arsenal seveile

カテゴリ:sato( 227 )

母のザックに忘れ物

母が遺したリュックは三種類あって
季節や荷物に応じて使い分けているんだけど
これは春先と秋と、荷物が気持~ち多いとき用
何十年か前の karrimor (カリマー) だね
今時こういう配色って存在していない気がする
c0051781_22482975.jpg

で。昨日、山から帰って洗ってたらレシートが出て来た
今までにも何度か洗っていたのに奥にへばりついていたようで
ヒカリストアーを調べたら御殿場線の松田駅あたりだった
丹沢か箱根の外輪山でしょうか 21年前の12/10に(^.^)
c0051781_22484693.jpg

コンデンスミルクは手っ取り早い行動食だそうですが
母がチューブを吸い込む姿って想像できない(笑)
父も一緒のことだからイチゴでも持っていったんだろうな

by elsur147 | 2018-10-31 23:47 | sato | Comments(0)

金沢広坂通りにて(10/10)

白山下りれば熱さを忘れる(^^;)ではあるが
帰る日に父と一緒に金沢に出て撮った画像など

生憎の雨というか登山の二日間だけ奇跡的に晴れた
今は 「百万石通り」 と呼ぶらしい 「広坂通り」
c0051781_00323204.jpg

金沢カレーの元祖はコチラさま
c0051781_00303514.jpg

トンカツ、ハンバーグ、ソーセージの全部乗せ
トッピングはその場で揚げたて
ハンバーグもソーセージも揚げてます
揚げすぎて焦げ付いた部分がガリっと美味しい
山カップみたいのはヒヤタンの代わり
c0051781_00292748.jpg

父が「木梨憲武展に行って見ようか」と
金沢21世紀美術館で撮影オッケーの作品より
奥は「お手月」手前「のっ手いこー!」
c0051781_23105315.jpg

奥は「千手観音」手前は不明(メモがどっかに消えた)
とりわけ千手観音が
土門氏による唐招提寺の千手観音を彷彿とさせ
素敵でした(近いところは人が沢山いて撮れなかった)
c0051781_23113017.jpg

円形の美術館で地下に話題のプールがある(見たことない)
c0051781_23143283.jpg
c0051781_23151742.jpg

ふたたび広坂通り
あっちは兼六園
c0051781_23093322.jpg

あれなあに?前の石川県庁だよ
今はなんだったか教えてくれたけど忘れちゃった
c0051781_23081204.jpg

次の里帰りはお正月、明けかな
お店どこもお正月休みでタイクツでねえ
雪が降るといいな~
by elsur147 | 2018-10-26 00:51 | sato | Comments(2)

報恩講の里帰り(10/6~7)

なむあみだぶ~
c0051781_00462059.jpg

二日目の最後は正信偈を唱える
檀家さんも一緒に心を一つに
報恩講で一番好きな瞬間である
c0051781_00474817.jpg

ご飯がすすむ粕漬けは父のお手製
c0051781_00462860.jpg

檀家さん(98歳)手作りの笹寿司は酢飯具合が絶妙
毎年楽しみにしているのであります
こちらは表。白海老をあしらってあるのもすごいなと思う
c0051781_00480036.jpg

裏面は鯛の粕漬けと甘酢でしめた大根
(鯛の他にしめ鯖とおアゲと鮭)
c0051781_00481499.jpg

スパッツを忘れたので松任のスポーツショップまでひとっ走りの帰り
台風25号が抜けた後の影響がまだ残っていた
c0051781_00465859.jpg
c0051781_00470618.jpg
c0051781_00471512.jpg

登山バスでるかなー
c0051781_00472466.jpg

出ませんよ
台風の影響で運休~
c0051781_00473633.jpg

さてどうするって話で
白峰から徒歩18.6km(どひゃーって感じ)
獅子吼に登ってもな~
山行まで一日猶予があったので
富山へ出て立山!という手もちらっと浮かんだのだが...
石にかじりついて白山に登ったのである(笑)

by elsur147 | 2018-10-12 02:00 | sato | Comments(0)

南竜山荘(8/24)

雪国特有の分厚くて頑固な重い扉です
中扉があって互い違いに開けるようになっている

実家の玄関扉もそんな風だよ
引き戸の片側を開かないように止めてあるから
出入りするのにちょっとめんどくさいです

この扉は右側を引いて(左は締め切り)中扉は左側を引く
表で左右を間違え、ビクともしない扉の前で、
要らぬエネルギーを使ったわいと
損をしたような気がしたのはあたしならでは(笑)
c0051781_23292185.jpg

水洗トイレが屋内で洗面台は鏡もあってありがたかった
c0051781_21000908.jpg

野営場は沢を渡って少し登ります
c0051781_21002705.jpg

悪天候をものともぜずテン張る!!!
c0051781_21023985.jpg

野営場の自炊場かな
c0051781_21025413.jpg

ミヤマアキノキリンソウだと思う(葉っぱで推定)
深い山に咲く秋の麒麟草
c0051781_21115920.jpg

綿毛ちんぐるま
c0051781_21122994.jpg

雨脚が強くなってきたから宿へ戻りませう
デーンと鎮座しているのは火山弾かね
c0051781_21124357.jpg
c0051781_21132801.jpg

食堂で御夕飯
c0051781_21165073.jpg
c0051781_21162238.jpg
c0051781_21163340.jpg

予約は満室だったはずが雨でキャンセル?
なぜか10人部屋を独り占め\(^o^)/
c0051781_21170762.jpg

消灯まで読書(毛布巻いて即席背もたれ)
c0051781_21172493.jpg

それではお休みなさいませ~
by elsur147 | 2018-09-11 00:38 | sato | Comments(4)

サンセット日御子(8/24)

北海道地震の報道を無言で見ていたダンナが溜息ついて呟いた
「次は関東かも、それだとここら辺もダメだな、日御子へ逃げるか」

地震や噴火があると 「古代大和は宇陀から始まった」 という
宇陀のバイブル(松尾文隆著)の本文を思い出す
地球の表面積の、わずか千分の三程度しかない日本で、地震の発生する回数は一割強あるようだ。地球の表面を覆う地殻は十枚程度で構成されているが、そのうち四枚が日本の東・南海沖でひしめきあっている。

宇陀となんの関係が?と思われるかも知れないが宇陀は室生火山群である
本書に宇陀の水銀に関する話(一部要約)があって↓
なぜならば と前述の本文に続いている

往古から時代が下がって各地で発見された水銀は、主に中央構造線の走っている地域に集中している。水銀は火山の国にある鉱物であり、世界で地殻変動(地震)を起こす回数の最も多いのが日本である。

これを書くのに久しぶりに開いた
プロローグは何度読み返しても胸が轟く
長長と書いてきて何が言いたかったのかというと
いつどこでなにがおきてもおかしくないニッポン
明日は我が身と腹をくくってます、はい、、
がんばろうニッポン。。

日本海側:小松方面
沈む夕日は雲に隠れてしまっていたけれど
西に開けた扇状地の日の入りはゆっくりです
c0051781_01331958.jpg
c0051781_01334654.jpg

ここら辺の山の裏側はなぜか金沢市
獅子吼高原の上に月が出ていた
c0051781_01333032.jpg

ぶらりぶらりと
c0051781_01335965.jpg

夕日に照らされた雲が面白かった
黒い怪しいの 邪魔ですよ しっしっ
c0051781_01341136.jpg

鶴来が誇る銘菓 「獅子吼の月」 はこの風景から命名
c0051781_01343658.jpg

加賀市が発祥の 「8番らーめん」
(新潟から京都までを結ぶ国道8号線を往来するドライバーの為)
c0051781_01344928.jpg

普段ラーメンは全くと言っていいほど食べないのに
里帰りした時は無性に食べたくなってしまうのです
あたしも父も母も、ついでにダンナも、細麺で塩
c0051781_01350223.jpg

スマホ使いこなせないから困ったな
充電?はて?
いや昔はそんなものなかったと思えばいいのよ(居直り)
by elsur147 | 2018-09-07 21:16 | sato | Comments(0)

手取川河口(8/24)

白山行と母方のお墓参りを含めた里帰りは五日間
初日は手取川河口の小舞子海岸へ行ってみた
c0051781_21112637.jpg
c0051781_21113444.jpg

海岸は駅から歩いて五分ちょっと
なので駅前に防砂林があったよ
c0051781_21114431.jpg
c0051781_21122160.jpg

海門にワクワクしたいところだが
お天気がパッとしないのと
父とサイクリングした千里浜が眩しすぎて
あれ以来
どの海岸に行っても今ひとつ盛り上がらない
c0051781_21130746.jpg
c0051781_21133095.jpg
c0051781_21181872.jpg

ヒロハクサフジ(たぶん)
c0051781_21182958.jpg

いよいよ河口付近まで行ってみよう
斜面に白く点在しているのは百合の花
c0051781_21184915.jpg

歩いちゃイケナイところだったようです(^^;)
どんよりとしていて暗くてガッカリ
c0051781_21190062.jpg

荒川河川敷みたいになっている
あそこより数倍もいいけれど(完全なる身贔屓)
赤い橋はビューポイントの美川大橋
c0051781_21191199.jpg

海側を眺める方が広がりがあっていい
(水色の橋の下から上がってブラッと歩いて来た)
c0051781_21194273.jpg

美川大橋のたもと
赤い橋の欄干は茶色いのであった
橋は渡るより眺めるもんかな
c0051781_21200566.jpg
c0051781_21351953.jpg

日本海は手取川の到着地点ではあるけれど
蒸発した海水は季節風に乗って雪や雨となり
ふたたび川に戻るという旅の循環
ならばいつか見た川にまた出会えるのかも
あのとき見た川の水だと教えてほしい(不可能)
c0051781_21202792.jpg

山側は空気が澄んでいれば白山連峰が見えるのだが
白山は富士山より見える確率が低いのである(と思う)
北陸本線のトラス橋を通過しているのは
名古屋発の「しらさぎ」 か 大阪発の「サンダーバード」
カフェオレ色は前日に通過した台風20号の影響
c0051781_21360261.jpg

美川漁港に近く北前船を彷彿とさせるような
c0051781_23075169.jpg

ふたたび小舞子海岸へ(美川海岸というのかも)
c0051781_21363991.jpg
c0051781_21375366.jpg
c0051781_21381655.jpg

砂浜に砂利を運んできたのは手取川
白山の上流域から研磨されながら長い旅をしてきた石たち
c0051781_21413943.jpg

昔は白山道にあった石もここにあるのかも
c0051781_21442652.jpg

進入禁止用に置かれていた石(海岸の休憩スペース)
c0051781_21475167.jpg

お隣の駅まで歩きました(北陸本線)
蠍座のオンナが「あたしの駅よ」と主張しているらしいです(^^)
c0051781_21490949.jpg

西金沢で下りたら
ちっとも新しくない新西金沢で石川線に乗り換えて*日御子*

長旅お疲れ様の手取川
こんどはもうちょっこしきれいになってな(^^;)
c0051781_01261674.jpg
c0051781_01260388.jpg

by elsur147 | 2018-09-07 01:04 | sato | Comments(0)

閑話休題

先月末に里帰りした時の昼下がり
ちょっとこんもりした 森の辺りが実家です
c0051781_00554157.jpg

ブランド米ですかね、食べてみたいな
c0051781_00560114.jpg

怒涛の勢いで通過している台風21号です
四国や近畿にお住まいの方々はご無事でしょうか?
私は退勤時間が通過中で電車の運転見合わせ等あったんですけど
大幅に遅れていた武蔵野線がちょうど入ってきてラッキーでした
改札口にて 「電車動いてますか?」 「もう来る、急いでっ!」 「はいっ!」

夕方には白山市鶴来地区にも避難勧告が出たので焦りました
(職場のあちこちに大きなテレビがある)
同僚に断って父に電話したら
「いま台風が通過してんだけど何?」(^^;)
何って
心配してかけてんのにねえ...
by elsur147 | 2018-09-05 01:16 | sato | Comments(0)

北陸鉄道石川線

金沢市の野町と白山市の鶴来を結ぶローカル線
東急電鉄の払い下げかな(京王線のもある)
c0051781_22385768.jpg

金沢で北陸本線に乗り換えて一つ目が 「西金沢」
石川線に乗り換える 「新西金沢」 駅 全然新しくない(^^;)
c0051781_22403832.jpg

風よけがものすごい年季入り
大雨だと音も凄いんだろうな
バラバラバラーって感じですきっと
c0051781_22405620.jpg
c0051781_22413081.jpg
c0051781_22411544.jpg
c0051781_22415850.jpg

扇風機はまわるたびにグルルルと音を立てていた
c0051781_22421792.jpg

石川線は古い車両ほど愛着を覚える窓枠のサビにも
あたしはエアコンあまり好きじゃないんで
昔みたいに窓を開けて乗れたらいいのにと思う
c0051781_22423694.jpg

石川線は昔は白山下まで通っていたらしい(話でしかしらない)
白山下といってもそこは鳥越村という集落で
登山口付近まで 44キロもある
ぜんぜん白山下じゃない(^^;)
冬期は通行止めになる白峰からも18キロ
ツワモノはそこをスキー担いで歩くというのだから恐れ入る

お日の出を遅らせる故郷の山並み(実家の近く)
c0051781_22532416.jpg
c0051781_22524724.jpg

by elsur147 | 2018-09-02 22:57 | sato | Comments(0)

ふるさと白山

鶴来支所前にて(日御子から自転車で来た)
マイザックは父の荷台に乗せて(^^;)
登山バスそろそろバス来るかなって頃
c0051781_17474852.jpg

期間運行で便も少ないので土日は大変そう
宿も室堂と南竜ヶ馬場しかない(他はテン張るか避難小屋)
いえいえ しかなくて アクセス困難でいいんです
c0051781_17475926.jpg

道の駅 「しらやまさん」 でトイレ休憩
c0051781_19085528.jpg

あたしは出発準備よりこっちが先
今年も来たよ(わーい\(^o^)/)
c0051781_17522938.jpg
c0051781_17524771.jpg
c0051781_17525988.jpg

吊り橋の下は土砂災害を食い止める砂防堰堤群
c0051781_18070325.jpg

サクサク登ってあっという間に中飯場
c0051781_19264567.jpg

甚之助谷と不動滝(離れていても爆音が凄い)
c0051781_18123604.jpg

堰堤の説明(横着)
c0051781_18130357.jpg

目に映る全てに愛着を覚えながら登る道
c0051781_18201265.jpg
c0051781_18493660.jpg
c0051781_18510603.jpg

日光千手ヶ浜が命名の由来とされるセンジュガンピ
c0051781_18204645.jpg

ガスガスの別当大崩れ
c0051781_18500636.jpg

岩石に閉じ込められた丸石たちは
まだ日本海がなかった昔昔の
大陸が日本と続いていた頃の
先カンブリア期のオーソコーツァイトかしら~
去年も今年も行きも帰りも目を奪われる気になる石です
c0051781_18503622.jpg

あっさりと甚之助避難小屋に到着
早寝の効果かな(これ大事^^;)
c0051781_18514929.jpg


by elsur147 | 2018-07-31 23:32 | sato | Comments(0)

日御子界隈(7/22)

鶴来の「道の駅」まで自転車でひとっ走り(白山に登る前日)
c0051781_20230966.jpg
c0051781_20222673.jpg

西鶴って何でしょう
以前にも不思議に思って書いて忘れている?
だとしたら今回も同じパターンだな
でもとりあえず来月と十月の里帰りではないよ(笑)
c0051781_20223666.jpg

手取川七ヶ用水の給水口
c0051781_20224623.jpg

勢いよく流れていく用水は場所によっては目の高さ(こわい)
c0051781_20225677.jpg

弓形の擁壁すごいな
あそこ舟岡山だよね(誰も知りませんよ)
上から崩れてきませんかね
c0051781_20241788.jpg
c0051781_20240691.jpg

手取川の和佐谷橋を渡ると「道の駅」"しらやまさん"
橋の途中から能美市になる
c0051781_20231942.jpg

低山ながら西に向けて展望バツグンの獅子吼
c0051781_20233780.jpg

鶴来の "おししサイクル" と命名されているレンタサイクルは無料
でもここは能美市(@.@)
道の駅は白山観光情報センターと白山室堂予約センターを併設
で。登山道の様子を聞きに来たのでした(主峰の裏山とか ^^;)
でもここは能美市(はいはい)
c0051781_20235134.jpg

午後から出直して松任地区へ(日本海寄り)その帰り
あれに見えるは
c0051781_20242807.jpg

こしのしらやま~(白いのは雲です)
c0051781_20244112.jpg

実家から数分のところでも山頂部が見えていた(珍)
c0051781_20245417.jpg


白山は豪雪のおかげで雪解けが遅く雪渓も多く残っていました
夏道が埋もれている箇所で迷ったらしい踏み跡も多々
そんなで花の開花も遅れ気味
やっと春が来たのね~と感じるエリアも多かったです
春の小川はさらさら行くよと歌いたくないような 御前峰の裾野↓
c0051781_22022298.jpg
ハクサンコザクラとミヤマキンバイ、緑の葉っぱはコバイケイソウ↑
春の小川は雪解けの流れ

by elsur147 | 2018-07-26 22:25 | sato | Comments(0)



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30