arsenal seveile

<   2016年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

節分万燈籠の吊燈籠

中門・御廊
c0051781_21181187.jpg

南門前
c0051781_22143529.jpg

藤堂高虎が寄進したもの(和泉守)
有名人ので おv と思ったのはこれだけだったが
c0051781_2241251.jpg

江戸年間を次次見ていて面白かった
慶長ときたら関ヶ原
リーフデ号が大分に漂着したのは慶長五年
もうアダムスは日本橋にいたのかなー とか
c0051781_2245165.jpg

元和は秀忠から家光の時代
元和ときたらキリシタンの大殉教
それと江戸時代は元和からで
慶長は安土桃山時代です
あたしは江戸時代は
関ヶ原からだと思ってました(もう家康のもんだと?笑)
c0051781_224538100.jpg

寛文の将軍は徳川家綱(四代将軍)
c0051781_22445633.jpg

天保でぱっと出るのは
大飢饉と 松本清張の天保図録
c0051781_22461454.jpg

というところで話はころっと変わります
羽咋市の観光サイトを見ていたら
宿泊施設にホテルウェルネスが
能登路があった 
ホテルウェルネスといえば
大和路がなつかしい
談山神社に行った時に泊まりました
神社から明日香まで歩いた日=3
途中でこんな景色が現れる (撮ったのは去年の夏です)
c0051781_213325100.jpg

その 「談山神社」 の漢字変換 
Google は関連項目で出てくるのだけど
書き込みだと一発変換されません
なので 談合(bs合) 山 で入れてみた 「だんごうやま」(笑)
ところで
桜井のホテルウェルネス大和路はいいとして
奈良市高畑がなぜ飛鳥路なのか

万燈籠から夜道を戻りつつ
電気煌煌にビックリな~
(幻覚かお化け屋敷かと・笑)
仏教美術資料研究センター
c0051781_23565687.jpg

煌煌って日常ではまったく使わないけど
こういう字なのか
「いつまでも煌煌と電気付けてないで早く寝なさい」って
子供の頃よく怒られたが
煌煌と漢字で書くと勢いがない(笑)
c0051781_0231381.jpg

しかし敵も然る者
頭からすっぽり布団にもぐり
懐中電灯で本を読み
(そこまでするバカ)
c0051781_0223262.jpg

先の仏教美術資料研究センターを
お昼に通りがかりに撮った裏側
夜に同じ建物だとすぐには分からなかった
c0051781_0143230.jpg

「子供のくせに」
これも今時は事と次第によっては問題発言なのか
とか個人の事情を一般化するのはやめましょう
(帆いく円お知多^^;)
ニュースで否が応でも耳に入りフカイである
どうしてフカイなのかは分かりません
by elsur147 | 2016-03-26 01:25 | climatnara | Comments(0)

奈良のあねばな

姐さんの話です(笑) 特養の姐さん
奈良観光は
概ねあたしのレクチャー通りに行ったようでv
c0051781_20352791.jpg

で。最終日のお松明というのは(3/14)
姐さんから写真を見せてもらって
初めて知ったのだけど
駕籠松明みたく舞台に横一列に並ぶんですね (下の画像は豆まきざんす ^^;)
c0051781_2145323.jpg

さて姐さんは
京都から近鉄で西の京 薬師寺と唐招提寺
そこから西の京へ戻り 筒井からバスで法隆寺(ほほぉ)
で 門前から法隆寺駅までバス 
JR奈良からタクシーで春日大社などなど
c0051781_21434363.jpg

タクシーを使ったのは 奈良駅区間だけだったと
けっこう頑張ったでしょ、と たしかに!!!
(まさに ちょい乗り ^.^)
それとか筒井経由には感心した(偉いv)
「法隆寺の往復は絶対にタクシー使うと思ってたよ」
「ふん=3 残念でしたー」 (あたしと同じに負けず嫌いが・笑)

尤も 旅はほとんどレンタカーで動く人なんだけどね
(新潟の里帰りに車移動がなんでもない人だ)
お寺廻りでいちいち駐車するのが面倒だったらしい
(そうだろうそうだろう自転車だって面倒だ)

というところで 豆まきでは負傷者が出たのか=3
c0051781_21513264.jpg

お帰りはこちらから
c0051781_222186.jpg

で。法隆寺と唐招提寺の見学は
ちょいちょいだったらしい(笑)
姐さんは連れの友達に 
法隆寺の中門から夢殿までの参道を指さし
中宮寺は更に向こうだと言ったら 
じゃやめとくわ と(笑)

薬師寺と
c0051781_222437.jpg

春日大社にそうとう時間を費やしたと言っていた
二人揃って派手好きが(笑)
c0051781_2261245.jpg

もうGWの希望休か=3
弟の会社は毎度のメガで10連休だそーですよ
休みボケて社会復帰するのが大変とはいえ
出勤が三分の二弱で満額もらえんだからいいよねえ(せこっ)
こっちは祝祭日は別途手当で稼ぎ時(更にせこい)
by elsur147 | 2016-03-22 23:03 | climatnara | Comments(0)

いまだ師走な二月堂

なんで今年お水取りに行けなかったかというと
聴聞したい過去帳が(5日/12日)今年は日曜日だったから
一旦そこに執着すると
他の日ではダメなんだよね(中間のない白黒性格・笑)

こちらは神名帳の小水(オニウ)=遠敷
c0051781_20472722.jpg

で。日曜日はあたしが担当している仕事があって(特養で)
どーしても休めないのである
休んで休めないことはないけれど
他の職員に頼むとなると申し送りというか
説明するのがめんどくさい
(母の葬儀で急だったとき大変だったらしい=3)
c0051781_21311226.jpg

ショートステイ利用者の翌週の着替えを(入浴後の)
個別に用意する仕事で
平均して20人かな 週二日のお風呂で 着替えは40=3
(下着も布パンあり紙パンありテープ付き+パットありの)
共有の限られた衣類でも個別にコーディネイトするのは
けっこう楽しいのである
着替えの名札に 「せんとくん」 のシールとか貼ってある(笑)

神名帳は四番手の興成(コージョー)
c0051781_20192422.jpg

神名帳には 白山(シラヤマ) 気多(ケタ)もあり
「はくさん」 ではなく 「しらやま」 と明記してあるのが嬉しかったv
それとさっき気がついたのだが
気多大社の 気多神社が 戒壇院の東にあると書いてある
(東大寺境内の白山権現社はなくなったもよう)
行ってみなくちゃ

というところで
師走の東大寺は季節外れな紅葉をば(笑)
c0051781_21415865.jpg
c0051781_2148012.jpg

雨が降っていたかな
c0051781_21495177.jpg
c0051781_2152222.jpg

南大門から中門と大仏殿を
一直線に見通せるタイミングが
なかなか来ない
観光客より
シカがお尻を向けていたりする(笑)
c0051781_215431.jpg

ここはどこか分かるかな
c0051781_21581869.jpg

南大門を出てすぐ ぷち峡谷な白蛇川と
赤い鳥居は手向山神社だよ
c0051781_22111651.jpg

背中の旅人
c0051781_22114333.jpg

そういやおん祭りもあるんだった
c0051781_20393448.jpg

あー赤と緑のダダイコだーーー とか
c0051781_20403133.jpg

歩きながら余所見をし
振り向きざま
杭に↓ぶつかるとこだった(危なかった=3)
c0051781_20421250.jpg

来年は(もう今年か)夜にくりだそっかなー
曜日が合えばな(-.-)
by elsur147 | 2016-03-18 21:57 | climatnara | Comments(0)

春のワラビ手

c0051781_1929861.jpg
いきなりなんですが
ラップの元祖はクレラップって
知ってた?
あたしは絶対クレ派です
ツルツル感と強度が物言うv

・レギュラー (30センチ)
・ミニ (22センチ)
・ミニミニ (15センチ)
と 揃えてある
たっぷり50メートルを
容器に応じて使い分けv
(余りすぎると気持ちが悪い)
グラスに↑ラップする時とか





で。千両ナスと(色と形がきれい時だけ)
こごみは
屈んでいるように見えるから というよりは
燈籠のワラビ手みたいで可愛いな
c0051781_18404426.jpg

新聞紙のトートバッグは手作りです
(実家のご近所さん)
周りから褒められ頼まれ
根を詰めて大変だったらしい(分かる分かる・笑)
二重にしてマチもつけてあるところが凄い
c0051781_18424860.jpg

で。お弁当の副菜とかでタッパーに保存
(味は種を抜いた唐辛子+ニンベンのつゆ)
茄子は色が変わるのがイヤなので
必ず たっぷりの油で炒めるか
素揚げをする
いくらでも油を吸うスポンジと言われようと
茄子は色が命である
c0051781_18455481.jpg

ちなみに素揚げの場合
脂の多い素材は
油を吸うのと身から出るのが相殺され
ほぼプラマイゼロらしい
(その科学的根拠や如何に)
しかしフライ等で衣を付けると
フタが遮断するのでダメでしょう(テキトウ^^;)
by elsur147 | 2016-03-18 20:17 | etcetra | Comments(0)

夜の節分二月堂

師走と節分を行ったり来たりですいません
(しばらくは行ったり来たりです)
二月堂は日が暮れてから来てみたかったのよー
お松明の夜はそれどころぢゃないでしょ
c0051781_23594268.jpg

ほいでさっき
京都奈良に旅行中の姐さんからメール来たよ
お松明に行ってきたってv
あたしがオススメした場所で見てきたってv
c0051781_2357495.jpg

今年は行けなかったからあたしの代わりに
あたしの定位置で見てもらえて嬉しかったw
(って返信にも同じことを書いた)
c0051781_23573476.jpg

法隆寺とかはどうしたかな
お土産話が楽しみである~
じゃね
by elsur147 | 2016-03-17 00:26 | climatnara | Comments(0)

糊こぼし

えーと 二月堂です いつのかというと
十二月十六日(去年の・笑)
c0051781_0255170.jpg

法華堂で 「執金剛神像」 のお目見え日でした
前前から 執て何?と疑問だったのだが
金剛の杵を執って仏法を守護しているからだと
(そうなんだあ~と納得しかり)
これが二手に分かれて阿吽の金剛力士 というわけよー
もともとは一心同体だったのね

c0051781_0265434.jpg
写真みて思った 手水舎の龍てば↑ あかんべー してるみたい

で。執金剛神
(もとどり)の元結(もとゆい)紐の端が失われているそうで
それは 平将門の乱で蜂になって東方に飛び去り
将門を刺して乱を平定したからだと書いてあった
もしかして 「蜂の一差し」 って奴か?(知りませんよテキトー)
c0051781_059614.jpg

開山堂では 
見るからに体育系な 右手でしかっと握りしめた如意棒で
ぴしゃりと頭を叩かれそうな(ちと近藤勇に似ているような)
おっかない良弁和尚が鎮座しており
庭先には かの有名な糊こぼしが
c0051781_08246.jpg

咲いていたではありませんか
c0051781_08710.jpg

きれいとは言い難いけど(すいません)
糊こぼしのホンモノが咲いているのを
ちゃんと椿の枝に咲いているのを(笑)
間近で見られて超感激でした
c0051781_0244046.jpg

というわけで
今年はお水取りに行けなかったので
お松明が終わる前にな

そうそう特養の姐さんが
今日から京都奈良に三泊四日で行ってる
どこか一日は友達に奈良を案内したいというので
じゃ明日お松明に行っておいでとすすめておいたv
休みだったらその日だけ便乗したのに(残念~)

法隆寺から薬師寺と唐招提寺
奈良へ出て興福寺と春日大社
最後に東大寺って 大丈夫かね・・・
姐さんの友達は中宮寺も行きたいと行ったらしい 
二月堂にしろ春日大社にしろ
門前からどんだけ歩くと思っているのか(^^;)

じゃねー
by elsur147 | 2016-03-14 01:42 | climatnara | Comments(0)

節分時の東大寺

はや三月で その三分の一も過ぎ
桜の便りが聞こえてきたかと思ったら
いきなり真冬に逆戻り=3
まだまだ寒い奈良ですわ(笑)
そして登大路を東に歩く時だけシアワセです
c0051781_2019680.jpg

ということうで 節分の日の南大門
いうまでもなく
東大寺の「東」はみやこの東
c0051781_20185120.jpg

どこへ行くのだ
c0051781_20482016.jpg

五百立山 (いおだてやま)
c0051781_220548.jpg

山というより 丘の傍らに
五百立神社があったのだが
げ。看板に気を取られ=3 お参り忘れた
大仏殿創建に従事した木工ら五百人あまりの
(五百というのは 数が多いことの例えらしい)
魂が天高く昇ったという杜
c0051781_2210142.jpg

鉄道職員殉職者供養塔(十三重石塔)
追悼の歴史は鉄道省の昔から
c0051781_22151248.jpg

一瞬 「幡・INOUE」 の展示即売かと思いきや
「奈良県障害者芸術祭」
c0051781_232309.jpg

ここから撮る大仏殿て今更すぎるが
c0051781_23213161.jpg

風も幡も思うように舞ってくれない(ざまみろ)
c0051781_2343518.jpg

大仏殿へ向かう参道は
真ん中がインド そして中国 → 韓国 → ニッポンと
仏教の来た道を表現してある
c0051781_2312374.jpg

ビッグ幡とは big bang 宇宙の始まりということか
c0051781_2322043.jpg

ビッグバンは
私は神が起こしたと信じている
神は唯一無二の創造神で絶対神とも信じているが
ヒトの魂はどうだろう
ヒトは土から生まれ土に還る
ただそれだけだと母が亡くなったとき感じた
もうどこにもいない
天国で見守っていてくれるとか
ピンとこない
・伝道者は言う 「空の空、いっさいは空である」 と
c0051781_032582.jpg

自分の大切な人を失ったとき
あの時ああ言えばよかったとか
あんなこと言わなきゃとよかったとか
あんな態度とるんじゃなかったとか
悲しいよねえ
そんな後悔はしないように
ささいな事で腹が立ったときの戒め(^^;)
c0051781_22394347.jpg

幡から話がだいぶそれたな
c0051781_0395518.jpg

c0051781_0424665.jpg




bang!!!
\(^.^) /
by elsur147 | 2016-03-13 00:53 | climatnara | Comments(0)

たわごと

もーーー
おとついから頭が痛くて大変です=3
頭痛餅です偏頭痛
偏っている という字の通り
頭全体ではなく
ピンポイントでキリキリ痛む
前頭部、後頭部、側頭部、などなど
痛みは時間の経過と共に移動する
急な気圧の変化に弱くて
曇天や湿度が異常に高い時など
なまりの帽子を被っているよう
とうぜん
元気がないのでタバコが不味い(笑)
ハッキリ言って
ク◯不味い(わははは)

そんなタワゴトに写真がないのもつまらないので
これはサンルートのレストラン 「おばな」 のお庭
c0051781_19431735.jpg
龍安寺をイメージして作られたという 楽石?つくばい?
ホンモノを初めて見たのと あのお菓子の使い方というか
元がどんなのかが初めて分かった(笑)

熱はないので仕事には行ってます
動いている方が気が紛れるのだよ
休憩とかでじっとしている方が痛い
by elsur147 | 2016-03-08 22:04 | etcetra | Comments(2)

南円堂と幼稚園の和洋折衷

「日本聖公会奈良基督教会」 (英国国教会の流れ)
東向南のアーケードにある 
「聖公会」とは 使徒信条の “聖なる公堂の教会”
c0051781_2163672.jpg

礼拝堂や園舎は国の登録有形文化財である
c0051781_21211633.jpg

設計施工は教会の信徒だった宮大工によるもので
本堂の造りに十字架が掲げてあり(HPの写真で見た)
まさに和洋折衷v
洗礼盤は八角形だそうだ(八は天地創造の翌日にあたる)
コッソリ覗き見したりして(東向アーケードの裏側)
c0051781_21224533.jpg

坂を下りるとここに出る
c0051781_21234143.jpg

石段は 明治の初めに生駒の竹林寺から移されたもよう
その頃、無住だった興福寺を管理していた唐招提寺の長老が
南円堂参拝のために便宜を図った と 何かで読んで(^^;)
パンフの余白にメモったはいいけど
いつどこで書いたか覚えていないという
(ボケの初期症状かね) 

そんな経緯を知って 赤い幟旗ともども
ますます好きな石段なのだv
c0051781_23363944.jpg

ほいで左に三重塔がポツンとある
殆ど人気がなくて ほんとポツン
c0051781_23163939.jpg

聖観音様 こんにちはw
c0051781_23175845.jpg

南円堂の復興は 九条兼実の尽力による
娘の(七女)玉日姫は 親鸞の嫁だそうだ(初耳アワ~)
c0051781_23191142.jpg

三重塔から見上げる南円堂 なかなかいいでしょv
c0051781_23202098.jpg

興福寺の 不屈の復興は
南円堂から始まったらしい
c0051781_2321392.jpg

橘の眺めはここが一番v
c0051781_23233347.jpg

バイパスをぐるっと廻って北円堂と
KOMATSUのミニショベル(そこ?笑)
c0051781_23254928.jpg

もとい そんなこんなで ふと
東福寺(@京都)に行ってみたいと思った
九条兼実の御廟が八角形ということも
東福寺=東大寺+興福寺(両寺の繁栄に肖りたいと)

小春日和の猿沢池で一休み
c0051781_12355673.jpg

あたしの前を通り過ぎた外国人の親子連れ
男の子めちゃくちゃ可愛かったですよー
鳩の群れに追いつくたびに立ち止まり
小さな身体をかがめ鳩に向かって ガオーーー
c0051781_12361677.jpg

ランドマークタワーーーvvv
この風景が
生活の一部にあったらな~ と思う也
c0051781_12363855.jpg

by elsur147 | 2016-03-01 20:12 | climatnara | Comments(0)



climatnara Gunners robinvanpersie
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31