arsenal seveile

<   2017年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

大岳山の山頂

c0051781_13105621.jpg

標高 1266・5m やったーvvv
by elsur147 | 2017-05-30 13:10 | Comments(0)

反省会

春日山石窟仏にてお楽しみの反省会
c0051781_2314489.jpg

いえ反省会は石窟じゃなく新大宮駅の前か裏
いいでしょう~
上野か御徒町か有楽町のガード下のような
c0051781_2345556.jpg

生ビールに超感激vvv
ジョッキ冷え冷えビールはじめしゃりしゃり
たまらーーーん
こんな生ビール見たことない!!!
c0051781_23112769.jpg

呑みは反省会でしか知らないあたしがよく言います(^^;)

厚焼き卵(だし巻き卵)は塩をピリっと効かせてあり
マイソルトを携帯しているあたし好みだったvvv
c0051781_2345328.jpg

口当たりの良いリクエストでおすすめの射美
フルーティで美味しかった
マスターのお酌は表面張力だったので
顔を近づけて ずずずず ですよ(むふふ)
c0051781_2346290.jpg

これを職場の呑み姐に話してやりました
えーーーいいなあああーーー
なによむこうお天気良かったのお(ざまみー)

二次会は大和西大寺駅ナカにて
c0051781_23464834.jpg

ワンコインv
c0051781_2347892.jpg

散策しながらお弁当をいただきながら
一杯飲みながら
今回もお馴染みの姐さんや姉さん兄さんと
お初の方とは新緑の春日山遊歩道をそぞろ歩きv
たくさんのメンバーとお話できて楽しかったです
この足袋もお世話になりました(*^^*)
では散策の様子はおいおいと。。
by elsur147 | 2017-05-28 00:39 | climatnara | Comments(2)

今日の奈良(ランダムなサワリ)

登大路って微妙~に登りよね(^^;)
c0051781_23224399.jpg

今日の東京はまとまった雨だったようだが
c0051781_2323980.jpg
c0051781_23234141.jpg

奈良二日目の雨女は(奈良で傘何本買わされたかって)
晴れ晴れ晴れ
「そうだ 若草山、登ろう。」
c0051781_23253332.jpg

ほぼピーカンv
c0051781_23271251.jpg

ものすごーーーく気持ちよかった
ヤマヒルもヘビもいないし(そこ?笑)
c0051781_0123795.jpg

急な下りは(南口ゲート)
ロープ伝いで楽勝~
そこダメだろーーー(すいません)
c0051781_23281287.jpg

南口から手向山八幡宮を経由して
時間が迫ってきていてちょいと駆け足
c0051781_23432654.jpg

三昧堂が珍しく賑わっていた
c0051781_2344093.jpg

来年こそ過去帳をーーー
c0051781_2344349.jpg

東大寺のこういうところも好き
荒削りの自然が剥き出しの境内v
シカが二頭保護色になっている
c0051781_23452840.jpg

小学生の大行列に南大門前も大渋滞=3
(昨日以上に原宿竹下通りと化していた^^;)
c0051781_2347441.jpg

そうそう帰りの近鉄から
二上山がチラっと見えたよ
今日の今日まで気づかなかった節穴
じゃ明日は反省会などv
by elsur147 | 2017-05-26 23:50 | climatnara | Comments(0)

飛火野に私の

c0051781_1213239.jpg

初恋の人の歌碑があり(^^)
真正面に御葢山がくっきりv
まだ山桜が咲いてるね

飛火野の
仲麻呂歌碑で仰ぎ見る
山容まさに
どら焼き三笠\(^o^)/
by elsur147 | 2017-05-26 12:13 | Comments(0)

最後のピークは惣岳山

岩葺石山からの下りは急斜面を滑り降りるような岩場
(両手とお尻をついたまま次の足をおっかなびっくり出すという=3)
稜線は人がすれ違えないくらい細く
(やり過ごすには山肌に貼り付き状態)

山頂の手前は猿山もどきの急な岩場(悪路)
下の画像はそこを登りかけたところから見えた景色
まったく意味のない写真である
c0051781_20183727.jpg

というわけであっという間に山頂(展望なし)
岩葺石山の山頂から40分くらい
・青渭神社(あおい神社)
沢井に鎮座する里宮の奥の院である
c0051781_2019497.jpg

ここから下山すると御嶽駅に出る
この下りもけっこうな急であったが
手水舎には真名井と呼ばれる枯れない霊泉があるらしい
しまった覗いて来なかった(再訪せねば)
c0051781_21491265.jpg

さくさくと歩きやすいわ
真っ直ぐ伸びた杉は気持ちいいやらv
c0051781_2233867.jpg
c0051781_224246.jpg

ちょいと展望が開けたり とか
c0051781_226189.jpg

いい気になって歩いてたら
根っこがバタバタ張り出した登りが分かります?
下山でまさかの登り鎮座\(^o^)/ざまあ~
って感じで
やられたと思った(笑)
(登り始めたらたいしたことなかったけどホント全然)
c0051781_227125.jpg

もうひと頑張り
c0051781_22115567.jpg

あのハゲた山肌は何だと聞いたら(ダンナに)
山崩れの跡か
伐採した木を上から降ろしたんだろうって
(御柱祭みたいにか?)
c0051781_2214266.jpg

下界が見えてきた(抹茶のチョコレートみたいだな)
c0051781_2218979.jpg

沢が近くなるとこんなだ(草むらは苦手である)
ものすごい微妙なことろにおジャマ岩
c0051781_2220840.jpg

青梅線
c0051781_2221521.jpg

ここ出口
c0051781_22221696.jpg

山を下りるとなんだかつまんないです(^^;)
by elsur147 | 2017-05-24 22:33 | sato | Comments(0)

岩葺石山

高水山の山頂から
根が静脈のように張り出す尾根(下り)
ロープがあってもほんの序の口
c0051781_18362927.jpg

画像の左は杉や檜の植林地(多摩川方面)
右側は先は秩父地方に展開している広葉樹林
陰陽道みたいで面白かった
c0051781_1839355.jpg

遠くに霞んで見えるのは秩父連山
手前の山は何山だろうか
c0051781_1849697.jpg

先に書いた山頂前の急のぼりc0051781_18495050.jpg

山頂ベンチは無常の日なた
c0051781_18504574.jpg

善悪の知識の木か生命の木
c0051781_19415244.jpg

三等三角点
c0051781_207715.jpg

縦走してきた高水山v
c0051781_18523794.jpg

てっぺんが平らな山が棒ノ折山(たぶん)
ここから縦走できるんだって(そのうちな)
c0051781_19102471.jpg

川苔山かなー
c0051781_19114062.jpg

登るのに一生懸命だったので
木を見て森を見て山を見ず(とほほ)
c0051781_1912267.jpg

まあ高水山を目視しただけで良しとして
今度はノンビリしながら行ってみよう
別ルートから登るとしても
このお岩にはまた出会いたい
c0051781_21295334.jpg

では惣岳山へ参りましょう
by elsur147 | 2017-05-23 22:16 | sato | Comments(0)

高水三山の高水山

あらためまして登山口
c0051781_10521439.jpg

早々に足下をトカゲが横切った=3
山登りでこの
昆虫爬虫類嫌いをどう克服したらいいのか(悩)
ビックリしてバランス崩し なんて冗談でなく
c0051781_10542451.jpg

砂防堰堤を上り詰めると
c0051781_10565142.jpg

いよいよ山道
c0051781_10573210.jpg

お邪魔岩が
鋭い切り口も自然の不思議
c0051781_1122487.jpg

あの明るいところに早く行きたーい
とかイソイソ進んでみると
別段どってことないのである
(森の妖精でも潜んでいると思ったのか・笑)
c0051781_1174347.jpg

円い木漏れ日がうれしい山道
c0051781_1194516.jpg
c0051781_11214874.jpg

ときどき開ける視界や
道標にもほっと一息
c0051781_11245384.jpg

黄緑が眩しい
c0051781_11282960.jpg

ここから斜面を登るんだけど(急ではない)
岩葺石山から下りてきた方が
「コンニチハもう少しですよ」 と声をかけてくれた
うれしかったv
c0051781_11332446.jpg

お決まりのように
山頂間近の急な上り(笑)
c0051781_11424010.jpg

プラスチックみたいな
バランみたいな青モミヂ
c0051781_11433998.jpg

なぜ山の字だけが小さくて
下にスペースが空いているのか
(シンメトリーに撮れなかった)
c0051781_11444789.jpg

長谷寺の流れ真言宗豊山派の
(あたしには長谷寺と言ったら初瀬の長谷寺に決まっ寺)
常福院龍学寺 (龍の字にも軽く反応^^;)
本堂に船というか手漕ぎボート?
c0051781_1145356.jpg

いえ波切不動の波切刀
c0051781_114524100.jpg

山頂の展望は今ひとつだったが
c0051781_1154550.jpg

うれしいお社v
二枚のお札に 「明るく楽しく元気よく」 「霊峰高水山登山記念」
と書いてあった
c0051781_11585157.jpg

お札のお陰で疲れも吹っ飛び
さらに元気でましたv ありがと山
c0051781_11593824.jpg

猿の腰掛でかっ
c0051781_1271332.jpg

それでは次の山
岩葺石山へ行きましょう~
by elsur147 | 2017-05-22 12:51 | sato | Comments(0)

軍畑の里山

当然 「戦(いくさ)」 がらみの地名ね(南北朝~戦国時代)
c0051781_23154983.jpg
c0051781_23464681.jpg

軍畑駅から(標高239m) <高水三山> 縦走してきた
(高水山:759m 岩茸石山:793m 惣岳山:756m) 終点は御嶽駅
駅から駅は手軽なぶん
登山口までの里山が長い長い
c0051781_003824.jpg

小学生の縦走コースだったか(^^;)
c0051781_005925.jpg

旧鎌倉街道をぞろぞろぞろぞろ
c0051781_011211.jpg

曹洞宗の高源寺
c0051781_014292.jpg

鳥居が気になったがなにげに上りで
寄り道する気なしお(早々になんだ)
c0051781_0101588.jpg

小学生: 疲れたあー 先生: まだ登山口にも来てないぞ
c0051781_0103833.jpg

山に入る前に 「みずあめ休憩」 (水と飴)
c0051781_011751.jpg

というわけで今日はサワリだけー
by elsur147 | 2017-05-21 00:34 | sato | Comments(0)

岩葺石山のお邪魔岩(笑)

えーーーあれ登るのかってたじろいだ
飛鳥の宇須多伎比賣命神社を下から見上げたときの
房総なら洲崎神社を境内から見上げたときの
石段が無い感じ (なんとなく分かりますか)
写真からは急の雰囲気が伝わらないけど
c0051781_201625.jpg

上から下りてきた人とすれ違うのに
おっとっとって辺りでこの岩=3 どかーーーん
c0051781_2017196.jpg

けどこの次の惣岳山の方が
山頂へのたかだか 0.1キロの登りの方が凄かった
たしか 「悪路」 と貼り紙がしてあった
(あれ「路」か=3 けっこうな傾斜だった)
根っこに掴まり岩に足かけ
次どこ掴まって足かけるか考える間
まったく動けず四つん這い
斜めにナマケモノ状態な(爆)
下から小学生の軍団はスイスイ登ってくるもんで
こちらはまるで猿山のよう(笑)

というわけで 次は1000m 越えたいな~と
書いたとおりに楽々越えたよ
高水山(759m)、岩茸石山(793m)、惣岳山(756m)
トータル2000m超 (帰って寝ろ?笑)
by elsur147 | 2017-05-19 23:11 | sato | Comments(0)

青梅線から見た景色

青梅線は青梅から奥多摩までこんな風景
(正確には青梅から何駅か過ぎた辺り)
c0051781_19391076.jpg

高いところを走るんですよね(反対の車窓は山の斜面が展開)
下に多摩川が流れていて(写っていないが?笑)
間に合わなかったんだよ=3
そう高くない山の稜線が続く景色が
初瀬の辺りに似ていて懐かしかった
(ダンノダイラとか思い出していた)
とても外の景色を撮る雰囲気じゃないのでねえ
(物珍しさ丸出しがみっともないやら)
この日は割と空いていたから何とか伝えたかった
それにしても青梅線に限らず
電車の扉に貼り付けてある広告はどうにかならないものか
目隠しみたいで鬱陶しくてしょうがない
それあたしの身長に問題が?(笑)
by elsur147 | 2017-05-19 20:12 | sato | Comments(0)



climatnara Gunners robinvanpersie