arsenal seveile

<   2018年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

白い諏訪湖

生駒山よろしくテレビ塔が目印になる美ヶ原
c0051781_15472544.jpg

霧ヶ峰か蓼科か
c0051781_15532676.jpg

八ヶ岳は諏訪湖から眺める山では一押しなのだが
きれいさっぱり見えません
c0051781_15582770.jpg

御神渡り
c0051781_1681018.jpg

御神渡りなら岡谷寄りの方が大きく出とるよ 
上諏訪と下諏訪は今回はちょっと目立たんな と
水門付近を散歩中の爺様が教えてくれた
当初の予定(逆コース)を行ったら
お目にかかれなかった(おそらく上諏訪でリタイア)
c0051781_1611645.jpg
c0051781_16115927.jpg

石伝いに近くまで行ってみた
c0051781_16282558.jpg

さわれる御神渡り
c0051781_1629443.jpg

c0051781_16343111.jpg

外房で見かける岩盤みたい(白亜の浅海堆積物)
c0051781_16345995.jpg
c0051781_16351014.jpg

山と山の凹を下諏訪から眺めると
北斎と広重の富士が見える
この雲行きではお目にかかれまいが
c0051781_1643273.jpg

たぶん霧ヶ峰
c0051781_16442544.jpg

岡谷から上諏訪~下諏訪と歩いてみた
c0051781_16502927.jpg

車道/自転車道/遊歩道と並行している
c0051781_1654243.jpg

地元のワカサギ漁かな
c0051781_18594113.jpg

諏訪湖に流れる川も凍っていた
溶けかけ?凍りかけ?氷のニューロン
c0051781_1924736.jpg

ところどころで氷が突起している不思議な湖面
c0051781_2044442.jpg

上諏訪付近
湖と湖畔の境が見つからない
c0051781_2072390.jpg
c0051781_2084085.jpg

上諏訪を過ぎると飛騨山脈が見えるはずが
c0051781_2095714.jpg

歩けけば歩くほど雲行きますます不機嫌になり
残念...(そう幾つも美味しい話はあるまいよ)
c0051781_20111288.jpg

ここから岡谷の畔まで4キロ 畔から駅まで30分
残り1時間弱では厳しいような 急ぐのも勿体ないような
下諏訪駅までもそれなりに歩くのである
c0051781_20154985.jpg

なにげに八ヶ岳方面を振り返ると
北斎と広重の富士山が見えた見えた
かろうじて
どけ雲じゃまじゃま=3
c0051781_20302993.jpg

上の方に青空いらないから
下の雲どかせって
それはさておき
まるで計算したかのような富士の構図だ
c0051781_20325971.jpg

歌川広重の富士三十六景「信州諏訪之湖」
c0051781_20542990.jpg

諏訪といったら謎の大祭(命がけ=3)
c0051781_2204740.jpg

諏訪明神は風の神と水の神なんだね
シルフィとオンディーヌ という~
爽やかな響きは一喝されそう(^^;)
c0051781_22118100.jpg

ここから船橋まで一本
乗り換えて一駅で家に着く(楽楽)
by elsur147 | 2018-02-16 22:45 | yama | Comments(1)

釜口水門

天竜川の源流に行ってみた
c0051781_15591738.jpg

釜口橋と釜口水門
c0051781_15594328.jpg

おっと
あれは登ってみなければ
c0051781_16333063.jpg

赤い鳥居の下まで来たが
まだ先があったのね
c0051781_16334966.jpg

正一位寿命稲荷大明神
何故かここらだけ雪がない
c0051781_16354121.jpg

美ヶ原と霧ヶ峰かな
c0051781_16531768.jpg

これ以上登るのはやめよう下りるのがこわい
c0051781_16593632.jpg

行きはよいよい帰りはおっかね
石段はクツを横にしないと落っこちる
手すりなしおにロープ低すぎ役立たず
折れた枝を杖にした(ありがとさん)
c0051781_1743212.jpg

昭和7年(1932年)8月架橋
c0051781_1765173.jpg

釜口水門
c0051781_20334832.jpg
c0051781_20362932.jpg

天竜川の始まり
静岡を経由して遠州灘へ注がれる
諏訪湖から流れ出る唯一の川
ここがスタートラインである
c0051781_20451550.jpg

水門の反対側は出口の諏訪湖
構造線の地殻変動で生じた断層湖
凍った湖を見るのは初めてですよ
山裾の向こうには富士がいる
c0051781_22115416.jpg

しらやまさんは美ヶ原
c0051781_2218116.jpg

八ヶ岳方面は雲の中
c0051781_2316289.jpg

雲と青空と枯れすすき
c0051781_2317790.jpg

湖面の標高は 759m
意外と高いところにあると思った
出来れば諏訪イチと行きたいところ
周囲約16km
12km地点でリタイヤでした(時間切れ^^;)
c0051781_23173311.jpg

by elsur147 | 2018-02-13 23:34 | yama | Comments(2)

特急あずさの車窓から(2/6)

あずさには千葉発着があって(朝/夕)
ありがたいことに船橋に止まってくれる
西船から船橋は一駅ですよ こりゃ楽チン
総武本線と大糸線を経由している(凄~い)
いっそのこと 南小谷まで行ってしまえー
c0051781_20184566.jpg

富士山
c0051781_20222012.jpg

韮崎あたりから南アルプスの絶景が続く
ところでこの 「韮」 という字
地形図の毛虫マークに見えないか?

かろうじて捉えた鳳凰三山は薬師岳と観音岳
地蔵岳はオベリスクまで見えるらしい
そうはいっても近眼じゃまず無理だわさ
c0051781_20252447.jpg
c0051781_20253655.jpg

近寄ったり離れたり甲斐駒ヶ岳は忙しい
c0051781_2032372.jpg
c0051781_20325063.jpg
c0051781_2033066.jpg

とんだお邪魔の藁駒ヶ岳
c0051781_20335651.jpg

甲斐駒
c0051781_20342771.jpg
c0051781_20343747.jpg

バットレス北岳
c0051781_20352572.jpg

そしてまた甲斐駒ヶ岳
c0051781_203820100.jpg

やがて北岳が遠くなり
c0051781_20385131.jpg

八ヶ岳連峰が見えてきた(続きは通路を挟んだ向こうかな)
c0051781_2043083.jpg

と思ったら最後のオマケ
小淵沢に近づいたところで甲斐駒ヶ岳と烏帽子岳~(満足の極みv)
でもって駒ヶ岳の手前で
山頂部が白く光っている山が分かります?「日向山」
白い部分は花崗岩砂の雁ヶ腹摺山(がんがはらすりやま)です
(屯鶴峯の大きい版?^^;)
c0051781_20443554.jpg

というわけで岡谷駅で下りました
c0051781_2048118.jpg

アルピコ高速バスも乗ってみたいけれど
首都高が難所なんだよね(渋滞するから)
岡谷から諏訪湖まで歩きます(30分くらい)
by elsur147 | 2018-02-10 23:42 | yama | Comments(0)

閑話休題

あずさの車窓をうっかり消してしまった=3
またにして
モンベルからピンバッジが届いた
二年目の方が小さくて地味(乗せた石が目立ち杉)
c0051781_23271012.jpg

石は海か川で拾ったものが多い
山はどこも採取禁止?
元を遡れば同じような気もするが(^^;)
c0051781_2329375.jpg

北陸の豪雪で実家も大変な様子
墓地が雪で埋もれていると
本堂に沿って渡り廊下があるんですけど
窓という窓は雪で開かないことになっていると
裏の金沢から山越えて吹きだまるんですよー
じゃまたー
by elsur147 | 2018-02-09 23:53 | yama | Comments(0)

諏訪湖にて

c0051781_1156765.jpg

御神渡りv
by elsur147 | 2018-02-06 11:56 | Comments(2)



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28