arsenal seveile

カテゴリ:etcetra( 420 )

花菖蒲

火曜日のこと(6/5)
小岩で特急券など受け取るついでに近くの菖蒲園に寄ってみた
J-WESTのネット予約は都内の「びゅう」でないと受け取れない
北陸新幹線は JR西日本の「J-WEST」
スーパー梓は JR東日本の「えきねっと」
「えきねっと」でも北陸新幹線の予約はできるんだけど
「J-WEST」の方が年会費と交通費かけても安いのである
あちこち使い分けてどこへ行くんだか(^^;)

家から一番近い都内の「びゅう」は総武線の小岩駅
菖蒲園は京成線の江戸川駅が最寄りとなるため(徒歩5分)
ついでというには距離がある

上にのぼると眼下に雄大な川の流れがあるとか
ちょっと期待したりして
c0051781_23462634.jpg
c0051781_23464405.jpg

すげえガッカリ(電車から見えていだろうに)
c0051781_23465664.jpg
c0051781_22171431.jpg

陸橋が近いから電車が通過すると轟音がもの凄いです
各駅、急行、特急と、次から次
とりわけ特急通過時はすさまじいも
花菖蒲におかれましては何処吹く風(ほほっ)
c0051781_23481798.jpg
c0051781_23495344.jpg

ツボミは不思議で面白いな
c0051781_23483817.jpg
c0051781_23485046.jpg
c0051781_23512987.jpg

似ているようで違うんだね
c0051781_21014779.jpg

蓮の三姉妹
c0051781_23490235.jpg

逆さ雲
c0051781_23505370.jpg
c0051781_23510642.jpg

手前が京成線
成田空港から都営三田線と京浜急行を乗り入れて
高砂やら上野やら日本橋やら羽田空港やらを経由し
三浦半島まで行く(複雑さは近鉄と良い勝負)

奥の陸橋は総武線
快速は房総から東京を境に横須賀線と名前が変わり
久里浜まで行くのである
c0051781_21172137.jpg

ドン深で淀んでいるのはまあ仕方がないです(笑)
c0051781_21074800.jpg

by elsur147 | 2018-06-08 22:50 | etcetra | Comments(2)

家チカのビオトープ


近くもない、西船橋から武蔵野線で二駅
大寝坊のピーカンはぶらっと大町に行ってきた
(信濃大町ならいいのにねえ)
職場の特養の裏手というか
どっちが表だか分かりませんが(どうでもいいです)
市川大野駅から徒歩40分少々(バスの便すこぶる悪お)
大野ときたら越前大野、と(カンケイない)
大町自然観察園(観察園は動物園の奥の院・笑)
c0051781_21033269.jpg
c0051781_21034495.jpg
c0051781_21035608.jpg
c0051781_21041122.jpg

視界が開けるとこの景色v
なんちゃって室生の竜王ヶ渕
c0051781_21042709.jpg

バラ園はぱっと見は色とりどりが鮮やかで
わ~~~っと感激してみるのだが
近くで見ると大振りすぎてかわいげがない(^^;)
大輪なら牡丹や芍薬の方が好きだな
ふと神代植物園の圧巻を思い出したが
あの辺まで行って山登りしないのも口惜しいような...
c0051781_21053801.jpg

「サハラ」という品種
黄色からオレンジに変わるらしい
c0051781_21302915.jpg

バラより水辺の景観がナイス
水は湿地帯を縫うように流れてきている
c0051781_21305580.jpg
c0051781_21320462.jpg
c0051781_21311776.jpg
c0051781_21324170.jpg

湿地は細長い地形を南北に伸びていて
遊歩道は東と西に設置されている(ぐるっと一回り)
c0051781_21465455.jpg

なんちゃって尾瀬
c0051781_21471717.jpg

日当たりの良いベンチで一休み
せせらぎと風のそよぎと緑のざわめき
時間を忘れてしまえる至福v
c0051781_21474402.jpg
c0051781_21480172.jpg

日陰はものすご~く涼しいです
c0051781_21482022.jpg
c0051781_21573882.jpg

こんこんと湧き出ていた
芽吹き前はもっとよく見えるのだが
c0051781_21575848.jpg

トカゲがちょろちょろしていた
水の中にもいろいろいたよ
ウシガエル以外はみんな静か(笑)
c0051781_21581647.jpg
c0051781_21583712.jpg
c0051781_21590384.jpg
c0051781_21592714.jpg
c0051781_21594463.jpg
c0051781_22000760.jpg

遠くからはわざわざは来ない
アクセスもよくない
車だすならもっと遠出するのかもしれない
というわけで。人もまばらなオアシスである

明日は茅ヶ岳v
by elsur147 | 2018-05-16 00:31 | etcetra | Comments(0)

閑話休題


中山法華経寺
c0051781_22391966.jpg

新しい管理画面に慣れなくてしどろもどろでやっとこさ投稿したら
消えてしまいました(何故ーーー)
テストに一枚だけ入れてみた
旧管理画面は画像に×マーク出て表示されないんですよー
今日は完全休養日の読書デー
青空が素晴らしかったので下総中山までぶらっと歩いてみた
歩くのが大嫌いなダンナに言わせると全然ぶらっとじゃないらしい(^^;)

西船橋駅前公園の忘れ物
c0051781_22381405.jpg
c0051781_22382907.jpg
c0051781_22345849.jpg

by elsur147 | 2018-05-05 00:01 | etcetra | Comments(0)

花より大岳

雨の山行というのは風邪を引くんですね(しみじみ)
頭が濡れたからでしょ(だって被ってるの鬱陶しくて)
まだいがらっぽい咳が止まりません=3
今日は塩船観音寺に行って来た
中央線の東青梅駅から歩いて30分くらい
高架線にあがると大岳山が見えて感激!!!
山方面に吸い寄せられて逆方向に道間違えたという
c0051781_22151230.jpg

ガッツな大岳山は通りからも見えていた
c0051781_22233933.jpg

どの路地からも見えるランドマークマウンテンいいな
加賀の大聖寺町界隈では白山がこんな風に見えるらしい
それはさておき中央線沿線いいよなー
c0051781_2224137.jpg

塩船観音寺
c0051781_2315258.jpg
c0051781_2353377.jpg
c0051781_2354770.jpg
c0051781_236618.jpg

すり鉢型の護摩堂を囲んでツツジが360°の展望
c0051781_238299.jpg

一番綺麗に咲いていた色
c0051781_23174963.jpg

新芽が瑞々しいv
c0051781_23184749.jpg

すり鉢から観音様へ上がる道が至る所にある
c0051781_2321974.jpg

だいぶ上がって来ました
種類によって開花時期が異なるそうです
すり鉢に寄せ植えたのでしょうか
c0051781_23322830.jpg

森の方はちらほらと
山あいに見える方が嬉しいような...
c0051781_23333167.jpg

頂上の観音様から真正面に護摩堂を見下ろしたところで
写真を撮ろうと思ったのですが
奥多摩方面の山が見えたからもう大変(大袈裟な)
c0051781_23352943.jpg

大岳山が見える~(展望台で一人あさっての方を向き)
そうなったらお寺参りどころではありませんで(罰当たり)
c0051781_23365654.jpg

お寺の裏口から峠を越える道すがら
大岳山と奥の院と御嶽山から上高岩山まで全部見えv
c0051781_23443980.jpg

霞丘陵から岩藏温泉へ抜けたのでした(リンク元のコース通り)
新緑と鳥のさえずりと
やはりこんな道を歩く方がいい
c0051781_23475951.jpg
c0051781_23481542.jpg
c0051781_23482947.jpg

で。岩蔵温泉からバスで飯能へ出る予定が
それもバスの時間があえばの話で
ちょうどよいのがなかった(1時間ちょい待ち)
そんなときは日帰り温泉で時間を潰せばいいものを
めんどくさがりは(^^;)東青梅駅に戻りまして
せっかく歩いたコースがかき消えた(雲散霧消)
c0051781_2350384.jpg

河辺は「かべ」と読みますよ
by elsur147 | 2018-04-28 00:14 | etcetra | Comments(2)

温泉桜

チマチマといいかげんにしろって
c0051781_1115951.jpg

船橋法典駅の下で後ろは武蔵野線
線路沿いに温泉が湧いたそうです
そのせいで妙な構造になっている
源泉掛け流しの浴槽は猫のひた(ピー)
c0051781_1124789.jpg

じゃあねー
今度は北関東の桜を見に行ってみようかしら...
気が向いたら(^^;)
by elsur147 | 2018-03-31 01:19 | etcetra | Comments(0)

観世音桜

ここの桜もっと立派だったのに病気か何かで?
c0051781_164740.jpg

てっぺん切り取られている(>.<)
c0051781_17464.jpg

by elsur147 | 2018-03-31 01:10 | etcetra | Comments(0)

幹桜

凄いところに咲いている(感心)
c0051781_0515444.jpg
c0051781_0522692.jpg
c0051781_0524310.jpg
c0051781_0525822.jpg

by elsur147 | 2018-03-31 01:00 | etcetra | Comments(0)

通勤桜は護岸の桜

最寄り駅から施設まで徒いて30分(あたしの足で・笑)
バスはあるんですけど本数が少ないのと
巡回しているから遠回りなんですよね
バス停から近くもないので
バスに乗っても歩いても着く時間が同じってどう?
普通はバスに乗りますか?(笑) 例えば
あたしは大きな交差点で信号待ちをするなら
歩道橋を渡ります(^^;)
帰りは地味に疲れていて遠く感じる日もあるけど
最終バスには間に合わないんですよ(-.-)
そんな御託はさておき
季節の変化を感じながら歩くのは楽しいです
水回りは護岸されているのが興ざめではあるが
それは桜の名所も同じかー
c0051781_211185.jpg
c0051781_211475.jpg
c0051781_2115871.jpg
c0051781_2121264.jpg
c0051781_2122930.jpg
c0051781_2125011.jpg
c0051781_2144030.jpg

護岸のない道には桜がないです(笑) 
c0051781_218772.jpg

by elsur147 | 2018-03-31 00:50 | etcetra | Comments(0)

皆既月食

カメラに望遠がついてないからこんなもんです
c0051781_22503622.jpg

裏の駐車場でダンナと二人で眺めていました
双眼鏡ではまあまあ見えたよv 
「おぉすごいすごい」 って
この前は 2014年10月8日だった
里帰りの小松で飛行機に乗る少し前
ダンナからメールが来た
「東。上空から見えるかな」 「赤い月になりました」
保存してある(^^;)
小松は曇ってて見えなかったんだけどね
by elsur147 | 2018-01-31 23:05 | etcetra | Comments(2)

雪の航空公園

これなーんだ 雪
c0051781_22503931.jpg

あまりの寒さにグローブ登場
c0051781_21205547.jpg

西武池袋線に乗ってます
まだ雪が残っていた(ひばりヶ丘を過ぎたあたり)
c0051781_21163794.jpg
c0051781_21165024.jpg

それが飯能の手前で電車が止まってしまいー
(踏切で車が電車に接触した為、復旧めど未定=3)
朝寝坊だからだよ と お腹の中でブツクサ言いながら
小手指から行くところも思いつかないので
所沢まで戻って航空公園駅で下りてみた
(日本で最初に出来た飛行場)
c0051781_2117337.jpg

コース外は一面に雪が残っていてウハウハでした
c0051781_21173831.jpg

YS-11
c0051781_21175128.jpg

プロペラ機
c0051781_21185386.jpg

ここで花見をするのかな
c0051781_2238931.jpg
c0051781_22383850.jpg
c0051781_22385527.jpg

盛り土のアップダウンを歩いて見た
c0051781_2239410.jpg

滑走路
c0051781_22394568.jpg
c0051781_22404185.jpg

徳川好敏大尉操縦のアンリファルマン機
離陸時の合成写真だそうです(明治44/1911年)
c0051781_2241152.jpg

C-46A輸送機(天馬)
c0051781_224122100.jpg

サクっとね
c0051781_22414688.jpg

今日は西武秩父から(の一つ手前の横瀬駅)
いつも移動中にチラ見だった武甲山を見たかった
登山口まで行ければ、と(徒歩二時間)
道中は武甲山を削ったという
石灰工業地帯が続いているんだって
山の出入り口の往復だけで四時間かー
バスとかないみたいで
武甲山は登るより
カッコイイ名前のカッコイイ山容を眺める山かな
(負け惜しみ)
池袋線からも見えていたよ
事故でそれどころじゃなくなったけど
秩父の父って感じで圧倒的な存在感だった
登山ツアー頼みかなー
by elsur147 | 2018-01-27 00:27 | etcetra | Comments(0)



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30