arsenal seveile

<   2015年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今時なにをゴム草履(笑)

田舎へ帰るとき東京駅のエキュートで見つけたんです
海に行こうと(内灘)思ってたんで ちょーどよかった って 
結局 行かなかったけど(あーあ) 買ってそのまま持ち帰り
特養で入浴介助の 「洗い」 で使ってます
c0051781_001562.jpg

若い漁師さんのために開発されたそうです
樹脂で出来ていて浴槽ですべらないv

サンダルはショップのオマケというか
steteco.com
メインのステテコはレディースもあるので
入浴介助の短パンに欲し~
とか 蛍光オレンジに一目惚れw
c0051781_072378.jpg

お風呂は全身ずぶ濡れになるのでTシャツ&短パン
入浴拒否の婆ちゃん爺ちゃんから
油断した隙にシャワーヘッドを奪われ
あびせかけられることもある(笑)
いや笑い事ではなく ハダカで濡れていて
滑ったらあぶねーーーからやめろって=3
そんなこと聞く耳はもってないけどー\(^o^)/

ほいじゃまたv
by elsur147 | 2015-08-30 00:24 | collection | Comments(0)

ロー蓮

c0051781_16162927.jpg

墓前にて
手切りをしたらロータスは流石レンコン
糸ひきまくり(笑)
by elsur147 | 2015-08-21 16:16 | Comments(0)

お弁当女

お弁当を作るのは夜中でーす
遅番ときは午前中(休憩が夕方だもんで)
で。ご飯にのせるあれやこれや
c0051781_061335.jpg

父が漬けた紅ショウガ(梅干しのときもある)
卵焼き(市販)は 味が薄いので昆布だしをふってある
極甘シータケ(市販)
ホー連想(茹でたのの冷凍ストック)
枝豆(冷凍)

お弁当箱は ひゃっきんの丸パック
フタにせんと君のシールを貼ってある
熱いお湯で洗っても剥がれないよv
c0051781_0143536.jpg

ブリが焼けた 白味噌を日本酒で溶いて漬けておいた
(ほかに紅鮭と金目鯛と銀ダラを漬けて冷凍してある)c0051781_0191725.jpg

長谷寺門前の七穀米を混ぜて炊いたご飯~
そこへ枝豆をパラパラ
春先はグリンピースだけどもうないので なので
生が出回っている間はせっせと茹でて冷凍していた
c0051781_022115.jpg

のっけ丼
花柄のはキッドブルーのクーラーバッグ(雑誌のフロク)
c0051781_0255219.jpg

仕切りがついてると洗うのがめんどくさいので(物臭タコスケ^^;)
ギザギザのちっちゃいカップも鬱陶しいというか
金沢弁だと いじくらしい と言う 日常でフツウに使う(笑)
(ごちゃごちゃしている様子とかを)
おかずの味が混ざるのがイヤで仕切りたいときはアルミホイルで。

そうそう 魚はオーブンで焼いてます
ガステーブルのグリルって一度も使ったことないんだよね
奥が見えないから掃除が出来そうになくて(笑)

それと お昼は「のっけ丼」だけじゃあないです
中田屋の金つばとファミマのクルミあんパン(ほほほ)
だもんで
冷蔵庫二つあんのに冷凍庫どっちも満庫=3

じゃねー\(^o^)/
by elsur147 | 2015-08-16 01:13 | etcetra | Comments(0)

なら

二ヶ月ちょっと前の大仏殿(ずいぶん昔のような気がするが)
c0051781_085146.jpg

香炉を担いでいるのは天の邪鬼?正面の鬼
ポジショニング可愛いね 両足揃えて ピッーと真っ直ぐ
c0051781_0102590.jpg

だが顔は可愛いどころではなく 重さのあまり目がトンでいる=3
c0051781_0133234.jpg

よいしょ こらしょ どっこいしょ と=3
c0051781_0154754.jpg

まだ乳離れできない鹿は
鹿せんべいには目もくれず
c0051781_022788.jpg
c0051781_0291822.jpg

奈良にいて 一番ほっと出来るのがこの辺りc0051781_030265.jpg

猿沢池の指定席で「おろし蕎麦」をいただきの
c0051781_0314463.jpg
c0051781_0462828.jpg

ここでも旗はこっちを向いてくれない
c0051781_151884.jpg

ふと もてなしドームを思い出した
なら
c0051781_0351028.jpg

場面も月も変わって
七月下旬の木津川は近鉄の京都線
c0051781_135825.jpg

「西の京」 に止まったんだよ特急が(だから?)
c0051781_17386.jpg

下社の旗よおまえもかって(笑)
c0051781_101188.jpg

またまた話は変わりますが
六月のアタマと 七月のオワリ(法隆寺)に
奈良に行った間に 田舎に帰ったんだっけ
来週は田舎 その次は奈良 その次は田舎
その次は奈良 その次はもう お正月の田舎だよ
行ったり来たりで 忙しいわいね=3 (あんた他にいくとこないの?笑)

で。先月のこと
橿原神宮前から吉野線に乗り換えて
車内で精算した切符なんだけど
ロール紙って 
しかもオワリかけでくるんくるん(笑)c0051781_1215289.jpg

では明日から折り返しの三連勤
がんばりまっせ~
最終日は遅で〆(遅は手当が付くんやぞv)
by elsur147 | 2015-08-15 01:09 | climatnara | Comments(2)

そして毎度の二月堂というわけよ

島島がうっとおしいけど ならまち が見える部屋だよ
c0051781_21591064.jpg

大きな時計がありがたかったv
c0051781_2205821.jpg

サライが置いてあった
ホテルはいいよね
お風呂掃除とかしなくていいし(笑)
c0051781_2214478.jpg

朝食ブッフェが絶品な おばな
c0051781_2211546.jpg

画像こんだけ(笑)
c0051781_22114712.jpg

なんとなく春日大社に出てみた
c0051781_2212573.jpg

光の加減で緑の杜が神秘的~
c0051781_22131515.jpg

ふふん鹿がこっちを向くの待っていたのさ
パンが入ってる袋で釣ったり(撮ったらとっとと逃げる也~)
c0051781_22133782.jpg

東大寺へ出る道は
木立が若干の傘代わり
c0051781_22154420.jpg

飯道神社から見える大仏殿も好きなんだ
右:手水舎/左:南茶所 ほぼ真ん中でv
茶所は龍美堂行法味噌が美味しかったー(ゴボウが効いてる)
c0051781_22171580.jpg

しかし わらびもちの旗まで裏返んでもいいだろう(笑)
c0051781_2219448.jpg

四月堂やら開山堂やら傘の花やら
c0051781_22414045.jpg

二月堂鎮守の興成神社(コージョーと神名帳に書いてある)
と ローベンは年追う毎におじゃま度が益し(^.^)
と ふとロッベンを思い出し(豊後水道からオランダという短絡細胞)
c0051781_2335020.jpg

もとい お帰りはコチラから
いつ来ても和む二月堂とその道中
c0051781_235337.jpg
c0051781_23161454.jpg
c0051781_2316265.jpg
c0051781_23164286.jpg

by elsur147 | 2015-08-12 00:26 | climatnara | Comments(0)

まほろばペイントのオマケ画像

仏さまの衣装も造りたてはこんなんだったのね
前に新薬師寺でバーチャル十二神将の映像を見たけど
(当時の色彩を復元したもの)
こんな色合いだったよ派手~
お寺さんも建立ラッシュでどこもかしこも金ピカで
そこらじゅう夜でも明るかったんだろうか
c0051781_2057972.jpg

たわごとですいません
明日から6日間はたらいたら
夏休み第二弾=3 (^^;)
里帰りや~ 今年は海いこっかなー
by elsur147 | 2015-08-11 21:08 | climatnara | Comments(2)

山の辺から一気に北上

萱生環濠集落(かよう) 
応仁の乱あたりから防衛用に造られたお堀であるが
近世に入ると表向きは農業用水とはいえ
実のところ 昔名残の防犯用とか
c0051781_21411419.jpg

夜は境目が見えなくないのか?おっかないな
c0051781_21413428.jpg

手前の田んぼ 掃き清められた神社の境内みたい
きれいきれい けど見るたび嬉しい二上山も
c0051781_21434949.jpg

西を遮る山山の向こうは私には
南や北や東とちがう未知の世界で
越えていくのは怖い気がする
c0051781_2230637.jpg

対して東の山は安心感があるような
龍王山も巻向も三輪山もどこか優しい
c0051781_2231773.jpg

あしひきの やまがの はせの なるなへに
ゆつきがたけに くも たちわたる
c0051781_22382586.jpg

おお ヤマト神社の長い参道(神宮司は長岳寺)
c0051781_23151640.jpg

戦艦大和の全長263mは
一の鳥居と二の鳥居の距離だそうで
モチロン戦艦にも合祀されており
祭神は武勇に加え、航海の神も兼ねているとか
よって奈良時代の宮司は
豊後水道にも縁が深い (これを書きたかった ^^;)
c0051781_23154710.jpg

万葉まほろば線の長柄駅
c0051781_23195623.jpg

ずいぶんと派手なぺイントだよ
c0051781_0285986.jpg

そして線路は北よりも
c0051781_0195813.jpg

あっちの南に きゅーん となったり
c0051781_0205861.jpg

おっと高野さん>カメラは別に
開創1200年を狙ったわけじゃないです(この罰当たり)
それよか(またまた)
天理に美味しいパン屋さんがあるってよ  姐ちゃん姐ちゃん>ほれ急げ=3
c0051781_0222454.jpg

散策仲間から "ドンク系よ" とお聞きして
(これがまた家の近くにないんですよー)
いそいそと夜食やらのお買いだしv
c0051781_1314141.jpg

通りを挟んであっちとこっちにあるのであった
c0051781_1322661.jpg

ここらへんまで戻ってくると
帰ってきた~と 心底ほっとしたりして
c0051781_19272594.jpg

ランドマークタワーーーw
c0051781_19275178.jpg

by elsur147 | 2015-08-11 20:50 | climatnara | Comments(0)

お后の陵(みささぎ)

さっぱり進まないでスイマセン、、
長岳寺を過ぎても風景さして変わらず
タルコフスキーの映画みたい
途中、寝こけてしまいハっと目が覚めても
画面が殆ど変わっていないという~(笑)
ここどこだっけー
c0051781_21131637.jpg

てっぺんは行基菩薩かなー
ぼち (念仏寺だったと思う・・・)
c0051781_21134759.jpg

衾田陵こと西殿塚古墳
c0051781_21143496.jpg

埋葬されているのは 手白香皇女(たしらか の ひめみこ)
きれいな名前ですよねv 手が白く香るひめみこ
継体天皇のお后です
ついでに。弟が武烈天皇だって どひゃー
箸墓古墳の次に造られた古墳らしい(4世紀前半)
c0051781_22315581.jpg

手白香皇女は5世紀末~6世紀初頭を生きたので
ホントウの陵は 「西山塚古墳」 と言われているらしいけど
どっちでもいいです (ただの観光庶民には枝葉・笑)
上っていく途中、金剛葛城つらなりの
c0051781_22342493.jpg

二上山がモリモリの向こうにギリ見えの
c0051781_22351328.jpg

雄々し畝傍は耳成山と重なりの(笑)
空の青と山の青 艶やかに萌える緑も美しく
c0051781_2237573.jpg

手白香皇女衾田陵 (たしらか の ひめみこ ふすまだ の みささぎ)
c0051781_2250583.jpg

今日はここまで。またそのうち~
by elsur147 | 2015-08-06 00:25 | climatnara | Comments(0)

今度は食べられる車両とか(笑)

前に書いたKANAZAWA新幹線バウム
c0051781_1274454.jpg

中身こんなでした
ホワイトチョコで 「かがやき」 仕立て
c0051781_1282527.jpg

立てると片側だけというのが何ですが
ほいでやっぱ頭からガブリいくのね
ひよこ、鯛焼き、鳩サブレ、鹿サブレ然り(あたしだけ?笑)
c0051781_130112.jpg

じわっと里帰りが迫りつつある

それと関係ないけどJR東海ツアーズから秋版が届いた
もう紅葉ですか=3
で。金沢フリープランも一応あるのだけど
北陸新幹線を使えないので(JR東日本)
名古屋経由で 「しらさぎ」 ですよ
関西はともかく 東京発の設定ってどうよ(^^;)
いやあ時間に余裕があれば
井筒屋のお弁当も恋しいかもねー

それとか 「しらさぎ」 ってば
北陸新幹線開通でお役ご免になった 「はくたか」 を使っている模様
ちょっと 乗りたいかもーーー(あの顔が好きv)
by elsur147 | 2015-08-04 01:55 | sato | Comments(0)

車両は続くよ(笑)

総武線快速の臨時列車
団体用なんだって
なぜか武蔵野線の市川大野駅に停まっていた(仕事帰り)
どこへ行ってきたのかな
列車も仕事帰りだったのね
c0051781_23124066.jpg

ベンチシートに赤いリュックの忘れ物があった
レトロな車両に夜だったのでふと
田舎へ帰る寝台特急を思い出した
夜中に汽笛の音が聞こえていたのがなつかしい
c0051781_23125350.jpg

ほいではまた~
by elsur147 | 2015-08-03 01:13 | etcetra | Comments(0)



climatnara Gunners robinvanpersie
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31