arsenal seveile

カテゴリ:sato( 217 )

はじめに石川郡があった

手取川流域を含む北陸地方は
世界で最も低緯度にある豪雪地帯だそうだ
2702mの急勾配を流れる雪解け水に関係している
この辺りの用水路はいつ来ても凄い水量だよ
(これでも調整しているそうだ)
c0051781_22171557.jpg
c0051781_22174534.jpg

天気がめまぐるしく変わるのもいつものこと
日御子は平成の大合併で白山市日御子町となったが
昔は 「石川郡鶴来町日御子町」 だった
(つるぎまち ひのみこちょう) 
c0051781_22181899.jpg

何が言いたいかというと(笑)
石川県は
はじめに石川郡が出来て
後に石川県となった
c0051781_22225990.jpg
c0051781_0142085.jpg

場所は変わって ここは三年前の鶴来
c0051781_21564511.jpg

白峰で白山下山仏を安置しているお寺さんを訪れた帰り
c0051781_2281810.jpg

手取川十八講河原へ行ってみた
c0051781_2284264.jpg

石川郡の由来は 読んで字のごとし 「石の川」
白山の源流部から大量に運ばれてきた石が
勾配が緩やかになったエリアに扇状地を作ったのだ

とりわけ長旅だったのがオーソコーツァイト(正珪岩)
現在の日本列島には存在していない
ユーラシア大陸で生まれた石だそうで
大元は先カンブリア時代の砂漠とか
隆起にまつわる話は割愛させていただきます
(ジオジャパン等ご覧ください^^;)
そのオーソコーツァイトが河原で見られる
c0051781_227779.jpg

向こうは金沢方面
c0051781_22103442.jpg

石ころ探しも石を渡り歩くのも楽しい河原
c0051781_2293138.jpg

オーソコーツァイトは白山登山道でも見られるもよう
いわれてみれば
大きな岩肌にツルツルした白い礫があったような
夏はせっせと登って注目するどころではなかったが
今度は気をつけて観察しよう
足下の岩には
植物の化石や恐竜の足跡も残っているとか
見つけられるかな
c0051781_2336788.jpg

ちなみに金沢は金の沢(money)
犀川流域では今でも砂金が出るらしい
それはそれで凄い話だ

今年八月の日御子にて 空もよう
c0051781_020525.jpg
c0051781_0193341.jpg
c0051781_0181819.jpg

by elsur147 | 2017-10-04 00:27 | sato | Comments(0)

マイ自転車

田舎でちょこっと出かけるときのために
野々市のリサイクルショップで入手v
スタンドがないので寄りかからないと倒れます(^^;)
これで市ノ瀬まで行ってみたい
c0051781_23384516.jpg

by elsur147 | 2017-09-19 23:48 | sato | Comments(0)

別当出合の忘れ物

観光新道を下りてきたとき
あたしが上った反対側の
砂防新道から下りてきたかた
狙ったわけではなく
写真に誰かが写っていると
印象が濃くなる
思い出をありがとう
c0051781_22274752.jpg

PCに置き忘れた画像でした
じゃねv
by elsur147 | 2017-09-19 23:37 | sato | Comments(0)

下山は観光新道で最終章

とは言っても観光用に出来た新しいルートではなく
白山信仰は千年以上の歴史をもつ 「越前禅定道」 の一部
砂防新道に比べると 上りはキツく 下りは怖い(笑)
c0051781_2115118.jpg

黒ボコ岩 (火砕流で運ばれた火山弾=3)
c0051781_2116151.jpg

これもきっと火山弾
c0051781_2117429.jpg
c0051781_21172548.jpg
c0051781_21183961.jpg

泰澄大師が悪蛇を千匹埋めたと伝えられている
そんな伝承があるくらいの、いつからここにあるのだろう
画像では分かりにくいけど巨大なケルン
c0051781_21195461.jpg
c0051781_21221982.jpg
c0051781_21312580.jpg

ここどーでしょー 突き当たり 先になにもないよ
c0051781_21315438.jpg

なんちゃって 左へ下りる道が続いていますが
風が強いときはおっかなそう(というより下りてはいけない)
今までこんな尾根に出会ったことない ちょと休憩
c0051781_21564342.jpg
c0051781_223451.jpg

斜め(笑)
c0051781_2261496.jpg
c0051781_229098.jpg

観光新道下りるんやったら 「馬のたてがみ」 気ぃつけんと
今日は風がないさかい大丈夫やけど おっこちんようにな って
黒ボコ岩で出会った60台後半位のオバ様が忠告してくれた
c0051781_22494793.jpg

おば様は室堂平で一羽だけ発見された雷鳥を見たくて
ちょいちょい登ってくるらしい(滑落してヘリ救助もあったと)
とびきりの笑顔が忘れられない
靴こそ登山靴でしたがあとはもろ農作業の出で立ちで
生きている間に雷鳥を見たいと語っていた (どちらが?^^;)
c0051781_22573640.jpg
c0051781_23101124.jpg
c0051781_23102844.jpg

下りてきた道が圏内
c0051781_2311125.jpg

台風5号で転がってきたらしい岩の塊が 
やせ細った尾根道を塞いでいた
山側の岩の隙間をおそるおそる=3
c0051781_2312937.jpg
c0051781_23285833.jpg
c0051781_23291769.jpg

ここからアップダウン多々ありの
沢の水が流れる超狭い岩場ありの
(お陰で靴底きれいになった)
クマザサありのの 激下り=3
c0051781_23294752.jpg

帰ってきた(やはりほっとするもんです)
c0051781_2330774.jpg

<白山信仰>
白山を水源とする手取川(加賀)、九頭竜川(越前)、長良川(美濃)
それぞれの流域で形成されていき、それぞれに登拝の馬場がある
白山山頂はもちろん登山道からも生成や噴火
近年の災害の歴史もみてとれる
小さな石ころ一つも慕わしい白山王国vvv
by elsur147 | 2017-09-19 00:35 | sato | Comments(0)

名残惜しくも白山下山

室堂の展望台で沈む夕日と日の出を拝むことも出来る
展望台に上がる歩道も荒削りである
室堂の広場も小ザレているので(そこがナイスv)
足下に気をつけないで歩けるところはない
c0051781_21333283.jpg
c0051781_2241423.jpg

弥陀ヶ原の白い木道が遙か遠くに思える
左:エコーライン/右:黒ボコ岩
c0051781_21354581.jpg

弥陀ヶ原から室堂は見えない
画像右の白い道が五葉坂
c0051781_2237267.jpg
c0051781_2239936.jpg

名残惜しくて
後ろを振り返ったのはここが最後
下山する一人一人を見送ってくれる
御前峰は父だと思った ふるさとの山(*^^*)
c0051781_22392752.jpg

父が御前峰で母が大汝峰で弟が剣ヶ峰あたしは
御前峰の端っこひっついてる御宝庫(おそれおおいわ)
by elsur147 | 2017-09-17 23:26 | sato | Comments(0)

室堂平にクロユリを探して

ご来光から下山まで時間がたっぷりあったので
這松平(室堂平だっつーの)を散策していたら
c0051781_2231859.jpg

諦めていたクロユリがまだ咲いていた(初めて見た)
c0051781_22385100.jpg

クロユリがいそうな場所を探して
背中と腰を丸め
婆スタイルか農作業かってスタイル
背が低くて俯いて咲くから撮るの大変
シナノオトギリのうんと下の方にカパッと咲いてる
c0051781_23184074.jpg

後ろ向かなくてもいいだろう~
c0051781_22383677.jpg

でも朝露に濡れてそっと咲いているの綺麗でしょ
こんどはそっち向くかい ばかにしてもう(^^;)
c0051781_2239284.jpg

そんならあんたの弟切とツーショットでどーでしょー
c0051781_22401456.jpg

下りる途中で出会った人が
お花松原に行ったらクロユリの群生が見事でした と
しまったそっちだったか と(笑)
c0051781_23492467.jpg

来年はもうちょっと早く行くから
(となると咲いてないんだきっと)
さそろそろ下りるかね
by elsur147 | 2017-09-17 00:03 | sato | Comments(0)

白山お池めぐり(2)アルバム

大小あわせて七つの火口湖は
季節や時間によって色が変わるようです
のんびり歩きました(*^.^*)v
c0051781_22455315.jpg
c0051781_2246103.jpg
c0051781_22462879.jpg
c0051781_224648100.jpg
c0051781_2247968.jpg
c0051781_22472639.jpg
c0051781_22474851.jpg
c0051781_22482511.jpg
c0051781_22484427.jpg
c0051781_2249462.jpg
c0051781_22505473.jpg
c0051781_22521262.jpg
c0051781_2383059.jpg
c0051781_2316945.jpg
c0051781_23171750.jpg
c0051781_23204125.jpg
c0051781_2321886.jpg

by elsur147 | 2017-09-16 00:13 | sato | Comments(0)

白山お池めぐり(1)

父なる御前峰から望む
たおやかな大汝峰は母のイメージ 
c0051781_177160.jpg

だとしたら
荒削りな剣ヶ峰は気むずかし屋の弟か
おいそれと顔を出さないことろも含めてな
(ホントめんどくさい奴だよ ^^;)
c0051781_1781495.jpg

夜明け前の登山道はヘッドランプの列がきれいだった
巡礼のようだった
(現実は温度差で脱いだり着たりが忙しい)
ご来光の奥宮をあとに
火口湖のお池めぐりに向かいます
c0051781_1801816.jpg

火口湖に下りるコースが分かりにくかったが
先を行く人が道案内 (おお そこを下りるのねv)
c0051781_19257.jpg
c0051781_1921845.jpg

すごい急なガレガレを黙々と下りる
c0051781_1923087.jpg

山小屋のスタッフが仕事の合間に積んだのでしょうか
パーティでも登山でそんなヒマはあるまい
c0051781_1924347.jpg

御前峰を下りて裏から見たとこ
下りてくる登山客が豆粒のようだ
c0051781_1925998.jpg

あれに見えるは剣ヶ峰の尾根筋だが
こんな中途半端なところでいったい何を撮ったのか
手前の岩が何かに見えたか?
c0051781_1931164.jpg

紺屋ヶ池とフカヒレ雪渓(雪渓にそんな名前はついていません)
c0051781_1934154.jpg

大噴火の崩壊地は不毛ではない
そこここに
短い夏を咲く花がいじらしかった
c0051781_1935518.jpg

by elsur147 | 2017-09-15 22:11 | sato | Comments(2)

ちょっと残念な御前峰のご来光

太鼓の音で目が覚めたけど
荷物をどうするかぐずぐずしてたら
出遅れた
ヘッドランプ不要だったよ(残念)
c0051781_2243099.jpg

よさげな場所は満席でした(笑)
写真は薄暗がりでブレてしまった
手がかじかんで設定いじる余裕がなかった
8/21 山頂 6°
10度切るとは聞いていたけどここまで寒いとは(ぶるぶる)
c0051781_22432213.jpg

ガイドも兼ねる神主さんが
あの岩に乗って(鳥みたいな) 「日供祭」 (にっくさい)
360°の展望から望めるはずの(^^;)
雄大な山山の名前を指で示しながら端から端まで
東から御岳、八ヶ岳、乗鞍、穂高とv (あと覚えてない)
c0051781_2243451.jpg

忘れられないのは
いちばん始めに紹介された白山のこと

「最高峰である御前峰v そして大汝峰と剣ヶ峰
南方の別山と三ノ峰を<白山五峰>と称します」
(言葉は正確ではないかもしれない)

そして太陽は槍から昇るのだそうだが
天に向かって突き出た槍は 雲だった(笑)
c0051781_22443350.jpg

あ~もーちょい
来た来たー
こんなもんかなー
てな具合に各々
雲の隙間から徐々に強まる光を拝んだのであります

あとちょっといいなと思ったこと
同室だった女性二人連れの片割れさん
「あたしはパスします、眠いんで」
何がいいなって
ご来光に拘らないマイペースなところが
あたしも特別拘ってはいなかったけど
せっかく来たし皆行くから(主体性がない ^^;)

山頂で寒がる登山客に神主さんは
「おそらくわたしが一番寒いです」 と
皆の笑いをとっていた(*^^*)
by elsur147 | 2017-09-14 01:02 | sato | Comments(2)

閑話休題(カエル目線)

田舎のテレビで全身が青というかマリンブルーというか
水色の雨蛙が話題になっていたので
うちの庭にもいないか探してみたけど いるわけない
c0051781_2119488.jpg

近づいたら逃げて微妙なところに掴まった
これも色素異変?なんか必死な様子(>.<)、
c0051781_21194333.jpg

お助け葉っぱを出してみた かわゆいvvv
c0051781_21201342.jpg

やれやれー
c0051781_21204238.jpg

by elsur147 | 2017-09-12 21:34 | sato | Comments(0)



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31