arsenal seveile

2018年 04月 11日 ( 1 )

サルギ尾根

去年、御嶽山から大岳山に登ったとき、この分岐で名前を見て以来、ずっと気になっていたサルギ尾根に行ってみた。「サルギ尾根」ってなんか渋くてかっこいくないですか?
それとサルギ尾根から大岳山を眺めてみたかった(なにを今更・笑)
c0051781_063149.jpg

あきる野市の養沢(370m)~高岩山(824m)~上高岩山(1250m)を越えて分岐までのルート。分岐は青梅市になるのかな?山と高原地図のコースタイムは休憩を含まないタイムだけれど、それでも余裕をもっての表記ですかね?休憩やら写真撮りやら呼吸整えやらビビリのフリーズやら含めても二時間ピッタリだったよ。登山道は高岩と付いているだけあって痩せた尾根に背高の露岩大会(笑)元は破線ルートだったそうですがあまりにも掟破りが多かった為、しぶしぶ道標を立てのリボンを巻きのの登山道に整備した(らしい)露岩や胸を突くような急登は面白かったけど枯葉の絨毯が敷き詰められた斜面にはほとほと閉口。カラカラに干からびていて滑るんだよ。ストックにスノーバスケットならぬ竹箒バスケットがあったらなとバッサバッサ払いのけながら進んだのでありました。
c0051781_0475979.jpg

こここわかったーーー
画像から見て岩の右側は何もない。岩と木の根の間を通った=3
根っこに納まっている岩はどっかから飛んできたんですかね=3
c0051781_0313534.jpg

なんとか撮れたイワウチワ(岩団扇)
c0051781_0583161.jpg

主に北側の「斜面」に日陰を好んで咲く花です
群生している斜面に下りることはできないのであります
みんなあっちむいて俯いてるし(^^;)
by elsur147 | 2018-04-11 01:22 | yama | Comments(0)



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30