arsenal seveile

<   2014年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ぬっと喜光寺

ほんとに ぬっ と現れた。
薄田泣菫の(え?) 喜光寺は(まあまあ^^;)
尼ヶ辻から阪奈道路沿い すぐそこにある あったのである 
c0051781_21225423.jpg

が。阪奈をくぐる地下道に誘導されてしまい
菅原地区へ迷い込んだ。
このあたり一帯はどなたかの持ち物であるらしく
歩く道すがら、どの家にも同じ名字の表札があり、
またモルジアナのアリババかと(笑)
ほいで出くわしたのがこんな立て札c0051781_20184676.jpg

道真公が産湯を使ったと伝わる池どすc0051781_20562256.jpg

なんでも菅原天満宮は喜光寺よりも古いらしく
お先に寄るのが正解かもな とか歩きつつ
喜光寺へ行く方向を見失うのはあたしならでわ=3
c0051781_21151447.jpg

阪奈道路の歩道橋から撮ってみた
何の加工も調整もしていない天然の青空~
いいお天気で暖かかったvvv
c0051781_21261743.jpg

・どっちを向いても若々しい生命に充ちた初夏の光景のうちに
・どこかかう間の抜けたやうな古い、
・大柄な屋根ののっそりと突っ立ってゐる

お試しの ぷち大仏殿
・この喜光寺にはどんな夢があったらうか
c0051781_21291213.jpg

丸いのがいっぱい
同じ形の鉢が均等に並んでいるのって気持ちいい
揃っているのが大好きだものw
これは蓮を育てているところ
c0051781_22423923.jpg

ほんで ぷち大仏殿の裏にある弁天堂
ご神体の宇賀神王がご開帳されているc0051781_22575361.jpg

宇賀神王は日本固有の五穀を司る神であるが
似たもの同士ということで弁天様とコラボ とか
(正しくは神仏習合である)
ほいで御身代わりの弁天様の頭に鳥居と
人頭蛇身の宇賀神様が~ 
c0051781_238537.jpgc0051781_239556.jpg


おそれおおくて目がつぶれそう・・・すいません

で。喜光寺について調べていたら
「薄田泣菫 喜光寺」 というページを見つけ
ますます訪ねたい度が高まったのでしたw

・佐紀の村はずれから郡山街道について南へ下ると
・路の右手に嘗て、熟れかかった麥の穂並みの上に
・ぬっとした喜光寺の屋根がみえる

どんな風に ぬっ としているのか見たくてー

・立ち止まって疲れたやうな屋根の勾配
・腑抜けのした喜光寺が言いさうな口前
・ひどく気が滅入ってよろよろになってゐる喜光寺の屋根

喜光寺の、のっそりした屋根を見ていたら(おそらく本堂)
ツルゲエネフの「親と子」を思い出したそうです薄田泣菫は。
c0051781_23143066.jpg

本文には 疲れて居眠りとか
肩をむきだしに乾ききった古寺の容子とか
ひどい言われようですが喜光寺はそれはさておき
(・は引用した部分)

初出が明治41年10月とありました。

想像も出来ないくらい様変わりしているとはいえ
それがそうでもないような・・・
喜光寺をよそに開発されまくりの
どこか無視されているような悲しさは
c0051781_23273396.jpg

by elsur147 | 2014-01-31 00:02 | climatnara | Comments(0)

どうしても持ち帰りたかった物

話というか尼ヶ辻から大幅に飛びますが

帰りがけに桜井のマルツベーカリーに寄りまして
こんなものを見つけたら
いてもたってもいられないー
c0051781_121297.jpg
こ、これ、持ち帰りたいんですけど
これから東京へ帰るんですけど(おまえ東京じゃあるめえ)
冷蔵庫に入るの11時近くになってしまうんですけど

c0051781_1192611.jpg

と必死に訴えたらお店の方が
保冷剤を入れておきましょう と
少しでも断熱の為に紙袋に入れて
二重にしてくださった(ありがたい・・・)
c0051781_1192447.jpg

で。なんの問題もなく
無事に持ち帰ることが出来ました。
c0051781_1214428.jpg

これぞ正真正銘のバタークリームでvvv
ほんのろラム酒が効いてます
小川軒の
レーズンウィッチのクリームのような~

美味しいバターロールに塗って
ラズベリージャムをちょこっとのせたりして
もーーー幸せ♩
一個は冷凍してある

今度行ったときはもっとまとめ買いして
クール宅急便だな、とか
あの辺にヤマトの営業所あったっけ
大和八木ならあるでしょ?ない?
そんなことまで考え巡らして
奈良へ何しに行くんだか(^^;)
by elsur147 | 2014-01-25 01:50 | climatnara | Comments(0)

尼ヶ辻など

今も大和西大寺で乗り換えるのにまったく慣れない。

去年の秋に唐招提寺に行ったときは
急行だったかな、間違えて、
「大和郡山」 まで連れて行かれた。
そこから戻るときも乗り間違えて
うっかり 「大和西大寺」 まで戻りそうになり
まじであぶなかった(笑)
じょだんぢゃないよ笑えませんて;

ほんで今回は乗り換える行く先方面のアナウンスで
「尼崎」 を 「尼ヶ辻」 と聞き間違えたというか勘違いして
「尼崎方面」 のホームに立っていたのである。
ホームにファミマがあるのが珍しくて
なんか買ってこうかなとか余所見してるからだよー

それにしても尼崎って。。ひょーご県でしょ
どこまで続いてんだ近鉄は
喜光寺に行く途中 垂仁天皇陵に寄ってみた
c0051781_22224997.jpg

裏から見るのは初めてだと思った。
ほんとに裏なの?さあ?
近鉄がくぐる枠が好き
四角い枠が等間隔に並んでいる
c0051781_2234860.jpg

喜光寺から尼ヶ辻に戻るとき
左に見えてる丸いモリモリの方にも行ってみた。
by elsur147 | 2014-01-23 22:52 | climatnara | Comments(0)

まずはのぞみの車窓から

先週の水曜日(1/15)喜光寺に行ったときの。
東京駅の日本橋口は東西線の大手町
CMや看板を見てたら当麻寺に行きたくなった。
次はここに決めw
こうしていつも出遅れる(笑)
c0051781_2071178.jpg

新幹線乗り換え口と思えないくらい
早朝も帰ってきたときも人が少ない
c0051781_2010274.jpg

富士山はまったく見えなかったし
それか手荷物とかごそごそやってる間に
見逃してしまったのかも
c0051781_201637100.jpg

遠くのあの山は何だろうアルプスに連なる山山?
山のあなたの空遠く 幸 すむと人の言う とか
(アルプスを越えたら幸村がある。うちの田舎だ)
c0051781_20172686.jpg

これはこれは伊吹山
c0051781_20173899.jpg

鉄塔があればまたそれなりに(何が?笑)
c0051781_20181693.jpg

遠くの冠雪連邦 郷愁そそる~
c0051781_201953100.jpg

もしかして比叡山とかなのかな
あの三角に並んでるの 何なのーーー
c0051781_20211370.jpg
by elsur147 | 2014-01-23 20:55 | climatnara | Comments(1)

かずは

<栗> 粒粒が大きいvvv
んで 袋が栗色~。
c0051781_21431898.jpg
by elsur147 | 2014-01-20 21:39 | Comments(0)

奈良坐

川原比売(^o^)v
c0051781_1224016.jpg
by elsur147 | 2014-01-15 12:02 | Comments(0)

ゐざさのこむすびとか

あれこれどこの扉だったっけー
そういうこと言うと特養で寮母さんから あら若年性?と突っ込まれる(汗
唐招提寺の几帳なんだけど・・・
c0051781_23562112.jpg


で。そのときの話をアップできないでいるけど
(去年の10月)
美味しかったよー ゐざさのこむすび
c0051781_01838.jpg

巻物というかくるんであるものが全部違うのってすごい楽しい
いつも中身が何かなーって予想しながらw
いつも前にいただいたときのこと忘れちゃってねえ・・・
左から 梅干し、穴子、焼きサバ、じゃこ、牛しぐれ、鮭
包みと具の相性バランスいいでしょvvvc0051781_014915.jpg

けど柿の葉寿司ヤマトの味七色も楽しいので
どっちも捨てがたいな~っていつも迷う。。
c0051781_023193.jpg

それと京都駅の、上りホーム限定のタマゴサンド
お店の名前を忘れてしまった
8号車近辺のスタンドカフェです(笑)
しかも食べかけですいません
あまりにも美味しかったので写真撮っといた
c0051781_025463.jpg

というわけで明日は久しぶりに奈良だよ(日帰り)
帰りが20時ののぞみだとなくなっちゃうから
ゐざさのこむすびとサンドイッチを予約してあるw
じゃね
後ろでダンナが ねえねえ明日早いんじゃないのお?て(^^;)
じゃ寝るzzz
by elsur147 | 2014-01-15 00:26 | climatnara | Comments(0)

小松な夕飯

帰りは弟が小松まで送ってくれるので
途中でご飯を食べようという話になって
弟は空港に近いお店を石版で探しつつ
口コミやら読んで突っ込みを入れのの
お店も話もあっちこっちへ逸れていくので
ほな余所見しとったら時間なくなるぞ
と父が、やんわり(笑)
飛行機は最終便。もう真っ暗な玄関前
c0051781_21441858.jpg

小松空港に近い中華そばのお店
おおざっぱな雰囲気が気楽でナイスvc0051781_21574364.jpg

餃子二人前は一枚皿にどーん
で。お皿からはみだしている
c0051781_21591944.jpg

小松名物の塩やきそば
元祖!という話だが眉だとおもう(^^;)
奥のは父が頼んだあんかけ堅焼きそば
奥の右のは弟が頼んだニラレバだったのだが
ほとんど平らげてある(笑)
弟は別に麻婆定食も頼んでいた。
c0051781_2203326.jpg

それまで茶の間で、お供え下がりの和菓子とか
さんざんつまみ食いをしていたあたしと父に向かって
二言目には よく食べますな とか よく言いますよ=3
餃子とニラレバと、別に定食で、ご飯大盛りでv
塩焼きそば 美味しかった~
c0051781_2261973.jpg

あたしの天敵であるピーマンと長ネギが移動して
緑が濃くなった父のあんかけ焼きそば(^^;)
何その年になってまだ食えないの?だらしねえな とか
自分だって椎茸とかキノコ類が苦手なくせに
弟は人のことにはいちいちウルサイんであるc0051781_2215471.jpg

大衆食堂ムード満点な「清ちゃん」でした
c0051781_2219760.jpg

小松空港に出店しているベーカリーのカツサンド
別腹やw
c0051781_22252165.jpg

空港で じゃね と分かれたときの二人を今でも忘れない
来月は一周忌。今度はもう少し早めに行ってゆっくりしよ♩

これは12月はじめに行ったときの帰り便
羽田沖は夜景のシナプス 昔はもっと明るかった気がする
c0051781_232284.jpg
by elsur147 | 2014-01-14 22:41 | sato | Comments(0)

初詣な午後

天気がよくなくて写りが悪いけど
小松から日御子まで車で白山さんが見えたw
山の形がハッキリ見える日って少ないんだよね
今回は先に行ってた弟の送迎v
c0051781_21241217.jpg

白山さんと小松機器
c0051781_2124496.jpg

午後は白山比咩神社へ初詣
鶴来街道は大渋滞だったので在所道w
c0051781_21412358.jpg

雪吊りは普通の家でも備えあるc0051781_21463447.jpg

獅子頭の工房もごく普通だったりc0051781_21463186.jpg

獅子頭がいたから取り直したりして(笑)
c0051781_2147966.jpg

ほんで標識を撮ったら逆光で真っ暗で
文字が見えるまでに彩度をあげたら
周りがまっちろになってしまったが気にしない(笑)c0051781_21471037.jpg

初詣なんていつぶりだか記憶にない
(学生時代の明治神宮かな・・・)
迷子にならないようにしないと=3
で。写真どころではありませんで
とっとと進む父と弟vv 二人ともあやしすぎてもう(^^;) 
c0051781_2334490.jpg

どこの神社でも狛犬を見るにつけ
室生の龍穴神社を思い出す
狛犬は目の前に坐るのに
目には見えない磁場があって
君の坐る世界へ連れて行ってと願う
龍穴の狛犬を
c0051781_22345514.jpg
c0051781_22352271.jpg

白山さん遙拝所の扁額
c0051781_22354783.jpg

獅子吼がチラ見える本殿
c0051781_2236246.jpg

獅子吼をのぞむ北の鳥居
どっしりした構えが好きw
c0051781_22371158.jpg

北陸鉄道の終着駅であったが廃線になり
駅舎だけ残され今はバスの停留所になっている
加賀一宮駅(金沢からの便は朝1本だけ=3) 
c0051781_23115499.jpg

帰り道に
c0051781_2318157.jpg

鶴来の古い家並みとか
c0051781_23191878.jpg

夕方になっても参拝車は続く
c0051781_23183619.jpg

夕焼けはもっときれいに見えたんだけどc0051781_23211476.jpg

ここらはもう家の近くだけど
比咩神社へ向かう車の列が続いているのが見えるかな
“ここは天国かい?” “いや、アイオワ”  
(Field of Dreams)
c0051781_23214371.jpg
いえ ひのみこ(*^^*) 
by elsur147 | 2014-01-09 23:47 | sato | Comments(0)

ANAおせち

壱の重
c0051781_11291476.jpg

弐の重
c0051781_11292144.jpg

竹筒の蓋をあけたら子持ち昆布が
芸が細かいw
c0051781_11322861.jpg

ひとつひとつお品書きで確認しながら
見目も楽しいANAおせちvvv

こちらは父が用意していた洋風おせち
右下のローストチキンとその上のカップ
パウンドシフォン(ケーキ)が
かなり幅をきかせているね
(パウンドすごいおいしかった~♬)c0051781_1233871.jpg

で。同じボリュームの和風おせちもあったらしいが
元旦と二日でたいらげてしまったそうで(笑)
で。祝い箸は弟が名前を書いてくれたって♩
その様子を想像して何ともいえない気持ちになったc0051781_1225714.jpg

で余談だけど祝い箸に母の名前を見て思い出した
うちのほうだけ?というか浄土真宗?真宗大谷派?
身内三人で 「夜伽」 をしたのでした。@母の通夜
祭壇に安置した母の前で夕食をとり見守りつつも
さいごは大御堂に布団を敷いて寝てしまい(^^;)

母方の祖父母のときは祖父母は布団に寝かせたままで
まさに夜伽な、夜を徹して、大勢さんで酒盛りしていた=3
by elsur147 | 2014-01-09 21:49 | sato | Comments(0)



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31