arsenal seveile

カテゴリ:yama( 112 )

室堂の祈祷殿前に咲いていた花たち(7/24)

御前峰の裏側散策から室堂に戻ってブラブラ
ミヤマクロユリのつぼみなりかけ
いくらツボミ好きとはいえここまでは~(^o^)
だけど珍しかったから撮っておいた
c0051781_21071558.jpg

ハクサンフウロの突然変異
滅多にお目にかかれないホワイトフウロ
c0051781_21085430.jpg

ミヤマアキノキリンソウ
深い山で秋に咲く麒麟草
c0051781_21095086.jpg

シシウドの打ち上げ花火
c0051781_21102891.jpg

昨日もだけど日没間近はダウン着ないと寒いよね
明け方もね
廊下はガスストーブが付いていたよ
この日は昨日より冷え込んでいてサンセットはパス(ほんと寒かった)
部屋で佐久平から来られたという女性とお話ししていた
わあ佐久平ですか~
少し前に甲武信岳に行くとき下りました(^^;)
毛木平や金峰山や金峰山荘の話で盛り上がった
c0051781_21122366.jpg


by elsur147 | 2018-08-19 00:17 | yama | Comments(0)

御前峰の裏庭散策(7/24)

これは室堂側からの御前峰と水屋尻雪渓
全体が入りきらないので魚眼レンズで撮ってみたら妙な色になった
山頂部から火口湖に下りて山裾をぐるっと回ると約3km
c0051781_20493640.jpg

画像が細切れですいません
既出の翠ヶ池(左がお花松原へ下りていく鞍部)
ここからのお日の出も素晴らしいらしい
池めぐりの道が下の方に見えている
c0051781_00091279.jpg

角度が変わってちょっとマヌケな剣ヶ峰(翠ヶ池の右側)
c0051781_18465479.jpg

その右が御前峰と御宝庫と万年雪の千蛇ヶ池
御前峰は裏にまわると岩だらけだね
雪渓はいちばん深いところで10m位あるらしい
c0051781_18472750.jpg

室堂に戻るには時間が早かったので裏庭を散策(笑)
大汝峰の裾野からお池めぐりコースをショートカットしない王道
この辺りに散らばっている巨岩は火砕流堆積物である
c0051781_18475751.jpg
c0051781_18520808.jpg
c0051781_18540308.jpg
c0051781_18505557.jpg

小さな花が巨岩にしがみつくように健気に棲息
風雪に耐えながら一年に数ミリしか伸びないという
c0051781_18512813.jpg
c0051781_18525217.jpg
c0051781_18533498.jpg

五色池と百姓池
窪地に雨水がたまったようにしか見えないのだが(^^;)
c0051781_18550358.jpg
c0051781_18562017.jpg

雪渓の溶け出す音が聞こえていたよ
雲も空も岩も植物もなにもかもが美しい
長い裾野を歩いていてまったく飽きない
ここの自然の一部になれたらいいのに
c0051781_18573047.jpg
c0051781_18580668.jpg
c0051781_18590050.jpg
c0051781_19020335.jpg
c0051781_19025487.jpg
c0051781_19035173.jpg
c0051781_19103027.jpg
c0051781_19111355.jpg

室堂が見えてきた
c0051781_19120241.jpg

水屋尻雪渓と御前峰の山頂部
この雪渓は室堂の水源になっている
c0051781_19130880.jpg

まるで春の訪れのようでした
c0051781_19260652.jpg
c0051781_19530485.jpg
c0051781_19543853.jpg
c0051781_20184827.jpg
c0051781_20252277.jpg
c0051781_20280168.jpg
c0051781_20475015.jpg
c0051781_20291870.jpg
c0051781_20484437.jpg
c0051781_20515473.jpg
c0051781_20555684.jpg
c0051781_20563257.jpg
c0051781_21002244.jpg
c0051781_21005784.jpg

10月に来る頃は紅葉が始まっているかも
もう夏が終わる
夏の終わりは一年中でいちばんいやだ(>_<)、、
夏が大好きだった母も毎年そんな風に呟いていたよ
返す言葉が見つからないで黙っていたけど
何か言ってあげればよかったな

by elsur147 | 2018-08-18 00:22 | yama | Comments(0)

チングルマ諸島 in Mt.Yotsuzuka(7/24)

七倉分岐から見た四塚山のランドマーク(積石塚)
一里野や岩間からのコースでも目印になるらしい
(↑三馬場の石川県側を起点とする加賀禅定道)
白い道が四塚山への登拝道
眺めてみるより歩くが易し(四塚山が目的地なら)
c0051781_21572750.jpg

こちらの三角は七倉山
c0051781_22362798.jpg

四塚の北側斜面は優しい感じ
c0051781_22371424.jpg

四塚チングルマ王国の塚が見えてきた
c0051781_22374265.jpg

砂礫に浮かぶ天然の植生島に(階状土)
チングルマはこれでもかというほど咲き誇る
c0051781_23222534.jpg

積石塚は火砕岩と石灰岩で構成されている
火砕岩は付近で入手可能だが石灰岩は産出されていない為、
山麓から運んできたのだろうという話(ヘリのない時代にね)
白山麓のどこから登っても厳しい道のりだよね
c0051781_23224940.jpg
c0051781_23384293.jpg

冠毛チングルマ
冠毛なりかけチングルマ
c0051781_23481332.jpg
c0051781_23492064.jpg

ハクサンイチゲもイワカガミも脇へ追いやり
はんぱないチングルマ
c0051781_22440126.jpg
c0051781_23213330.jpg

北の斜面は周氷河地形と階状土
c0051781_23363900.jpg

横に走る登拝道は中宮道と(20km)北縦走路(26km)
遠いんだろ~な~
でも歩いてみたいな~とか
四塚山上で溜息でた
c0051781_23235479.jpg

一里野から来られた登拝パーティー
c0051781_23525153.jpg

ハクサンコザクラ
c0051781_23534534.jpg

ミヤマリンドウ
ミヤマは深山
深山は下界と区別するための冠です
c0051781_23545584.jpg

室堂への登り返しは大汝峰と
てっぺんにちょこんと大汝神社も見えていた
c0051781_19474857.jpg

七倉分岐の雪渓
c0051781_22021504.jpg

心許なくなってきた水分を雪の深いところから調達
登拝パーティは溶かした雪でコーヒーを沸かしていたよ
高山で雪渓の上は何もないから大丈夫
c0051781_22031946.jpg

遠い展望はやりとほたか
ひときわ高い北の連なりは圧巻圧巻
c0051781_22094278.jpg

四塚山でいったん上げようと思ったのだが
このまま大汝の分岐まで続けてしまう
c0051781_20394963.jpg

七倉方面を振り返ると
御手水鉢がだいぶ小さい
c0051781_20404756.jpg

火ノ御子の眺めを独り占め(ひのみこ)
北アルプスは雲の横連なりに邪魔をされ
c0051781_21050787.jpg

不思議な冠毛チングルマ
c0051781_21092178.jpg
c0051781_21095224.jpg

大汝峰は山肌を巻いて戻れます
あの山頂直下を下りるのはカンベンですって=3
c0051781_21101789.jpg
c0051781_21312970.jpg

青と緑のコントラストが見事だったのだが
さて どっち向いて撮ったんだろう(笑)
c0051781_21122862.jpg
c0051781_21300984.jpg

御前峰の御宝庫が見えてきた
左側に大汝峰がある
c0051781_21304550.jpg

大汝峰の山頂を下山中の登拝パーティ
画像からは伝わりにくいけどかなり急=3
c0051781_22085421.jpg

剣ヶ峰と御前峰(室堂の裏側になる)
ここら辺が各地縦走路の分岐
なんだかー
自分の庭に戻ってきたような気分だったよ
c0051781_22162697.jpg

by elsur147 | 2018-08-14 22:56 | yama | Comments(0)

大汝峰から七倉分岐(7/24)

室堂から大汝峰はショートカットありますが
c0051781_20230564.jpg

御前峰の山肌を巻きながら
登るんですなやはり(^^;)
c0051781_20235112.jpg

いつも思うのだけれど 「楽々新道」 というコース
噴泉塔群の岩間温泉から避難小屋利用で 14.8km/登り9時間50分
どこが楽々なんでしょーかー
長い急坂があるので「ガクガク新道」との悪評もあるとか(酷道と同じ)
c0051781_20241520.jpg

ハイマツの実
c0051781_20244112.jpg

ペンキマークを目印に岩を掴みながら登る山頂直下
掴むとゴロっと揺れたのもあって焦りました=3
c0051781_20264818.jpg

稜線に出た(ほっ)
c0051781_20271339.jpg

剣ヶ峰と御前峰(おそるおそる振り返る)
c0051781_20274668.jpg

想像以上に広い山頂で驚いた
すげえ誰もいねえ
c0051781_20280828.jpg
c0051781_20443292.jpg
c0051781_20451593.jpg

緊急時のみ利用可能だという大汝小屋
これが見たいのもあって来たのだが
c0051781_20461823.jpg

覗き見も出来ないのか...
巡回ヘリが旋回しているのでよからぬことは考えませんように
c0051781_20455119.jpg

太平洋戦争時、B29の中京方面への見張小屋として開設
終戦後は観測所ロボット雨量計を設置
以後、様々な経緯を経て白山会管理の下、避難小屋として現在に至る
c0051781_20470404.jpg

ウワサのコマクサを見つけたー
無許可で移植された為、自然公園法に抵触し問題になったとか
そんな曰くもあってかひっそりと咲く高山植物の女王です
c0051781_20532748.jpg

大汝峰から目指すのは七倉山と四塚山
c0051781_20540949.jpg

うねうねとした登山道が見えますか
c0051781_20543076.jpg

これでも急下り
訪問者がいらしてた(何故かほっとしたり)
c0051781_20552951.jpg

オンダテ
c0051781_20555475.jpg
c0051781_20573972.jpg

振りかえると おお汝が峰
c0051781_20583492.jpg

鞍部で眺めた絶景ポイント(画像は迫力に欠けますが)
火ノ御子峰と(赤茶色の)地獄谷
「ひのみこ」(*^.^*)
火山活動で岩の質がもろく遡行が困難なため調査不可
温泉の湧出は確認されているらしい
足下ぽっかり切れ落ちているので
カメラを向けて立っているのもおっかなびっくら=3
地獄谷は撮れなかった(尤も谷底は雪渓だったが)
c0051781_20591600.jpg

登山道の角にポチっと天然の御手水鉢が写っている
(画像のわりと下の方)
c0051781_20594134.jpg

これです
c0051781_21010649.jpg

下りたら中が見えないぢゃないですかー
御手水の写真を撮るために登り返しました (わはは)
c0051781_21013392.jpg

雪渓の深さが伝わるかなー
c0051781_21004257.jpg

ハクサンイチゲは漢字もナイス
白山一花 白山一華vvv
c0051781_21023077.jpg

時間が許せばどこまでも歩いていける白山道
c0051781_21032416.jpg

波打ち際のような雪渓と大汝峰
c0051781_21042908.jpg

七倉分岐に来たので今日はここまで こちら様が四塚山
c0051781_21050450.jpg

by elsur147 | 2018-08-11 00:22 | yama | Comments(0)

白山お日の出(7/24)

太陽が昇る位置は変わるのね(当たり前)ということが
ピッタリ同じ位置で違う月日に見るとよく分かるんだね
c0051781_00231876.jpg

御岳、乗鞍、穂高、大切戸、槍
c0051781_00233569.jpg
c0051781_00235175.jpg
c0051781_00240965.jpg
c0051781_00245932.jpg

御来光に集う人々を眺めているのが好き
みんなとてもいい表情をしていて
しあわせそう
色とりどりのウエアも楽しい
c0051781_00263209.jpg
c0051781_00270400.jpg
c0051781_00273620.jpg
c0051781_00281616.jpg
c0051781_00284023.jpg

朝ご飯
お味噌汁の具は加賀麩v
c0051781_00290165.jpg
c0051781_00293259.jpg

窓の向こうは別山
c0051781_00302063.jpg

昔ながらのラジオ体操をしているよ
みんな真面目だなあ(^^;)
室堂の夕もいいけど朝もいいねvvv
c0051781_00295754.jpg
c0051781_00305085.jpg


by elsur147 | 2018-08-09 00:55 | yama | Comments(0)

黄昏れる室堂(7/23)

しらやまさんの祈祷殿
c0051781_22052104.jpg

霊峰白山は山頂の奥宮を含め白山比咩神社の境内である
その広さは約3000ヘクタール
東京ドーム641.6426個分だそうです
c0051781_21004905.jpg
c0051781_21002717.jpg
c0051781_21083119.jpg
c0051781_21085464.jpg
c0051781_21091439.jpg

西の展望台はサンセット
c0051781_21094484.jpg
c0051781_21102312.jpg
c0051781_21104555.jpg
c0051781_21121028.jpg
c0051781_21123594.jpg
c0051781_21131255.jpg
c0051781_21133184.jpg

ではお休みなさいマセ~
by elsur147 | 2018-08-07 00:20 | yama | Comments(0)

お池めぐりと御宝庫(7/23)

白山比咩神社奥宮
c0051781_22233798.jpg

室堂が雲に覆われつつある
c0051781_22241164.jpg

たおやかな山容の大汝峰
雪渓の間に走る細い道はお池めぐりのコース
c0051781_22243564.jpg

山頂に登らないと見えない剣ヶ峰
c0051781_22245467.jpg

お気に入りのモグラ岩は神主さんのお立ち台
c0051781_22252788.jpg

御前峰の稜線が楽しい
c0051781_22255322.jpg

お池めぐりは御前峰の山肌をトラバース
乾燥した浮き石がゴロゴロしていてよく滑る
c0051781_22261718.jpg
c0051781_22270778.jpg

剣ヶ峰を鞍部から見てみると
山頂部がネコ耳だった
c0051781_22273487.jpg

御前峰の裏側と御宝庫
崩壊の跡がすさまじい
c0051781_20191652.jpg

紺屋ヶ池の雪が溶けていれば
剣ヶ峰が逆さに映るんですが
c0051781_20204937.jpg

山は見る角度で山容が変わるのが面白い
剣ヶ峰が可愛らしくなってまった
c0051781_20510940.jpg

御前峰と御宝庫はこぢんまりしてまった
c0051781_20514654.jpg

翠ヶ池(1042年の水蒸気爆発でできた火口湖)
c0051781_20503475.jpg

大汝峰は山頂に神社チラ見え
c0051781_20521129.jpg
c0051781_21203464.jpg

油ヶ池と御宝庫
c0051781_20524225.jpg

巨大なイモリのような御宝庫
c0051781_20545272.jpg

千蛇ヶ池から見たら こっち向いてた
c0051781_21234367.jpg

爬虫類系の恐竜のような御宝庫
c0051781_21243048.jpg

万年雪の千蛇ヶ池からショートカットで室堂へ戻る
中央に見える登山道はショートカットしないコース
四ツ塚の帰りは大汝の分岐からあの道を戻りました
下山する時間を考えなくていいって
日没までに室堂に戻ればいいって 素晴らしいv
c0051781_21512910.jpg
c0051781_21552550.jpg
c0051781_22031959.jpg
c0051781_22040454.jpg

ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)
c0051781_22043073.jpg

これ何だろう
コゴミかワラビに似ているね
c0051781_22045332.jpg

似たような画像ばかりでなかなか進まないけどけど気にしない(^^;)

by elsur147 | 2018-08-06 22:10 | yama | Comments(0)

室堂から御前峰(7/23)

ノースの黄色にそそられて買ったサブザック失敗
蜂がまとわりつくのである
あまりのしつこさに癇癪玉炸裂=3
さて室堂についてお昼
父がオニギリを握ってくれた(*^^*)
水筒は金沢のモンベルで調達(ティーバック持参で水出し)
c0051781_21494681.jpg

山頂への上り始めは整備されすぎててちょっと...
c0051781_21504694.jpg

イワギキョウ
c0051781_21512327.jpg

そのツボミ
c0051781_22132229.jpg

ご来光の朝はさっさと登る山頂も
初日は徐々に上がっていく高度を楽しみながらノンビリです
何度も何度も室堂を振り返り周りの景色を楽しむですv
c0051781_22145088.jpg
c0051781_22151827.jpg
c0051781_22153452.jpg
c0051781_22170007.jpg
c0051781_22173464.jpg
c0051781_22182592.jpg
c0051781_22185109.jpg
c0051781_22193576.jpg
c0051781_22212011.jpg
c0051781_22220336.jpg
c0051781_22221811.jpg
c0051781_22231654.jpg

ではお休みなさいませ
by elsur147 | 2018-08-04 23:30 | yama | Comments(0)

エコーラインから室堂まで(7/23)

ニッコウキスゲいたv
c0051781_21411184.jpg

コ・バイケイソウ
c0051781_21413736.jpg

ミヤマキンポウゲ
ミヤマに漢字を当てると深山
c0051781_21415203.jpg

黄色の中に入りたーい
c0051781_21420383.jpg

きたきたv
c0051781_21421347.jpg

アザミのツボミはなんというか
ちょっとマヌケ(^^;)
花が赤かったらシャチハタみたい
c0051781_21423396.jpg

万才谷雪渓が直ぐ近く(溶けてない)
去年は遠くに小さく見えていて
なんかムシロでも敷いてあるのかと
c0051781_21425719.jpg

アオノツガザクラ(青の栂桜)
c0051781_22243362.jpg

珍車(変換したらこう出て来た)
c0051781_22254927.jpg

花が終わった後が凄い
やぱ漢字は珍車でいいと思う
c0051781_22253149.jpg

弥陀ヶ原に到着
エコーラインで出迎えてくれる御前峰はガスの中
c0051781_22375205.jpg

御前峰がお目見えvvv(感動)
白い点点は珍車(チングルマ)
c0051781_22442906.jpg
c0051781_23030638.jpg

しばらく立ち止まって眺めていた(至福)
白山神社奥宮と御宝庫がチラ見え
c0051781_22564190.jpg

登山ブームが華やかだった頃(初登攀競争の時代)
弥陀ヶ原はテントやキャンプでだいぶ荒らされたらしい
自然環境保全法以前かな
白山に限らないけど
風雪や鳥獣からではなくヒトから守るためとは嘆かわしい
c0051781_23055282.jpg

最後の踏ん張りどころ五葉坂
c0051781_23063538.jpg

白い筋が弥陀ヶ原の木道
右が十二曲がり
左がエコーライン
高度を想像してくだされ
c0051781_23064942.jpg
c0051781_23073661.jpg

御前峰の稜線と水屋尻雪渓
c0051781_23071853.jpg

室堂の食堂
c0051781_23081020.jpg

色あせてんのはお手洗い
クルマユリとイブキトラノオとオンダテかな
くるんくるんと色艶も良く
鮮やかだよねクルマユリ
c0051781_23120660.jpg

着いた着いた(室堂の裏口にあたる)
早く受付して身軽になりたい
c0051781_23084119.jpg

by elsur147 | 2018-08-04 00:30 | yama | Comments(0)

南竜分岐から南竜道(7/23)

甚之助避難小屋から
南竜分岐までが頑張りどころ
白山道は持久力と体力勝負

後ろ姿というより
背中に惹かれる
c0051781_23354971.jpg

ダブルストックをスマートに使いたいなー
女性は上背がないと難しいかもね
c0051781_23375202.jpg

ヨツバシオガマ
c0051781_23380448.jpg

花も花の色も名前も愛らしい(*^^*)ハクサンフウロ
c0051781_00374329.jpg

白山風露
c0051781_00395463.jpg

オンダテ?
c0051781_00384517.jpg

砂防新道の南竜分岐から
エコーラインを目指す南竜道はちょっとスリリングなトラバース
余所見はほどほどにしないとアブナイ
c0051781_17305056.jpg
c0051781_17312835.jpg
c0051781_20310128.jpg

ヤマハハコのツボミ(山母子)
c0051781_00414136.jpg

シモツケソウのシモツケは下野であるが
植物はカタカナ表記が正しいそうです
c0051781_17331006.jpg

シシウドは神経細胞っぽい(猪独活の類似品種かも)
c0051781_17343181.jpg

別山へ行く途中で越える油坂の頭かな(たぶん)
c0051781_19054802.jpg

ジグザグに付けられた道が見えますか(画像左)
南竜から別山はアレを登って行くらしい=3
c0051781_19222595.jpg

眼下に砂防工事の重機が見えた(ありがたや)
c0051781_19445266.jpg

ここから右へ下ると南竜山荘
上りはエコーライン経由の室堂
c0051781_19475673.jpg

ガスってなんにも見えないね~
c0051781_20342529.jpg

いったん上げます
ぐずぐずしていると次の白山行が来てしまう
それまでに終わるかな(^^;)
by elsur147 | 2018-08-03 20:46 | yama | Comments(0)



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31