arsenal seveile

山ウエアの衝動買い

雪山対応のジャケット買ったー
レインはフードが風に煽られるとめくれてしまうので
八ヶ岳で森林限界を超えたときこれはやばいと思った
入笠山や車山をちょいと登ったのとレベルが違うって
サイズと色が濃ピンクしかなかった(黒か紺でしょやっぱり)
まったく買いたい日に欲しいんだから待てないあたしは

パンツとグローブはついで買い(出た^^;)
パンツはメンズのアンダーパンツのSサイズ
(メンズは履くとき大変だろうなピタピタで)
フリーズ素材ですごい温かいですv
雪がなければこのパンツ一丁でダイジョウブ
積雪と真冬は上にレインパンツでダイジョウブ、かな...
グローブは日常でも外さないで作業する練習中
お財布からカードの出し入れ出来るようになったよ
c0051781_00083653.jpg

夏用のレインは夏前に軽量を見つけて衝動買いしたもの
ノースは弟に頼めば安くなるんだけど頼むのやだよね~(^^;)
c0051781_00085374.jpg

マジックテープが強力すぎて苦手なんだけど
ブランドに負けたというか勝ったというか(なんのこっちゃ)
なんで苦手かって髪の毛に引っ付くんですよー=3
c0051781_00090426.jpg

靴なあ、スリーシーズンのに不安を感じ...
高いよね雪山の、しかも雪がないと歩きにくいんだって
頻度からしてどうよって気もするし...
考え中~

# by elsur147 | 2018-12-11 00:22 | collection | Comments(0)

今日の山頂

c0051781_1349730.jpg

奥多摩の六ッ石山
往路の青梅線は通勤時間帯に青梅―奥多摩間でシカが青梅線に衝突した為、遅れが発生。理由が理由だけにそれじゃあ仕方ないよねとどなた様の顔にもどことなく憐れむような表情見られた。
# by elsur147 | 2018-12-05 13:49 | Comments(0)

続続・北横岳(11/23)

続。北横岳ヒュッテから
c0051781_21310807.jpg

山頂まで急な登りを15分くらい
c0051781_20244473.jpg

そら、奴だ
c0051781_20292084.jpg

奥に南アルプス。鳳凰三山、北岳、甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳、さらに
入笠山と富士見パノラマスキー場の、リフトかな
ここは↑去年行ったとき甲斐駒とかホント目の前で感激した
c0051781_20541799.jpg

因みに。南八ヶ岳の前座である編笠山からピークを越えて
坪庭まで縦走できる、らしい(^^;)

山頂の目の前に蓼科山
後に北アルプスが、どどどーんと、雲がなければ(^^;)
c0051781_20552227.jpg

北峰へ行く途中(南峰からすぐ)
シラビソの風衝樹形だよ
c0051781_20573062.jpg

北峰から眺めた蓼科山、なるほど~
裏はこうなっているのかと妙に納得したりして
山に裏表があるのかどうかは知りませんが
c0051781_20580766.jpg

樹氷を激写中の山乙女(十字架のオオシラビソもある)
さすがのあたしも雪山で雪を触ろうとは思わなかった(^.^;)
c0051781_21365825.jpg
c0051781_21393910.jpg

ヒュッテも山頂も気温はマイナス6°(最高気温ざます)
これから本格的な雪山になるのね
c0051781_21473755.jpg

雪山初心者定番の山とはいえ
森林限界を超えるのである
ぬかりなくアルペン装備万全で行くように
c0051781_21420969.jpg

ヒュッテの近くにひっそりとある池
大小10個あって登山道から行けるのは二つだけ
c0051781_22291329.jpg
c0051781_22570561.jpg

森へ消えていくウサギの足跡
c0051781_22573900.jpg

オオシラビソを見ると白山を思い出す
白山でしか見たことがないから(単純)
c0051781_23174628.jpg

氷砂糖をまぶしてあるみたい
でも全然甘そうに見えない(^^;)
c0051781_23180186.jpg
c0051781_23181301.jpg

坪庭まで戻って来た。赤マークの竹は積雪時用
雪が竹のどの辺まで積もるのか見たいな
c0051781_23183768.jpg

雪が竹のどの辺まで積もるのか見に来よう
c0051781_23185174.jpg

ロープウェイ山頂駅から下りて行くとき
変わっていく景色を眺めながらさっきまでの出来事が夢のようだと思った
あの真っ白な眩しい世界は何だったんだろう、とか
c0051781_00005808.jpg
c0051781_00011697.jpg

景色きれいだけど普通(笑)
c0051781_00024304.jpg

で。家に帰ってから気がついたこと
指先が凍傷になりかけていた
(なったのかもしれない、自覚症状ないんだって)
フリースのアンダーグローブはずっとはめていたのだが
指先のないタイプだったのがいけなかった(へへ~^^;)
今まだ爪の先が痛いのと、外気に当たると冷たくて外で手袋をはずせない
室内でもスーパーの冷蔵や冷凍コーナーで冷たいと感じるのである(-.-)

足は大丈夫だったけどけっこう冷たかったな
雪用の靴下を重ね履きしても靴がスリーシーズンでねえ
積雪は無くても路面は冷え切っているんですよ
雪山用のシューズ買わないとダメですかね、高いんだぞ...

母のシューズは雪山に対応してるみたいだけど年季入りなんで
過酷な環境で使いたくないな、とか、悩むな~
ヒマ爺は「オレいつもこれ」って柔らかソールのペラペラ見せて
いったいどんな足してんだ(^.^;)

去年行った雪山は入笠山(1,955m)車山(1,925m)
今回の北横岳は 2,480m
標高の差と滞在時間の差も然り、反省しきり、、
# by elsur147 | 2018-12-04 00:28 | yama | Comments(0)

続・北横岳(11/23)

樹氷の先に南八ヶ岳がチラっと顔出し
奥で悠々と連なっているのは南アルプス
c0051781_17090759.jpg

縞枯現象の縞枯山
c0051781_19123274.jpg
c0051781_19133261.jpg

南北30kmに及ぶ八ヶ岳は大火山群
今は北横岳だけが活火山に指定されていて
最後の噴火は約800年前だそうです
c0051781_19152474.jpg
c0051781_19524858.jpg
c0051781_20175971.jpg

静かな樹林帯には厳かな雰囲気が漂っていた
c0051781_20192487.jpg

霜柱
c0051781_20245922.jpg

シラビソと(白檜曽)オオシラビソの区別は
パッと見ただけでは分からない
枝がよく見えるのがシラビソ
葉が枝を隠しているのがオオシラビソ
いつもどっちがどっちだったか忘れているが(^^;)
c0051781_20380353.jpg

オオシラビソはてっぺんが十字架なんだって
こうして見るとかわいいですね、いじらしい
c0051781_20383765.jpg

凍てついた毛細血管
c0051781_20381961.jpg

眩しすぎて目がチカチカしてきた
慌ててサングラス引っ張り出した
c0051781_20391544.jpg
c0051781_20550137.jpg
c0051781_20552498.jpg
c0051781_20554550.jpg

縞枯山の奥にはヤツがいる
c0051781_20563496.jpg

岩稜の赤岳や阿弥陀岳が屹立する奥の
オニギリ山があたしが登った編笠山だす
難易度の違いが分かるでしょ~か
いえ来年は行きます、ガツガツ登ってみせまっせ
c0051781_20591298.jpg

君は「言うは易く行うは難し」というコトワザを知っているか
c0051781_21105521.jpg

きっと落ちたらお陀仏のところばっかだよ
c0051781_21111417.jpg

こわいわあぁぁぁ
c0051781_21112854.jpg

これなーんだ
c0051781_21223022.jpg

白山石楠花(*^^*)
c0051781_21224546.jpg

ツボミをつけて雪吊りですか
c0051781_21230106.jpg

今そこにある雪景色を届けよう
c0051781_21263567.jpg

雪が降っていなくても樹木の雪が落ちルンです
顔面の露出も極力避けて手袋は絶対に外してはいけない
そして汗をかかないようにゆっくり登ろう
c0051781_21282832.jpg

山小屋の中庭にベンチがあって休憩できる
でも寒いからノンビリしない
お昼を食べるときも手袋を外さない
c0051781_21310807.jpg

青空と。Oh~十字架がいっぱい おお!!!シラビソvvv
c0051781_21312145.jpg

てなわけで。あともうちょっこっとつきあってね

# by elsur147 | 2018-11-28 00:11 | yama | Comments(3)

北横岳(11/23)

雪山初心者の定番「北横岳」に行ってきたよ
北八ヶ岳の北にあるから北横岳
(ホンモノの横岳は南八ヶ岳に聳える岩稜のピーク群、らしい)
茅野駅は快晴だったのに北八ヶ岳ロープウエイ山麓駅は(標高1,771m)
この時点で。すでに白山の別当出合より高いのか。と溜息(何故?^^;)
すると空気を読まない雲が次次と湧き出てきて青空を隠しはじめ
c0051781_22423728.jpg

山頂やばそう
c0051781_22524715.jpg

ロープウェイほんの7分で山頂駅に到着(標高2,237m)
(スキーが始まると定員100人の箱は押しくらまんじう状態とか)
期待していた積雪は全くといっていいほど無かったけれども
さらっと雪を纏ったクリスマスツリーのお出迎えにほくほくv
c0051781_23272551.jpg

「坪庭」と呼ばれる溶岩台地から山頂までは一時間半くらい
c0051781_23383096.jpg

積雪前の段階的な雪景色も貴重で乙なもの
c0051781_23510311.jpg
c0051781_23511266.jpg
c0051781_00424936.jpg

石灰を被ったようなクマザサ
c0051781_23543332.jpg

風で雪が吹き飛ばされている
雪が降ったばかりだったから
c0051781_00083835.jpg

山麓駅の向こう、雲との境目に中央アルプス
c0051781_00451803.jpg

ではではサワリだけで失礼をば
先も代わり映えのしない真っ白白が続きますが何か(^^;)
ネムっ=3
そうそう横岳の下り眠くてやばかったす(こらこら)
# by elsur147 | 2018-11-27 01:28 | yama | Comments(0)



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31