arsenal seveile

三月の洲崎へ舞い戻り

海が青い
c0051781_22323640.jpg
c0051781_22583627.jpg
c0051781_22403135.jpg

水が綺麗
c0051781_23315390.jpg

真っ白な岩場は腰かけ放題v
c0051781_22514882.jpg

振り返ると御手洗山
c0051781_21572943.jpg

中腹の鳥居が見えますか?
山も柔らかで優しい感じ
c0051781_220760.jpg

遊歩道の脇道から色々な岩場へ出られる
c0051781_23341521.jpg
c0051781_23351295.jpg

岩場を選んで渡るのが面白かったv
c0051781_23354296.jpg
c0051781_2347231.jpg

ギリギリまで行ってしまえる(ヘンな日本語)
c0051781_0381338.jpg
c0051781_2353439.jpg
c0051781_0114529.jpg

貝殻を探していて背中が痛くなった
白いイボイボは珊瑚の化石
c0051781_016363.jpg

海の足跡とか
c0051781_0174479.jpg

縞縞
c0051781_018243.jpg

まだ水は冷たいのかなって
寄せてきた波を掬ったら
次の波が思ってた以上に早かった
足首までさらわれた
だもんで乾かしている(笑)
c0051781_015237.jpg

洲崎の海は外房とは全く違う顔
犬吠埼や野島崎や
九十九里や勝浦とも違うのは
ここらは外洋ではなく
東京湾の入り口と思うからか
海にも優しさを感じたのである
c0051781_0253820.jpg

画像には残っていないけど
伊豆諸島の利島と大島がよく見えていた
館山出身の姐さんが言うことには
三原山の噴火は凄かったらしい...
# by elsur147 | 2017-04-12 00:44 | hollander | Comments(0)

館山の沖ノ島

城山公園の展望台で近くにいた人に
「あれは沖ノ島ですよね?」 と確認がてら尋ねたら
「沖ノ島?どれが?九州しか知らないけど」 と言われた(笑)
たしかにそう思うわな
あたしだって最近まで知らなかった
で。公園口からラッキーなちょい乗り(1時間に一本)
c0051781_019990.jpg

船を眺めながら歩く歩く
c0051781_0202676.jpg

ヘリも間近
ホバリングの音がなにげに近い
また呉海軍にも行きたい気がした
あそこはレイダースの世界感だv
c0051781_0204227.jpg

船が漁船じゃないのも珍しかった
c0051781_0205887.jpg

突き当たると岩場に出たりして
c0051781_0211973.jpg

戦時中のものだろうか
c0051781_0213744.jpg

フェンスの向こうは基地なので
有刺鉄線ぐるぐる巻き~
c0051781_0221687.jpg

現在地\(^o^)/
バス停からけっこうな歩きだ=3
基地の周囲をグルリとね
c0051781_028589.jpg

沖ノ島がつながった部分は海水浴場になるらしい
c0051781_0295139.jpg

こんだけ埋まっていれば
満潮でも大丈夫でしょう
c0051781_0303556.jpg

花もいいけど
c0051781_0312927.jpg

新芽がウレシイ
出たてのつやつや感が好き
c0051781_0423176.jpg

あっちは洲崎方面の海
この右側の岩なんだけど
c0051781_0432911.jpg

大きな穴があいていた
c0051781_046294.jpg

戦時中の洞穴だそうだ
軍事的に重要な地点だったのが
館山と久里浜(東京湾の阿吽)
入るのはちょっと
ほんの小さな振動でも
万万万がいち崩れたら一巻の終わりだ=3
穴の途中に横穴も三つあったよ
四つだったかもしれない
これが洞穴のある岩
c0051781_055144.jpg

すげえな ユーハイムの
デアバームクーヘンみたいだ
c0051781_0554566.jpg

反対側の岩バーム
c0051781_0572664.jpg

洞穴を通り抜けると海岸に出るわけよ
c0051781_0581914.jpg

岩伝いに行って行けないこともなさそうな
手ぶらで身軽ならな
c0051781_0584866.jpg

ここらの岩場は黒いんだよねえ
役小角が洲崎と久里浜に置いた岩って
ここらから運んだんだったりして
c0051781_103328.jpg

不思議な植物もいっぱいあった
夏場は昆虫類もたくさんいるんだろうな
ゴメン蒙る(^^;)
c0051781_133695.jpg

何の洞穴だか柵まで付けて
近づいて覗いて見る勇気なし
中になんかいたらこわい
c0051781_14042.jpg

帰りは中途半端でバスがなくて
館山駅まで歩きました(1時間くらい)
c0051781_163346.jpg

お陰様で千葉まで爆睡(始発-終点)
けど千葉から総武線各駅は
眠るとヤバイ三鷹行き(笑)

その昔。
中央線の最終を乗り過ごし
終点「高尾」でお目覚めって話
聞いたことないですか(^^)
素朴な時代だったよね
# by elsur147 | 2017-04-11 01:55 | etcetra | Comments(0)

館山は城山公園にて思いつき

昨日のことです 
内房線の五井駅でいすみ鉄道がチラ見え
c0051781_23191293.jpg

雨が降ったり止んだりの館山城は
復元された博物館になっている
c0051781_2320859.jpg

おあいにくの雨模様ではあったが
なんとなく出かけたくなった
内房線のボックスシートでのんびりと
(外房は天気が悪いとちょっとな)
c0051781_23205281.jpg

内房線の車窓から河川敷の桜並木とか
曇天でもピンクが目立ってきれいだったよ
c0051781_23215190.jpg
c0051781_23225160.jpg
c0051781_23231372.jpg

さて館山城こと博物館前の展望台
同じ敷地でもここらは蕾が硬っ
北条海岸の方(館山駅方面) どんより~
なんかつまんねえな
c0051781_2324264.jpg

西側は 薄茶色の平坦なところはアレか
海上自衛隊 「館山航空基地」 だ
その先に盛り上がっているアレがそうか
"そうだ 沖ノ島、行こう。" (パクリの一つ覚え・笑)
c0051781_2324295.jpg

海底が隆起して陸続きになった昔は島だった島があるんですよ
ふんじゃまた~
# by elsur147 | 2017-04-09 00:07 | etcetra | Comments(0)

佐倉城跡公園

京成佐倉駅の近く
c0051781_23402429.jpg

今年の青空と桜はこれでオシマイかも
不思議な花だよ日本中で追いかけて
c0051781_16437.jpg
c0051781_2341452.jpg
c0051781_2341584.jpg

足もと桜
c0051781_23451375.jpg

城跡を囲む散歩道があるだけの
何もないのがいいのよね
c0051781_23561935.jpg

桜の広場を離れてひっそり咲いてた
ここに来るまでそれなりに歩くのである
c0051781_23564944.jpg

ねむzzz
c0051781_23572653.jpg

# by elsur147 | 2017-04-07 01:10 | etcetra | Comments(0)

レストランさくら

昨日友だちと花見にでかけたのだけど
(佐倉の川村記念美術館)
一本もチラリとも咲いていませんでした(笑)
で 満開の菜の花が こっちこっち て感じ
c0051781_20413765.jpg

美術館は警備と監視の目が物々しいのと
庭園は造形が整いすぎているのがてちょっと...
(言い出しっぺが何ですが)
ここに来て良かったのがお昼ご飯v
c0051781_20424070.jpg

表に座って一服出来るのと
(席が空いていたからでしょ)
c0051781_2043949.jpg

出入りの時に暖簾がふわっと
頬に優しい感触だった(*^^*)
c0051781_20451079.jpg

店内は木の香りがいっぱい
吉野や室生寺で入ったお店のような
家庭的で気取らない温もり
このあとすぐ満席になりまして
タイミング良かったですね とマスターがv
c0051781_20481083.jpg

"お腹空いたからお先にねー" 
と 気の置けない友だちは
サーロインステーキと格闘中v
c0051781_2140013.jpg

あたしはあれこれ食べたいのである(^^;)
お刺身にホタルイカがいるの見えるかな
c0051781_20491850.jpg

ヒレカツはガッツリ食べ応えありの
美味しいおそばのつゆが天つゆの
ふきのとうの天ぷら美味しかった!!!
まさに春の香り~~~vvv
c0051781_21362630.jpg

むせかえるような香りだったよ
c0051781_2139861.jpg

# by elsur147 | 2017-04-06 00:01 | etcetra | Comments(0)



climatnara Gunners robinvanpersie
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31