arsenal seveile

<   2016年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

宇陀の三つ葉は

見た目以上に詰まっていたよ(ビックリした)
水洗いしたら更に広がった(笑)
三つ葉の香り というより 宇陀のニオイv
昨日歩いた菟田野里山 日なたのニオイv
c0051781_22472741.jpg

大きな葉っぱ
c0051781_2248893.jpg

根っこも太いネ
c0051781_22484437.jpg

三つ葉は二人とも好きで ときどき使うんだけど
(スクランブルエッグに混ぜると美味しい)
根本が四角いスポンジみたいなのにささっているのしか見たことない

お弁当のタッパーで失礼
入れる前に撮るんだったよ
千切りキャベツとハムとトマトとキュウリ
(千切りキャベツはフクロの奴)
蓋の下にラップをかけてあるのは
蓋を洗うのがめんどくさいから
(どんだけ横着なんだ=3)
c0051781_22492072.jpg

ダンナ用
(子供の頃から使っていた嫁入り食器v)
c0051781_22495328.jpg

残りは根本から丁寧に揃えて
(好き放題に曲がっているから時間かかった・笑)
ラップでくるんでジプロック野菜室(もちろん立ててある)

ほんじゃまた~
by elsur147 | 2016-05-28 00:04 | climatnara | Comments(2)

宇陀土産(^.^)

c0051781_17363367.jpg

餅飯殿のアーケードに菟田野から朝取れの三つ葉が来ていて衝動買い。まずはサダラで。うちら夫婦はサラダをサダラと言う。あと 「何何に“する”」 と言うとき 「何何に“しる”」 と言う。最近はその後に 「たばしる」 を付ける様になった 「夜はパンにしる、たばしる」 てな具合。で、あたしは炸裂のリアクションをして見せるのである(天然ボケ夫婦・笑)
by elsur147 | 2016-05-27 17:36 | climatnara | Comments(0)

又の名を祟り島

c0051781_12125282.jpg

バス停の西側は葛城山系?円照寺の参道から森を抜けて祟道天皇陵に行ってみました。陵の前に奇っ怪な石が転がっていた(笑)
by elsur147 | 2016-05-27 13:41 | climatnara | Comments(0)

金沢市の奥座敷とか

杉の子温泉に行った次の日
ふいに父が 「午後から湯涌温泉に行ってみない?」
ということで 金沢駅から浅野川を遡りながら南東へ
バスで山を上ったり下りたり です
c0051781_22335229.jpg
c0051781_2234269.jpg

金沢市湯涌町イ ロ ハ ニ等等
なんとも地味な門前ですよ(山奥に薬師寺がある)
c0051781_2235346.jpg

あいにく総湯は定休日だったが
旅館の日帰りを利用できるので気にしない
お薬師さんは階段のずっと先かな
ちょろっと上ってみたら先の足下がちょっとヤバかった=3
c0051781_22414149.jpg

で。先に湖があると聞き 放水口にもそそられの(笑)
c0051781_224141.jpg

浅野川の支流を堰き止めて作った玉泉湖
c0051781_22453522.jpg
c0051781_23244360.jpg

水は森の奥のあちらこちらから
流れて来ていた
c0051781_22495520.jpg
c0051781_22503899.jpg

森へ続く遊歩道のようなそうでないような
ここから先に進むと蛇がでそうな(何だそれ)
c0051781_22522785.jpg

現役の氷室小屋 (お薬師さんの奥にもあるらしい)
近年は雪が少なく苦労もあるとか
やはりホンモノにこだわりたいもの
c0051781_2253782.jpg

油断してたら温泉を使う時間がなくなってしまい
(湖まで行ったのが余計だったか・笑)
c0051781_0383836.jpg

それにしても客室とか
なんだか古い病院のような・・・(すいません)
c0051781_0392569.jpg

そんなわけで バス停の近くでお昼ご飯をば
夜はカラオケパブに変身の 昔ながらの喫茶店は
古民家カフェより落ち着くのである
c0051781_22573315.jpg
c0051781_22581471.jpg

二人で別々のものを頼んだせいか
えらく時間がかかってしまい
バスの時間が迫っているのでじりじりしている
c0051781_225940100.jpg

父はオムライス(なんとケチャップ抜きだと)
ケチャップ万能のあたしには信じられない=3
(どうかするとケチャマヨだわさ)c0051781_2305654.jpg

ほいであたしのホットサンド
ハムチーズトマトキウリと卵焼きvc0051781_2313237.jpg

バス停の画面が雨で水玉
c0051781_2322177.jpg

いったんその気になったら
なにがなんでも温泉なわけ(笑) @野々市
c0051781_2372196.jpg

とか 見かけはグロくても味は超絶品vvv ガスエビ
c0051781_23111433.jpg

ついでに 回転もりもり寿司ときたら 8番ラーメン
(帰りに金沢駅でね)
そのついでに言わせてもらうとラーメンに
海苔を乗せる理由が全く分からん(なぜなんだあああ・笑) c0051781_23123411.jpg

〆に 今度はお盆かな~の珈琲ゼリー
c0051781_2315834.jpg

これは 滞在中のいつだったか家の前で
夕日を撮ろうと待っていたのに~ 残念でした
c0051781_2316387.jpg

ではねv
by elsur147 | 2016-05-25 00:50 | sato | Comments(0)

閑話休題(滋賀のお土産)

なんでしょう~ 大福じゃないです
c0051781_23475252.jpg

ダンナのお土産(六個入りがすでに二個ないが?笑)
たばしる
小ぶりだからあっという間よ
c0051781_23515810.jpg

賞味期限シールで封緘してある(小粋)
包装紙の色も渋いー
化粧箱だとプラス¥210 だったから
家で食べるんだからパックでいい と (けちんぼ・笑)c0051781_23532344.jpg

ナイフだと潰れてしまうので囓りかけで失礼
金つばの皮を求肥にした感じで
噛んだら小豆がゴロゴロ出てくる
茶色いのはクルミでございますv
c0051781_235814.jpg

滋賀に行くなら買ってきてと頼んだのだけど
驚いたのは
これを買うついでに石山寺へ行ってきたとー

いえね ときどき二人で滋賀の話が出ると
(たいていはあたしの奈良行きの「のぞみ」から展開・笑)
石山寺に行ってみたいなーとか言ってたから
代わりに見学している様子を想像したりして(*^^*)

石山寺の栞は境内図がお茶目ですよv
瀬田川の 「瀬田唐橋」 の手前 新幹線が走っ寺~\(^O^)/
c0051781_0362488.jpg

石山寺の奇っ怪な石を見てみたいのよね
石山寺縁起絵巻は学校で習ったな
by elsur147 | 2016-05-23 01:10 | sweets | Comments(0)

続・白山ろくの大量画像

毎度毎度に
代わり映えのしない画像やら話やらで
どうもどうも(^^;)
c0051781_12382377.jpg

とりたてて重機が好きというわけではなく
木が等間隔だったのがツボにはまった(揃い好き・笑) 
c0051781_138120.jpg

なにしろ封筒などは特に
中身がジャストフィッしていないと気持ちがわるい
特養では積んだタオルの 「わ」 がこっち向きで(意味分かる?)
たたみ方も同一でないと気持ちが悪い
忙しいからそんな事にかまってはいられないのだが
ひとたび気になりだすと揃え直しのスイッチが入り
休憩時間に余計な事して時間が過ぎる=3
ヒマを持て余している婆ちゃんにお願いする時もある
タオルの角もきっちり揃えてね、 と指示をする(笑)

話もとい。なんもない国道沿いにポツンとあります
ここら辺の温泉はどこでもそんな感じです
もっと全景が分かるように撮った方がよかったね
c0051781_13185335.jpg

手作り感ありありだけど(この辺のはみんなこんな感じ)
おフロより付属設備がハバをきかせている
どこぞの温泉物語とかより素朴でいいっすv
c0051781_13212598.jpg

旅館のお風呂みたいでしょ
c0051781_13244182.jpg

湯上がりの顔で外へ出たって問題ないのも
田舎ならでは(笑)
野々市の帰りに石川線に乗ろうが気にしない
(そんな物臭はあんただけよ と背後から母の声が・笑)
c0051781_13252549.jpg

休憩処は母方の里の茶の間のようだな
下に潜っていたネコをうっかり蹴飛ばし(これこれ)
c0051781_13304824.jpg

扉の造りも懐かしい
c0051781_13312671.jpg

ふたたび佐良橋 けっこう低いよ
あたしの腰よりちょっと上くらいだったかな
c0051781_13341119.jpg

バスが来るまで時間つぶしにブラブラしてくる
親父は小屋でひと眠り
c0051781_15554322.jpg

歩く道すがらオニギリがv
c0051781_14143584.jpg
c0051781_14153647.jpg

手取キャニオンロード
ここを走ってみようと思っていたのだ
c0051781_14192654.jpg

手取川が見える辺りまで行ってみた
c0051781_16352642.jpg

画像の右側が杉の子温泉があった辺り(この辺↓)
c0051781_16363419.jpg

ここには橋がないので渡れませんよ 
綿ヶ滝は降りられるらしい
石段のようなものが心許ないので
手荷物はない方がいいって書いてあったな(笑)
c0051781_16372740.jpg

バス通りに戻ります
c0051781_16395741.jpg

ずっと先の鳥居が見える?
手前に奉納米の田んぼが広がる(比咩の米)
c0051781_14174415.jpg

歩きはじめるとそう遠く感じない
c0051781_14374648.jpg

当然というか 白山神社
(白山市上吉谷町 イ 116)
c0051781_1448461.jpg

c0051781_1523847.jpg

小ぶりながら瓦が立派vvv
c0051781_15153730.jpg

手水舎の瓦もねv (どんなもんだい=3)
c0051781_15295212.jpg

二股お杉
c0051781_15303395.jpg

鳥居のむこうは高倉山
国土地理院の地図やカーナビにも名前が載っているらしい
(そんなことを自慢してどーする・笑)
c0051781_1582213.jpg

バスの窓から慌てて撮ったから斜めった
白山別宮神社(しらやまべつぐう) 
白山七社の中宮三社の一社
(白山市別宮町 ロ 84-1)
c0051781_1547465.jpg

鶴来町に戻ってきた
古い町並みがそのまんま残っている町
仕舞た屋は仕舞た屋のまま
奈良の桜井にみたいなイメージ
(車の往来あんなに激しくないけどな・笑)←ほんと怖いわ(^^;)
c0051781_23312865.jpg

ちなみに 白山七社とは。
白山比咩神社を中心に奥宮白山を望む七つの神社
白山を北極星の位置に見立てると、七社は 「北斗七星」 の位置にあるらしい

<本宮四社>
本宮(古宮公園・鶴来町)
三宮(白山比咩神社・鶴来町)
金剣宮(鶴来町)
岩本宮(岩本神社・辰口町)

<中宮三社>
別宮(白山別宮神社・鳥越村)
佐羅宮(佐羅早松神社・吉野谷村) 
中宮(笥笠中宮神社・吉野谷村)

・中宮三社の佐羅宮=佐良
c0051781_04551.jpg
by elsur147 | 2016-05-21 00:14 | sato | Comments(0)

白山ろくの大量画像=3

朝ご飯食べたら一息ついて
温泉行こーか
うんうん v(^.^)
うちら思い立ったら早いですよ
鶴来駅からバスでGO
c0051781_16181650.jpg

南南西に走っているかな
c0051781_16263364.jpg

一向一揆の里山迫る(たぶん)
c0051781_16545231.jpg

奥獅子は 桜ちらほら吼える山 (奥獅子吼山の裾野である)
c0051781_1754225.jpg

お待ちかねの手取川を渡るよ(きゃほ~v)
本当はこの里帰りでは
自転車で橋巡りをする予定でいたのだが
日常が自転車参りの父はゴメン蒙ると(笑)
また父一人では
白山麓の温泉に行く気にもならないらしく
親父孝行のようなもの(*^^*)
よってキャニオンロードはまたの機会に

広瀬大橋(昭和40年8月架)
c0051781_18503486.jpg

暴れん坊の手取川(はいはい)
c0051781_18591337.jpg

北陸電力手取川第三発電所は
中腹にチラ見えの白いドームに反応v
c0051781_18595032.jpg

なつかしき里山行に
c0051781_1954253.jpg
c0051781_1955687.jpg

ふと初瀬川を思い出す
c0051781_1961371.jpg

三泊四日の三日間はほぼ雨でした(笑)
c0051781_1984054.jpg

おや 先に見える白い山はもしかして
c0051781_1985530.jpg

やはりやはりの 晴れ間から白山だvvv
c0051781_1991690.jpg

思わず指を差して「白山だ」 って声を出したら
c0051781_19171843.jpg

父と運転手さんも頷きながら微笑んでいたv
c0051781_19204817.jpg

おっと ここバス通れんのか
薬師寺から唐招提寺のコースも凄いが(笑)
@鳥越の集落
c0051781_19262157.jpg

バスは鳥越小学校の登下校に合わせて運行
よって土日祝祭日や夏休み等は極端に少ない
c0051781_19273945.jpg
c0051781_192849.jpg

再び白山さんを拝む旅vvv
c0051781_19324013.jpg

まったく白山というやつは 比咩神社が鎮座するお膝元より
日本海側へ行けば行くほどきれいに見えるという~
それどころか 山麓で見える場所は殆どない=3
とまで言われており
鳥越付近で見えたとしたら奇跡に近いと(そこまでなんだよ本当に)
c0051781_19351071.jpg

ほんで オニギリ山がポスターに写っていた山
c0051781_19352317.jpg

綿ヶ滝 お盆休みにいこいましょう(笑)
c0051781_19355461.jpg

で。バスを西佐良で降りて国道側の佐良へ行くとこ
c0051781_19414547.jpg

佐良橋(昭和50年8月架)
c0051781_19435860.jpg

白山方向はオニギリそびえの
c0051781_19515522.jpg

いつまでも眺めていたいエメラルド
c0051781_21113085.jpg

くるっと回って鶴来方向で身を乗り出せば
c0051781_19543526.jpg

絶壁がすごい
c0051781_19563056.jpg

天然はみ出し巨大ゲンコツ
岩肌の赤い部分も気になれば
すぐ手前には滝が落ちのの
c0051781_20165666.jpg

「一般的な滝は岩石の地層を横切って流れ
侵食に強い岩脈部分は棚として残り
侵食に弱い地層部分は削られて落ちる
結果、残った棚は隆起した状態になる」 という
(かいつまんで書いた)
ウィキペディアの説明がよく分かる(理科・笑)

目の前で水煙がたっているのが
写ってはいないが 今にも吸い込まれそうで こわいー
c0051781_21101383.jpg
c0051781_2005298.jpg

あっちにも滝ー(珍しくもないだろうに)
c0051781_2018358.jpg

歩きスマホならぬ歩きカメラが
やっと到着
(バスに乗ってる時間より道草くったな・笑)
c0051781_21142989.jpg

いったんあげて温泉に続く(^^;)
by elsur147 | 2016-05-17 00:40 | sato | Comments(0)

日御子界隈

話は里帰りに戻りまして
ほんっっとすげーよこの水路
柵をつけんかい柵を!!!
強風に煽られたらどーすんの
あぶねーっつーーーの=3
c0051781_055358.jpg

それっ
c0051781_09847.jpg

がぶがぶーーー
c0051781_09374.jpg

新緑がきれいきれい
生えたの葉っぱって
つやつやつるつるしてて気持ちいーんだよねv
c0051781_0103741.jpg

市街ったら 野々市の方か
c0051781_014312.jpg

通りを挟んであっちは井口(いのくち)
c0051781_025657.jpg

カッパの黄桜 終わりかけは赤くなり
c0051781_029339.jpg

庭先に植わってる鬱金桜なのだが
父から初めて聞いたときは
右近の桜がなんでかと(あほー)
c0051781_033476.jpg

THE 太陽神vvv
c0051781_0263324.jpg

ほいでわまた~
by elsur147 | 2016-05-15 00:41 | sato | Comments(0)

大阪線を思うタワゴト

品川始発で榛原へ行くときは
京都で乗り換えるより
名古屋から近鉄の方が少し早く着くのだ
(たかだか10分でも待ち合わせには以外と大きい)

でも伊勢中川とか名張とかで乗り換えて
近鉄大阪線に乗りたくないんだよね
大大大好きな
大阪上本町行きに乗りたくない(笑)
三本松とか室生口大野とか
その途中で宇陀川を見下ろす絶景とか
見たくないんだよね
しくしく (思い入れが昂じてばか丸出しな) 

というわけで
丹生川上神社の四郷川から宇陀を流れ
名張から上って西へ進んで下る木津川
c0051781_221652.jpg

近鉄京都線で新田辺駅を通過した辺りで撮ったのさ
(節分の帰り たぶん西側だったと思う)

しかし大阪線というやつは
大和朝倉とか長谷寺とか
大和川初瀬川の眺めも切ないのよね~
あそこ歩いたなー とか 悶悶ですよ(笑)
変な性格でしょ
ふんじゃまたーv
by elsur147 | 2016-05-14 23:25 | climatnara | Comments(0)

眺望中華など

坂を下りてここへ出たときの開放感はたまりません
ものすげえ広くて気持ちいーーー 広坂交差点
c0051781_1616814.jpg

金沢城の辰巳櫓跡 だと思う
c0051781_16174294.jpg

いっぱいある兼六園の入り口のどれか(笑)
今更わざわざ行きませんよ
母は兼六園が大好きだったので
子供の頃、里帰りの時は必ず連れて行かれたけど
ハッキリ言ってタイクツだった(ははは)
c0051781_1618183.jpg

百万石通りを香林坊方面へ歩いている
旧第四高等中学校本館(1891年・明治24年建)
c0051781_16261276.jpg

初代館長の前田利祐は(18代当主)
日本郵政時代、徳川恒孝氏(18代当主)と一緒に勤務しており
当時の上役から
この当主二人を配下に置くのは
「豊臣以来ではないか」 と冷やかされたとか
c0051781_16453081.jpg

金沢城公園から東方は
c0051781_1647348.jpg

医王山かな (いおうぜん)
c0051781_17221793.jpg

眺めのいい店は
c0051781_1729371.jpg

大和の 「南国酒家」
ちなみに大和は 「やまと」ではなく 「ダイワ」 と読む
c0051781_17301975.jpg

白山方向はいろいろジャマである(笑)
c0051781_17305959.jpg

バスで野町まで出る
c0051781_17401085.jpg

路線が細かい細かい
一時間に2、3本しかないのも一緒にしてある
c0051781_18344015.jpg

石川線は
つり革の長さに反応(ぶら~ん)←揺れると当たってウルサイ
けど短い方のに届く人がいるのか
とか 扇風機(笑)
c0051781_18543285.jpg

ついでに別の日に乗った石川線
c0051781_18532998.jpg

白い建物は金沢村田製作所
駐車場から遠そうだな~ と思って
c0051781_19301659.jpg

近いところから埋まっていくんだろうか
うちの特養はそうだよ 早い者勝ち
c0051781_19311528.jpg

手前のも会社の駐車場らしいです
車降りてからどんだけ歩くんだ=3
c0051781_19314167.jpg

何で山にケムリが出てんの?
上昇気流だよ
山の眺めは小さい頃から変わっていないv
c0051781_1932155.jpg

by elsur147 | 2016-05-10 23:15 | sato | Comments(0)



climatnara Gunners robinvanpersie
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31