arsenal seveile

今日の山頂

奥多摩の三頭山から冠雪富士がバッチリだけどガラ携帯じゃ写ってないかな
c0051781_22573350.jpg

まるで写っていなかったので張り替えました(^^;)
それでも山頂で見えた通りには撮れていない太陽が眩しすぎて
# by elsur147 | 2017-10-26 23:01 | yama | Comments(0)

室堂にて欲張りサンセット

暗くなっても山頂にいれば大丈夫ですけど
(火口湖など裏側へ回っていると方角がちょっと)
山頂でサンセットを眺めるのもいいかもだけど
夕ご飯の時間がヤバイので下ります下ります
山小屋は時間厳守です
c0051781_19484733.jpg
c0051781_2083672.jpg
c0051781_2030388.jpg

設定を 「夕焼け」 にしてみた(イマイチ!)
c0051781_20301721.jpg
c0051781_2031159.jpg
c0051781_2034018.jpg

中宮道への分岐である
大汝峰、お池めぐり、お花松原へのショートカットと聞けば
少しは楽そうな気がするが なんのことはない
御前峰の尾根の先に着くわけ(御宝庫の辺り)
やはり登るんですな (平坦かとでも?そうは問屋が だ)
c0051781_20344585.jpg

お手洗い
c0051781_20405064.jpg
c0051781_20425795.jpg
c0051781_21453512.jpg

おおそろそろv (左の建物お手洗い)
c0051781_2039867.jpg

飽きたらず夕食後に展望台へ出てみた
太陽が雲海に沈むのを初めて見た(感激)
あちこちから上がる歓声にも感激
c0051781_2132747.jpg
c0051781_21323824.jpg

今回は満点の星空も見ました
天の川を見たよ凄かった!!!
こりゃ絶対に見逃しちゃいかんと飛び起きた
しかしなんというかヘッドランプほぼ不要
人様ので十分明るかった(^^;)
# by elsur147 | 2017-10-24 22:03 | sato | Comments(0)

御前峰の山頂にて

ご来光を拝む方角
c0051781_8402578.jpg

山頂まで登って来ないと見られない剣ヶ峰
ここは足下が切れ落ちている=3
c0051781_8435249.jpg

尾根を北西に進みながら(大汝峰方向)
振り返って見た
c0051781_8445184.jpg
c0051781_8465341.jpg

あたしのイケメン剣ヶ峰vvv
c0051781_8471319.jpg

お花松原はもとより(室堂から往復5時間)
大汝峰にも登れず仕舞いだった
二日目?
下山バスが13:30 一本しかない
それまでに別当出合まで下りないとイケナイ 
夏が過ぎると日の出が遅いんだよ(笑)
白山では上りも下りも急ぎたくないよ
c0051781_857427.jpg

剣ヶ峰を眺めつつ
c0051781_97298.jpg
c0051781_9111150.jpg

来た道を振り返ると青空という~
コントラストが凄かった 
大きな岩は天柱石というマグマの塊
c0051781_9113584.jpg

同じく御宝庫
c0051781_919192.jpg

室堂の方は(福井方面)雲海
c0051781_9315027.jpg

また立ち止まっては振り返ル
c0051781_932172.jpg

白馬岳から立山等が見えていた(北東)
c0051781_9332013.jpg

うんと手前に 三方刮げの崩山~
c0051781_9474341.jpg

可愛い岩はお気に入り
夏は神主さんがあれに登って祝詞を唱えvvv
c0051781_942363.jpg

まったりとしていていい雰囲気でしょう
人も風景の一部になるよね って
近くのどなたかが呟いていた ほんとそう(^^)v
c0051781_9514699.jpg
c0051781_10685.jpg

切れ落ち具合が分かるかな
c0051781_10741.jpg

山頂に着いたの何時だったかな
山頂から360°見渡しながら
尾根伝いに歩いていると
夕暮れ時になってしまった

今回は大汝峰にも行けそうにない と
山頂で出会った人に話したら
(山頂から御宝庫の辺りまで一緒に歩いた)
「いいじゃないですか次の機会でも
山はどこにも行きませんから」 と
その時のその方の笑顔も忘れられない
# by elsur147 | 2017-10-24 10:31 | yama | Comments(2)

御前峰の山頂直下

室堂からしんどかった
登り渋滞にはまってペースが崩れたのと
(人が沢山いるのは安心材料でもあるんだよ)
睡眠不足(そこでしょーーー) 
夏に来た時は あっという間 だった気がするが
のど元過ぎれば熱さを忘れ?
c0051781_2235567.jpg

室堂は南
c0051781_22362039.jpg
c0051781_23362974.jpg

山頂は北に向かってどこまでも青
南北で空もよう違い杉
c0051781_2236502.jpg

北アルプスの東方面(東に北?笑)
c0051781_22403559.jpg

<三方崩山>さんぽうくずれやま
山頂から北東/南東/南西と三方向が
地震で崩れているのが山名の由来だそうだが
ではその前は何という名前だったのか
それと似たような いえ似ていないがお隣に
<三方岩岳> という山がある 三方、岩だけ?(^^;)
というわけで
雲に邪魔されてしまった三方崩山と三方岩岳
c0051781_22412145.jpg

いたいた弟(*^^*)
c0051781_22414779.jpg

# by elsur147 | 2017-10-20 23:44 | sato | Comments(0)

弥陀ヶ原から室堂まで

ここまで来たわ~という感じ
c0051781_2013610.jpg

真新しい木道は(すのこ)お風呂場のニオイがした
c0051781_2015889.jpg

七かまど
c0051781_2041162.jpg

大汝峰の優しい稜線
c0051781_20104359.jpg

白いのは簡易お手洗いだったと思う(工事用のだよね)
そこで一呼吸おける
その先こうした岩畳が登り斜面でお待ちかねv
c0051781_20132988.jpg

こう見えてけっこう急である
足場もいい感じに荒々しい
c0051781_20173167.jpg

明日香で見たような石があったり
c0051781_20211062.jpg

右は黒ボコ岩経由の砂防もしくは観光新道
左はエコーライン
c0051781_20194562.jpg
c0051781_20463786.jpg
c0051781_20465697.jpg
c0051781_20472560.jpg
c0051781_20484677.jpg
c0051781_20491552.jpg

室堂に着いたら見事な青空v
c0051781_20495233.jpg

ケルン
c0051781_20502157.jpg

青空vvv
c0051781_20503736.jpg

時間的に山頂を目指すのみとなったが
室堂から山頂まで思う存分たんのうしたわ*
c0051781_216573.jpg
c0051781_2163222.jpg
c0051781_21710100.jpg
c0051781_2174237.jpg

降雪の便りを聞くもこの陽気こしのしらやま夏の暑さよ
# by elsur147 | 2017-10-20 21:29 | sato | Comments(0)



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31