arsenal seveile

<   2015年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

復路のぞみで閑話休題

どうでもいいんだけど帰りの 「のぞみ」
喫煙車両があるって今時めづらしいでしょ
京都を出たとこ
c0051781_0405237.jpg

で。名古屋からどどどっと乗ってきて
満席の車内はケムリでまっちろ(笑)
おそらく出張帰りで酒盛りで
ビニールに入ってんの全部ビールです
いいねえニッポンの企業戦士v
c0051781_0403566.jpg


しっかし下の(ゲリラ投稿の)写真ひどいね
元はこれ
とんがり山は 白髭岳(しらひげだけ/1,378m)
台高山脈の前衛にあたるそうです
c0051781_0504752.jpg
ノボリ旗 どこで撮っても裏返り(^^;)

ほんじゃまたー
by elsur147 | 2015-07-31 01:12 | climatnara | Comments(0)

経過報告@奈良

c0051781_12183086.jpg

日曜日から法隆寺の夏季大学に参加中なんですけど前日に奈良入りして丹生川上神社の下社と上社に近鉄とバスを乗り継いで行って来ました頑張ったvv 欲を言えば上社に行く途中で宮滝に立ち寄りたかった律ちゃんは帰った翌日からお仕事が続くのでそのうちね〜

画像はペンQで撮った写真を(カメラを立てて)年季入りのガラケーで撮り直したから山頂は途切れの薄らボケ(^^;)、
by elsur147 | 2015-07-27 12:18 | Comments(4)

今どこの駅だと思う?

c0051781_13131290.jpg

ムダだよ(^o^)
by elsur147 | 2015-07-25 13:13 | Comments(0)

鎮守は牛でもニャンコ寺

参道にニャンコら~ 独りでいたら大変ですv 
c0051781_23275667.jpg

その前に 崇神天皇陵を出たとこで
京の西北を眺める田んぼ(おぼろ)
c0051781_21161941.jpg

えーと 6月4日のことです(平気で現在形・笑)
c0051781_20195032.jpg

ここはどこでしょ
c0051781_2115168.jpg

お昼処の天理トレイルセンター 
二上山を眺めつつv
c0051781_2114986.jpg

ほいで此処は何処かと言いますと
何処 というより 何 ですか
一月十日の節会の(もがり)結界
牛頭天王を労るお仮屋です と

雑誌 「ひととき」 に書いてあった
(旅先をほぼ東海に特化しているウェッジ発)
大和の神さま、仏さま
c0051781_2218109.jpg

ついでに
「ひととき」バックナンバーの頁
2014年11月号と2014年10月号
阿修羅と東海道新幹線のカバー アングルがナイスv
とか 水軍の海とか 琵琶湖に鳥居のビワイチ行きたーーーい 
とか 道草くってるから時間がかかるのよ~

長岳寺(大和神社の神宮寺)
c0051781_22373490.jpg

大門からずいぶん歩くよ
c0051781_23414634.jpg

つつじな参道(「躑躅」と書くんだ難しいね)
平戸つつじ とある 平戸って長崎の?
c0051781_2338019.jpg

旧地蔵院である庫裏は
うちの田舎の 「ハナレ」 のニオイ(い草とか)
c0051781_003291.jpg

庫裡の庭先に 国芳の浮世絵に出てくるような猫がいた
c0051781_14295581.jpg
c0051781_1431097.jpg

すりすりすり かわゆいのうvvv
c0051781_14312623.jpg

こっちは警戒モード (白猫や目の青いのは割とね)
c0051781_1432124.jpg

庫裡
c0051781_14362931.jpg

美しい鐘楼門v
c0051781_14375071.jpg

本堂
c0051781_19283864.jpg

あしあと
c0051781_19293088.jpg

弥勒大石棺仏(古墳の石蓋を再利用)
石をくりぬいた跡が
天使の輪と羽根に見えないか
c0051781_19305377.jpg

ところどころ見える朱は水銀だろうか
木漏れ日に はにかんだような表情も愛らしい
大天使ラファエルは癒しの神さまw
c0051781_21405587.jpg

レンゲ台に おみあし1番
c0051781_21412843.jpg

兵隊さん二騎v 右のは槍を持っているように見える
c0051781_21415391.jpg

放生池に本堂が映っていた
c0051781_2231964.jpg

あおぞら~ もみぢ~
c0051781_22254180.jpg

弘法大師の幼名は真魚(まな)だよ
なんか可愛いv
魚が付くと 「ヨナ書」 を連想するけどな
あたしが出会う大師様は 空と海でも
たいていどっちも見えないです(笑)
c0051781_22381945.jpg

そうだそうだ!
父方の従姉妹の子供らが 空ちゃん海ちゃん
兄妹セットで 空海って おそれおお杉=3
だいいちうち密教ぢゃないだろうーーー
by elsur147 | 2015-07-22 01:00 | climatnara | Comments(0)

卯辰山、空に憧れ逆さ狛

アジサイらしいアジサイのそばに
観音様は法隆寺のにソックリだv
c0051781_1683528.jpg

金堂の天蓋の(阿弥陀如来の頭上)
琵琶を奏でる飛天に似ていると思った
c0051781_1684768.jpg

父と坂道をそぞろ 降りる
c0051781_169462.jpg

空に憧れてー
c0051781_16103966.jpg

"なんや"
c0051781_16112014.jpg

空をかけーてゆく~
c0051781_16152625.jpg

あの子の命はー
c0051781_16155623.jpg
ひこうき雲~ を

黒塚の彩雲なみに追いかけるアホ(笑)
c0051781_16165624.jpg

天才yuming の 
荒井由美時代の歌が好き
行間を読ませる歌が・・・

もとい空の下は前田家ご用達のお参り処
創建は養老2年(718年)と伝わり
ニッコーの権現様に内緒で自分らのお殿様を祀り
藩士が禄高に応じて祭祀料を負担した とある
宇多須神社は
c0051781_1614121.jpg

狛犬が逆立ちしている
c0051781_1624819.jpg

そし 石川県が
京都を抜いて日本最多と誇る伝統的建造物群保存地区 
(寺町台、3年前に選定されてます=3)
石川県は外面はよいのだが(余所に向かう事には団結しv)
内面はあまり仲良しではない(と感じる)
・東山ひがし伝統的建造物群保存地区・
「ひがし茶屋街」 という
c0051781_16253276.jpg

ベタな写真でおわり(^^;)

じゃねー
by elsur147 | 2015-07-14 23:02 | sato | Comments(0)

卯辰山寺院群

卯辰山は金沢城の卯辰(東南東)ではなく
鬼門である(守護ですな)
卯辰山とは。金沢港から卯辰にあたる 「宇多須山」 を
近江商人らが命名したとか
ちなみに近江町市場も近江商人の定住によるとか(説)
(ex. 高取町の土佐街道)
c0051781_19173049.jpg

寿教寺(安政の泣き一揆で処刑された村人を弔う寺)
c0051781_19155580.jpg

ひもじいわいねー; と口々に叫んだという
c0051781_1916891.jpg

続いて長谷寺ゆかりの観音院へ
c0051781_19161925.jpg

坂をあがって石段あがって曲がってまた石段と
そこそこ上りましたー
あそっから左に曲がるときっとまた石段だよね とか
詐欺みたいだよねとか(笑)
c0051781_19163084.jpg

花もいいけどやぱ緑v
c0051781_19164086.jpg

墓石が十一面観音様w
c0051781_19165493.jpg

長谷山「観音院」
ご本尊の十一面観音は長谷寺の観音様と同木と伝わっている
芋掘藤五郎が行基菩薩にお願いして彫っていただいたそうだ。
リンク先に書いてあるが嫁の出身は初瀬であるv
c0051781_1917658.jpg

日中でも独りで歩くにはおっかないかも
c0051781_19171717.jpg

こちらは東山蓮如堂の蓮如上人
c0051781_19174836.jpg

頼もしく暖かそうな袂であった
c0051781_19181394.jpg

三十三観音巡りv
c0051781_1919842.jpg
c0051781_19194671.jpg
c0051781_192064.jpg

宝泉寺の土地は二代利長が寄進したとある
c0051781_19205039.jpg

建立の際、利家が出陣のとき身につけていた
(兜に納めていたらしい)
摩利支天像を納めた と伝わっている
兜に入れていたくらいなので
小さいも小さい 一寸八分(5.4センチ)
c0051781_19224296.jpg

宝泉寺の境内から市内を眺めている
低い山々の裾野あたりが石川線の曽谷である(そだに)
山のあちら側を 山に沿って走っていくわけ
(それで誰が分かるもんか)
アーチ型の橋は天神橋 (最初に訪れた寿教寺が近い)
だいぶ上ってきたのが分かるかな
c0051781_19231642.jpg

モリモリは兼六園と金沢城など
c0051781_19242794.jpg

えーと バスが走っているのが見えますか
橋が浅野川大橋で国の重要文化財で
これがあ?と感じるのは犀川大橋と一緒な
(はりまや等、橋の三代ガッカリというのもあるが)
長崎の眼鏡橋には心底ガッカリした(笑)
c0051781_19244427.jpg

パパはフランス語で papa
家では二人ともあたしたちに対して
自分たちをパパママとよんでいたが
母は不機嫌になると 「私」 と=3
「これからは "私" と言いますからね」 と宣言し(笑)
いわゆる 母でも妻でもなく 「私」 ってわけだが
それもほんの瞬間湯沸かし器v
Mon Pere ce Heros (*^^*)
c0051781_19301044.jpg

五本松とヒコーキ雲
c0051781_19475576.jpg

by elsur147 | 2015-07-11 00:35 | sato | Comments(0)

お数珠など

遊中川の化粧ポーチ(母の遺品から出て来たv)
知らないうちにアイラインのキャップが外れていて
隅の方に真っ黒染みが~(漆黒リキッドじゃしょーがない)
ワイドハイターに一晩つけておいたら
まあまあ落ちたよ
(いくら裏地でも開ける度に黒いのが=3 ってやだよね)

で。必要に迫られてアイラインを買う ついで買いがコスメの狙い目
夏によさげなアイライン というよりアイシャドー
ピーコックブルー
スパイシーオレンジ
二色使いでも単色でもv

お数珠は
金峰山寺の桜とか青権現ゆかりにあずかるありがたいシロモノ
ポーチからハミでているのがキレイになった裏地(笑)c0051781_17533657.jpg

しかし 「ウォータープルーフ」 とはまったくもって名ばかりな
テスターで試すと
そこに置いてあるコットンで落ちるわいや(笑)

ほいでついでにお数珠など
三本ともお友達の手作りざんす
はめ具合の微妙~な長さを
玉の一つ二つを足したり外したり
何度か直してもらったんよ
c0051781_1753477.jpg
by elsur147 | 2015-07-10 22:52 | collection | Comments(0)

卯辰山の奈良吉野

期限が長いのをいいことにまだ開けてないです(笑)
新幹線型のバウムが新幹線仕様で凝っていたv
見本があった(新幹線が箱だけだったら買わないよー)
c0051781_17543684.jpg

もとい。念願かなって行ってきた 金沢の金峰山寺へv
c0051781_23271791.jpg

奈良にある金峰山寺を祖として建立され
九万坊大権現が祀られている と聞いたら
境内建物内 「拝観不可」 だってかわまない

石段の前に柵があるかもと思っていたので
お堂の近くまで行けてよかったし
クモの巣をかき分けなんのその です
c0051781_23525827.jpg

とーぜんというか 人の気配はありませんで
赤茶の階段は 足を横にしないとあがれない
c0051781_043546.jpg

お隣は草ぼうぼうで足下も見えなくなりそで
身体を斜めにして横っちょから
尤も ここから見える以上のものはないんで(笑)
c0051781_051155.jpg

九万坊は異形の天狗
c0051781_063912.jpg

春と秋の二回に大祭があり
県内外からの多くの参拝客で賑わうらしい
(ここに?ほんとかいね)
c0051781_23521185.jpg


九万坊寺は卯辰山の奥
だらだら長ゆる~い坂を上って
下から見えなかったカーブを曲がると
急な上り坂に出くわすこと多々=3
次のお寺はすぐ近くなのに
お堂の屋根が下に上に見えていても
道がない=3
いったん戻るとか迂回しないと~

<卯辰山山麓寺院群>


by elsur147 | 2015-07-10 22:23 | sato | Comments(0)

金沢の美味しいものと日御子と

さっき JR東海パッセンジャーズに 「ゐざさのこむすび」 を頼んだら
「以前にも何度かご予約いただいている方ですよね」 と覚えられ寺v

唐突な写真はもてなしドームの地下ざます
お手洗いが超空いている穴場ざます
しかしこのムダな空間は・・・天井も低いな(笑)
c0051781_20393232.jpg

ほんでもって 今月末には法隆寺の夏季大学だわ
来月はお盆過ぎたらまた里帰りやら(弟とバッティングしたくねえ・笑)
本業の合間に働いていた特養はついに本業となり
(築地の水産会社は廃業: ロシアのプーちゃんのせいですよん=3)
c0051781_2045672.jpg

ほいで 早日勤ありの 遅番では帰りが夜の11時をまわるわと
忙しい方があたしには向いているので文句はないが。

玄関先に咲いていた桔梗に元興寺を思い出したり
c0051781_21131739.jpg

ガクアジサイはあたしの身長よりうんと高い
c0051781_21144518.jpg

あたしには乗れない父の自転車
シートを低くしてくれても乗れませんで(とほほ)
ままちゃりでも買って置いておくかな
c0051781_21154734.jpg

でもって。金沢の美味しいもの
c0051781_2129553.jpg

「源」 は ます寿司のお店 (富山じゃんか^^;)
c0051781_21301685.jpg

木箱を取ってある 
どれ家でも押し寿司を作ってみようかと
笹も洗って再利用すればよかったな
蟹の下に湯葉が敷いてあったのが嬉しかった
c0051781_21303826.jpg

ますがこんなに美味しいとはーーー
日持ちするんでこっちもお弁当にするかいね
c0051781_21311046.jpg

昆布だしのお吸い物は味も香りも絶品v
うちで同じ昆布で作ってみても
同じようには美味しくならない
母の味しかり、そんなものです
c0051781_2131323.jpg

ところは変わって金沢百番街の広東料理
c0051781_21513767.jpg

のどぐろラーメンv 具材を炒めすぎていないのがミソ
c0051781_21511521.jpg

またまた場面が変わって 実家の近く
c0051781_22245259.jpg

太陽神の日御子神社
c0051781_22252887.jpg

名所図会のようなものがあったらしい
双六というのがおもしろい
c0051781_22264713.jpg

屋根が瓦葺なのは珍しいよ(例外だって)
c0051781_22272387.jpg

冬至はここから日が昇るv
c0051781_2228151.jpg

お参りに行く父がコンビニに行くあたしを追い越してった
c0051781_21521129.jpg

小松方面は夕焼け
c0051781_21525238.jpg

獅子吼は月か そういや 「獅子吼の月」 というお菓子があった
c0051781_2153697.jpg

ところで七夕の今日 なにを願った?
父とダンナがいついつまでも元気でいてくれますように
最後の最後まで頭だけはしっかりと(頼みます)
by elsur147 | 2015-07-07 22:53 | sato | Comments(0)

金沢駅から石川線

もてなしドームと鼓門
c0051781_1242091.jpg

春夏秋冬はイマイチ かな(コピーが)
よーするに一年中良いから きまっし と
伝えたいことは分かるんだけど・・・
c0051781_12422586.jpg

あらためまして鼓門v 
c0051781_19575260.jpg

で。犀川大橋をあっとう間に通り過ぎ
(これでも国の重要文化財)
バスで野町駅に(寺町寺院群の辺り)向かっている
c0051781_12424781.jpg

光専寺(真宗大谷派) 野町駅チカ
c0051781_13363413.jpg

北陸鉄道石川線の野町駅
c0051781_12433738.jpg

近鉄ほどワクワクしないが(笑)
c0051781_12445455.jpg

これは帰りのこと。
コンサートに行く父と金沢まで一緒
前の自転車がそう(歩いて五分もかからないのに)
それだけで帰りの気分が全然ちがうw
c0051781_12472640.jpg

白山さん号キャ~~~ッチv
c0051781_12501597.jpg

外の眺めは子供の頃から変わらない
c0051781_12463282.jpg
c0051781_13461836.jpg
c0051781_1252577.jpg

ゆくゆくは白山さんにつながる山山は500mちょいちょい
その山並みの裏側は富山県の小矢部市あたり(たぶん)
c0051781_12525059.jpg

by elsur147 | 2015-07-07 19:54 | sato | Comments(0)



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31