arsenal seveile

<   2017年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

モンベルのくつ下など

さすがアウトドア専門
フィット感が最高です
くつ下が足と一体化したよう
c0051781_10134933.jpg
c0051781_18395992.jpg

コレド室町の中川政七商店
フクロも粋v
c0051781_10141119.jpg

そして別の日 
三越に行ったついでに色違いなどなど
紺✕シルバーは紙糸プラス
c0051781_1842684.jpg

くつ下ついでに
これ可愛いでしょ~ (金沢駅のTabio/タビオ)
カラリングに一目惚れv(滅多にはかない・笑)
c0051781_18534020.jpg

とりあえず駕籠盛り
c0051781_18423026.jpg

けっこうな奥行きの三段ボックスに全部くつ下=3
おそらく
買ったことすら忘れているのだ(ボケのはじまり)

椅子の脚にはペットボトルカバーをはかせてある
カバーはお茶に付いている付録
シリーズが変わるとお色直しをしてみたり(笑)
c0051781_19121759.jpg

by elsur147 | 2017-03-07 19:27 | collection | Comments(0)

野島崎の岩場にて

先だってゲリラ投稿したベンチは
時間帯がちょっと 眩しすぎてまっちろ
c0051781_2338934.jpg

剥き出しの岩を上る(もちろん手すり無し)
粘土質で硬いので行きはひょいひょいv
下りは足場に気をつけないと
勢いあまって飛び降りたりすると膝か足首をやられる
・房総半島の最南端・
c0051781_234858.jpg

灯台・アンテナ・霧笛舎の三位一体
そこかしこに隆起した岩やら昔は海の名残あり
c0051781_23394591.jpg

渋い霧笛舎は廃墟である
c0051781_25039.jpg

遊歩道じゃつまらないので
岩場へ出てみた
いろんな形の岩があって面白い
c0051781_23405222.jpg

潮だまりの岩を伝って先まで行けるv
c0051781_2341299.jpg

年代の違うのもあったりだ
c0051781_23431540.jpg

こちらは風呂釜(男女別に仕切り有・笑) 
c0051781_23434260.jpg

眠くなってきた
いったん上げる(^^;)
by elsur147 | 2017-03-07 02:23 | umi | Comments(0)

野島崎を遊覧してきた

東京湾岸の京葉臨海工業地帯は
車だと(国道16号)夜景が素晴らしいです
宇宙基地みたい(ホント)
内房線は内陸を走るのでこんな程度だ
c0051781_1421386.jpg

場面はいきなり変わって
館山からバスで30分南へ下った辺り
布良(めら)
c0051781_14214219.jpg

館山より南は鉄道がない
路線バスが1時間に1本
(まあいい方か)着いた着いた
c0051781_15232468.jpg

灯台が見えているのが見えるかな
c0051781_15265295.jpg

この時期そこらじゅうに咲きほこる菜の花
特に平砂浦辺りは道路沿いに菜の花の黄色と
ポピーのオレンジが綺麗です(自生している)
c0051781_15304448.jpg

野島漁港?の山門椰子(笑)
c0051781_1622534.jpg

地盤に海の浸食跡がある
c0051781_16195368.jpg

館山は源頼朝ゆかりの土地だそうだ
が。トビオウと何の関係が?
(下に頼朝上陸の件が書いてあったので)
c0051781_16201296.jpg

遊覧船が出るもよう
あたしがいるから
旗は裏返るに決まってる(笑)
c0051781_1691387.jpg

あれに乗ってみますv
c0051781_1619271.jpg

グラスボートね
c0051781_2011014.jpg

ここらはウミガメが生息しているのだが
滅多に現れないらしい(ボートの兄さんが)
c0051781_2013833.jpg

出航ですよ(うきうきvvv)
c0051781_2031543.jpg

もちろん座ってなどいられない
船首にへばりつきv
c0051781_2035625.jpg

航路は湾内をぐるりと一回り
c0051781_2051394.jpg

野島崎は昔は島だったそうです
c0051781_20564037.jpg
c0051781_20533880.jpg
c0051781_20543367.jpg

間近に海ーーー
c0051781_20101984.jpg

深い海が目の前ーーー
(カモメがエサを取っている)
c0051781_20173443.jpg

灯台のある辺りが陸続きになったのは
主に元禄地震と関東大震災によるもの
今でも隆起と沈降を繰り返している
c0051781_20483859.jpg

グラスから覗いた海底は
魚類は見えず海草類など(笑)
c0051781_20574780.jpg

けど海底の様子は面白かった
砂浜と岩礁が陸と同じように
海の中にもあるのである
日が差すとそれがまた綺麗でねえ
c0051781_210377.jpg

ときどき大きなうねりが入ると
船が持ち上がるように揺れるので
おお~~って(面白がるバカ)
c0051781_2104912.jpg

乗船時間は20分くらいだけど
出港は鯛ノ浦より難しいらしい(シケ具合が)
手こぎではありませんよ
船尾にモーター付いてます
c0051781_214365.jpg

カモメ(珍しいですか)
c0051781_2151329.jpg

by elsur147 | 2017-03-01 21:50 | umi | Comments(0)



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31