arsenal seveile

カテゴリ:yama( 153 )

飛行機の窓から撮った雪山

手前味噌でなんですが。よくもこんな写真を撮ったもんだ
四年前、登山の「ト」の字もない頃の里帰り(^.^;)
お正月の羽田-小松便
乗鞍か千畳敷カール、どっちかみたい
山頂部の凹みに山小屋らしきものが写っているよ
c0051781_01023559.jpg

上のズーム画像の元がこちら
左側の切れ落ちっぷりがすさまじい=3
c0051781_21330234.jpg

これまた山がみっちり詰まってる
白山だったら嬉しいのにどうもそうじゃないみたい
穂高から立山の方かも
左下にカルデラの穴ぼこあいてる
c0051781_22414107.jpg

航空写真の画像を行き来してたら目がチカチカしてきた(*.*)
調べるのは諦めた

上の画像をカメラ縦にして拡大したのが下の画像
まさに "山と渓谷" お見事ニッポン(^^)
c0051781_22274244.jpg

もう一日働いたらお休みです
赤城の黒檜山に行ってきますv
じゃまたー
by elsur147 | 2019-02-12 01:29 | yama | Comments(0)

中途半端な北横岳(2/3)

中途半端だったのは自分のせい(とほほ)
コンディションいまいちだったから
支度も朝起きてからダラダラダラダラ
なんかだるくて寝たり起きたりしていたあずさで
はっと目が覚め南アルプス(*0*)
c0051781_17051509.jpg

韮崎付近では甲斐駒ヶ岳が夢うつつ
c0051781_17052407.jpg

小淵沢の手前でようやく覚醒(^^;)
次、下りるからでしょ
あずさから眺める甲斐駒ヶ岳はこの角度がいちばん好き
c0051781_17053591.jpg
c0051781_17054421.jpg

茅野駅からバスでロープウェイ山麓駅まで約一時間
お気に入りのビュースポットを通過(橋を渡っている)
c0051781_20112754.jpg

今回一番クリアに見えていたのは蓼科山
この時はお天気上々だったのにな
c0051781_20113500.jpg

蓼科高原の別荘地より望む北横岳
c0051781_20114500.jpg

それにしても日曜日のロープウェイ乗り場はすごかった
スキースノーボードの大行列=3
お祭り騒ぎとウエアの色彩に疲れてゲンナリ(^^;)
そこへ坪庭に出たら雪がないときたもんで
テンションさがりまくり
c0051781_20122243.jpg

縞枯山がなんだか黒い
c0051781_20370847.jpg

真っ白だった立て札「坪庭」も綺麗さっぱり
c0051781_22031576.jpg

西から怪しげな雲が迫ってきてるし(どーん)
こりゃ山頂からの眺めどころじゃないわ
プラス強風でいいことないな、とか
ぐずぐずと目的が定まらいとろくなことない
c0051781_22050378.jpg

そこへ侮れないのが雪の坪庭
ぐるり四方を見渡すと
同じような高さと形の山山山(@.@)
方角が分からなくなるかも知れない
そんなに広くはないしスキー場も近いけれど
ここで迷って保護されたらみっともない
c0051781_22124725.jpg
c0051781_22130117.jpg
c0051781_23200826.jpg
c0051781_00085039.jpg

それとか登山コースや踏み跡が埋もれてしまうと
場所によっては膝の上まで踏み抜くので要注意
c0051781_22140301.jpg

分岐へ下りてみた
雪の下には階段があるもよう
けっこうな急降下だった
c0051781_00094638.jpg
c0051781_00100909.jpg
c0051781_00115850.jpg

縞枯山方面に向かってみた(みた、ばっかり)
樹氷がないと気分が盛り上がらない
日中の気温が高くて溶けてしまったのだそうです
c0051781_00125649.jpg
c0051781_00130741.jpg
c0051781_00271164.jpg

通年営業の縞枯山荘
c0051781_00300530.jpg

お揃いの屋根に気持ちが和んだ
c0051781_00282023.jpg

縞枯山は鬱蒼としていて暗かったからパス
雨池に行ってみようか
雪は音を吸収するからホント静か
雨池は下ってから平坦な道が続くもよう
つまり先に200m、とことん下りて、帰りが登り=3
c0051781_00320946.jpg
c0051781_00531963.jpg
c0051781_00544089.jpg

ここへきて視界が開けたのは嬉しかった
テーブルマウンテン荒船岳と左に奇々怪々の表妙義
北陸新幹線からの車窓を思い出したよ
c0051781_00545317.jpg

しかし爪をつけて平坦なのって辛い(物臭するから)
お天気もやばそうで引き返した
c0051781_00573638.jpg
c0051781_00574923.jpg

その気になれば復路が登りでも案外平気
登ってきたところから撮ってみた
傾斜があれば爪の付け甲斐もあるというもの
c0051781_00580859.jpg

この日一番の眺め「蓼科山」
c0051781_01083855.jpg

帰りのバスが来るまで小一時間
じっとしているのもつまらないので
バスの時間まで登山道を上ってみた
c0051781_23403651.jpg

下りの最終便
c0051781_01095366.jpg

登山道には踏み跡がハッキリついていた
ゴツゴツ岩の九十九折りが面白かった
c0051781_23420023.jpg
c0051781_23424198.jpg
c0051781_23430650.jpg

バス停の後ろが登山口
c0051781_23480213.jpg

そろそろ来るかなー
c0051781_23433698.jpg

どこにも辿り着けなくともそれはそれなり(^^;)
今度はロープウェイなしで行くかな、下りだけでも
とりあえず雨池だけはリベンジしよう池が凍っているうちに
ではね。
by elsur147 | 2019-02-08 01:33 | yama | Comments(0)

続・サルギ尾根(1/25)

上高岩山(標高 1,010m)
山頂は展望も何もないです(山頂あるある? ^^;)
c0051781_19033624.jpg

こちらは山頂直下の展望テラス
思い切り荷物を広げてノンビリできる
立って整理とかできるのもいい
c0051781_18584429.jpg

東に武蔵御嶽神社の御嶽山
右下の薄茶色い平坦地が長尾平のヘリポート
樹林帯の分かれて見える部分が大岳山の登山道
危険箇所とかないけど地味~に長い(^^;)
c0051781_18591598.jpg

御嶽山から稜線続きの日の出山
肉眼では遠く筑波山も見えていた
関東平野は地平線みたいだった
c0051781_18594870.jpg

振り返ると大岳山。ででーーーんと鎮座v
左端に大岳山荘(山頂から下りてポコンと飛び出してる部分の右側)
山荘から山頂まで急続きなのが伝わりますか
c0051781_19005144.jpg

大岳を目指す馬頭刈尾根は大岳山荘が分岐点
c0051781_19022215.jpg

せっせと下って芥場峠に合流
c0051781_19043788.jpg

道標に「芥場峠」の表記がなくなったのが寂しい
芥場峠、サルギ尾根、馬頭刈尾根という名前の響きが好きで
文字を見てるとなんだか嬉しくなるんだよね
フツウの尾根と峠だけどさ(笑)
軽アイゼンの出番は無かった
c0051781_19050277.jpg

右がサルギ尾根、左が御嶽方面
とっととっとと快調に飛ばすのは最初だけで
しまいに飽きてウンザリしてくる
c0051781_19051215.jpg

地味に登ったりもするしな
あの先も同じような道が延々と(笑)
c0051781_19060165.jpg

奥の院の腰掛け杉まで来た
更に地味地味参道が続く続く
c0051781_19074642.jpg

長尾平のヘリポート
養沢神社から登ってきて。初めて人様を見かけた(^^;)
こっからの下りが更にタイクツで長いんだが
楽して下りたいなら仕方がないです
c0051781_19154513.jpg

大岳山の山頂部と
手前が越えてきた上高石山
c0051781_22412560.jpg

武蔵御嶽神社一の鳥居
やれやれって感じ
c0051781_19185505.jpg

御嶽駅から御嶽山
山頂がギザギザで分かり易い
c0051781_19192454.jpg

青梅線の青梅付近から大岳山
この次は登るから待ってて~(*^^*)
c0051781_19194171.jpg

by elsur147 | 2019-02-01 23:55 | yama | Comments(0)

サルギ尾根(1/25)

ふいに大岳山を間近で見たくなった
登るには時間が足りなそうで今回は眺めるだけ
冬は寒いから早出しません(^^;)
c0051781_21455648.jpg

宅急便の夜間指定が19時~21時だから門限19:00
カリマーの通勤用バックパックを買ったので
着替え、飲み物、オヤツ、お弁当、と。山並に荷物が多いので
夜間指定が1時間早まったのはけっこう大きい

もとい。ほんなわけでサルギ尾根を登るコース
武蔵五日市からバスにて登山口は養沢神社
c0051781_22574883.jpg
c0051781_22581322.jpg
c0051781_23003814.jpg
c0051781_23005108.jpg

養沢神社の裏手より
始めの第一歩から胸を突かれる急登
この場所のこれがなんとなく好きなんである
まずは手始めにカンフル一本て感じデス(^^;)
c0051781_23012282.jpg

手摺りの角度から急勾配をご想像ください
神社の標高 370m:登りきった尾根の標高:460m
その水平距離が約187mで勾配は48%
とっかかりは掴まる木とかないので手摺りがないとやばい
c0051781_23033091.jpg

久しぶりに "THE奥多摩" な杉の尾根
奥多摩山塊に属しているここはあきる野市
c0051781_23034307.jpg
c0051781_23161620.jpg

ちなみに。奥多摩は東京都の西多摩郡「奥多摩町」である
c0051781_23251697.jpg
c0051781_23162689.jpg

左に御嶽山と右に日の出山(あちらは青梅市)
c0051781_23164271.jpg

ここはそうでもないけれど露岩の痩せ尾根を登るとき
左右から張り出した太い枝に掴まりながら登るとき
ひょいひょいひょいと調子にのって登るとき
ヒトの祖先はやっぱ猿なのかな~って思ったりする
c0051781_23262175.jpg
c0051781_23263893.jpg
c0051781_23265814.jpg

なんちゃってピーク
c0051781_23415853.jpg

西にキツくてしんどい馬頭刈尾根
c0051781_23272216.jpg

東は眺望パフォーマンスが高い日の出山
c0051781_23461990.jpg

大岳山キターーーって感じも
ここらは手前で樹木がお邪魔
c0051781_23501800.jpg

面白い伸び方してるね
c0051781_23531487.jpg

ここ。前に危うく滑落しかけた場所です
根っこの間をすり抜けたのが間違いだった
思ったより木がツルツルだったのと
根っこの向こうが覗き見たより急だった
c0051781_23553880.jpg

通過してから撮った画像
右足がツルっと外に滑って冷や汗かいた=3
岩の先が尖っているのも意地悪いよね(^^;)
岩も岩だけど根っこもしぶとい
c0051781_23554681.jpg

目の前に巨岩が立ちはだかっているが
c0051781_00332369.jpg

道はちゃんとついているんで
余計なことはしませんよ
c0051781_00340005.jpg

大岳山に枯れ枝わさわさ
じゃまじゃまじゃまーーー
c0051781_00473069.jpg

春支度をはじめているのはミツバツツジかな
c0051781_00514595.jpg

こっちは何だろう可愛いね
c0051781_00534207.jpg

枯れ枝も秋に眺めた時と違って見えて
なんとなく春の兆しが見えたような気がした
c0051781_00551405.jpg

最初のピーク(920m)
c0051781_14090850.jpg

これから登る上高岩山
c0051781_23512517.jpg

せっかく登ったのに勿体ない。一旦下る(50m位)
下りとなると。一気にペースがあがる現金山姥
c0051781_23530485.jpg

越えてきた上高山
c0051781_23580103.jpg

申し訳程度の九十九折りをひたすら登ると展望テラス
今なら室生寺の奥の院も軽く登れるだろうな~
c0051781_23591762.jpg

じゃまた~
by elsur147 | 2019-01-30 22:55 | yama | Comments(0)

北横岳(1/18)

北横岳は三度目です
11月も寒かったし12月も寒かったけど
更に寒い寒い(笑)
c0051781_16581099.jpg

風で飛ばされた雪が登山道を消していたよ
コーンスターチかショートニングみたい
c0051781_23314765.jpg

雪のシラビソを見たくて来た
c0051781_16584954.jpg

最初の休憩ポイントは風がモロ
画像の青空が濃いのは実際に見たままの色です
藍色に近い感じかな
太陽の位置とか雪が白いから濃く見えるのかも
c0051781_17032498.jpg
c0051781_17033628.jpg

では北横岳に登りましょう
のっぺりした山容からたいしたことなさそうに見えるかもですが
たしかに雪山初心者の定番ではあるけれど
真冬の体感と森林限界を超えた暴風はすさまじく
雪山はここで十分て気もしたり(^^;)
c0051781_17055541.jpg

背中側は縞枯山
c0051781_19161025.jpg
c0051781_19160262.jpg

まっさらな雪が眩しい
c0051781_20031776.jpg

バスケットを付けていないストックの潜ること~
c0051781_20032451.jpg

白山石楠花
葉を下に向けているのは水分温存の為
c0051781_20051525.jpg

見飽きることのない雪景色
c0051781_20145984.jpg
c0051781_20151370.jpg
c0051781_20152274.jpg

登山道も積雪を増しているような気がした
それでも例年に比べて雪は少ないそうだけど
c0051781_20454263.jpg

人とすれ違うのが難しいのが伝わるかな
c0051781_20594308.jpg
c0051781_21014050.jpg

雪グローブをはめたシラビソ
c0051781_20595479.jpg

シラビソの天ぷら
c0051781_21040663.jpg

これは美味しそう
c0051781_21153429.jpg

オオシラビソの十字架v
c0051781_21154436.jpg

三つの岩稜がある三ツ岳(途中に分岐がある)
夏道を知らないとちょいと登ってみるのはこわいかも
踏み抜いて奈落の底へ落ちたら
宇宙と同じく、あなたの悲鳴は誰にも聞こえない、だ
「エイリアン」の↑キャッチコピーは真に迫っていた
c0051781_21150334.jpg

一息できるヒュッテ近くはほっと一息の平坦な道
c0051781_21395637.jpg

森の中はこんな
c0051781_21402113.jpg

白山石楠花
c0051781_21560885.jpg

北横岳ヒュッテ
c0051781_23313489.jpg

氷点下二桁\(^o^)/
c0051781_21565005.jpg

雲が寒いと言っている
防寒対策バッチリでも寒いものは寒い
c0051781_22040889.jpg

空に雪が舞っているのが見えるかなー
c0051781_22052810.jpg

十字架
c0051781_22053956.jpg

山頂は暴風吹き荒れまくりで=3
南奴の赤岳とか阿弥陀岳とか
c0051781_22075039.jpg

北アルプスの展望どころじゃなかった
いったい何の恨みがあるのかと言いたくなるくらい
横っ面をたたきつける風が痛いのなんの(^^;)
c0051781_22100310.jpg
c0051781_22102222.jpg

紫のザック渋くていいな...
c0051781_22105069.jpg

山頂から少し危なっかしいところに足を伸ばしてみた
剥き出しのゴロ岩の下を覗いたら真っ暗だった=3
c0051781_22131900.jpg

北横岳ヒュッテの屋根が見えている(画像の中央辺り)
c0051781_22111498.jpg

ヒュッテ近くの七つ池は完全凍結
c0051781_22582131.jpg
c0051781_22583906.jpg
c0051781_22590277.jpg

雪道を踏んだ感触と全く違う氷の上
c0051781_22591888.jpg

雪山で風が止んだとき、山頂から樹林帯に入ったとき
シーンと静まりかえって何の音も聞こえないです
「氷壁」の主人公が遺した言葉を思い出すんだよね
静かなり、限りなく静かなり、
c0051781_22593373.jpg

by elsur147 | 2019-01-23 01:35 | yama | Comments(2)

すーぱーあずさの車窓(1/18)

笹子トンネルを抜けると南アルプスがどどーんとお目見え
キタキターーー\(^o^)/ってな具合に毎回興奮してしまう
白い山脈から少し離れて右に頭を出して見えるのは北岳
日本では富士山の次に高い山
憧れの甲斐駒ヶ岳はもっと右でまだ見えない
北岳から左に農鳥岳と塩見岳、更に少し離れて赤石岳
揃って3000m 超えている
c0051781_00325292.jpg

甲府辺りで富士山がひょっこり。あらって感じ
c0051781_00330060.jpg

甲斐駒ヶ岳が見えはじめたらあとはどうでもよかったり(^^;)
c0051781_22593512.jpg

駒の隣でチラチラ存在感を主張しているのは仙丈ヶ岳
南アルプスでは登りやすい山だと言われてるが
それは上級者の見解で「あくまでも比較的」なんだと思う
c0051781_22595272.jpg

赤石山脈は今も一年に4mm 程度の隆起を続けているとか
隆起が続けば甲斐駒ヶ岳もそのうち 3000m 越えるのかも
c0051781_23002035.jpg

ここはどこら辺だったかな
この角度というか山容がいちばんイケメン
c0051781_23003404.jpg
c0051781_23004547.jpg

2月の初めにまたあずさに乗るんだけど
仕事が増えるからカメラなしで行きたい(無理 ^^;)

by elsur147 | 2019-01-22 00:36 | yama | Comments(0)

白山を望む初登りv(1/4)

こんな風に白山を眺める日を夢見ていた(*^^*)
一面の雪景色は嬉しいオマケ
c0051781_20484176.jpg

既出だけど。ありがたい道案内(バス停激チカ)
c0051781_00314586.jpg

奥に八幡神社が鎮座している
c0051781_16051628.jpg

山中は凄そうだから本殿の階段でアイゼンを装着
c0051781_16151933.jpg
c0051781_16153268.jpg

踏み跡は一人の長靴らしきものと犬の足跡のみ
そのあと雪が降ったのか一足毎に潜りました(笑)
c0051781_18335786.jpg
c0051781_16161882.jpg
c0051781_16173148.jpg

少し登ると枯れ枝の隙間から白山が見えた
c0051781_16170107.jpg

雪が眩しい
c0051781_16174105.jpg

雪の綿毛
c0051781_16175667.jpg

やや不明瞭な樹林帯に標識があってほっとした
c0051781_16180815.jpg
c0051781_16182723.jpg

鞍部に着くと真正面に白山が見えてワオーって感じ
c0051781_16185008.jpg

手前左は雲龍山、右は岳峰、真ん中は高倉山、またの名をお邪魔山(^^;)
そしてあたしの白山は。左から四塚山、大汝峰、御前峰
c0051781_16192796.jpg

さて鞍部から明神の岩をひと登り
ロープから先が急傾斜となる
c0051781_21253661.jpg

急傾斜は上にチラ見えの祠まで20mくらいなんだけど
途中の露岩が曲者でアイゼンが邪魔になった
外すかどうか迷ったものの(外さないと岩を越えられない)
こんなところで冗談じゃないよめんどくさい=3
c0051781_21254964.jpg

ほんなんで両手両膝ついて這い登りました(みっともない)
あとから来た人から笑われそう(^^;)
雪がなければホールドできる岩があるんだろうけど
c0051781_21260028.jpg
c0051781_21261194.jpg

そして明神壁山頂部から。モンテビアンコv
(さっきと同じ景色じゃないかって?まあまあまあ)
c0051781_23121088.jpg

手取川の両岸に河岸段丘が広がっている
(奥の川が手取川、手前のは大日川)
夏はあの辺りをサイクリング(^^)
帰りに日帰り温泉に寄って
その帰りに自転車こいで大汗かいた\(^o^)/
c0051781_22475053.jpg

大日川を渡る橋の袂が登山口最寄りのバス停
c0051781_23200789.jpg

足下。スパッと切れてます
c0051781_18132075.jpg

最奥にうっすら白いのが両白山地の大笠山
c0051781_19391317.jpg

右に横たわるのは口三方岳(白山を眺望できるもよう)
c0051781_19401382.jpg

白山比咩神社のある獅子吼方面(鶴来)
c0051781_19402953.jpg

明神壁山頂の祠は明神様
c0051781_22290044.jpg

この穴ぼこは何?先客が座ったお尻跡か
お犬様が掘ったのか、クマじゃないだろうね...
近頃は冬眠しないクマもいるらしいから
c0051781_22115631.jpg

祠の後ろは明神壁山(ややこしいが)
c0051781_22054473.jpg

では下りようか(あたしが踏み荒らして雪がボコボコ ^^;)
明神岩は流紋岩だそうで、てことは、よく滑ルンですな
雪で急斜面の全貌が見えないのは知らぬが花というやつ(たぶん)
c0051781_18371510.jpg

アイゼンを外さないとロープが使えなかった曲者岩=3
c0051781_23400444.jpg

下るのはスリリングで楽しかったが
どこが切れ落ちているのかも雪で見えない花
なのでけして端に近寄ってはいけない
c0051781_23585263.jpg

さんざんに雪をかきこわしてすみません
c0051781_23482664.jpg

温かい日差しのもと体育座りで白山を眺めていた
アルミの標識にバックパックを立てかけて
あまりにも気持ち良くてポカ~っと昼寝してしまった
c0051781_00051244.jpg

下山途中、地元の方が登ってこられた(やはり午後が狙い目なのね)
ポケットにデジカメをしのばせ手ブラの長靴兄さん
同じくカメラのみのワカン兄さん、カメラ+三脚の長靴兄さん
三人ともあたしに同じことを「誰か上に行ってます?」(^^)
重装備でいたのがなんとなく恥ずかしかった
c0051781_21302190.jpg

里帰り中にお天気だったらまた来よう
今度は登山靴を背負って自転車でv
c0051781_21304269.jpg

お天気の良い日に思い立ったらすぐ行ける
c0051781_22343622.jpg

山頂部を編集画面で拡大したら
四塚山と。奥に大汝峰と御前峰が見えた
夏に縦走したことを思い出した
ものすごーーーくなつかしかった(T_T)
c0051781_21465896.jpg

by elsur147 | 2019-01-15 21:00 | yama | Comments(0)

初登りプロローグ(1/4)

奇跡的にお天気に恵まれたので白山を眺めてきた
c0051781_23265296.jpg

鶴来駅からバスで20分少々の若原という集落
バスの時間を調べていたら父が
"あの辺なら自転車で行ったじゃない" と、つまり
自転車で行けばいいのに、てな意味合いで呟いた
(一昨年の夏二人でサイクリングに行ったんだった)
けど。登山靴で自転車こげない(笑)

で。「しらやま まち なか」です 
手前のバス停が白山町「しらやま まち」
c0051781_00192605.jpg

この辺では「白山」を「しらやま」と言ったり読んだり
と。言いたかっただけ(^^;)
c0051781_00280206.jpg

風に飛ばされて杉の木に絡みついた綿毛は雪(白いポツポツ)
c0051781_00342841.jpg

山麓は雪がだいぶ残っていたよ
c0051781_00352967.jpg

バス停を下りると目の前に白山が見えた
鉄塔が。ど真ん中に鎮座していてもう~。最高(^^;)
c0051781_00355726.jpg

バス停からこれから登る明神壁が見えてます
ポコンと飛び出している岩がそう
c0051781_00353919.jpg

登る前に近くをブラブラ
里山の積雪は雪山とは違う物珍しさで
c0051781_00190972.jpg

バス停から大日川を渡ってみた(橋を)
茶色い建物はバスの待合小屋(ベンチと掃除道具がある)
正面の山が明神壁のある山です
c0051781_00192164.jpg

さて行きますか。
c0051781_00314586.jpg

すいません今宵はサワリまで(^^;)
by elsur147 | 2019-01-11 01:46 | yama | Comments(0)

北横岳山麓サンセット(12/25)

最終のロープウェイまで時間たっぷりあってノンビリ
c0051781_23215373.jpg
c0051781_23224785.jpg

樹林帯に入ると山頂の暴風が信じられないくらい静か
静かな所からいきなりの暴風というのにも驚いたけど
(山頂直下の急斜面を上がったらびゅうびゅう=3)
その逆はもっと不思議な感覚
風の音がふいにピタッとなくなってしまうのですよ
新雪の樹林帯を見つめていると
シーーーンという音が聞こえてきそうな(そんな音はありません)
動植物の何もかもが深い眠りに入っている感じ
c0051781_23232155.jpg
c0051781_23233862.jpg
c0051781_23250442.jpg
c0051781_23264106.jpg

北横岳の登山道は白山石楠花ロード
花の時期に来ることは恐らくない思うけど
すれ違いが難しい狭い道で渋滞にあいたくない(^^;)
そんな思いを余所に白山石楠花は
冬本番を迎える季節に開花の準備
葉を下に向けているのは
風雪をやり過ごす為、なのかな(健気*^^*)
c0051781_23262100.jpg

坪庭に戻って来た
c0051781_23264106.jpg
c0051781_23265623.jpg
c0051781_23271222.jpg
c0051781_23273690.jpg

登ってきた北横岳
竹竿に雪が横に積もって旗氷柱
c0051781_23281245.jpg

ロープウェイの機器も雪が氷柱化していた
c0051781_23282501.jpg

100人収容の箱。下りは空っぽ(笑)
c0051781_23285326.jpg

ロープウェイからも日本アルプス全部見え
下って行く正面は中央アルプス
c0051781_23293891.jpg

バスを待つ間に迎えた夕焼けは綺麗だった
小一時間、刻一刻と変化していく空を眺めていた
c0051781_23304699.jpg
c0051781_23310197.jpg
c0051781_23312437.jpg
c0051781_23313796.jpg

バスが出る時刻はもう真っ暗
c0051781_23322553.jpg

茅野駅は赤岳
c0051781_23323842.jpg

ではまた来月(行く気満々^^;)

by elsur147 | 2019-01-02 01:25 | yama | Comments(0)

雪道の北横岳(12/25)

冬に公共交通機関で行く北横岳はタイムロスがすごい
路線バスの時間は前泊と山小屋泊を基準にしているのかも...

行き:茅野駅発 10:20 / 北八ヶ岳ロープウェイ着 11:23
(10:20の前は7:55) 約1時間かかるのは蓼科高原の各別荘地を巡回する為
ロープウェイ(往路復路とも) 00/20/40 往路最終16:00

帰り:北八ヶ岳ロープウェイ発 17:00/茅野駅着17:55
(17:00の前は14:45)
あずさに18時台がない。千葉行き 17:50に5分、間に合わない(^^;)

最終のロープウェイを(所要時間 7分)降りると
バスが来るまで小一時間、ヒマヒマヒマ
さらに茅野駅で一時間超、タイクツタイクツーーー(笑)
でもまあ。ギリで際どい時間を気にするよりいいかもしれない

眼下はゲレンデ(ロープウェイから)
c0051781_20164657.jpg
c0051781_20193131.jpg

表玄関の足下はすっかり雪模様
c0051781_20194297.jpg

樹木の雪がまばらなのは風のせい
モンスター化したシラビソ群を見てみたい
c0051781_20200022.jpg

夏道すっかり埋もれてます
c0051781_20220256.jpg
c0051781_20223814.jpg
c0051781_20225944.jpg

赤岳がそそり立つ南奴など良い眺め~
北ヨーロッパ映画みたいな世界が目の前
c0051781_20264896.jpg

南アルプス
c0051781_22232882.jpg

ここに来たら着いたも同然
c0051781_22294671.jpg

ヒュッテの中庭にて。先客はカップ麺のお湯を沸かしている
山頂から降りてきてお昼だって言ってた
"上は風がものすごく強かったです気を付けて下さい"
c0051781_22325179.jpg

山頂直下の急な岩場は
c0051781_22350052.jpg

雪に埋もれると急斜面でスリリング
c0051781_22351933.jpg

この日の山頂は日本アルプス全部見え\(^o^)/
ホントものすごい暴風===3
ぼーっとしてると。チコちゃんに吹き飛ばされる(^^;)
南峰から(2,471m)すぐそこにある南八ヶ岳
c0051781_22422682.jpg

南アルプス
c0051781_23033894.jpg

中央アルプス
c0051781_23082378.jpg

御嶽山
c0051781_23085256.jpg

北アルプス
c0051781_23092190.jpg

そして白馬連峰
c0051781_23100170.jpg

こちらは北峰(2,480m)
南峰と同じく日本アルプスのパノラマ天国
c0051781_23245482.jpg

「難路」と書かれた大岳が気になるところ
奥多摩ならハッキリ「悪路」と表記だ(^^;)
c0051781_23185905.jpg

悪路への入り口(展望がないのはここだけ)
c0051781_23314821.jpg

モンスター準備中のシラビソを眺めつつ下山開始
とりあえずは南峰まで戻りませう
c0051781_23355934.jpg
c0051781_23361263.jpg
c0051781_23362689.jpg
c0051781_23365121.jpg

白山石楠花
c0051781_23371587.jpg

シラビソの間から赤岳が頭出し
c0051781_23373803.jpg

再び北横岳の南峰より
今度は急斜面を降りる也~
c0051781_23320003.jpg
画像ではピンとこないかもだけどけっこう急なのですよ
あともうちょこっとはまた次回

by elsur147 | 2018-12-30 23:55 | yama | Comments(0)



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28