arsenal seveile

<   2015年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

サクラサク

c0051781_1320230.jpg

半蔵門が見える哉
by elsur147 | 2015-03-31 13:20 | Comments(0)

お蕎麦屋さんと戒壇院

美味しいお蕎麦屋さんを教わった
寧楽美術館を北へ折れると
この写真は失敗 もう少し下がって撮るんだった
けど突き当たりにお堂が聳えている構図ってどーですか
かっこいいじゃありませんか 戒壇堂vvv
c0051781_20205450.jpg

どうして寧楽美術館は 「なら美術館」 と読まないのかな
(子供じみた疑問である) 写真は
お蕎麦屋さんから戒壇院まで一度に入れるんだった
c0051781_20211752.jpg

のれんの色と 「かんしゃ」 の一言 いい感じ
c0051781_20214127.jpg

「ふわふわ玉子のとじそば」と迷って迷って
冬場は滅多に食べられない大根おろしの
「みぞれそば」 お蕎麦が繊細で美味しかったw
c0051781_20215782.jpg

さりげなくツインで置かれたシカの折り紙は
おイモの色だ 金時イモと紫イモだ(笑)
そこで 「紫草の匂えるイモを・・・」 が思い浮かんだら
イモとはなんだ失礼な=3 と(イモは妹だろ・笑)
c0051781_20223585.jpg

修二会の前行「別火」
練行衆が泊まり込みで精進する戒壇院
c0051781_2023032.jpg

戒壇院と言ったら四天王
四天王と言ったら地蔵小唄(自増広多)
遠い目をした広目天v(四天王の白眉v)
c0051781_20341195.jpg

戒壇院には大仏殿の裏からとか
転害門から大仏池まわりとか
口で説明できない裏道から入っていたので
今の今まで階段に気づかなかったという節穴
c0051781_20343216.jpg

ここらをブラブラ歩いてノンビリしたり
ここにいるのがウソみたいだったり
ここらばかり来ていた頃を思い出したり
それが遠い昔みたいで懐かしかったり
いろいろだわさ (めんどくさい奴)
c0051781_21432114.jpg

むこうに氷室神社が見えたりな
c0051781_21434256.jpg

夢風広場で買ったパン袋のニオイに釣られるも
フェンス越しなら余裕のよっちゃん(ほほほのほv)
c0051781_21443089.jpg

そろそろ一ヶ月たとうかっていうのにまだ
「ならら」 修二会特集のバックナンバー揃えて
おさらいをしている(積ん読じゃねえのよ・笑)

明日は花見頃だそうだが
あたしゃ早日7:30-7:30 =3
ほいじゃねー
by elsur147 | 2015-03-28 00:29 | climatnara | Comments(0)

禊の杜から戻る道

まだ川上町にいたりして(笑)
禊の場所を教えてくださったお礼参りに
蛭子神社を訪れた
c0051781_21335452.jpg

近くのおじさまが(蛭子橋に一緒にv)
50年も前は 神社の上にのぼって水を汲んでいた と
あたしまだまだ生まれてないな(だれも聞いてないわ)
・事代主神と大国主神(親子)と むこうは住吉の君
c0051781_21343412.jpg

秋祭りには豚汁のふるまいがあるらしい
c0051781_2135011.jpg

イザナミのごろごろから生まれた姫君は
神話のイラストが可愛いよ
天衣無縫の三神はカナヤマ・ハニヤス・ミツハ かな
c0051781_21361256.jpg

神社のこういう雰囲気が大好き大好きw
c0051781_21363211.jpg

後ろ向きの狛犬も可愛いし(ちゃんと前向いてますが)
ちょこんと尖った耳とかもv
c0051781_21281545.jpg

帰り道は忘れがたきバス停で
ちょっと待てば(5分)を
「待った=3」 とばかりに電話が鳴って
c0051781_23141997.jpg

喋りながら歩きだした
おかげで
東大寺の歩いたことない側が珍しかった
c0051781_23232247.jpg

そーいえばスマホって電話できんの?
スマホのどこを見ても喋れそうにない(宇宙人でケッコウ)
そんなことを話していたんじゃない
c0051781_23234318.jpg

南大門が見えたv
突き当たりの三角屋根はそうだよね
c0051781_23274036.jpg

夢風広場の気になるノボリは
c0051781_092078.jpg

お決まりのように裏返り=3
c0051781_094334.jpg

あんフランス美味しかった~~~
c0051781_0101582.jpg

さっきから行ったり来たりの
かすがハゲ山南大門 とvvv
c0051781_0105433.jpg

ほいではまた~w
by elsur147 | 2015-03-25 00:33 | climatnara | Comments(0)

清めの水を辿る道

やれやれ~ ここでお松明が燃えるのはいつのことやら(笑)

奈良に着いて まず始めに訪ねたのは蛭子川
練行衆が別火入り前、身体や持ち物を清めるのに使う水を汲む川
「ならら」の写真見て(2010年号) ここ行ってみたーい てなワケ
(あんたってそういうの得意だよね)
c0051781_041551.jpg

で。奈良の北側を歩き始めて撮った写真は
自分がどっちを向いていたのか覚えてないので
なんというお寺さんか分かりません
正面にお堂が見える景色が好きで 
でも地図には突き当たりがお堂という場所ないのよね・・・
大豆山突抜町だったと思う (まめやま・つきぬけ・ちょう)
町名をぱっと見たとき 
「だいずやまとっぱ=3」 かと すげえな と(笑) 突「破」! 
c0051781_19482437.jpg

やすらぎの道は 内侍原町(なしはら) 読めっこない
こちらは西に渡った側で東は高天町 (たかま) 
この地名を見ると思うのだけど高天彦神社とか高天原と関係が? 
c0051781_2095680.jpg

ほほほ 石川県が誇る産業 ミニショベルw
c0051781_2011335.jpg

称名寺 (元は興福寺の別院)
阿弥陀如来と釈迦如来がいらっしゃる
c0051781_2110879.jpg

千体地蔵尊スタジアムvvv
c0051781_21133140.jpg

必ずと言っていいほど
心惹かれる出会いがあるよね
c0051781_21573587.jpg
c0051781_21574386.jpg

初めて見た
c0051781_2244140.jpg

北上してます
c0051781_225216.jpg

北を向いたら
過去帳の筆頭株主v 大伽藍本願聖武皇帝
(だいがらんのほんがん しょーむこーてい) 
聖武天皇陵
c0051781_2262113.jpg

東に向かって突き当たりは転害門
c0051781_22153926.jpg

北へ折れて
「今在家」 を東に曲がったところかも
c0051781_22155091.jpg

重源上人による華厳宗の五劫院
ご本尊は言わずと知れた 五刧思惟の阿弥陀様
「劫」とは 
とてつもなく長い宇宙的規模な時間の長さを表す言葉であるが
「力が去る」 と書くな
「億劫」 は億の力が去ると書く(だから?それが何?笑)
c0051781_22462636.jpg

水源は石切峠の佐保川であるが
c0051781_2252371.jpg

上流へ遡ると蛭子川になる
c0051781_23242134.jpg

排水口に引っかかっているのは
しめ縄の間にかけてある白い紙だと思う・・・
だからって写真撮らなくても・・・
c0051781_23261211.jpg

おおまかな採掘場所の地図を頼りに
川沿いを歩いてはみたものの
ずーっとコンクリート塀になっていて
降りられそうな場所がないんだよね
c0051781_004376.jpg

↓ハシゴがあるけど まさかね
c0051781_055441.jpg

行き止まりになったところで上から猛犬に燃えられたので
あわくって引き返した=3
c0051781_07156.jpg

ならまちもそうだけどきたまちも
細かく入り組んだ町名がうじゃうじゃあったのに
(Googleマップで見ていて) 
この辺りにスクロールすると何もなくなる(笑)
佐保川が蛭子川である蛭子橋
c0051781_010432.jpg

観光協会に蛭子川を聞いても分からないと
東大寺は川上町で尋ねたら分かるかもしれない
近くに三笠霊園があるからその辺りを目安にと
口ではうまく説明できないと仰るので
蛭子の文字を見つけたときは嬉しかったw
c0051781_0153138.jpg

反対側には佐保川と書いてあったが
地元の方が「佐保川やけど蛭子川」とv
c0051781_0243733.jpg

蛭子橋の親柱
c0051781_0254086.jpg

佐保川の親柱はタイヤがジャマで=3
c0051781_0285034.jpg

地元の兄さんがタイヤと雑草をよけて下さると
(ハンサム↑だったv) 蛭子と彫ってあったので
やったーーーって感じでしたw
高欄の親柱は対になっているそうです。
c0051781_0311867.jpg

お清めの水はこの辺りかも
c0051781_0375667.jpg

佐保川沿いに歩いて来て
蛭子川はじめの一歩のあたり
気がつかなかった
橋のたもとで見えていたのに見えない不思議
それ神社へお礼参りに行かないと~

ほんじゃまたねー
by elsur147 | 2015-03-21 01:27 | climatnara | Comments(0)

御宿とロドリゴとアダムスと

奈良に海と水色ってピンとこないので元に戻しました(笑)

ちょっと外房は御宿の写真に戻りますねえ
(千葉県夷隅郡 おんじゅく) 
内房は東京湾だからつまりません(ぴしゃり)

海岸の先は北東というか房総の付け根方面(超アバウト)
海に面した断崖が見えるでしょうか
c0051781_23450100.jpg

ドンロドリゴの船 「サン・フランシスコ号」 が座礁したとこ
メキシコへ航海中(慶長14年) ちなみに江戸幕府開幕は08年

断崖までのアクセスがすこぶる悪いのと
海岸へ降りられるかどうかも分からないので(激狭)
こっちから眺めるだけで終わりましたが。。
おっと砂浜は白です白砂
c0051781_18528.jpg

座礁したフランシスコ号も
救出後に家康が建造させた新しい船も
ウイリアムアダムスによるものなのだ
<三浦按針>
ひと頃のマイブーム(ヒヒヒ) 伊東へ胸像を見に行ったり(ほほほ)
八重洲地下街に展示してあったアダムス胸像のパネルに一目惚れ
これって騎馬大使の走りかも~ (バカも休み休みです、はいはい)
ほんでさ アダムスの居宅は日本橋だったんだけど
(奈良まほろば館のすぐ近く)
横須賀に与えられた別荘の方が気に入って
仕事がなければ横須賀にいたっていうのが悔しくてねえ(あほ)

外房線の三門駅 みかど(ホーム激狭=3)
c0051781_0442692.jpg

長者町だったかもしれない(いいかげんだなあもう)
ああでもないこうでもないとブツブツ言ってたら背後から
さっきから三門三門って 天皇じゃねーのか て 帝か

寝る
by elsur147 | 2015-03-18 01:09 | hollander | Comments(0)

思い立ったら新幹線でGO!

「行くシカない奈良」
c0051781_20285417.jpg

c0051781_20382952.jpg
パンフレットに
ない奈良が

←のぞみを背負ってない(ははは)
文字だけ申し訳程度でシカも小さい 
c0051781_20483067.jpg

重箱の隅つつくのはいーかげんにして  
近畿日本ツーリストの日帰りが
のぞみ最高時速 285km/h を記念して発売された(やっと~)

JR東海ツアーズより時間の選択肢が少ないけど
(往路は品川6:00 のみ=3)
クーポンが楽しいv
・近鉄の乗車券(東海ツアーズ奈良JR・笑)
・奈良交通の市内フリーパスv
・平宗の柿の葉寿司三個セット
・興福寺の国宝館と唐招提寺の拝観券
・キオスクのクーポン¥1,500

と喜んだところで次の奈良行きは
奈良まほろば線(JR)だったりるすのだ(そんなもの・笑)

c0051781_2111128.jpg



お泊まりするnara
あたし御用達v
「行くシカない奈良」






もっとも旅のキャッチコピーといったら
「そうだ 京都、行こう。」 ジェイアール東海w
koreni masarumono nasi~*
by elsur147 | 2015-03-17 22:20 | climatnara | Comments(0)

(閑話休題) 海

北陸新幹線は
大阪までも延ばす計画があるらしく
その前に敦賀開業が2022年と聞いたので
「ふくい」 のテンプレートにしてみたよv
c0051781_054139.jpg

水島って知らなかったけど敦賀湾の中にあるんだね(中ねえ)
こちらは水鳥(笑)
c0051781_0571348.jpg
c0051781_0581055.jpg
c0051781_1134288.jpg

あしあと(笑)
c0051781_115189.jpg

水島は無人島で
海水浴シーズンのみ渡し船が出るらしい
日差しを遮る何もなく食べ物や飲み物も
(自販機もないもよう)
c0051781_111489.jpg

敦賀湾ということは
あっちは越前 こっちは敦賀か(それで分かるかっつーの)
海は水平線の向こうは「異国」 というのがいいけどな
この海の あっちは アメリカか メキシコ (そんなバカな)
c0051781_1111149.jpg

ほんとだってば(笑)
c0051781_1213891.jpg

すいません御宿に行った時の写真です全部(しかもおととし・笑)
月の沙漠をはるばると です
c0051781_126265.jpg

騎馬太子v なんちゃって
c0051781_1345441.jpg

やっぱり丸いものが好き
c0051781_101333.jpg

by elsur147 | 2015-03-17 01:57 | sato | Comments(0)

駅のコンビニ

・黒部宇奈月温泉・駅 長いなあ
北陸新幹線あす開業で騒がしい世間をよそに(へそ曲がり)
朱雀門が好きである
はじめて訪れた頃を思い出すからv
c0051781_22483980.jpg

近鉄奈良駅ナカだけでなくホームにもファミマがあるって羨ましい
箱もんのお土産まんじうがバラで売っていたりするのだ
埴輪饅頭とかラホツ饅頭とか美味しいよ(形が変わればモミヂ饅頭・笑)
c0051781_23144250.jpg

コンビニはセブンイレブンの次にファミマが好きで
その次にJR東日本のニューデイズ
お弁当やおにぎりが美味しい(なんたって昔の「日本食堂」v)
いよいよってことで今や北陸フェアの花盛り
何もわざわざここでと思いつつ 行くたびチェックしていたり
グランクラスの食事が気になったりだ(乗り心地<食べ物だよね)
何が よそに だ(笑)

それと 「はくたか」 ラストランにうるっときた
それと 「修二会」 最終日前夜は達陀の行法
(のぞいてみたいが時間的に絶~~~対 無理=3)
来年は過去帳を聴聞したいv
by elsur147 | 2015-03-14 00:08 | climatnara | Comments(0)

宇治川と木津川

富士山は霞がかかって
見えなければ見えないなりに
その大きさを感じてみたり
c0051781_117461.jpg

そのついでというか 前回の富士で書き忘れたこと
1707(宝永4)年の宝永噴火でできた火口 「宝永火口」が ぱっくり開いてる↓
c0051781_19504796.jpg

目覚まし山の伊吹山(寝てればここで目が覚める・笑)
c0051781_1181975.jpg

あと。幻の比良山系が遠くに見えたv
けど。写真には写ってなかった空の青しか
近江八幡の遙か向こう
見えない琵琶湖の遠くに連なる
三角形の巨大な山山山~~~が横並びv

少し後に瀬田の唐橋がほんの一瞬=3
ほぼ同時に山側では(三列シート)縁起絵巻の石山が
見えているかも(笑)

その瀬田川が源流の(元は琵琶湖)宇治川は
宇治といったら平等院の鳳凰堂
(修学旅行のおぼろな記憶)←奈良にいたっては鹿のみである
近鉄が京都を出たらほどなく渡る
c0051781_1183040.jpg

淀川>木津川>名張川>宇陀川>室生川 と遡る
こちらは復路 小雨交じりの木津川である
特急が鉄橋を渡るときのどどんどどんという轟音が好き(渋いv)
c0051781_1194683.jpg

by elsur147 | 2015-03-13 22:00 | climatnara | Comments(0)

ホテルねた

三条通りのホテルフジタは
カーテン開けたら浄教寺(浄土真宗本願寺派)
ご本尊の阿弥陀様は運慶作だそうだ
c0051781_23435455.jpg

ベランダ(なのか?)外へ出られる
出たからってどうってことはないですが
c0051781_23495348.jpg

朝食バイキングはカレーに驚いた 朝からカレーーー
生まれて初めてかもしれない
ものすごい美味しかったvvv
タマネギやジャガイモやらの具がごろごろ
していないあたし好みでw
c0051781_2358982.jpg

そしてダシが決め手のお味噌汁がまたまた
美味美味vvv
なんのダシだろうアサリのような
お豆腐は湯豆腐のがちゃっかりお邪魔(笑)
c0051781_23585137.jpg

うれしい部屋着v
c0051781_2324629.jpg

こちらは紙衣
c0051781_026911.jpg

あのときの音がよみがえる
c0051781_0264679.jpg

これ欲しい欲しい(またまた~)
c0051781_0274313.jpg

のりこぼし と
ロビーはささやかな修二会博v
c0051781_0281040.jpg

開化天皇陵~
c0051781_071016.jpg

奈良県は日本一ホテルが少ないんだって
さっきダンナが言ってた
へーそうなの?
奈良へ行く人は京都に泊まるんだよ(なにゆえそう言い切るか・笑)

ほんで奈良市で泊まるのの迷いどころは
温泉のある奈良ロイヤル(駅遠=3)
お洒落な部屋着と大きなお風呂の日航奈良
(駅直結も慣れないとけっこう複雑で迷うのである=3)
朝食が絶品のサンルート(電気ポットがちっこすぎ・これ大事)
で。コンビニと駅チカで大きな電気ポットがあって
今まで泊まったことがないところにしたv
くだらない話ですいません

明日から早日早日の兼務二連発に加えて
お風呂は洗い係だわ(ハダカの大物かかえの重労働=3)
こう見えてあたし40キロないんですが(聞いてない聞いてない)
じゃまたねーーー
by elsur147 | 2015-03-11 00:54 | climatnara | Comments(0)



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31