arsenal seveile

編笠山(6/19)

編笠山は八ヶ岳の最南端
山梨県と長野県に跨がっており(南北に30km)
女性的な北に対して
南は男性的な山が屹立している
山頂は雲行きが怪しかった
c0051781_21302083.jpg

登りはじめは梅雨の中休みでお天気上々
c0051781_00482589.jpg
c0051781_00483808.jpg

分岐
c0051781_00500878.jpg
c0051781_00502399.jpg

雲の上から世界遺産が頭出し
c0051781_00505857.jpg

緑がきれい
c0051781_00511374.jpg

ツボミはあたしのツボ
c0051781_00512328.jpg

分岐
c0051781_23063791.jpg
c0051781_23053896.jpg

奥の鬱蒼とした森は原生林
ここから先は岩場の急な登りが山頂まで続く
c0051781_23001584.jpg
c0051781_23525034.jpg

岩鏡に励まされ
c0051781_23512330.jpg

どんどん高度を上げていく
c0051781_00070117.jpg
c0051781_00101592.jpg

振り返ると世界遺産が
頭を雲の上に出し
c0051781_00063193.jpg

風の吹かれた枯れ木のオブジェ
c0051781_00090794.jpg

ハイマツ帯を黙々と
c0051781_00104788.jpg

山頂部が見えてきた(やっと~)
c0051781_21042817.jpg

山頂の岩はゴロっと動くんですよ不安定な
ちょいと座るには良いのだけれど
お弁当ひろげる気分にはならないな
c0051781_21051819.jpg
c0051781_21041041.jpg

権現岳が目の前に聳えており
奥に居並ぶ赤岳方面も写したはずだが
写してなかった(笑)
c0051781_21153457.jpg

西岳
手前は編笠山の岩ゴロゴロ
c0051781_23303344.jpg

こっちのは何だったかな崩壊の跡がすさまじい
こういうのは奥多摩辺りじゃ見られませんで(貴重)
c0051781_21160949.jpg

三角点ここかー(周りの岩と同化している)
c0051781_21162651.jpg

それでは青年小屋を目指しませう
c0051781_21435225.jpg
c0051781_21441652.jpg

ハイマツの中をひたすら下りる
c0051781_23011104.jpg
c0051781_23085722.jpg

ハクサンシャクナゲのツボミ
c0051781_23092161.jpg

最後の岩下りは勢いをつけて下りないと
岩から岩へとっととっとと渡らねば
岩と岩の隙間を(奈落)こわいと思ったらもう動けない
奥の手というかお尻つきのの四点保持だ(^^;)
c0051781_23095976.jpg
c0051781_23110385.jpg
c0051781_23112066.jpg

どうしてこんな斜面なのか
c0051781_23244515.jpg

御前橘
c0051781_23254974.jpg
c0051781_23260816.jpg

以上 南八ヶ岳で足慣らし
c0051781_23265602.jpg

by elsur147 | 2018-06-28 23:32 | yama | Comments(0)
<< 今日は足慣らし 青空が消えぬ間に(中央道より) >>



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31