arsenal seveile

<   2015年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

奥飛鳥のオンディーヌなど

やーやー大変=3 次の休みは節分だよ
ほんで奈良に行くので残り作業を終わらせないと~
というわけで。
ここはどこだか分かるかな 気が遠くなるような石段ですよ
c0051781_2263215.jpg

「かぎろひ歴史探訪」 は奥飛鳥のコースに参加したかったの本当は
年内に(去年 26年) 橘寺を見納め訪問すると決めていたので
散会が石舞台というのも魅力でした(あの緩~いスロープを下ってねv)
と ちょっと動機は不純であったが(^^;) 
思いがけない番外編でご案内いただき感謝感謝w

さて。男綱から飛鳥川に沿って南へ下リ
c0051781_030329.jpg

じゃーん!!! なんちゃって(今頃なにを)
c0051781_0305137.jpg

飛鳥川上坐宇須多岐比売命神社
(あすか かわかみにいます うすたきひめのみこと じんじゃ)
この神社の名前が日本一長いそうだ
c0051781_031810.jpg

石段も日本一長そうであるが
そこに触れていないということは
そうじゃないのかな
c0051781_22175099.jpg

やっとこさ上って
二の鳥居が見えたところで石段は
意地悪く曲がっているのである
c0051781_2218594.jpg

ここで皇極天皇が雨乞いの儀式をしたらしい
これは拝殿である
本殿というか ご神体は裏山(南淵山)
c0051781_22241768.jpg

で。あたしは神社のこういう雰囲気が好きであるv
ここに神様が舞い降りた(なにかというとこうくるな)
c0051781_22243899.jpg

戻るときは山の斜面を降りたのですが
これが思ったより険しくて 危なかった=3
当然のことながら
斜面の写真なぞ撮る余裕はナシオであって
神社の正面よりだいぶ手前に着いた(冒頭の写真)
おかげで飛鳥川を別の角度からじっくり見られたv
c0051781_2243013.jpg
c0051781_22463834.jpg

ここが神社の前を流れている飛鳥川(通りを挟んで)
「宇須多岐」 を表すところの 「臼」 と 「滝」
これを教えていただいたのが一番の収穫w
神の御技を目の当たり ですvvv
c0051781_22422811.jpg

宇須多岐から女綱を経て更に南へ下ルと(道は上っている・笑)
c0051781_231255.jpg

加夜奈留美命神社 かやなるみのみことc0051781_23113272.jpg

この神社は近隣の集落で管理されており
稲淵と栢森と あと一つ どこだったかな(ど忘れ)
この辺は「在所」というコトバは使わないのだろうか
(「在所」本来の意味はさておき)c0051781_23114319.jpg

写真がぱっとしないので余談をば
家の田舎では電子マネーに 「チャージする」 と言わない
「積み増しする」 だ。なんかものすごいダサイ(笑)c0051781_23115262.jpg

してコチラは 江戸時代のものらしい石
c0051781_2312261.jpg

場面は変わって橘寺へ行く途中
なつかしい思い出の場所に立ってみる
二上を 雄々し畝傍と見晴るかす 数え切れない朝風峠
(峠が数え切れないほどあるかい) 来たことが、だよ
c0051781_014480.jpg

写真の向かって右よりに。白っぽい建物群が見えるかな 
白橿団地である
その裏手に UFO こと 「益田の岩船」 がある
公園の敷地にあり そう高くない小さな丘らしいけど
船まで行くのは大変だって(ところどころ綱伝い等=3)
c0051781_063569.jpg

朝風峠に立った時。ふいに
日暮しの 「いにしえ」 と
谷山浩子の 「風を忘れて」 を思い出した

じゃあ もうちょいネv
by elsur147 | 2015-01-31 00:56 | climatnara | Comments(2)

黄昏れちゃって 橘

さて。話は去年の十二月に戻りまして
「かぎろひ歴史探訪」 番外編の明日香村
勧請綱から飛び石の続きを書く前に。

橘寺に来るはこの日が最後
もう何かの機会に行くことはないし
いつか行く日があるとしたら
西門の桜が満開の時
それも 十何年か 何十年か 先だろうな
そんときはリニア中央新幹線で(笑)
c0051781_1275892.jpg

とか書く舌の根も乾かぬうちに
夏にひょっこり行くかもだが(^^;)
by elsur147 | 2015-01-23 02:15 | climatnara | Comments(0)

里帰り最終便

鶴来に花とお酒を買いにでたとき
c0051781_233595.jpg

下から立ち上る白い煙みたいのは何じゃろか
雪でも火事でもないもよう
c0051781_23242025.jpg

商号の由来は白山信仰の御祭神 菊理媛(くくりひめ)=十一面観音
鶴来が誇るw 加賀菊酒本舗
合資会社 「菊姫」 (白山市鶴来新町 タ 8番地)
c0051781_2149281.jpg

そうそう鶴来駅といえば(去年の秋に撮った写真)
切符の受け取りや精算をするのにザルを使っていた(笑)
c0051781_23472261.jpg

ついでに切符売りも来たりする
c0051781_2353113.jpg

パチンパチンのきっぷv
c0051781_23531162.jpg

場面は正月に戻って。
にゃんこ何げにシンメトリーv
c0051781_213326.jpg

あたしにはかわいくないのがかわいいんである
鳴き声はかわいいよ
ミャーとかニャーとか伸ばさないで 「みゃ」 「にゃ」 だ
ほいでちょいとハスキーである 
「みゃ みゃ」 「なんや ママおらんぞ」 (父)
こういう時はすがるような目を向けるので可愛いーvvv
c0051781_21361443.jpg

日がな一日 食っちゃネコ
c0051781_21364695.jpg

石川線のキーホルダー 他の駅のも買ってきた
カギをさげているキーホルダーは
日々あつかいが手荒なわりに丈夫であるが
せんとくんはツノがとれてしまって
ただの坊主になっている(笑)
c0051781_21413941.jpg

母の靴を履いて帰ることにした
c0051781_21512238.jpg

履きくだびれたヌーバランスは持ち帰り(笑)
車内でそんなくだらない写真を撮れんのも
父が金沢まで一緒に出るというからウキウキでw
c0051781_21521499.jpg

「すぐ自転車で追いつくから 先、行っとって」
後ろ姿を撮ろうと思ったらあっという間に追い抜かれた
雪はほどんど溶けてなくなっていた
c0051781_22471531.jpg

金沢百番街あんと 
ラーメン食べたいね
五目あんかけラーメン
c0051781_22535139.jpg

ニンジンがワシ(鷲)型に切ってある 
c0051781_2254456.jpg

薄皮のギョーザも美味しかった
c0051781_22541756.jpg

中国のラーメン美味しかったw
c0051781_22542819.jpg

金沢城にのぼる山門は東門の東口
c0051781_22544968.jpg

全席指定で最速 2時間28分の 「かがやき」 は
東京を出たら 上野、大宮、長野、富山、金沢と
大宮の次はもう長野 というのがいいよね~
けど12両しかないうち
(東海より それもだが 総武線快速より少ないのか)
グランクラスとグリーンで各一両ずつ 
なんでしばらく切符取るのは難しいだろうって話。。

じゃオシマイ またねーw
by elsur147 | 2015-01-21 23:58 | sato | Comments(0)

鶴来とか

帰りのバスで 雨じゃなくて雪です
c0051781_0142995.jpg

萬歳楽はお正月休み
c0051781_0151738.jpg

雪に風ときたら たまったもんじゃなかったりして
c0051781_2356678.jpg

待合所があるバス停
傘を差していて 傘が雪で重くなるのって分かる? 
c0051781_0225620.jpg

とりあえず座れるのがありがたい
近くの知人を尋ねたんです
行く前に電話したら あいにく留守にするというので
お年賀をポストで受け渡し(笑) 婆ちゃん御用達は小川軒v
メモが添えられてあったので 返事をここで書いた
ポストに入っていたお年賀熨斗の裏に書いた(笑)
c0051781_0234599.jpg

お向かいは和洋折衷が美味しい和菓子屋さん
正面に車が止まっててカーテンも閉まっていたけど
扉が開いたので お菓子欲しいんですけど と
あるもんでよかったらどうぞ と
c0051781_024011.jpg

バターが挟んであるどら焼きと(あんこバターv)
桃が入った饅頭と
バタークリームのカステラロール(写真はナシオ)
c0051781_0243225.jpg

日御子駅は雪かき まだしとらんのけ?
c0051781_024468.jpg
c0051781_0245954.jpg

とか ニッコーの(陶磁器などの工場)雪景色を眺めながら
部屋着がお洒落な 「ホテル日航奈良」 を思い出していた(笑)
c0051781_0102829.jpg
c0051781_0103760.jpg

田んぼと用水路の境目が分かりませんが=3
父、作業中
c0051781_0105188.jpg

本堂の前に止めてた弟の車と 預かりモノの車と二台
どかさなきゃならないんで裏の駐車場へ移動するのに
こっちも屋根ついてないんで
雪かきしなきゃ車を動かせないというわけよ=3
by elsur147 | 2015-01-18 01:21 | sato | Comments(0)

続続・白山さん詣で

神門前の神社 あらみさき
神功皇后が朝鮮半島に出兵したときに守護したという荒ぶる神
c0051781_21421511.jpg

帰り道。三の鳥居で スキーかと
c0051781_21543158.jpg

あの雪道を両杖ついて=3 おばーちゃーーーん
c0051781_2155815.jpg

しらやまさんには詣でらんと 無事到着w
c0051781_21573450.jpg

下に見えるのは二の鳥居 雪はフカフカ
c0051781_2233446.jpg

手水舎を上から眺めると室生寺の灌頂堂を思い出す
奥の院から降りてきたときの記憶ですw
もう少し高いとっから撮りたかったんだけど
微妙なアングルに拘ってちょろちょろするとあぶないんで
c0051781_2241864.jpg

雪の表参道 いいでしょvvv
c0051781_22103227.jpg

芸術的な枝振りですよ
c0051781_22104891.jpg

櫻かな
c0051781_22111710.jpg

あーどっかから落ちてきた雪が吹雪いてる~と
のんき坊主の鼻面を
c0051781_2217719.jpg

雪の塊かすめ落ち
シャッター押したの偶然偶然!!!ビックリしたーーー
雪崩みたいなんだホントあぶない=3
c0051781_22175156.jpg

何事もなかったかのように静まる鳥居
c0051781_22241081.jpg

門前のおはぎ屋でなんか甘いもの~
c0051781_22243290.jpg
c0051781_22251683.jpg

よもぎぜんざい(刻んでない真四角の塩昆布も美味しかったv)
c0051781_22253118.jpg

母のおつかいカゴは屋根裏で
ホコリと猫の毛まみれになっていたのだ
雪で綺麗になってちょーど良かったv
c0051781_22264055.jpg

バスの待合所は屋根つきのがちゃんとあります(笑)
この木なんの木?櫻かね
c0051781_22271496.jpg

雪の白山さん詣で
c0051781_22275526.jpg

記憶に残るお正月vvv
c0051781_22283393.jpg

by elsur147 | 2015-01-16 22:46 | sato | Comments(0)

白山さんの羊飼い

お参りの記念に買ってみたv
開運の札も羊も台に固定していないので
お掃除すると
羊はズレて 札は倒れる(笑)
c0051781_20341274.jpg

今年の干支は 「乙未」 きのとひつじ歳
乙 : 草木の種が春になると地上に芽を出し伸びゆく様を示す
未 : 木に若い枝が出たさまにより若い意を表し「いまだ・・・しない」 ということ
<史記>「未は万物皆成なりて滋味あるなり」
万物が成熟してその実に味わいをつけてゆく気候のこと

動物の羊
古代より羊は山の神とされめでたい印とされてきました
性質が温和なことから「和」の徳があり、家族と所縁も深い動物であります

と 同封されていた比咩神社の栞に書いてありますv

キリスト教では。羊(ヒト)は迷いやすいので
羊飼い(イエスキリスト)が必要だということと
イエスキリストに象徴される神の子羊w

生まれの干支が未や卯は可愛くていいよね
あたしの干支は器量が悪いところに鼻息が荒く
人里に降りてきては騒ぎをおこす(笑)
by elsur147 | 2015-01-16 21:20 | sato | Comments(0)

続・白山さん詣で

ヒトは山に神を思い  あと聞き取れなかったオーミワ神社のCM
奈良には節分に行きまっせv オーミワはそのうち 
まずは奈良市奈良公園ー(だいぶストレスたまってる=3)

で。三宮の鳥居は駐車場の出入り口になっている
c0051781_22324547.jpg

KOMATSUホイルローダー ホンモノが間近に~w
c0051781_230625.jpg

うちのチョロQは猫が前足を突っ込んでいるので
足の重みで後ろのタイヤが浮いている(笑)
c0051781_230199.jpg

鶴来レインボーラインという
鶴来の本町通りと平行して走っている
白山さんの志良山荘
c0051781_23102016.jpg
c0051781_2339394.jpg

三宮駐車場から北の鳥居
露店は雪で たぶん例年より少なめ
去年は誰かが持っている何かに(焼きそばとか串ものとか)
触れないように歩くのが大変だった
c0051781_2339536.jpg

ほいであたしは小腹が空いたのでじゃがバター
せいろでふかしイモ
バターのサービス満点やv
加減するのも面倒でえ
(でえ は方言だが 石川弁はイントネーションが難しいぞ)
そんなことどうでもいいよね
c0051781_2345411.jpg

ちと芯があった(笑)
食べてる途中 雪のカタマリが中に落ちた=3
そんとき後ろで雷みたいな音がーーー
雪が駐車している車の上に落ちたんやて
凹んだと騒ぎになっていた(気の毒、、
c0051781_23455248.jpg

ここでもあるんだ 
吉祥草寺に行ける日は
いつか来るのか。。
c0051781_2351072.jpg

塀拝殿に積もった雪がずれている=3
c0051781_2352970.jpg

(^^;) じゃまた もうちょっとつきあってね
c0051781_23522116.jpg

by elsur147 | 2015-01-14 00:11 | sato | Comments(0)

白山さん詣で

縁起物とはいえ ちょろぎ というのも妙な食べ物である
陶器か(箸置きに良さげな)プラッチックにも見える
ユニコーンの角とか
チョロ伎は。シソ科の植物で茎のカタマリだそうだ
英語で 「チャイニーズアーティチョーク」 と 知れば納得v
アーティチョーク(美味しいv)ほどの食べ応えはないが
体温を下げる効果や鎮静作用もあるらしい
(こうくると漢方の世界だ)
大阪から届いたおせちはバランとか
余計な仕切りがないのがよかった
c0051781_17221627.jpg

しかしいくら美味しくても
ちまちまつまむのもいいかげん飽きて
父のお雑煮にほっとほっこりv
うちは昆布だしにお醤油のみ、お餅の他は三つ葉だけ
(味噌とか具だくさんとか とんでもないです=3)
その画像はうっかり消してしまったので
オイルヒーター前のにゃんこで失礼
c0051781_1838140.jpg

翌日(1/2)は初詣
雪景色の日御子神社(貴重)
c0051781_18514732.jpg

ホームへ上がる道(雪かきまだけ?)
しっかりした長靴は ちょっと分かりづらいな
父のを借りてきた(ぶ厚い靴下三足重ねv)c0051781_1943311.jpg

鶴来駅から初詣バスの連絡がある
石川線とセットでお得な往復割引がある
バスは10~15分間隔で運行しているが
石川線は1時間に 2、3本しかない(笑)
c0051781_1955980.jpg

左にチラ見えるのは金剣宮のニの鳥居
県道は参道を横切っている 
一の鳥居は県道を挟んで階段の下
下から上るとけっこうあります=3
c0051781_1961390.jpg

お正月は一般車両は片側通行(大変だよ)
たいした抜け道もないしな
c0051781_19523280.jpg

「白き神々の座、白山」 を神体山とする加賀一宮
白山神社の総本営 白山比咩神社 一の鳥居
c0051781_19554342.jpg

手取川の支流である後生川を渡る神橋
c0051781_2031134.jpg

表参道の老杉並木(老い過ぎ並木?こらこら=3)
c0051781_2033129.jpg

琵琶滝
c0051781_2034333.jpg

御神木「老杉」 貫禄あり杉
c0051781_2035367.jpg

手水舎と二の鳥居
c0051781_20144077.jpg

神門と御神酒
c0051781_201667.jpg

ズバリ端的でいいvvv 一瞬 「雷」 に見えたが
(そうそう石川県は 雷が落ちる日本一だそうだ)
c0051781_20324249.jpg

塀拝殿 参拝客は雪で去年よりだいぶ少ない
去年は人垣が凄くて拝殿をとらえた写真が撮れなかった
尤も。三が日の初詣はどこもそうなんだろうな
c0051781_20374235.jpg

お参りは順番にv 白山奥宮遙拝所 
c0051781_2125363.jpg

北参道の手水舎で 雪がどさどさどさっと落ちてきた=3
c0051781_21121621.jpg

獅子吼をのぞむ北の鳥居
c0051781_21211240.jpg

携帯から送った雪帽子の狛犬を見たとき。
雪を落としてあげればいいのにと思ったが
自分家で雪かきをするハメになったとき
ヒトの歩く道を確保するのに手一杯で
それどころじゃない=3 というのがよーく分かった(笑)
c0051781_21272830.jpg

by elsur147 | 2015-01-13 22:00 | sato | Comments(0)

わりこみ渋谷

と言ってももう先週の土曜日のことです
父が東京に用があるといって上京してきたので
じゃあ晩ご飯でも食べようかって話
(その週の初めに別れたばっかだが・笑)

渋谷に来たのって何年ぶりだろ(映画見る以外は用事ない) 
ピカピカの複合ビルがいろいろ出来たようだけど
渋谷の景観そのものはあまり変わってない感じ
c0051781_124153.jpg

マークシティでレストラン探したら 「つばめグリル」 があるじゃんか
(↑高速バスの発着場所になっている、それも五階からである=3)
渋谷では今でも東京メトロの銀座線が一番高いとこから出るらしい(笑)
c0051781_1265733.jpg

子供の頃は銀座に出たら 「つばめグリル」 か 「アスター」 だった
場所を変えて不二家でデザートv (不二家の不二は富士山の不二)

で。前菜のサラダはトマトのファルシ
あたしはトマトについたタマネギのニオイがきつくてお手上げだが
トマトとタマネギが大好きな父は黙々と食べていた
c0051781_1333975.jpg

コーンポタージュの変わらない美味しさ
スプンが平べったくてすくいにくいのも変わらずだ(イラっとする・笑)
c0051781_1334838.jpg

つばめグリルの看板メニューはハンブルグステーキ
このアルミホイルをなめてかかってはいけない
気安く開けて中を覗くとヤケドしそーに熱いのである
c0051781_1335885.jpg

本場のデミグラスというかビーフシチューソース
手前は大きな皮付きのジャガイモ丸ごと一個
c0051781_1341618.jpg

これじゃなんだかわかりませんな(笑)
c0051781_140636.jpg

もっとお店の様子を撮りたかったのだが
お上りさんみたいでみっともないのでこんなもん(何を今更)
けど昔の銀座のイメージとはほど遠かった
どう違うかは書くのめんどくさいが(木調のウナギの寝床みないな店内)
ビルに入っているのと銀座通りの路面とは そりゃ違うわな
c0051781_1342568.jpg

焼きリンゴのバニラアイス添え(ピンボケたからちっちゃくした)
c0051781_1343852.jpg

焼きリンゴは母の大好物であった
お菓子教室をやっていたのに
焼きリンゴだけはどうしても美味しく出来ないとぼやいていた
そいでどこのお店に行っても必ず
メニューになくても焼きリンゴはあるかと聞いていた

バニラが溶けてあぶくたってる
こういうのをちびちびいただくのがシアワセであるvvv
c0051781_1345274.jpg

あたしが渋谷に出たのは特養が終わってから
船橋法典から(どこそれ?笑)
京葉線で新木場に出て
有楽町線に乗り換えて永田町
そこから半蔵門線で渋谷である。
帰りは半蔵門線で九段下乗り換え
地下鉄に乗り慣れているから楽勝ですよw

父の用事は
急な法事で使うどら焼きと(配送は間に合わなかったとか)
小ぶりのわりに中はあんこみっちり
ものすご~~~く美味しい
c0051781_212533.jpg

小ざさの羊羹(朝も早よから吉祥寺で二時間並んだらしい)
c0051781_2135180.jpg

どちらもあたしはご相伴にあずかったというかv
あと代官山の小川軒にも行ったけど予約していなかったので
行った時間には売り切れだったって(ついで買いのはずが?笑)
「東京きちじよじ」
c0051781_2161554.jpg

羊羹は化粧箱の中でアルミホイルに包まれているので
箱の見た目より二割三割小さくなるとか
こういうのも歩留まりが悪いというのだろうか(笑)
羊羹好きの寮母姐と半分こしよっかな
by elsur147 | 2015-01-13 02:34 | sato | Comments(0)

加賀平野から小松までの水墨画

これらは肉眼では見えなかった景色でした
真っ白なら真っ白なりに撮っておこうと(そこまでする?)
c0051781_019491.jpg

画像のコントラストをあげたら
雪景色が現れてビックリした
c0051781_0191538.jpg

機体もけっこう揺れたよ
地震かと思うくらい
白いのは荒波
c0051781_01924100.jpg
c0051781_0193539.jpg

北陸自動車道
c0051781_0194766.jpg

今更ながらに 凄いな=3
c0051781_0264582.jpg
c0051781_027734.jpg

着陸してからは見えたよ(当たり前)
c0051781_0275319.jpg
c0051781_0272984.jpg

寒い寒い寒い寒い寒い
東京と比較にならない=3
c0051781_0281216.jpg

弟のお迎えで実家に向かってるとこ
雪の街路樹がものすごく綺麗だった~
c0051781_0283594.jpg

by elsur147 | 2015-01-10 00:45 | sato | Comments(0)



climatnara Gunners robinvanpersie
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31