arsenal seveile

<   2016年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

荒ぶる神の鯛の浦

天津小湊という町は合併により消滅したが
たしか国道か県道には残っていて 
標識を 「てんしんこみなと」 と読んで笑われた
(天津甘栗を連想したのダ ^^;)
c0051781_2348123.jpg

その流れで勝浦担々麺を
どうして天津麺じゃないのかと突っ込んだこともある

安房鴨川からの戻りは右の外房線(どうでもいいって)
帰りはここから特急で帰ろうと思ってね
c0051781_23315143.jpg

南国駅のお決まりは
ヤシだかシュロだかソテツだか
c0051781_2349031.jpg

鯛の浦の遊覧船も欠航ですよ
c0051781_23515259.jpg

浦の遊歩道を歩いてみた
ここにも荒ぶる神がいたはず
c0051781_23522996.jpg

岩場に出られるもよう
c0051781_063271.jpg

この日は砕けた波が歩道まできていた
c0051781_0131820.jpg

荒ぶる神の(大弁天)赤鳥居は 逆光で見えない=3
c0051781_02226.jpg

干潮時は弁天まで歩いて行けるらしいが
岩場で裸足はちょっと~
ウエットブーツが必要かもな
c0051781_0224216.jpg

振り返ってみた。けっこう歩きでがある
c0051781_0181524.jpg

何の碑かと思ったら注意書きだった
しないで下さい ではなく
「禁止する」 という厳しさが好きだ(笑)
c0051781_023847.jpg

本当に鯛がいるらしい(特別天然記念物)
それを見学する遊覧船が出ている
船縁を叩くと深海にいるはずの真鯛が
群れをなして海面ギリギリに上がってくるとか
(鯛なら鯛焼きの方が嬉しいけどな ^^;)

手前が小弁天 奥が大弁天 
c0051781_042121.jpg

山側の石段を登ってみたら
c0051781_0545641.jpg

眺め良しv
c0051781_0563196.jpg

ベンチと 灰皿まで(笑)
c0051781_05839100.jpg

そこそこ急な斜面で階段があったり無かったり
雨上がりで下りの方が怖かった(そろりそろりだ)
c0051781_0595257.jpg

頂上に誕生時の仏舎利塔があったらしい
(駅から先っぽだけ見えた・笑)
道なりに先へ進むつもりがベンチの奥から
この時期まさかの
獣の足音らしきもの聞こえ(ザザザザ=3 空耳?)
踵をかえし と=3
c0051781_14324.jpg

鯛の浦に 取って付け(ほほほ)
c0051781_16239.jpg

あれ↓ を近くで見たかったなー
c0051781_165059.jpg

側の防波堤も立ち入り禁止で残念でした
by elsur147 | 2016-12-31 22:59 | hollander | Comments(0)

安房鴨川にて

東京発の特急 「わかしお」 安房鴨川行き
祝日でも10時を過ぎるとガラガラ~
蘇我駅に来ていたのを捕まえてちょい乗り(笑)
c0051781_1955169.jpg

一時間に一本の外房線に間に合わなかったんですよー
総武線が遅れていたのがイケナイ (ならもっと早く出ろって)
蘇我から御宿までの海側は
c0051781_20165357.jpg

向こうに海がある(九十九里)という空気が好き
c0051781_2017773.jpg
c0051781_2017198.jpg

勝浦を過ぎると海とトンネルの繰り返し
c0051781_20173473.jpg

勝浦のホームで外房線を30分待つのもタイクツだったので
そのまま終点の安房鴨川駅まで行ってしまった(物臭)
c0051781_20503857.jpg

戻るまでの待ち時間は(一時間に一本) 海岸に出てみた
オフショアで綺麗な波がたっていました ひゃ~~~v
c0051781_20524492.jpg

海も波もサーファーも眺めていて飽きない
c0051781_20525751.jpg

波がブレイクしていく先 (画像の右端) 昆布とかワカメじゃないですよ 人です人↓↓↓
c0051781_20531873.jpg

うねりを越えていく瞬間もスリリングで好きだった
(パドリングという) 裏側へ降りるとき
うねりが大きいと胃がせりあがるような感覚
実は 怖くてやり過ごしたのだった(^^;)
c0051781_20541082.jpg

遠くから見たとき 「茂原」 が 「奈良」 に見えた
c0051781_2120544.jpg

さてどうする
とりあえず安房小湊まで戻るかー
特急だと早いし楽だしな
c0051781_2234292.jpg

ほんじゃまた~
by elsur147 | 2016-12-24 23:07 | hollander | Comments(2)

幻の赤鳥居

上総興津の守谷海岸へ赤鳥居を見に行くはずが
上総興津に止まらなかったんですよ~特急が~
まあいいやと安房鴨川から安房小湊あたりをブラブラし
そしたら帰りの特急は上総興津に止まるぢゃないか~
なんだい=3
c0051781_0275778.jpg

いえね前に和田浦に行ったとき帰りの特急から見えて(赤い鳥居が)
なんなんだあれは荒ぶる神か と(笑) またそのうち行くわい
ほんとは銚子沖からクジラを見に行く予定でした
ピーカンで暖かかったけど(歩いたら暑っ) 海があんなに荒れているとは=3
by elsur147 | 2016-12-24 00:46 | hollander | Comments(0)

鯛の浦

c0051781_14282922.jpg

大しけで欠航だったので安房小湊の遊歩道をぶらぶら歩き水平線がギザギザです(笑)
by elsur147 | 2016-12-23 14:28 | Comments(0)

思い出なるかな白毫寺

その前に立ち寄った鹿野園の八阪神社
またの名を祇園社
参道のモミヂが綺麗でした 天然の間接照明v
c0051781_0255882.jpg

シンメトリーに惚れ惚れですよ(ふふっ)
狛のわんこも可愛かった
c0051781_031279.jpg

そして 仮仮解散の白毫寺
"今更ええわ" の声もあったが(笑)
c0051781_04793.jpg

のぼってみれば眺めの良い山v
c0051781_163397.jpg

五色椿には素朴な疑問がありまして
五色は何色があるのだろうと(子供じみている)
赤・白・黄・橙・桃?(あるかいね)
c0051781_049487.jpg

展望台は二月堂の良弁お杉さながらに
ニジョウザン方向をお邪魔杉(^^;)
なんだかなつかしかったな
何年か前の同じ時期に来たことがあるんです
遠く二上山まで見えると聞いて・・・
やまのあなたのそらとおく (初々しかったねえ・ははは)
c0051781_05459100.jpg

エンマ様を拝むのを遠慮したのは
単純に こわい からである(ホント・笑)
c0051781_103951.jpg

真っ赤っ赤~~~
c0051781_112379.jpg

赤い軒先は風が吹くたび
ひらひら~~~ひらひら~~~
c0051781_115055.jpg

ぽってりとした唇がセクシーでした
c0051781_125211.jpg

その奥に鎮座していた不動明王(ら~ぶ~v)
c0051781_131159.jpg

自然のたまもの(*^^*)
c0051781_11412.jpg

駆け足ですいません
過去ログ見てたらしんみりしちゃった
ここ一番ゆっくり眺めていたよね
ええわ組に便乗しかけたものの(^^;)
行ってみてよかったv
円照寺は
山辺の道北部の通過地点といいますか
主たる目的はお手洗いだったという(笑)
by elsur147 | 2016-12-22 00:51 | climatnara | Comments(2)

しらやまさんの奈良支店

前に来たとき見つけられなかった
白山比咩神社は扁額の文字も懐かしく(じーん) 拝殿の奥にハサミがチラ見えvvv
c0051781_21202941.jpg

白山比咩神社は女神様です
菊理媛尊 くくりひめのみこと 
菊理は 括り ですv (和合や縁結びのシアワセ括り)
c0051781_23344778.jpg
c0051781_23355480.jpg

ところで
今週の金曜日は祝日ですね休みだ休みーーーvvv
こんなチャンスは土日や祝祭日しか出ない何かに乗るべし
どこ行こっかなー またゲリラ投稿するかもだ
by elsur147 | 2016-12-20 23:48 | climatnara | Comments(0)

天国への山門/円照寺

かぎろひ歴史探訪にて
明るさが忘れられません
c0051781_22103221.jpg
c0051781_2211869.jpg
c0051781_22113157.jpg
c0051781_2214439.jpg

山門の奥を照らす光
夢を見ているようでした~
c0051781_22161511.jpg

by elsur147 | 2016-12-20 20:36 | climatnara | Comments(0)

猫に小判な大吟醸

化粧箱とか金の不織布とか高そう=3
いただきものをすみません
c0051781_182738.jpg

あたしは家では全く呑まないし
ダンナはアレルギー(忘年会はアッシー君・死語・笑)
よって使い道は高級料理酒vvv 
肉じゃがは底からかきまわしたら
もう少し美味しそうに見えたんだけど・・・
(タマネギはダンナの器へGOです) 
c0051781_18271851.jpg

ついでにブリのカマを煮付けたv
c0051781_1827298.jpg

お料理には一般的な 「料理酒」 よりも
安くてもいいので日本酒を使うのが良いざます
炒め物にもいけますよ(油ひくよりヘルシーです)
by elsur147 | 2016-12-20 18:40 | etcetra | Comments(2)

山辺ノ道北部ハ奈良市ノ北部

曇天でも雰囲気いいでしょ まだお昼前なんだけどねえ
c0051781_23593071.jpg

みんな何を見ていたのかな
c0051781_002018.jpg

お天気こんなでもそれなりに
風情があるものv
c0051781_0383499.jpg

折り重なる東の山山は
なだらかで優しい
c0051781_0385967.jpg

くるみ割り人形の葦笛の踊り・・・じゃない
ファンタジアの お掃除オバケ(魔法使いの弟子だっけ?)
長谷寺の寒牡丹も思い出した 寒そうに咲いていた
c0051781_0392387.jpg

北部の道は円照寺を経由して八島陵へ抜けていく
山辺の道といったら
天理から三輪山への印象が強く
こんなところまで?と意外に思ったものである
c0051781_21524436.jpg

八島陵のお堀かと勘違いしそうな(あんただけだって)
溜池は
底の環境整備の為に(乾燥させる)排水してある
c0051781_2154549.jpg

壊れた石室ゴロゴロ池もこのとおり
剥きだしになった丸裸の八ツ石は
崇道天皇の悲劇も加え哀れをさそい(^^;)
c0051781_2157567.jpg

余所見をするとアブナイですよ
(斜面をザザザザーーー)
c0051781_21575994.jpg

だから余所見すんなって
c0051781_21582425.jpg

鹿野園にて 池の畔はよどみが気になる
なにか潜んでいそうな気がして(気のせい)
c0051781_2201211.jpg

そして歴史探訪ご一行様は
藪の中をガンガン進む
c0051781_2215321.jpg

盆地に戻ると視界が開け 一息つくも
c0051781_223222.jpg

更なる藪をひた登り
もはやウォーキングの域を越えていた(笑)
c0051781_22498.jpg

ご褒美は奈良市の眺望
c0051781_2223489.jpg

そろそろ最終地点の白毫寺だよ やれやれ~
c0051781_2253055.jpg

とどめに石段どうですか と(わはは)
c0051781_2263455.jpg

by elsur147 | 2016-12-13 23:54 | climatnara | Comments(0)

歴史探訪おびとけの巻

どひゃ~もう一週間過ぎたんですか!!! 早早早っっ=3
帯 解けっ!!! なんちゃって(^^;)
c0051781_204619.jpg

和歌山行だった
一口に和歌山といっても想像がつかない
和歌山県のどこらへんが和歌山なのか
東京 のようなもの?(笑)
和歌山ときたら行ってみたいのは潮岬だ(しおのみさきv)
c0051781_205765.jpg

いやあ後ろ姿とかなつかしかったりして
わりと最後尾を歩くことが多かったのと 背中好きv
c0051781_235670.jpg

お隣さんは龍象寺(りゅうぞうじ)
開放的でいい感じだった
c0051781_2403685.jpg

藤堂藩(=津藩?)古市(どこ?)陣屋の山門だそうだ(^^;)
c0051781_2412310.jpg

柴屋町の八坂神社だったかしら・・・ここは城跡と
c0051781_20454281.jpg

古市陣屋を調べた流れで出て来たんだけど
どこに書いてあったか分からなくなってしまった(ぐぐり杉)
それより自転車に反応していないか(笑)
c0051781_20462146.jpg

探し物があるのでまたね
クリスマスプレゼントv(ほほほ)
by elsur147 | 2016-12-09 21:44 | climatnara | Comments(0)



climatnara Gunners robinvanpersie
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31