arsenal seveile

北横岳(1/18)

北横岳は三度目です
11月も寒かったし12月も寒かったけど
更に寒い寒い(笑)
c0051781_16581099.jpg

風で飛ばされた雪が登山道を消していたよ
コーンスターチかショートニングみたい
c0051781_23314765.jpg

雪のシラビソを見たくて来た
c0051781_16584954.jpg

最初の休憩ポイントは風がモロ
画像の青空が濃いのは実際に見たままの色です
藍色に近い感じかな
太陽の位置とか雪が白いから濃く見えるのかも
c0051781_17032498.jpg
c0051781_17033628.jpg

では北横岳に登りましょう
のっぺりした山容からたいしたことなさそうに見えるかもですが
たしかに雪山初心者の定番ではあるけれど
真冬の体感と森林限界を超えた暴風はすさまじく
雪山はここで十分て気もしたり(^^;)
c0051781_17055541.jpg

背中側は縞枯山
c0051781_19161025.jpg
c0051781_19160262.jpg

まっさらな雪が眩しい
c0051781_20031776.jpg

バスケットを付けていないストックの潜ること~
c0051781_20032451.jpg

白山石楠花
葉を下に向けているのは水分温存の為
c0051781_20051525.jpg

見飽きることのない雪景色
c0051781_20145984.jpg
c0051781_20151370.jpg
c0051781_20152274.jpg

登山道も積雪を増しているような気がした
それでも例年に比べて雪は少ないそうだけど
c0051781_20454263.jpg

人とすれ違うのが難しいのが伝わるかな
c0051781_20594308.jpg
c0051781_21014050.jpg

雪グローブをはめたシラビソ
c0051781_20595479.jpg

シラビソの天ぷら
c0051781_21040663.jpg

これは美味しそう
c0051781_21153429.jpg

オオシラビソの十字架v
c0051781_21154436.jpg

三つの岩稜がある三ツ岳(途中に分岐がある)
夏道を知らないとちょいと登ってみるのはこわいかも
踏み抜いて奈落の底へ落ちたら
宇宙と同じく、あなたの悲鳴は誰にも聞こえない、だ
「エイリアン」の↑キャッチコピーは真に迫っていた
c0051781_21150334.jpg

一息できるヒュッテ近くはほっと一息の平坦な道
c0051781_21395637.jpg

森の中はこんな
c0051781_21402113.jpg

白山石楠花
c0051781_21560885.jpg

北横岳ヒュッテ
c0051781_23313489.jpg

氷点下二桁\(^o^)/
c0051781_21565005.jpg

雲が寒いと言っている
防寒対策バッチリでも寒いものは寒い
c0051781_22040889.jpg

空に雪が舞っているのが見えるかなー
c0051781_22052810.jpg

十字架
c0051781_22053956.jpg

山頂は暴風吹き荒れまくりで=3
南奴の赤岳とか阿弥陀岳とか
c0051781_22075039.jpg

北アルプスの展望どころじゃなかった
いったい何の恨みがあるのかと言いたくなるくらい
横っ面をたたきつける風が痛いのなんの(^^;)
c0051781_22100310.jpg
c0051781_22102222.jpg

紫のザック渋くていいな...
c0051781_22105069.jpg

山頂から少し危なっかしいところに足を伸ばしてみた
剥き出しのゴロ岩の下を覗いたら真っ暗だった=3
c0051781_22131900.jpg

北横岳ヒュッテの屋根が見えている(画像の中央辺り)
c0051781_22111498.jpg

ヒュッテ近くの七つ池は完全凍結
c0051781_22582131.jpg
c0051781_22583906.jpg
c0051781_22590277.jpg

雪道を踏んだ感触と全く違う氷の上
c0051781_22591888.jpg

雪山で風が止んだとき、山頂から樹林帯に入ったとき
シーンと静まりかえって何の音も聞こえないです
「氷壁」の主人公が遺した言葉を思い出すんだよね
静かなり、限りなく静かなり、
c0051781_22593373.jpg

# by elsur147 | 2019-01-23 01:35 | yama | Comments(1)

すーぱーあずさの車窓(1/18)

笹子トンネルを抜けると南アルプスがどどーんとお目見え
キタキターーー\(^o^)/ってな具合に毎回興奮してしまう
白い山脈から少し離れて右に頭を出して見えるのは北岳
日本では富士山の次に高い山
憧れの甲斐駒ヶ岳はもっと右でまだ見えない
北岳から左に農鳥岳と塩見岳、更に少し離れて赤石岳
揃って3000m 超えている
c0051781_00325292.jpg

甲府辺りで富士山がひょっこり。あらって感じ
c0051781_00330060.jpg

甲斐駒ヶ岳が見えはじめたらあとはどうでもよかったり(^^;)
c0051781_22593512.jpg

駒の隣でチラチラ存在感を主張しているのは仙丈ヶ岳
南アルプスでは登りやすい山だと言われてるが
それは上級者の見解で「あくまでも比較的」なんだと思う
c0051781_22595272.jpg

赤石山脈は今も一年に4mm 程度の隆起を続けているとか
隆起が続けば甲斐駒ヶ岳もそのうち 3000m 越えるのかも
c0051781_23002035.jpg

ここはどこら辺だったかな
この角度というか山容がいちばんイケメン
c0051781_23003404.jpg
c0051781_23004547.jpg

2月の初めにまたあずさに乗るんだけど
仕事が増えるからカメラなしで行きたい(無理 ^^;)

# by elsur147 | 2019-01-22 00:36 | yama | Comments(0)

しらやまさん詣で(1/5)

こういう山を眺めていていつも感じるのは
針葉樹が絵に描いたような三角形だな~って(^^)
白いポツポツは風で飛んできた雪
c0051781_22152453.jpg

白山比咩神社
実家からお散歩がてら歩いて来た
c0051781_22194397.jpg

表参道の雰囲気が厳かでとても好き
自分のふるさとで馴染んでいられる
c0051781_22232558.jpg
c0051781_22301960.jpg

お決まりに立ち止まって写真を撮る琵琶滝
c0051781_22304196.jpg
c0051781_22312064.jpg

参拝客が多くても賑わいすぎていないのもいい
ぞれはひいき目で見るからそう感じるのでしょ
c0051781_22322677.jpg
c0051781_22332304.jpg
c0051781_23133037.jpg

こういうところでも谷側というのか
参道から手取川と水道橋が見えるのは冬だけ
c0051781_23134837.jpg

杉の実
c0051781_23141334.jpg

三が日はマイカー規制が出る
バスは片側車線をスイスイ
マイカー車線は数珠つなぎで動かない
タクシーはどっち車線だったかな?
c0051781_23142840.jpg

いちばん先にお参りするのはココ
c0051781_23144892.jpg
c0051781_23150496.jpg
c0051781_23153720.jpg

手取川と水道橋
c0051781_23161528.jpg
c0051781_23213741.jpg

手取川七ヶ用水大水門
c0051781_23233015.jpg

白山に登る日に立ち寄る日が待ち遠しい
c0051781_00135673.jpg


# by elsur147 | 2019-01-18 00:32 | sato | Comments(0)

白山麓の河原山線(1/4)

明神壁のどっかで手袋を片っぽ落としちゃった
実家に戻ってから気がついた=3
ノースフェイスのもの凄いあったかくて、高かったんだよ(笑)
登山中はしまっておいたんだが
食べ物やボトルを出し入れした拍子にたぶん
それかザックの整理をした神社前の石橋か(だとしたら川に落ちた)
父に話したら「今度探しに行ってみるよ」ってノ~ンビリ
母が落としたピアスを白馬まで探しに行った強者だからな...
c0051781_18431899.jpg

バスの時間まで麓を散策
ふるさとの眺め最高~~~
c0051781_18380537.jpg

鉄塔に邪魔されないところまで行ってみよう
バスを瀬名方面に遡るルート(歩道は雪で歩けません)
c0051781_18435549.jpg
c0051781_18444224.jpg

物好きが歩道に入ってみた(^^;)
c0051781_18451396.jpg

鉄塔に邪魔されない白山
c0051781_18462223.jpg

白山
c0051781_18480099.jpg

とはいっても末広がりの鉄塔はなんとなく好きだったり
何基か規則正しく並んでいると神様の柱に見えたりして
c0051781_18474210.jpg

金沢から鶴来は車なら20分程度とけっこう近い
親父様はお参りや自分の用事だけなら自転車で行くよ
実家の裏山の裏は金沢市だし(どっちが裏だよ^^;)
c0051781_18442611.jpg

帰りのバス停からチラっと奇岩
"こんどは雪のない時においでまし" って空耳
c0051781_18485645.jpg

バスは鶴来発が 8:20、帰りは若原発 15:05
登山口に下りた時にその前の14:10が出たところだった
てことは昼寝と途中の立ち話がなければ余裕の時間
余計だったのは昼寝でしょフツウしないよ山で昼寝なんか
c0051781_18491581.jpg

北鉄の河原山線は正午発ー夕方便もある
粘れば夕焼け白山が見られるのかも~
c0051781_18463345.jpg


# by elsur147 | 2019-01-17 00:32 | sato | Comments(0)

白山を望む初登りv(1/4)

こんな風に白山を眺める日を夢見ていた(*^^*)
一面の雪景色は嬉しいオマケ
c0051781_20484176.jpg

既出だけど。ありがたい道案内(バス停激チカ)
c0051781_00314586.jpg

奥に八幡神社が鎮座している
c0051781_16051628.jpg

山中は凄そうだから本殿の階段でアイゼンを装着
c0051781_16151933.jpg
c0051781_16153268.jpg

踏み跡は一人の長靴らしきものと犬の足跡のみ
そのあと雪が降ったのか一足毎に潜りました(笑)
c0051781_18335786.jpg
c0051781_16161882.jpg
c0051781_16173148.jpg

少し登ると枯れ枝の隙間から白山が見えた
c0051781_16170107.jpg

雪が眩しい
c0051781_16174105.jpg

雪の綿毛
c0051781_16175667.jpg

やや不明瞭な樹林帯に標識があってほっとした
c0051781_16180815.jpg
c0051781_16182723.jpg

鞍部に着くと真正面に白山が見えてワオーって感じ
c0051781_16185008.jpg

手前左は雲龍山、右は岳峰、真ん中は高倉山、またの名をお邪魔山(^^;)
そしてあたしの白山は。左から四塚山、大汝峰、御前峰
c0051781_16192796.jpg

さて鞍部から明神の岩をひと登り
ロープから先が急傾斜となる
c0051781_21253661.jpg

急傾斜は上にチラ見えの祠まで20mくらいなんだけど
途中の露岩が曲者でアイゼンが邪魔になった
外すかどうか迷ったものの(外さないと岩を越えられない)
こんなところで冗談じゃないよめんどくさい=3
c0051781_21254964.jpg

ほんなんで両手両膝ついて這い登りました(みっともない)
あとから来た人から笑われそう(^^;)
雪がなければホールドできる岩があるんだろうけど
c0051781_21260028.jpg
c0051781_21261194.jpg

そして明神壁山頂部から。モンテビアンコv
(さっきと同じ景色じゃないかって?まあまあまあ)
c0051781_23121088.jpg

手取川の両岸に河岸段丘が広がっている
(奥の川が手取川、手前のは大日川)
夏はあの辺りをサイクリング(^^)
帰りに日帰り温泉に寄って
その帰りに自転車こいで大汗かいた\(^o^)/
c0051781_22475053.jpg

大日川を渡る橋の袂が登山口最寄りのバス停
c0051781_23200789.jpg

足下。スパッと切れてます
c0051781_18132075.jpg

最奥にうっすら白いのが両白山地の大笠山
c0051781_19391317.jpg

右に横たわるのは口三方岳(白山を眺望できるもよう)
c0051781_19401382.jpg

白山比咩神社のある獅子吼方面(鶴来)
c0051781_19402953.jpg

明神壁山頂の祠は明神様
c0051781_22290044.jpg

この穴ぼこは何?先客が座ったお尻跡か
お犬様が掘ったのか、クマじゃないだろうね...
近頃は冬眠しないクマもいるらしいから
c0051781_22115631.jpg

祠の後ろは明神壁山(ややこしいが)
c0051781_22054473.jpg

では下りようか(あたしが踏み荒らして雪がボコボコ ^^;)
明神岩は流紋岩だそうで、てことは、よく滑ルンですな
雪で急斜面の全貌が見えないのは知らぬが花というやつ(たぶん)
c0051781_18371510.jpg

アイゼンを外さないとロープが使えなかった曲者岩=3
c0051781_23400444.jpg

下るのはスリリングで楽しかったが
どこが切れ落ちているのかも雪で見えない花
なのでけして端に近寄ってはいけない
c0051781_23585263.jpg

さんざんに雪をかきこわしてすみません
c0051781_23482664.jpg

温かい日差しのもと体育座りで白山を眺めていた
アルミの標識にバックパックを立てかけて
あまりにも気持ち良くてポカ~っと昼寝してしまった
c0051781_00051244.jpg

下山途中、地元の方が登ってこられた(やはり午後が狙い目なのね)
ポケットにデジカメをしのばせ手ブラの長靴兄さん
同じくカメラのみのワカン兄さん、カメラ+三脚の長靴兄さん
三人ともあたしに同じことを「誰か上に行ってます?」(^^)
重装備でいたのがなんとなく恥ずかしかった
c0051781_21302190.jpg

里帰り中にお天気だったらまた来よう
今度は登山靴を背負って自転車でv
c0051781_21304269.jpg

お天気の良い日に思い立ったらすぐ行ける
c0051781_22343622.jpg

山頂部を編集画面で拡大したら
四塚山と。奥に大汝峰と御前峰が見えた
夏に縦走したことを思い出した
ものすごーーーくなつかしかった(T_T)
c0051781_21465896.jpg

# by elsur147 | 2019-01-15 21:00 | yama | Comments(0)



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31