147 | 2018-07-27 23:56 | yama | Comments(0)

日御子界隈(7/22)

鶴来の「道の駅」まで自転車でひとっ走り(白山に登る前日)
c0051781_20230966.jpg
c0051781_20222673.jpg

西鶴って何でしょう
以前にも不思議に思って書いて忘れている?
だとしたら今回も同じパターンだな
でもとりあえず来月と十月の里帰りではないよ(笑)
c0051781_20223666.jpg

手取川七ヶ用水の給水口
c0051781_20224623.jpg

勢いよく流れていく用水は場所によっては目の高さ(こわい)
c0051781_20225677.jpg

弓形の擁壁すごいな
あそこ舟岡山だよね(誰も知りませんよ)
上から崩れてきませんかね
c0051781_20241788.jpg
c0051781_20240691.jpg

手取川の和佐谷橋を渡ると「道の駅」"しらやまさん"
橋の途中から能美市になる
c0051781_20231942.jpg

低山ながら西に向けて展望バツグンの獅子吼
c0051781_20233780.jpg

鶴来の "おししサイクル" と命名されているレンタサイクルは無料
でもここは能美市(@.@)
道の駅は白山観光情報センターと白山室堂予約センターを併設
で。登山道の様子を聞きに来たのでした(主峰の裏山とか ^^;)
でもここは能美市(はいはい)
c0051781_20235134.jpg

午後から出直して松任地区へ(日本海寄り)その帰り
あれに見えるは
c0051781_20242807.jpg

こしのしらやま~(白いのは雲です)
c0051781_20244112.jpg

実家から数分のところでも山頂部が見えていた(珍)
c0051781_20245417.jpg


白山は豪雪のおかげで雪解けが遅く雪渓も多く残っていました
夏道が埋もれている箇所で迷ったらしい踏み跡も多々
そんなで花の開花も遅れ気味
やっと春が来たのね~と感じるエリアも多かったです
春の小川はさらさら行くよと歌いたくないような 御前峰の裾野↓
c0051781_22022298.jpg
ハクサンコザクラとミヤマキンバイ、緑の葉っぱはコバイケイソウ↑
春の小川は雪解けの流れ

by elsur147 | 2018-07-26 22:25 | sato | Comments(0)

奥多摩のタマアジサイのタマオ

山の話は。馬頭刈尾根越えの大岳山に遡ります
山頂で右手前に見えている山は御前山
運が良ければ正面に富士山や大菩薩嶺など
c0051781_08254145.jpg

山頂直下で楽しいのが岩や根っこを掴みながらの岩場越え
こうした岩場でいつも思い出すのが
映画 「ピクニックatハンギングロック」
(オーストラリアの岩場で神隠しにあった少女達のミステリー)
どこからかパンフルートの調べが聞こえてくるような
映画で見た岩場のシーンを思い出すから(単純)
c0051781_08232463.jpg
c0051781_08243998.jpg

大岳神社の境内に面白い岩があったよ
c0051781_08272046.jpg

お気に入りの分岐というか
ほっとする瞬間
c0051781_08264942.jpg

先はサルギ尾根(養沢神社から分岐まで山二つ越える)
c0051781_08263141.jpg

鋸山の天聖様が座っていたと伝わる腰掛け杉
今でも大岳に向かう参拝者を見守っているに違いない
c0051781_08293360.jpg

足をブラブラさせているのかな~
c0051781_08294574.jpg

さてタマアジサイのタマオは
そのうちゆるきゃらが登場しそう
c0051781_10222438.jpg

坊主のタマオがツボミ盛り
c0051781_08311694.jpg

しみじみと植物の不思議を感じる
c0051781_08275987.jpg
c0051781_08284198.jpg
c0051781_08305177.jpg
c0051781_08302925.jpg
c0051781_08322103.jpg

大きな花びらはダミーなんだって
c0051781_08323215.jpg
c0051781_08324833.jpg

外側の花がダミーといってもバレバレ(^.^)
c0051781_10071631.jpg

神代欅は御嶽神社参道の微妙な位置に鎮座
心臓破りの急坂の角
やっとの思いで上ってきて角を曲がると
更に胸を突くような上り坂が待っている
ここで一呼吸置くから皆に気づいてもらえるよ
c0051781_08330545.jpg

なんか尻切れトンボだけど大岳山行はこれにて終了~
by elsur147 | 2018-07-26 18:54 | yama | Comments(0)

無事下山

c0051781_14461379.jpg

白山開山1300年の記念パネル
一年更新されてたよ
私の記録はあと何年更新できるかな
ありがとう砂防の吊り橋
また来月(*^^*)
by elsur147 | 2018-07-25 14:46 | Comments(0)

御前峰と御宝庫

c0051781_1505452.jpg

裏の(北側)稜線から
by elsur147 | 2018-07-24 15:00 | Comments(0)

今日の山頂

c0051781_8203457.jpg

大汝峰の手前は避難小屋
奥が大汝神社
広々とした山頂はまるで高原
by elsur147 | 2018-07-24 08:20 | Comments(0)

県花

c0051781_6595411.jpg

クロユリ
花盛りは蜂を追い払うのが大変=3
by elsur147 | 2018-07-24 06:59 | Comments(0)

御来光白山

c0051781_20524962.jpg

お日の出白山
by elsur147 | 2018-07-24 04:57 | Comments(0)

今日の山頂

c0051781_15383959.jpg

後ろは我が母なる大汝峰(*^^*)
by elsur147 | 2018-07-23 15:38 | Comments(0)



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.