arsenal seveile

<   2017年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

サクラサク勝浦

桜が咲いていて驚いた(笑)
c0051781_2341344.jpg

今日は暖かいのを通り越して暑かったという~
ラッキーな休日でした
荷物の受け取りがあるので遠出は出来なかったけど
ヤマト運輸の夜間指定が
「20-21」 から 「19-21」 になったのは痛い
この1時間はけっこう大きい(>_<)
そんなときさらっと行けるのが外房でして
(内房は意外と遠くてめんどくさい)
はい勝浦駅
c0051781_2230931.jpg

八幡岬は駅から歩いて30分くらい
トンネル二つくぐった
c0051781_23362251.jpg

手前の一枚岩が気になります
勝浦灯台の突先が外房のいちばん東にあたる
c0051781_23101743.jpg

八幡岬公園(灯台の海抜が70mだから同じくらい?)
c0051781_23143065.jpg

標高でも同じだけど海の近くは海抜
c0051781_23175362.jpg

三方海です蒼い海vvv
c0051781_23183730.jpg

手前の黒っぽい横長が鵜原理想郷
白い円柱のような建物は勝浦海中公園
7、8m 螺旋階段を海底に下りて海中を覗ける仕組み
海に突き出たデッキからの眺めも抜群です
手すりの上は吹きさらしだし
岸壁に打ち付ける轟音も凄い
c0051781_2325528.jpg

霜月の八幡岬にサクラサク
c0051781_23272795.jpg
c0051781_23291260.jpg

八幡神社
c0051781_2330691.jpg
c0051781_2332256.jpg
c0051781_23323449.jpg

聞こえるのは鳶の声だけ
ぴーーーひょろろろ~
c0051781_23343821.jpg

海のお社v
c0051781_23381029.jpg

帰りは灯台経由でぐるっと回る
c0051781_23394663.jpg

紅葉でも見られるかと思っていたら
桜並木の桜が早咲きとは気の早い(笑)
c0051781_23402817.jpg
c0051781_23405071.jpg
c0051781_23451735.jpg

さっきまでいた八幡岬
c0051781_23455087.jpg

遠くに見えたけど歩き始めるとあっという間
c0051781_23475552.jpg

ここからの眺めも凄かった
一枚岩がどうなっているかも分かった
ちゃんと塊だったのね(笑)
c0051781_23491474.jpg

見学はできません
c0051781_23505697.jpg

東の勝浦(北は犬吠、南は野島崎、西は洲崎)
c0051781_23514458.jpg

絶景を眺めながら歩く道
あの突先の反対側は
c0051781_23552354.jpg

切れ落ちて集落になっている
c0051781_044160.jpg

水仙
c0051781_23555949.jpg

官軍塚公園
c0051781_23562963.jpg

無機質な展望台もいい感じ
見事な枝っぷりは桜の木
c0051781_23571139.jpg

先の岬は月の沙漠の御宿方面
サンンフランシスコ号が漂着した辺り
c0051781_23581292.jpg

山側は御殿山が霞んで見えた
c0051781_02847.jpg

ではね
たまにはさっさと書くんだよその日のうちに
やれば出来るぢゃないか\(^o^)/
by elsur147 | 2017-11-30 00:38 | umi | Comments(0)

今日の山頂(笑)

c0051781_116653.jpg

勝浦の八幡岬(^^;)
勝浦灯台から東南西と太平洋v
by elsur147 | 2017-11-29 11:06 | Comments(0)

約一ヶ月前の三頭山

イライラのマグマ(笑)

武蔵五日市駅から路線バスで(10月28日)
c0051781_219241.jpg

都民の森がスタートの登山口(定番)
すでに標高1000m ある(行きはよいよい)
c0051781_21114250.jpg

マムシ草が気持ち悪かった(-_-;)
c0051781_21125773.jpg

しばらくはウッドチップの遊歩道
c0051781_21153020.jpg

フツウのクツでも歩けるので
当然というかプラ擬木である
c0051781_21161378.jpg

「滝見橋」という吊り橋は行き止まり
c0051781_211975.jpg

三頭大滝を見る為だけに架けられたもの
c0051781_21205492.jpg

滝を眺め、壺を覗き込んだら戻ります(笑)
c0051781_212446.jpg

いよいよ登山道(三頭山との標高差 528m)
一口に標高差とは言えそれなりに歩くのである
c0051781_21304772.jpg

ブナの原生林など樹木が綺麗な山道ですv
c0051781_21343615.jpg
c0051781_21382968.jpg
c0051781_22192646.jpg

東京都檜原都民の森コース
あたしは周遊コースから奥多摩湖へ下りました
三角のピークを越えて行きます(大沢山)
c0051781_21384348.jpg

奥多摩湖への下りはキツかった
(急な下りがこれでもかってくらい長い長い)
奥多摩湖から都民の森という
逆コースを行くツワモノもいるから恐れ入る
by elsur147 | 2017-11-24 22:19 | yama | Comments(4)

ネコ耳トミー

遅番が多くて続くと約半日ズレるせいか
(帰宅して一息つくと日付が変わっている)
休日は家の事で終わったり
朝寝坊だったりで(これがとどのつまりだろう~)
今日やっと長靴を買いに有楽町へ出たくらいの
どこにも行けてないので話は富山へ遡る
c0051781_21472190.jpg

薄暗い山道を歩いていて
先に光が見えると期待しないか?
c0051781_21485380.jpg

期待した程の展開がないのは分かってはいるが
c0051781_23371123.jpg

麓から眺める伊予ヶ岳がきれいだった
c0051781_2338931.jpg
c0051781_23385976.jpg
c0051781_23393156.jpg

千葉は超低山ばかりだけど
周りに高い建物がないから気持ち良いよ
c0051781_23401385.jpg

一番奥の山頂が出っ張っている山
地元お勧めの御殿山です
山頂から外房と内房が見えるらしい~
ただ登山口までのアクセスが車しかないんだよね
c0051781_23411428.jpg

岩井海岸方面(ぎり東京湾)
ずっと青空だったのにここへ来て曇ってしまった
c0051781_23443478.jpg

なるほど
c0051781_2348309.jpg

登山禁止の南峰(途中で崩れている為)
c0051781_235598.jpg

だらだらと横に長いのが鋸山
c0051781_23564651.jpg

北峰の山頂を展望台から見下ろしている
c0051781_23595285.jpg

位置情報(笑)
c0051781_00285.jpg

下り始めたら青空が戻って来た
c0051781_015092.jpg

伏姫籠穴は
c0051781_04132.jpg

それらしい洞穴でもあるのだろうと思っていたら
立派な造りで意外だった
c0051781_0514.jpg

うんと奥まで階段が続いていたので断念
日が傾きかけているのである
c0051781_05409.jpg

もうしばらく林道を歩かないといけない
日が短くなるとあっという間に暗くなりそうで
焦る
c0051781_082267.jpg
c0051781_0145122.jpg

里の秋
c0051781_015175.jpg

御髪の乱れた観音山
奈良の耳成山もそうだけど
こうした三角山が平地にこんもりと
唐突にあるのが不思議である
c0051781_0171877.jpg

ずっと向こうにも三角山が見えているね
岩井駅に向かって歩いていると
風向きのせいか海のニオイがした
(駅から海岸までは歩いて15分くらい)
c0051781_0261710.jpg

それなりに山容が変わるトミーこと富山
この辺からだとネコ耳よりもいい感じ
c0051781_0334848.jpg

ではでは岩井はまた近々
c0051781_036115.jpg

by elsur147 | 2017-11-22 00:45 | yama | Comments(0)

加賀のお土産

いただきもの
加賀のどこ温泉か聞いて忘れたそうです(夫)
箱を開けて二人でぱくぱくっといただいてしまい
残り二個のところで写真撮ってのせるかね(笑)
c0051781_236477.jpg

本当は二種類の箱が二つあったのであるc0051781_2382689.jpg

音羽堂の期間限定 「秋夜の月」
黄色いのは栗豆です
小粒ながら存在感があってほくほくと美味しい
c0051781_23165789.jpg


定番の 「加賀紫雲石」
やはり大納言小豆でしょう~たまりません
写真写りがイマイチだけど
c0051781_2312557.jpg

ごちそうさまv
by elsur147 | 2017-11-21 23:21 | sweets | Comments(0)

レインブーツ

数年ぶりに長靴を新調しましたーv
明日は午後から雨予報いくらでもどうぞ~\(^o^)/
c0051781_22302689.jpg

フクロが可愛い
c0051781_22305364.jpg

ついでに普段履きをついで買い
色違いのボルドーを職場で履いていて
その時にどちらにしようか迷ったものの
結局二色揃えたのねえ(^^;)
実際はもっと濃い青です(ネイビーに近い)
c0051781_22352480.jpg

by elsur147 | 2017-11-21 22:56 | collection | Comments(0)

ロープ道連れ伊予ヶ岳

岩井は内房線(南房総市)
c0051781_2029429.jpg

登山口までコミュニティバスが出ています
黄色いバスがそう
下りてぐずぐずしていたら行ってしまった
バスの名前はトミー
岩井のランドマークマウンテンが富山だから
富山 と・み・さん です
c0051781_2032021.jpg

平群天神社の鳥居から伊予ヶ岳が真正面
c0051781_2033229.jpg

教わらなくても 「へぐり」 と読めるv
c0051781_20344848.jpg

低山でも屹立としていて良い感じ
枝の枯れっぷりもなかなかですね
c0051781_20355626.jpg

標識も木道もプラ擬木
申し訳なくも
けっこうテンション下がります
c0051781_2105912.jpg

山頂直下の大変キケンな箇所は
かなりの急斜面でびびりまくり(下りは特に)
c0051781_2154534.jpg

段差のないところはほぼ垂直に近いくらい
枯葉がまたいい感じにズルッと滑るんでねえ
やっと登ったらまたロープ&鎖って感じで
平面で一呼吸おきながら
こんな壁面が山頂まで三、四回あったかな
c0051781_2163623.jpg

平坦面から見下ろす里山
c0051781_2184934.jpg

ベンチから撮った山頂部(テーブルもある)
c0051781_21113643.jpg

鶴来の獅子吼の
山頂から眺めた景色に似ていると思ったら
c0051781_2192891.jpg

うねうねとした道が
蛇行する手取川に見えた
c0051781_21103741.jpg

太平洋が見える(館山の先の平砂浦の方)
c0051781_2121355.jpg

ネコ耳トミー
c0051781_21243147.jpg

鞍部へ下りて北峰へ行ってみます
c0051781_21262769.jpg

下りて登って10分くらい
あのモサモサしたのが北峰
夏場は虫が凄いんだろうな
c0051781_21264829.jpg

ま、また、、
c0051781_2128129.jpg

リンドウが咲いていたv
c0051781_21284057.jpg

山頂には三角点がありました
右の方の先割れがさっきまでいた南峰
c0051781_21315216.jpg

この木何の木?幹が白いのが気になる木
c0051781_21333838.jpg

伊予ヶ岳の伊予は愛媛の伊予
山容が愛媛の石鎚山に似ているからだそうです
(ネットで見たらなるほど似ていた)
伊予からミカンを摘んだ船が東京湾(江戸時代)に入ったとき
船人は故郷を思い出したのかもしれない
c0051781_2274875.jpg

美味しかったー
プチプチ食感でラズベリーに似た味
c0051781_22454735.jpg
c0051781_22393089.jpg

山頂に移っている男性は地元の方
ときどき散歩がてら来るのだそうです
男性が落としたカメラをキャッチした御縁にて
(上から転がってきた)
下りロープを同行願った
「後ろ向きで下りるのは怖いですか」
へっぴり腰を笑われた
練習したけどダメでした
カエルの伸びた足に例えたらウケたよ
どうしても両手とお尻を付いて片足そろりだ
私この辺りの山をうろうろしているのまた来て下さい
ということで 
次はトミー
c0051781_22461033.jpg

富山の登山道は上りも下りもタイクツで
山頂も伊予ヶ岳ほど面白くないけど
霞がかかって海が真っ白だったせいもある
気が向いたら書きます(笑)
by elsur147 | 2017-11-17 23:51 | yama | Comments(0)

次の山頂

伊予ヶ岳の次は富山に登りました
これは内房線から撮った富山
枯れ木の後ろにある山です
<北峰 349m / 南峰342m>
双耳峰というよりネコ耳ですね(笑)
c0051781_1483618.jpg

by elsur147 | 2017-11-14 15:09 | yama | Comments(0)

今日の山頂

c0051781_13232265.jpg

南房総の伊予ヶ岳(336m)
登って下りてきました
では次 行きますv
by elsur147 | 2017-11-10 13:23 | Comments(0)

ゼロの焦点とか(松本清張)

ちょこっと内容バクロです(あしからず)
本の断捨離をしていて見つけたので読み返してみた
c0051781_1783045.jpg

これを最初に読んだのはいつだったか
内容もまったく覚えていなかったが
能登金剛が舞台ということだけは記憶にあった
能登金剛はさておき
津幡や羽咋が出て来て おお と読み進み
北陸鉄道は石川線まで登場していて驚いた
鶴来から支線もあった時代だ(加賀一の宮から白山下など)
しかし鶴来で殺人事件なんて
しかも手取川に突き落とすなんて
ちょっとーーー (あと パンパン て ^^;)

c0051781_1791265.jpg


「高校殺人事件」 は初めて読んだ松本清張(珍)
ミステリーは海外オンリーだったあたしに
高校の同級生が面白いよとすすめてくれた
(珍)といえば
初めて聴いたビートルズが 「ノージャンウッド」
神秘的なメロディーが心地よかった

「球形の荒野」 は上巻が行方不明 (近日中にAmazonから届く)
奈良の唐招提寺が出てくるね
これも最初に読んだのは奈良といったら修学旅行の
奈良公園のシカしか記憶にない時代で
タイトルに惹かれたのである

ああこんなのあったのか~というわけで
本もさほど断捨離にならず
あらためて読み返す本が積ん読状態=3
by elsur147 | 2017-11-07 23:26 | etcetra | Comments(0)



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30