arsenal seveile

<   2014年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

白峰土産など

クルミの木ってだけでうれしくって まな板(25x15)
これよりもう少し大きいの それよりもうちょい大きいの
微妙~な大きさの違いに迷って何回も手にとってみたりして
「白山白峰」 の刻印も一枚一枚場所が違っていて
少し下がり気味に打ってあるのが気に入ったりして
c0051781_0132729.jpg

クルミの木のコースターと 
ちっちゃくても超リアルな KOMATSU WA480(笑)
c0051781_004538.jpg

手取川で拾ってきた石 
どこで拾った石か分からならないように名前を書いた
(宇陀川で拾ったのやら雌岳で拾ったのやら色々ある)
父も母も登山のたびに石を拾ってきて
置物にしていたりブンチンに使ったりしていた
当時はたいして気にもとめなかったのだが
親子して同じことをしていると思った(笑)

小さくて丸くて平べったいのは一目惚れ(石にするかよ)
くるみボタンみたいでしょv
c0051781_0191841.jpg

北陸新幹線の加賀棒茶
「かがやき」金沢まで2時間28分だよ 早っ=3
帰りは出発時間に行けばいんだから楽だな

金沢から小松はリムジンが満席になるんですよ
特に最終便はけっこう前に並んでないといけない
(ドル箱路線だそうです)
それと小松の保安検査場っていっつも混んでる
よって金沢から出発まで2時間は見ておかないとやばい
それとか機材繰りの都合とか
羽田上空の混雑とかでしょっちゅう遅れるんだから=3

ところで北陸新幹線て何両あんだろ16両は ないだろうな
棒茶のペットボトルは洗って使っている(笑)
c0051781_0424020.jpg

by elsur147 | 2014-08-30 01:05 | sato | Comments(0)

テッシー

手取湖にいる恐竜だからテッシー(半分くらいウソ)
道路わきにぬっと何しに出て来たんや
c0051781_21262986.jpg

テッシーが出たのは白峰に向かう国道157号線
金沢から福井大野を経由して岐阜県岐阜市へ至る道
福井と岐阜の県境には 「酷道」 と呼ばれる未舗装の峠道があるらしい=3
(そこをドライブした人の標識画像満載なブログを読みふけってしまった・笑)
こりゃあたしがバスから撮ったやつですが
c0051781_014549.jpg

ほいで田舎から帰ってきたばかりでなんですが
もう次の里帰りが決まってプレミアムな旅割ANA
10月の 「ほうらい祭り」 と報恩講v

年末年始も今なら普通席なら時間によっては
壱万円でおつりがくるよv
けどシートマップ見たら真ん中しか開いてなかった
みんな早いーーー
28日前を狙っておせちなGOZENにしよっかな
今年はお正月べったり帰りたいなと思っている
ためしにダンナに声かけたら寒いからややて(^^;)

夏の日向が大好きなんでお寺の縁側とかベンチとか
川縁で遊んでたりしてて足にソックスの日焼け跡が出来た
頬とか鼻の頭とか腕や首まわりも焼けているもよう(笑)
c0051781_0265960.jpg

特養でも休憩のときは外に出て日向ぼっこや
暑くないのお?暑いのが好きなんだよ
ヒマワリよろしくお日様に顔を向けて あっちー のが(笑)
こりゃ鶴来の鉄塔でございます
c0051781_0321064.jpg

だもんで早々と秋風が吹く今時分は寂しいのである
by elsur147 | 2014-08-27 00:51 | sato | Comments(0)

重伝白峰大梯子

白峰バスは手取ダムを迂回しながら上るトンネルの連続が超ストレス(>_<)、
長いトンネルを抜けてダムが見えたらすぐさま次のトンネルが〜
の繰り返し(=^_^=)

国重文の白山御本地下山仏が八人おられる林西寺vvv
の屋根と梯子(^^;)
c0051781_14354019.jpg

by elsur147 | 2014-08-20 14:35 | sato | Comments(0)

石板

c0051781_23514922.jpg

デスクの置きっぱスマホを持ってきた(正確には持たされた)画面を指先でウニウニなぞるのには違和感あるけど慣れたらなんとかなるかも

こっちを打ちながら字引に使えるし(辞書を取りに席を立たなくても良い物臭)

で、里に着いたらまずは あんころ餅とフクサまんじうv

あと、来る途中で高山右近が作った大手門の石積を改めて見てきたよ、スゲー立派!
by elsur147 | 2014-08-19 23:51 | sato | Comments(0)

水鉄

一応 N700系v
普通に百円だと思ったら
381円=3
じゃあイラナイとは言えないし(-.-)
c0051781_11195217.jpg

名古屋に着きました。米原で乗り換えね、うっかり京都まで行かないよう気をつけないと、そのまま橿原線に乗り換えてアレ?どこ行くんやったっけ?とか(笑)

さて、「金沢」という地名の由来と言えば芋掘藤五郎が有名ですが、嫁は初瀬から観音信仰をさげて来たそうなvvv
で嫁が観音様を納めた石浦長谷寺が今の石浦神社という事です。
by elsur147 | 2014-08-19 11:19 | sato | Comments(0)

奈良交通の車窓から(7/25)

丹生川上神社まで辿り着けそうにないので(笑)
奈良交通は榛原から東吉野村役場まで
そこからコミュニティバスで15分くらい
橋を渡ったっけ(おぼろ)芳野川かもしれない こっち側のは宇陀川かもしれない
c0051781_20551449.jpg

額井岳が遠ざかる バス停は木綿橋(き・わ・た・ばし) もめんじゃない 
次は下井足 (しもい・だ・に) いちいち読み方が素直じゃない(笑)
c0051781_2131312.jpg

標識ですけど何か?いえ松阪牛とか(^^;)、生産高より
流通高が多いという不思議なことがあるもよう もっとも牛に限らず( ピー) 
c0051781_21582584.jpg

東吉野村行きのバスは平日だけなので土曜日と休日は
事前に予約すればコミュニティバスが菟田野まで来てくれるv
c0051781_226052.jpg

それにしても待てど暮らせど
竜門岳も鳥ノ塒屋も見えないんである
この辺りなら南西か真西に見えると楽しみにしていたのに
それらしいトンガリ山は見えなかった

古市場を過ぎて 宇迦斯兄弟の宇賀志の辺り
c0051781_22392225.jpg

鳥ノ塒屋は とりのとや 「塒」 難しい字だね、 訓読みは 「ねぐら」
それとついでに 宇迦斯兄弟
兄が 「宇迦斯」 に兄を付けて エ・ウカシ
弟が 「宇迦斯」 に弟を付けて オト・ウカシとは
こう申しては失礼だが 安易な気がする(笑)
c0051781_239231.jpg

やっと生活らしきものが見えてきた 鷲家(わしか)
c0051781_23363672.jpg

バスは山道をひたすら上っているようで
伊勢街道の別ルートを下っている(南下)
c0051781_23425467.jpg

車窓から 「西善」 ここか=3 杣づとの 思うまもなく通り過ぎたり=3
c0051781_23424566.jpg

こりゃ鷲家川かもしれないな
c0051781_23493792.jpg

奈良交通とコミュニティバスの連携は素晴らしいv
c0051781_23495631.jpg

意外なバスに軽く驚き 
c0051781_01863.jpg

高見川かもしれない
見渡す限りの 山山山と川川川
c0051781_23503591.jpg

やっと丹生川上神社の蟻通橋が見えてきた
c0051781_23503812.jpg

蟻通は素直に ありどおし
あんだけ大きけりゃ余裕で通れますよ>蟻んこ(笑)
by elsur147 | 2014-08-16 01:04 | climatnara | Comments(0)

野々市のパーコー

Google ニュースのソデに表示されるローカルが
今は石川県になってて(自分で好みの県を設定できない -.-)
髭鬚張魯肉飯は石川県で食べられる!
という見出しが気になって開いてみた
パーコー麺のご飯版みたいなのが野々市にあるんだって
(↑ 一言で言えばラーメンの薄切りトンカツ乗せ baka美味vvv)

常設のお店は御経塚イオンのフードコートだって
北陸本線の野々市は石川線からだいぶ遠いよ=3
でも食べてみたーーーい
通販があるらしいけど日御子まで出前してくんないかな(笑)

それとハントンライスを今度こそ食べたい
トルコライスのハンガリー版という感じのレトロな洋食

来週は里帰りざますvvv
行きはしらさぎ帰りは夢かポケモンか(当たればな)
帰省ラッシュのピークはサンダーバードの自由席170%て=3
しらさぎは白山側を取りましたが反対側
海側は鯖江から福井までは丹生郡でっせ
だからって何もないだろうけど(笑)
by elsur147 | 2014-08-15 01:42 | sato | Comments(0)

水銀の丹生

きっかけはこの本から
c0051781_21434946.jpg宇陀が大好きなあたしのバイブル。欧州自転車旅行のプロローグは読み返すたびにドキドキする。スカンジナビア半島やアルプスやスイスであたしも著者と同じ幻想的な景色を見てみたいと思うだけで絶対に不可能。さて丹生川上神社は吉野郡に上・中・下と三社あり(格式の上中下ではない)それが宇陀と何の関わりがと思われるかもですが本に書かれていた水銀が採れたという丹生川を見てみたかったのと丹生のつく神社を訪ねてみたいと思っていたのだ。宇陀の雨師にある丹生神社は単独で行くにはハードルが高そうで(バス降りて1.5キロの山ん中)まだ実現できないでいる。


なんてもっともらしいことを書いているが夏季大学の前日は丸一日あるから帰りの時間を気にしなくていい何処に行こうかと考えたときに丹生のつく神社を訪ねてみたいと思っていたことを思い出したのだ 「そうだ丹生川上神社、行こう」(笑) 中社は榛原からバスで南下していくので宇陀の街道沿いを眺めるのも楽しみのひとつとなったわけv

その丹生川上神社中社
ホームページに紹介されていた境内の様子を見るなり
c0051781_23192249.jpg
たじろいだ。だって神社周りの森森森=3
ぐるりと深そうな川を隔てて山山山=3
なんかに出くわしたって逃げるとこないし誰も助けてくんないよ
宇宙ではあなたの悲鳴は というやつだ=3
で。奈良ビジターズビューローとか東吉野村の観光協会とか
いろんなところへ電話して
一人で行っても大丈夫ですかと聞いてしまった。
たいていは 笑われた(笑)

前置きが長くて眠くなってきたワ
おやすみzzz
by elsur147 | 2014-08-13 00:27 | climatnara | Comments(0)

神託は 雲の梯で舞い降りた(7/25)

東京から一足飛びに西峠から丹生川上神社=3
橿原ロイヤルに着いてまだ明るかったので
「そうだ河俣神社、行こう」

神社は橿原市雲梯町にあり(中部の西寄り)
八木西口と 坊城と JR桜井線の金橋と
どの駅からもそこそこ遠い
で。橿原神宮前の駅員さんに地図を見せて尋ねたら
南大阪線の坊城駅からが分かりやすいですよ と。

チェックインして部屋で荷物ばらしたり
ぐずぐずしてたら暗くなってきちゃった
c0051781_2161425.jpg

橿原神宮前の次が橿原神宮西口その次が坊城
沿線は夕暮れどきの平野がきれいだった
消失点の先は浮孔(うきあな)西へ高田市・尺度・磐城と続く
c0051781_21111351.jpg

東の残照。とがった頭をちょこっと飛び出してんのは耳成山 ↓ かね
c0051781_2119421.jpg

いきなりだけどランプって何?(らんぷ→牛肉 ^^;)
ダンナに聞いたら うまく説明できないって言ってた
けど 「雲梯」(うなて) 雲のハシゴって いいよねv
立ち止まってそんなことに感じ入るのも 歩いていてこそ
c0051781_21374778.jpg

夕焼けの二上山は雄岳が遮られていたけど
夕日が枝から透けて見えたのがきれいだった
c0051781_21482834.jpg

ちょい進んだら青いのやら下げたビニールやらが目立って
さっきの方がきれいだったと思った(笑)
c0051781_21514567.jpg

もう少し高いところ~なんて
無理矢理ブロックみたいのによじのぼったけどなんかいまいち
火の見櫓ならぬ二上櫓が欲しいところ
c0051781_2152556.jpg

北だと思う。遠くにピカっと光ってんのはヨーフクの青山
距離からすると大和郡山店かもしれない(笑)
c0051781_21541138.jpg

吹負の勝利は。三人の神の預言によって
一人は 身狭社の生霊神(むさのやしろのいくたま)牟佐坐神社
一人は 何年前になるのか自転車で訪ねた田原本の村屋神vvv

で。もう一人が 高市社の事代主(たけちのやしろ ことしろぬし)
曽我川沿いは鬱蒼とした緑がものすごい
c0051781_0514382.jpg

あっちの方が雲梯のランプでやや明るい(笑)
c0051781_0555926.jpg

おっかない橋をわたると参道
生霊神と事代主は
高市県主許梅 に憑依したとか
(たけちのあがたぬし こめ) こめv
c0051781_0571924.jpg

もう真っ暗で夜はカメラがブレるんですよね
拝殿の奥に薄明かりが差していたのがおどろおどろ
c0051781_11219.jpg

いつか明るいときに来ることがあるだろうか
坊城駅の近くに美味しいパン屋さんがあったから
それを目当てに行こうかな と思う
パンはあたしには最高のニンジンv
c0051781_14329.jpg

歩いてる途中 途中 で見つけては
一個 二個 とちょこちょこ買いで
どれがどこのお店で買ったパンだったか
分からなくなったりしていたがパンはいいから
神武天皇陵に馬と兵器を奉納せよと命じたらしい
こめに(笑)事代主の神様が。
c0051781_1141165.jpg

帰りは地図を電柱の明かりで見ながら
(素直に来た道を引き返すわけがない)
八木西口駅の手前で かの有名な今井町に出た
あらこんなところにあったのね て感じな
けどちょっと造形的な気がしないでもない
c0051781_1254630.jpg

河俣神社から八木西口は歩くとけっこう遠かった
四条のランプは高速が四ツ股くらいに交差していて
下の道は人が歩いていてはイケナイような
(げ、いけなかったのか?もしかして・笑)
同じランプでも雲梯のランプとは雲泥の差(何がよ)
今井町に出るまでややこしかった天女の 「ゆ」
c0051781_1263320.jpg

というわけで。
壬申の乱に貢献した吹負の道はこれでオシマイ
自分で見つけた課題を辿るのもなかなか楽しv
出来ればそうと知らずに訪れた 村屋神社 にまた行きたい
あの参道はとても良かったvvv
by elsur147 | 2014-08-12 20:30 | climatnara | Comments(0)

長尾衢と二上山と(7/28)

法隆寺夏季大学の三日目は午後から
葛城市の長尾に行ってきました。
ここにウサギはいなかったかもしれないけれど
c0051781_1642168.jpg

壬申の乱のファイナルは 中ツ道@村屋だったようで
吹負が村屋で近江軍の副将であるクジラを相手に
(廬井造鯨 → いおい の みやっこ クジラ)
苦戦していたところへ箸墓の戦いで勝利した
ウサギが率いる機動部隊が援護に駆けつけたとか

こいつは長尾神社の門番カエル(牛に乗っかっているのけ?)
c0051781_20364142.jpg

話を戻そう。
村屋前夜の激戦地と伝わる当麻衢は
長尾街道と
竹ノ内街道の終わりであり
横大路のはじまりの交差点
c0051781_1640514.jpg

で。吹負が近江軍を撃破した 「葦池」
と思われる池へ向かっているのだが
c0051781_20423478.jpg

磐城駅の南 という情報しか得られず
それらしい池は木戸池しかなく
それも南というよりは東よりで
そもそも木戸池は江戸時代に造られたという
残念だったが しかし
二上山がきれいに見えて感激vvv
c0051781_21221798.jpg

あの山は昔も今と同じように見えただろうか とか
少し歩いただけで山容が変わるのも面白く
二上山がゆっくり動いているように見えたっけ
(あらあら 動かざる のは何だっけ?)
c0051781_2193912.jpg

あたしには思いがけないプレゼント
c0051781_21213878.jpg

ぐるっと回ると長尾神社の鳥居も見えたりv
c0051781_21284217.jpg

近鉄も走って来たりv
c0051781_21282975.jpg

長尾神社の一の鳥居を線路越しに見たかった
そうやって仕切り直すから時間を食うのだ
c0051781_21451716.jpg
c0051781_21423636.jpg

鳥居/二上/近鉄 とvvv (ほほっ ^o^)
c0051781_21461836.jpg

ズームをかけないと二の鳥居は見えない
神社は道の突き当たり
一の鳥居からけっこう距離ある
c0051781_2149619.jpg

大きな蛇の三輪明神が頭の部分
大和高田の竜王宮が胴体で
長尾神社は尻尾にあたるという
c0051781_2153037.jpg

特養に神社と同じ名前の婆ちゃんがいるので
画像をポストカードにしたのをあげたら
フレームに入れてサイドテーブルに祀っていた
c0051781_21533344.jpg

尻尾の話はしてないよ
(何?あたし尻尾なの?と つむじを曲げそう)
蛇の化身とも話していない
(へびい?と目をむく顔が想像できる・笑)
c0051781_2154989.jpg

で。東北緯の34度30度以下 僅差で東から
伊勢斎宮跡 大神神社 多神社 竜王宮 長尾神社と
東西に並んでいる
c0051781_22293638.jpg

沈む夕日と上る朝日はまあ
家から見れば三輪山方向にも沈むから(笑)
それより東西の並びやトライアングルが凄いと思う
人智をこえた神業ならでわvvv
c0051781_2241786.jpg

門番カエル可愛いね
阿吽といっても
c0051781_22472192.jpg

吽も口を閉じており
しかも親子だ分かるかな
c0051781_2257550.jpg

ほれv 子ガエルやvvv
c0051781_2258879.jpg

乗ろうとすると 暫くは来ない近鉄も
歩いているといくらでも来る(笑)
でもあたし撮り鉄じゃあないですよ
c0051781_23018100.jpg

近鉄限定と言いたいんでしょ
まあね
できれば大阪線と(またはじまった)
嬉しかったな下ノ道(どこそれ?近鉄の下・伊勢街道バス通りとも・笑)
by elsur147 | 2014-08-09 00:30 | climatnara | Comments(2)



climatnara Gunners robinvanpersie