arsenal seveile

雪の夜

今日は(もう昨日か)遅番でした
いつも持ち歩いている防水デジカメで撮ってみた
特養の玄関前にて 夜桜(笑)
c0051781_0514461.jpg

宙に浮いている白いのは雪です
雪が降っていたのである
c0051781_0523212.jpg

大通りへの抜け道は
街灯がないので雪明かりのみ
c0051781_0534256.jpg

新雪~v (どこまでバカなのか)
c0051781_0573583.jpg

バス通りにて 夜桜
c0051781_1241473.jpg

こちらは梅園
c0051781_1261893.jpg

ものの見事にモノクロですな

太平洋側で雪の降る日が多くなるのは
黒潮の大蛇行が影響しているのだと
昨日テレビでやってたよ
おおむね十年周期くらいだろうって
数ある海流の中で
黒潮だけが北へ上るとは知らなかった
では~
# by elsur147 | 2018-01-23 02:04 | etcetra | Comments(0)

あばれ川

手取川にかかる和佐谷橋
白山市と能美市をつなぐ眺めの良い橋v
後ろの山は舟岡山
(大昔に白山比咩神社があった山)
昭和7年10月竣工
昭和8年7月 大出水で橋脚が崩壊し一部流出
昭和9年7月 大洪水で再び崩壊
c0051781_1836580.jpg

「ゼロの焦点」で田沼久子が突き落とされたのはこの橋だそうだ
私は映画や小説の舞台には全く興味ないのだけれど
(なぜってフィクションだから)
最近とみに行ってみたいと思うところがある徳沢園
右の白い光はなんじゃ レンズに雪が付いていたのか
c0051781_1972635.jpg

白山側は阿久涛の淵(あくどのふち)
c0051781_17492652.jpg

長い橋でしょう~ずいぶん下がってもカメラに納まらない
c0051781_19152388.jpg

能美市側から河川敷に下りられる
c0051781_19242174.jpg
c0051781_19235560.jpg
c0051781_19254613.jpg

白山登山の金沢便はここでトイレ休憩
c0051781_19264381.jpg

また雪がチラついてきた
c0051781_19281341.jpg

そろそろ帰ろう
わざわざ雪の処を
歩くんだよ
c0051781_19305496.jpg

けっこう吹雪かれて何台か声をかけてくれたんだけど
スグソコだから大丈夫です!ありがとうございます!
c0051781_19322568.jpg

しばし雪宿り(*^^*) 雨よりずーーーっといいv
c0051781_19374928.jpg

避難小屋(違いますあさひ屋ベーカリー
c0051781_19391673.jpg

パン袋と化したリュックに瓢箪破魔矢を差してある(笑)
差したまんま新幹線で帰りました
お酒用のビニール袋を二重にしてくるんである
c0051781_19415864.jpg

変わりやすい雪模様のアルバム
しらやまさん方面が吹雪いているね
c0051781_21114581.jpg
c0051781_2116569.jpg
c0051781_21174188.jpg
c0051781_2118462.jpg

山の裏側は金沢市である(どっちが裏なんだか・笑)
c0051781_21182257.jpg

ここを歩く足袋に思うこと 線路近すぎ=3
あの山山が日の出を遅らせるのよねえ
c0051781_2119030.jpg
c0051781_2120549.jpg

キターーー\(^▽^)/
c0051781_2121052.jpg


金沢に出た日バスを待つ間のスマホ親父(*^^*)
c0051781_21244263.jpg

# by elsur147 | 2018-01-19 21:57 | sato | Comments(0)

しらやまさん

また雪が降ってきた
c0051781_23332422.jpg
c0051781_23334332.jpg
c0051781_2334189.jpg

やんだ
c0051781_23344973.jpg

「禊場」また降ってきた
c0051781_23362069.jpg

あの水に浸かるらしい(冷たっ)
c0051781_23363733.jpg
c0051781_23403733.jpg

やんだ明るくなってきた
下りて手取川へGO~
c0051781_2341588.jpg

# by elsur147 | 2018-01-16 23:54 | sato | Comments(0)

しらやまさんもうで

一月も半ばを過ぎるとチマタも大人しくなり
ほっとしていたところへ最強寒波で
北陸の映像が出るたび帰りたいな~とか思うわけ

四日に白山比咩神社へ行きました(徒歩)
c0051781_19423952.jpg

わざわざ雪道を選んで歩く(あちらは西/小松方面)
c0051781_19564494.jpg

犬の足跡だ(*^^*)
c0051781_195613.jpg

ほほっ(雪やこんこん喜ぶ犬と同じだったり)
c0051781_1901267.jpg

夏は自転車で軽快に走った道もこの通り
c0051781_200444.jpg

雪が降ってきた
c0051781_202018.jpg

避難小屋(違います)
横町うらら館
c0051781_2062486.jpg

元は加賀藩の年貢米を管理する蔵宿(天保3年・1598)
こうした造りを残している家も多くある
高い天井の梁や分厚くて重い引き戸など
c0051781_2071271.jpg

石の鳥居は昭和11年(1936)に建てられたもの
それまで比咩神社のどこにも鳥居はなかったそうです
鳥居の前でぼんやりしていたら近くにいた人が教えてくれた
理由は不明だが大洪水による災害と関係しているのかも と
神の怒りとおそれおののいて建てたのかもしれない とも
c0051781_20411552.jpg

お正月を写そうポン
c0051781_20514364.jpg

老い過ぎ並木(来るたびこれだ) 「老杉並木」
c0051781_2132015.jpg

懸造りだね、何の建物だろう
境内図によると宝物館なんだが
それにしてはボロいような
あとで確かめようと
上に上がったら忘れてしまった(笑)
c0051781_2152849.jpg

源流白山の伏流水
約一年かけて辿り着くとか
c0051781_21115483.jpg
c0051781_21152178.jpg
c0051781_21154141.jpg
c0051781_21155922.jpg

二の鳥居
c0051781_21281822.jpg

携帯投稿で書いたが殿方や子供は脇から入る
c0051781_21283922.jpg

奥方様は正面からどうぞ 
というのは
かみさん= 神さんだから
c0051781_21553078.jpg

独身女性は脇でしょうか
c0051781_223503.jpg

いちばん先にお参りしたのは遙拝所
c0051781_222226.jpg
c0051781_2231959.jpg

白山の主峰三峰は一般的には
御前峰と大汝峰と剣ヶ峰なのだが
岐阜側の美濃馬場から登ると
別山/御前峰/大汝峰という順のお目見えとなる
c0051781_22184271.jpg

いったんアゲます
# by elsur147 | 2018-01-16 23:29 | sato | Comments(0)

閑話休題

あー直った直った
コンピーターの画像アップするところに×ついてて
ダンナが帰ってくるまでフリーズしていました
(それどうにかしろって)
だって訳も分からずいじくると怒られる(^^;)

というわけで
オクラ入りの白峰の集落をご紹介(おととしの夏)
「超」 の付く豪雪地帯です
実家からバスで白山方面へ40分くらい下ル
ここからも白山は見えませんよ
c0051781_23574724.jpg

お正月もバスはここまで来るので
里帰り三日目に行く予定でいたのだが
父が
明日は金沢でお昼ご飯食べようか
って言うからやめちゃった
c0051781_23375939.jpg
c0051781_23412586.jpg
c0051781_23414975.jpg

おはぎ
c0051781_23422412.jpg

おろしうどん
c0051781_23431114.jpg
c0051781_06558.jpg
c0051781_063240.jpg
c0051781_052959.jpg
c0051781_2341465.jpg
c0051781_234557.jpg
c0051781_23552146.jpg
c0051781_03259.jpg

白山下山仏が安置されている林西寺
c0051781_23471284.jpg

明日は久しぶりの早番だから寝る
日勤と兼務で約12時間
(非常勤で兼務させてもらえるのはありがたいぞ)
5時起きで真っ暗だわ氷点下だわ=3
仕事で早起きすんのやだなあ
# by elsur147 | 2018-01-13 00:13 | etcetra | Comments(0)



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31