arsenal seveile

アクセサリーあれこれ

c0051781_12391896.jpg
母が若い頃のなんですけど。幾つくらいの時のかな?いつのまにか私のものになってた(笑)
こうして並べてみると、母はけっこう少女趣味だったんですね。ピンクのブローチは、サテンのリボンで出来ていて、タートルネックを着たときに、折り返した襟の付け根というか、センターに付けると可愛い。バッグとシューズはブローチになってます。布製のバッグに付けたりしたけど、もう何年も眠ったまま。バラのチョーカーは今年は出番があるかな?


c0051781_12415967.jpgブローチはこれが一番のお気に入り。
アンティークな雰囲気でちょっと怪しい?
花は白磁か何かだっただと思います。
枝の部分は何で出来ているんだろ・・・
かなりハードなんだけど・・・
ありゃ、よくよく見たら錆びてる?(汗)
全体的ににょもにょした感じも好き♪
# by elsur147 | 2005-03-03 12:38 | collection | Comments(0)

崖っぷちからベスト8へ。Gunners!

c0051781_13135619.jpg
FA杯5回戦リプレイ 「シェフィールドユナイテッド vs アーセナル」
フォトは90分のアルムニア。ハーリーの強烈なヘディングに反応した直後。素晴らしい~♪

アンリはアキレス腱、ベルカンプとレジェスとロビンはサスペンション。FWがいない。ピレスとキャンベルは足首、エドゥはハムストリング、シウバは脊椎骨でお休み。ルポリとリュングベリの2トップ。ライブで見たのは後半の途中まで。帰ってから録画を見たら、0-0のまま延長戦に突入して、録画は延長後半の途中で切れていたからショック~;

シェフィールドは当たりは強いわ、チクチク挑発するわでイライラした。後半から入ったクインシーは動き出しが速くてドリブル突破からチャンスを作る場面もあってアーセナルは頑張っていたけど、決定機をものにできない、すさまじい神経消耗戦。実況の西岡さんから「打てない」って、何回言われたかしら。でもって、相手のチャンスボールはクリアしきれなくて「まだある、まだある」・・・。これはダメかも知れないと思ったよ。


c0051781_13581444.jpgセスクが何本か打ったシュートは力がなくて、ヴィエラのパスから打ったボレーはクロスバー!両手で頭を抱えてガックリ。セスクの悲しそうな顔を見たのは初めてだったかも。ベンチでは一点を見つめて放心状態。いったいどうなっちゃうんだろうと心配したけど、ヤフーのフォトギャラリーで、試合終了後にみんなと一緒に笑ってるセスクを見つけたときは心底安心した。

で、録画が切れた延長後半、残り10分の攻防戦はさらに凄かったのね。ほとんどアーセナルのワンサイドゲーム。そこで打ってよ~と歯痒く思うボール回しもお決まりで(疲)、アッシュやトゥレは最前線にいるし、シガンもゴール前で積極的に攻撃参加(したよね?笑)復帰したアリアディエールにもチャンス到来。しっかし無情のホイッスル~;

アーセナルはPK戦にもつれ込んで4-2で勝った。アルムニアは2本止めたよ。1本はコースも読んでた。一度は止めたキックがやり直しになって決められるというケチもどこ吹く風。ローレン、ヴィエラ、アッシュの職人技も光って、やっとレベルの違いを実感できた(笑)。これでベスト8進出のアーセナル。辛勝なんて誰にも言わせない。タフなゲームを乗り越えたことが次への自信につながると信じているから。シーズン最後のゲームを目指して頑張って!
# by elsur147 | 2005-03-02 23:04 | football | Comments(2)

コンビニデザート

c0051781_0211955.jpgセブンイレブンにて。「春いちごのクレメダンジュ」
手作りデザートっぽくない?セブンイレブンにて。¥270だったかな?たしか同じのがピーコックにあって、イチゴは乗ってなかったけど名前も違ってて、もうちょっと安かったような気がするんだけど、まぁいいや(笑)、クリームチーズにホイップクリームを混ぜ合わせた優しい甘さ。柔らかくてほんのり甘酸っぱい。イチゴだけでなくいろいろなソースで試してみたいな。プレーンのないかしら・・・(笑)
# by elsur147 | 2005-03-01 00:19 | sweets | Comments(0)

アカデミー授賞式幻想

c0051781_055992.jpg
「アビエーター」の予告を観ての感想はと言うと。“デカプ~相変わらずねぇ”(笑)

アビエーターが主要部門で無冠に終わったのは残念。あ、助演女優賞をいただきましたか。本命視されたレオナルド・ディカプリオは、今回も無理だろうなぁとは思いつつ、作品賞と監督賞とトレブルなるかと、ほのかに期待もよせていたのに。

レオを初めてみたのは「ギルバート・グレープ」
弟にソックリだったので驚いた(中田英寿にも似てるよ。え?てことはレオ=中田?そんなおバカな?笑)知的障害の少年を演じるレオは、やんちゃぶりや、兄に叱られて怯える表情などなど、どれもが弟に瓜二つで。当時、映画雑誌に出ていた、レオのプライベートショットを母に見せたら、コロっと騙されたんだから!本当に似てるんだって!しつこいけど(笑)、言われてみれば、あんたもレオに似てるわねと言われたのには参ったわ(嬉しくない!笑)

そんなワケで、映画デビュー作となった、「ボーイズ・ライフ」を見て以来、ずっと弟を見守るような気持ちで応援してきたのだ(ずうずうしい)、「タイタニック」は見事に外したし、もっともこれはレオは蚊帳の外で、その他の部門もおそらく無理だろうなぁ、とは思っていたけど。今回は「アビエーター」以上に、可能性の薄かった「エターナル・サンシャイン」で、ケイト・ウィンスレッドとアベック受賞できたらなぁ、「タイタニック」のジャックとローズが晴れの舞台で再会だわ、なんて夢に終わりましたな。

スコセッシ監督は早く日本に来て「沈黙」撮って!原作の大ファンよ。期待♪
# by elsur147 | 2005-02-28 00:33 | cinema | Comments(7)

明日の早朝はミラノダービー♪

c0051781_1414113.jpg先週の金曜日に発売されたサッカー専門の新聞「エルゴラッソ」
発売はコンビニのみの月・水・金で、発売期間は2日間。最近はあまり手にすることもなくてね。だってアーセナルが蚊帳の外だから(苦笑)、それがマルディーニ表紙でインタビュー付きだからと飛びつく私はミーハーでしょうか。マルディーニの生き方も素敵です。プレーヤーとしてだけでなく、一人の人間として父として夫として。きちんとした信念を持って、まっすぐに生きていらっしゃる。


アンチェロッティ監督との友情はピッチで育てたものだけど、監督と選手という関係になって新たな信頼関係が生まれ、それがとても新鮮なのだとコメント。そしてなんと、身体に負担がかからない場所を考えながらプレーすれば、50歳まで現役で居ることは可能だとも。一番私の心を打ったのは、ミラノで一番好きな場所は?という質問に「家」と答えたこと。


c0051781_14144113.jpgこちらは裏表紙。
マルディーニがヴィエリとたちあげたブランド
「SWEET YEARS」の広告になってます。
BEAMSでの取り扱いで展開中なのだそうよ。
胸にハ~トマ~クのがあったら欲しいな。
初めて見たのはヴィエリがユニを脱いだとき。
ヴィエリには可愛すぎて可笑しかった(笑)


そうそう。CL1st.leg「マンU vs ミラン」は、息を呑むような展開で両チームともスピードがあって見応えのある良い試合でした。決勝点となったのは司令塔ピルロからの流れ。ルイコスタ、カカとつないでセードルフが打った強烈ミドルシュートにキャロルがはじき飛ばされ、そのこぼれ球を最前線に詰めていたクレスポが押し込み、羽中田さん風に言えば、ごっつぁんゴールとなったわけ。
# by elsur147 | 2005-02-27 14:17 | football | Comments(0)



climatnara Gunners robinvanpersie
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31