arsenal seveile

続続・北横岳(11/23)

続。北横岳ヒュッテから
c0051781_21310807.jpg

山頂まで急な登りを15分くらい
c0051781_20244473.jpg

そら、奴だ
c0051781_20292084.jpg

奥に南アルプス。鳳凰三山、北岳、甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳、さらに
入笠山と富士見パノラマスキー場の、リフトかな
ここは↑去年行ったとき甲斐駒とかホント目の前で感激した
c0051781_20541799.jpg

因みに。南八ヶ岳の前座である編笠山からピークを越えて
坪庭まで縦走できる、らしい(^^;)

山頂の目の前に蓼科山
後に北アルプスが、どどどーんと、雲がなければ(^^;)
c0051781_20552227.jpg

北峰へ行く途中(南峰からすぐ)
シラビソの風衝樹形だよ
c0051781_20573062.jpg

北峰から眺めた蓼科山、なるほど~
裏はこうなっているのかと妙に納得したりして
山に裏表があるのかどうかは知りませんが
c0051781_20580766.jpg

樹氷を激写中の山乙女(十字架のオオシラビソもある)
さすがのあたしも雪山で雪を触ろうとは思わなかった(^.^;)
c0051781_21365825.jpg
c0051781_21393910.jpg

ヒュッテも山頂も気温はマイナス6°(最高気温ざます)
これから本格的な雪山になるのね
c0051781_21473755.jpg

雪山初心者定番の山とはいえ
森林限界を超えるのである
ぬかりなくアルペン装備万全で行くように
c0051781_21420969.jpg

ヒュッテの近くにひっそりとある池
大小10個あって登山道から行けるのは二つだけ
c0051781_22291329.jpg
c0051781_22570561.jpg

森へ消えていくウサギの足跡
c0051781_22573900.jpg

オオシラビソを見ると白山を思い出す
白山でしか見たことがないから(単純)
c0051781_23174628.jpg

氷砂糖をまぶしてあるみたい
でも全然甘そうに見えない(^^;)
c0051781_23180186.jpg
c0051781_23181301.jpg

坪庭まで戻って来た。赤マークの竹は積雪時用
雪が竹のどの辺まで積もるのか見たいな
c0051781_23183768.jpg

雪が竹のどの辺まで積もるのか見に来よう
c0051781_23185174.jpg

ロープウェイ山頂駅から下りて行くとき
変わっていく景色を眺めながらさっきまでの出来事が夢のようだと思った
あの真っ白な眩しい世界は何だったんだろう、とか
c0051781_00005808.jpg
c0051781_00011697.jpg

景色きれいだけど普通(笑)
c0051781_00024304.jpg

で。家に帰ってから気がついたこと
指先が凍傷になりかけていた
(なったのかもしれない、自覚症状ないんだって)
フリースのアンダーグローブはずっとはめていたのだが
指先のないタイプだったのがいけなかった(へへ~^^;)
今まだ爪の先が痛いのと、外気に当たると冷たくて外で手袋をはずせない
室内でもスーパーの冷蔵や冷凍コーナーで冷たいと感じるのである(-.-)

足は大丈夫だったけどけっこう冷たかったな
雪用の靴下を重ね履きしても靴がスリーシーズンでねえ
積雪は無くても路面は冷え切っているんですよ
雪山用のシューズ買わないとダメですかね、高いんだぞ...

母のシューズは雪山に対応してるみたいだけど年季入りなんで
過酷な環境で使いたくないな、とか、悩むな~
ヒマ爺は「オレいつもこれ」って柔らかソールのペラペラ見せて
いったいどんな足してんだ(^.^;)

去年行った雪山は入笠山(1,955m)車山(1,925m)
今回の北横岳は 2,480m
標高の差と滞在時間の差も然り、反省しきり、、
by elsur147 | 2018-12-04 00:28 | yama | Comments(0)
<< 今日の山頂 続・北横岳(11/23) >>



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31