arsenal seveile

<   2014年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

歴史探訪明日香の番外(飛鳥川)

栢森の勧請縄は女であるv
c0051781_2292063.jpg

あら。それより先に立つ稲淵の男縄は?割愛
奥が深くフクザツな女に比べたら
男という生き物のシンボルは
ずっと単純な構造をしているように思えるのだが
神事となると神の前に恐れ多いのか
イマひとつ形状がハッキリしていなかったので写真は無しお(笑)

女綱の役は稲渕からの悪疫を防ぐこと
男綱の役は明日香周辺からの悪疫を防ぐこと
殿方の方が守備範囲が広いのかv
男女それぞれに役割分担があるのがいいね
女綱は仏式というのも理由があってのことなのか

それにしても今年一月に掛けられたのに
風雪に耐えよく残っていますねvvv

飛鳥の飛び石に
c0051781_00108.jpg

有名な歌がありますが
・飛鳥川 明日も渡らむ石橋の 遠き心は思ほえむかも 
c0051781_003764.jpg

あたしは飛鳥川を詠んだものでダントツ好きなのが
・世の中は何か常なる飛鳥川
c0051781_01558.jpg

昨日の淵ぞ
c0051781_091114.jpg

今日は瀬となる・ 
c0051781_0152252.jpg

・昨日と言ひ 今日とくらして明日香河 流れて早き月日なりけり・

昨日今日明日 すなわち 過去現在未来
川の流れをじっと眺めていると世の無常を感じる
この一瞬は二度と帰ってこない とか
c0051781_0214568.jpg

君は同じ川に二度入ることはできない なぜなら
私が二度目に川の流れに浸ったときには
私も流れもすでに変わっているから 
とは 「万物は流転する」 ヘラクレイトスの弁 
哲学の考察はさておき 
この文言を思うと 無性ーーーに 寂しくなるのよね
c0051781_0225011.jpg

書き出しから一転して締めくくりですいません
そうそうヘラクレイトスは
世の中は様々な対立によって調和が保たれている とも説いていたね
陰と陽 オンとオフ 凹凸 プラスとマイナス
男と女
互いになくてはならない存在である(ちゃんちゃん)
by elsur147 | 2014-12-31 00:55 | climatnara | Comments(0)

閑話休題

だいぶ進んだでしょw
c0051781_0234486.jpg水曜日に熱発で早退して
木金土と休んでました=3
仕事柄 中三日 あける決まり
おカゼ様ではかどった
カゼの功名
このカゼを逃してなるものかと
敵も然る者(笑)


明日から復帰しですがぶり返して
寝正月になりませんように。。
子供の頃から何年かおきにあるんだよね
熱だして正真正銘の寝正月てのがー
田舎で寝ててもいいけどね
あたしは熱だすとお腹に来るから
ごちそう食べられないのが悔しいな
それよりヒコーキ飛ぶんかい
三が日ものの見事に雪雪雪だ=3

じゃあね~~~
by elsur147 | 2014-12-28 00:38 | climatnara | Comments(0)

続々・かぎろひ様の歴史探訪

木之本町から。雨のテクテクは天香具山中腹を目指す也
大和三山であたしが頂上まで登ったことがあるのは畝傍だけ
ところどころ紅葉が残っていた 雨の風情も手伝ってv
c0051781_1428417.jpg

おや右は頂上 今回は雨で中止だが 掟破りがいたもよう
c0051781_16363570.jpg

ウワサでは香具山の頂上から畝傍が見えると聞いている
耳成の頂上は視界が全く効かないらしい(さもありなん)
してあれは。畝傍山か耳成か ちょっと微妙な三角形(笑)
c0051781_16361019.jpg

天岩戸神社
c0051781_16373481.jpg

毎年新しい竹が7本育つ代わりに
別の7本が枯れるという 「竹7本の不思議」 は不思議だね
c0051781_16373669.jpg

しかもその7本の竹に触れると お腹が痛くなるらしい
(7本全部に なのか そのうちの何本なのかは不明)
写真を撮ったらバチがあたりそうなおどろおどろしい雰囲気
PCに取り込んだとき なんか写ってんじゃないかと思った
c0051781_16375632.jpg

拝殿はいたってフツウ
c0051781_16375254.jpg

岩戸のホビットw
c0051781_16381440.jpg

奇妙な木だね 一瞬バオバブかと思ったけど
外来種ではないとセンセイは仰っていた
あんたは何かにつけて星の王子様だ (発想が貧困ですいませんね)
c0051781_1638916.jpg

ミルク工房にて休憩v 夏とか寒くない時期にまた来たい
そしたら絶対ぜんざい+ソフトクリームだ
c0051781_16383380.jpg

いい案配にハタがw  
知らない人が見たら
何の歴史かと思われそうな
酪農とか(思わない思わない・ちっちっち)
c0051781_16503563.jpg

さて~
c0051781_16392596.jpg

この道を今までに
天香具山を真正面に見ながらこの道を
何回くらい走ったかな
桜井から巡る明日香の思い出が~
めくるめく思いがこみあげるーーー(溜息、、
この光景を眺めるのは
この日が最後ではないけれど。
c0051781_16392153.jpg

耳(何ゆえバッサリ?笑)
c0051781_16394519.jpg

みわやま~~~~(ラブラブvvv
c0051781_16394283.jpg

雄々し畝傍w
c0051781_2365437.jpg

飛騨町はなんで飛騨?岐阜と何か関係が?
c0051781_1640543.jpg

で。本薬師寺跡に向かいますのさ
c0051781_2384736.jpg

道なき道を(笑)
c0051781_1640225.jpg

本薬師寺で撮った写真はもみぢだけ
c0051781_23123771.jpg

もみぢ超しの雄々し畝傍と
c0051781_23161655.jpg

もみぢの石段
c0051781_23172256.jpg

かぎろひ様の歴史探訪はここまでです。
あたしはここから徒歩で南下する予定でいたのですが
明日香までお送りしますよv という親切な方がいらして(感謝感謝w
日没間近の無謀さを諭されつつ(^^;)
(そうそう 暗くなったら地図見えないって)
その番外編は年内にw
by elsur147 | 2014-12-28 00:16 | climatnara | Comments(0)

続・かぎろひ様の歴史探訪

八釣山(やつりやま) はて?八釣山とは
明日香村の八釣にある丘だが(高市郡明日香村大字八釣)
そっからけっこう離れとらんけ?
モノリスの隣に天香具山・・・と彫られた石が立っているが
下の由緒と関係している?
センセイの説明を聞きもらしていたらごめんなさい
c0051781_10521367.jpg

昔昔。仏教を拒否した物部守屋が橘寺に放火したとき
地蔵菩薩が天香具山の頂上に逃れ(だからけっこう遠いが=3)
それを知った聖徳太子が天香具山のフモトにお寺を建てて
お地蔵様を祀ったとか。とかいう話半分な伝承はさておき(罰当たり)
赤と緑のコントラストが綺麗でしたv
c0051781_10522141.jpg

で。こちらの縁側などでお昼をいただくことになったのですが
寒くて。京都駅で買った おむすび弁当 どころじゃなく
ご飯の冷めたのを出して食べる気がしなくて
大和八木の駅ナカで買ったドーナツとあんパンですませたワケです
心底買っといてよかった~と思った、はい。
だからって別に ドーナツとあんパンが温かかったわけじゃないし
パンならなんで冷めたくてもいいのかって?甘いからよ(笑)
c0051781_1622277.jpg


さて。今回の歴史探訪で楽しみにしていのが畝尾の二杜
畝尾坐健土安神社 (うねおにます たけはにやす) 
c0051781_1053060.jpg

で。先に書いた山は別にして。ここは下八釣町である
(下があれば上もあるのかと聞きたくなるのがあたしならでは)
c0051781_11291110.jpg

社の裏に神が舞った庭があったv
c0051781_11343222.jpg

正面に回ると巨大な幹が本殿顔負けの存在感=3
c0051781_11485236.jpg

根本なんて恐竜の足の爪みたい
なんか爬虫類ぽいな~とか
そっちに気を奪われてて
どんな木だったか覚えてないです
c0051781_11493410.jpg

ほいで。もといというか
畝尾都多本神社(うねおつたもと) 坐は?なんで付いていないのか
c0051781_21353157.jpg

で。北の下八釣(健土安)と 南の木之元(都多本)とは
兄妹のような ひとつづきの杜になっているらしい
雨模様だったこともあり
杜を取り巻く全景を見渡す余裕がなくて残念だった
c0051781_21363549.jpg

職業としての 「哭沢女」 については何かの本で
日本には根付かなかったと。たしかにー
あれは現代のハタ目で見るとかなり違和感がある
(いきなり俗っぽくなってスイマセン)
あんた井戸どうしたの?それと杜から雷と甘樫は?(ははは)
c0051781_2136018.jpg

ホント行き当たりばったりでやんなるよ
行く前までは資料てんこ盛りの頭デッカチなんだけどね
現地に着いたら皆どっか行っちゃって(雲散霧消・笑)

場所は変わって。
奈良文化財研究所都城発掘調査部資料室(ずいぶんと長いよ)
c0051781_1302371.jpg

玄関先の雨樋にもみぢ
c0051781_1365714.jpg

もみぢ
c0051781_1375661.jpg

説明がなければ絶対に分からない
形を変えた女形な畝傍(笑)
c0051781_138282.jpg
青い水門がお邪魔虫という声も聞こえましたが
あたしはそれなりに好きというか(ギャップが乙?)
気にならないというか
巻上式簡易水門(たぶん・笑)
by elsur147 | 2014-12-26 23:27 | climatnara | Comments(0)

かぎろひ様の歴史探訪

大福は 「大仏供庄」 という
興福寺の荘園だったところで
大仏供とは東大寺大仏殿への供え物をさし
・ダイブク → 大福・ 
うちの田舎じゃ仏壇に供えるご飯を 「御仏供さん(おぼくさん)」 と言いますが
それも似たような意味合い?
もとい。大仏殿への御供えは米ばかりではなく
燃料や転読料など諸経費全般をさしたもよう

で。大福駅のホームに立ったとき
おそらく改札外と思われる階段の下から
「しばらくお手洗いがないのでここで済ませておくように」 と
転ばぬ先の大きな声w
c0051781_1945563.jpg

もう少し駅の周辺を撮っておきたかったが
傘が手放せない天候だったのでおあいにく
右手に見えているのは畝傍だろうか
c0051781_19501192.jpg

西だったと思う 雨に霞む山山らしき山山(笑)
c0051781_2082619.jpg

まるでタルコフスキーの世界v サクリファイスと生命の木
c0051781_20253357.jpg

三柱神社(みはしら) 
ひと言でいうと 火と竈(かまど)の神様で主に台所の神様
なんで台所なのかは次で分かる(またテキトウな事を)
c0051781_20303698.jpg

膳夫氏の氏寺であった 膳夫(かしわで)寺跡
いまも地名に残る 膳夫町 の膳夫とは
古代天皇の専属料理人である膳夫氏の一族が住んでいた町
古くは食器の代わりに木の葉を使用していたとか
(かしわ餅とか?それは違うだろう)
c0051781_21354418.jpg

よって膳夫寺跡は
先に書いた台所三兄弟の神宮寺であるv
c0051781_2135633.jpg

もとい 膳夫山 「保寿院」 (真言宗豊山派)
聖徳太子の妃が養母を弔うために建立したと伝わる
c0051781_2119215.jpg

太子の妃といえば かの天寿国繍帳を縫った人?
c0051781_21143229.jpg

弁財天は七福神の紅一点
弁は弁舌 財は財産
水辺のオンディーヌ
c0051781_21364453.jpg

幻想的な天香具山
c0051781_21494927.jpg

こんな姿もそうはお目にはかかれまいw
c0051781_21511363.jpg

by elsur147 | 2014-12-25 23:33 | climatnara | Comments(0)

ついで買いあれこれ

日本橋まほろば館から銀座に戻って
(地下鉄でですよモチロン) ミキモトツリー
c0051781_0494410.jpg

歩行者天国なんて何年ぶりだろ(特養以前の8年前超?=3)
c0051781_23181556.jpg

まり滅子に欲しいバッグがありまして
c0051781_23175325.jpg

c0051781_23185082.jpg



太くて長いワンショルダー
キャンバス地に裏地もついて頑丈
斜めがけv

で。バッグの型は同じでも
花が一つ一つ違うので
迷うんだよね
裏表でも違う
それを楽しいと感じるか
あたしはちょっと
めんどくさいなと(笑)

後ろの帆布は京都駅(こないだ)
ひょうたん柄が変わってて
ひょいと買ってはみたものの
とりたてて使い道がなかったり=3






並木通りではベルビア館の 「Top to Top」
カラシ色のストラップシューズとモカシンが欲しかったけど
c0051781_0363616.jpg
c0051781_039233.jpg

在庫なしでガッカリ(雑誌とかで紹介されると早いんだよね)
c0051781_23184535.jpg

けどカラシ色でいっぱいの頭はおさまらず
お向かいの 「ABC MART」 に駆け込み
c0051781_2319302.jpg

スニーカーで手を打った(笑)
c0051781_23211155.jpg

角にプランタンがあればこれまた素通りできない
ネコと北極クマに目がくらみ(笑)
c0051781_23214197.jpg

ついでついでのソックスと
タイツは不気味かわいいネコとシロクマv
靴下とかは遊び心で 奇抜でオツケw
c0051781_232239.jpg

で。京葉線に入る途中、有楽町MUJIがあり
カーキに一目惚れしたシャツ仕事用
もうちょい待てば被服費の支給があるものを=3
領収書添付の翌々月に償還払い
c0051781_023339.jpg

ボクお母さんといっしょw
c0051781_23582650.jpg

by elsur147 | 2014-12-24 01:11 | collection | Comments(0)

奈良まほろば館

ハレの日に。せんとくん久しぶりv
c0051781_2251040.jpg

南都の白菜美味しそ~~~ って眺めるだけ
二人じゃ二三日に分けても使い切れない
c0051781_2254999.jpg

オレンジの葉っぱもあるのかv
c0051781_2210288.jpg

カレンダーを買いに来たのだ
ポストカード付きの来年は大当たりvvv (ソックスはついで・笑)
c0051781_22153929.jpg

縁で巡る大和のみほとけ
9・10月は横顔の君(はあと)←古い古い
c0051781_22161935.jpg

表紙と裏のヘッドも飾る百済観音
アップで見るとけっこう可愛い
おとぼけ顔とでもいいますか(11・12月)
はじめは金堂にいたらしい 
どこら辺にいたんだろ 
釈迦三尊と阿弥陀如来と地蔵菩薩と四天王
たしか吉祥天もいたはずで
(↑毘沙門天のかみさんか妹か どっちもかもね^^;)
昔の法華堂みたく混み合って?(笑) 想像がつかないな
c0051781_22203141.jpg

クリスマスvvv
c0051781_2226503.jpg

by elsur147 | 2014-12-23 23:16 | climatnara | Comments(0)

奈良行きの始めと終わり

品川駅は殺風景で売店もありません
上の乗り換え口に 「ホームに売店はありません」 と
紙に大く書いて貼ってあった(ああ無常・笑)
東京駅に慣れてるせいか天井が低いのがやだ
それと始発なのに時間がくるまで入ってこない
c0051781_0511720.jpg

のっけから文句ばっかでもう=3
橿原ロイヤルに泊まったときは
帰りしなに必ず寄るのが見瀬のパルファン
あらもうお帰りで?(おほほ)
c0051781_112846.jpg

ケーキみたいなパンがたくさんあるv
c0051781_121352.jpg

いつもパルファンのレジ前に置いてあって
どうしても商品名を覚えられない(とほほ)
マカダミアナッツぎっしりで
甘じょっぱい不思議な食感のプチロール(右の袋のがそれ)
c0051781_134316.jpg
隣のマグカップは駅構内のリトルマーメイド
500円以上お買い上げのオマケざんす
よせばいいのに(重い)こんな絵柄じゃ頑張るしかない(笑)

ごろごろ入ってるマカダミアw
c0051781_110208.jpg

これはフレンチシュクレだったかな 焼きたて~ 
ブールに練乳をしみこませた甘~いパン
ほんのり温かいのが最高にシアワセ~ というか
ここで焼きたてしか食べたことがないです(^^;)
着いた時に覗いてみて焼きたてがあったら
外の石垣に腰掛けてでもいただくざますw
c0051781_1111334.jpg

ここってどこ?橿原神宮前のリトルマーメード
せっかく生クリームが美味しいのに
イチゴジャムに負けてて残念
アプリコットが少しのホワイトボーラの方が良かったな
c0051781_1154049.jpg

ちょい戻って。朝ご飯バイキングにて五穀米のカレードリア
ドリアはママの味~v
c0051781_121277.jpg

この日の焼きたては目玉焼き
超~うれしかったvvv
(だし巻き玉子だったりカニ玉だったりする)
焼き具合が一つ一つ違ってるのとか
白身のはじっこがカリっとしてるのとかいいよね
目玉焼きに醤油かソースかって 昔なかった?
もちろんマヨとケチャップですよー
c0051781_125430.jpg

停まるんですよ何故か 時間帯によるのかな
c0051781_1281470.jpg

それにしても雨の日の写真は難しいね
色が綺麗に出なかったりピンボケていたり
雨模様なりの設定があるんだろうけど
いっぱい撮るクセにそういうところはホント物臭=3

冠雪富士もすっげえ綺麗にバッチリ見えていたのに
夕方だったのとデッキに立っていたのとで
(帰りはいつも山側3列シートの通路席と決めているのだ)
みんなブレちゃっててガッカリ。。
c0051781_1352243.jpg

ムササビみたいな雲の兄弟(笑)
c0051781_1361770.jpg

年内あと二日しか休みがありませんで
歴史探訪が書けるのでしょうか~
とりあえず今日はもう寝る
田舎にデータ持ってけ ないよ=3
by elsur147 | 2014-12-21 02:02 | climatnara | Comments(0)

大和三山にて

香具山は~~~
c0051781_22444732.jpg

畝傍雄々しと
c0051781_22121758.jpg

耳成と~~~
c0051781_22455065.jpg
相争ひき 神代より かくにあるらし

あたしにはどう見ても
年増の香具山
畝傍は凛々し(トップガンのトムクルーズv)超~古っ=3
若さが自慢の耳成 と。

もっとも恋のトライアングルといったら
男男女と相場は決まっているのだし
一般では 雄々し = 愛し となっているので
手前勝手な解釈で失礼をば=3

その大和三山の歌であるが
原文では香具山は高山であったという
候補の最有力は大阪府に属する交野山であるらしい
理由の一つとして
なにも飛鳥にある三山をあえて大和三山と
大きくフロシキを広げる意味がないからだと言うが
それはどうかと思う
だいいち奈良は大和であり
ホテルウェルネス大和路は香具山の麓にあり
郡山も奈良にあれば大和の冠がつくのである(関係ないが)

関係ないついでに大和路線を引いてみたら
画像で出て来たのが
山手線やら中央線やら京浜東北線やらで
山手中央混合型もあったりしたので思わず
口に入れたコーヒーを吹きそうになった(笑)
by elsur147 | 2014-12-20 00:34 | climatnara | Comments(0)

今頃な蕎麦と羊羹

神代植物園のバラ祭に行った時に
深大寺の門前で買った羊羹
賞味期限の長いのをいい事に
いいかげん温めて過ぎて忘れて(ないない
c0051781_19483311.jpg

薄茶の部分も混じりけのないくるみ味
羊羹は薄めにスライスしながら頂くのが好き
c0051781_2048150.jpg

とか今までにも何度か書いていて
同じ事を何度もと、年寄りじみているようだが
くどくてしつこいのは性格である(笑)
お気に入りの 「何でも頂きナイフ」
洋菓子から和菓子までなんでもさ
c0051781_2052956.jpg

モノは変わってお蕎麦
父はお蕎麦はお蕎麦屋で食べるもんだと言っていたし
あたしもその派ではあるが
これまた夏に寮母姐さんから頂いたもの
家で頂くのは水道の水が冷たい冬に限るな
いとも簡単でよい(横着)
c0051781_20541564.jpg

ざるのままで失礼します
リラックマの 「何でも頂き小ドンブリ」
c0051781_2057364.jpg

竹のざるは持ってないです
使ってみたい気はするけど
隙間につまると取れにくそうだし
乾きにくそうだし
調理道具などは全部引き出しとかにしまってあるので
なかなか乾かないとすぐにしまえないのがいやである
by elsur147 | 2014-12-19 21:15 | etcetra | Comments(0)



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.