arsenal seveile

<   2013年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

今日の閑話休題

そろそろ新幹線の切符をとらないと とか
(夏季大学までもうあと一ヶ月=3)
ベッカーズでフリーパーパーを眺めながら
ハワイアンバーガーはパイナップル~
さて。どこの何が見どころなのでしょvc0051781_23514166.jpg

ハンバーガーやピザをオニオン抜きでオーダーすると
「アレルギーですか?」 と聞かれることが多くなった。
店長かその代理らしき人が出てきて問われたことも多々
最近の傾向というか 世の流れ・・・
by elsur147 | 2013-06-26 00:00 | etcetra | Comments(0)

と言うわけで閑話休題

広島に雲隠れしている間に富士山が世界遺産に登録された。
メデタイw とバンザイしかけたところを、ちょっと待った、と
またもやよからぬ思考が脳裏をよぎる。世界の遺産?なんでや
富士山は日本のものや=3 と 思うココロの特異体質(疲)

で。羽田-広島はごらんのように真上を通過するので拝めませんで。
c0051781_221421100.jpg

離陸後にポツリポツリと降り出した雨で視界は効かず
c0051781_22251283.jpg

瀬戸の島々ぼんやり霞むも富士つながりで
ひょいと思い出したフレーズが
c0051781_2229248.jpg

山は富士~ 海は瀬戸内 湯は別府!
と キッパリ宣言したのは誰だったかな
まったくもって同感同感w
c0051781_22294636.jpg

で。雨は二日間降り続き、
帰り便は機材繰りで1時間遅れの激しく揺れの
(強風で高度を上げられないから)
揺れたもこわかったけど、機内で
雨の打ち付ける音が絶えず聞こえているというのも
かなりこわっかった~

そんなでプレミアGOZENの写真は撮れず。
しかしさすが瀬戸内。小松GOZENより美味い美味しいw
羽田のランチ&ディナーも美味しいと評判なのだが
いただく機会はなさそうな だって時間が勿体ないある
と言うわけで朝GOZEN
c0051781_2246411.jpg

サンドイッチはパっと見よりボリュームあったv
c0051781_22465499.jpg

チキンとコーンのチャウダースープ
c0051781_22474779.jpg

ただ羽田-広島って殆ど西へまっつぐで
大阪から山陽上空をやや北寄りにぶので
松山航路ほど瀬戸の島々は見えずじまい。
羽田-松山の瀬戸内は絶景だった・・・
こちら広島上空。広島空港は山の上~c0051781_2319050.jpg
by elsur147 | 2013-06-25 23:42 | etcetra | Comments(0)

西松原

c0051781_14431467.jpg

さざ波の寄せ返る音が気持いい
by elsur147 | 2013-06-19 14:43 | Comments(0)

鹿@観光案内図

c0051781_13404481.jpg

ホンモノだ生きてる=33

雨宿りしてんのよ、、
by elsur147 | 2013-06-19 13:40 | Comments(0)

HIROSHIMA

c0051781_9205129.jpg

父が急な法要で広島着が夜9時過ぎるって言うから爺さんの(母の父)巡洋艦慰霊碑参りは明日になり今日は独りで宮島ブラブラ。帰り便がB787なのがちと不安(^^;)
by elsur147 | 2013-06-19 09:20 | Comments(0)

六本木の。奈良を探して

珍しく今日の日記だ(もう昨日だ)
室生寺ではないけれど。
思う存分!横顔の君!
c0051781_22344175.jpg

はい港区赤坂ROPPONGI
c0051781_2236347.jpg

上を首都高が走っている
c0051781_2239771.jpg

首都高を走るのは好きなんだけど
(おかしな日本語だガイジンには通じまい)
舞台裏はすごいことになっていた
c0051781_22424228.jpg

でもなんかヘンだ道まちがえた=3
信号を渡ったらそのまま高速沿いに
ゆる~い下り坂に誘導されちまった
c0051781_2361160.jpg

で。もどって東京ミッドタウンの入り口どこー とか
あったあった いたいたーーー
c0051781_2395824.jpg

横顔の君ーーー
c0051781_23454595.jpg

c0051781_2346928.jpg

しつこいけど 横顔の君ーーー
c0051781_23464646.jpg

土門氏のパネル写真を初めて見ました。
も~~~ 素晴らしいのなんの
美しいの素朴なの懐かしいの可愛らしいの
うーんと至近距離で目をこらして
じーっと見入ってました
とりわけ唐招提寺の千手観音のクローズアップに
大感激のあまりー(写真コッソリすいませんすいません)
c0051781_23502477.jpg

あますことなく救ってくれる手?
一本25役の40本が1000本と
目の当たりにして動けなかった
c0051781_23505198.jpg

頼もしく力強い握り拳に泣けた
c0051781_2351545.jpg


c0051781_044612.jpg


思いきり横顔の君

心行くまで横顔の君

あたしだけの室生寺の

弥勒堂の横顔の君

会わせてくれて

ありがとう

ら~ぶ~♪♪♪
by elsur147 | 2013-06-18 00:26 | climatnara | Comments(0)

白山つながりで白山神社

文京区です。都営三田線の「白山」 と来たら
千石の三百人劇場にたまに行ったな
とか思考が横道に逸れるタコスケ
今でもあるだろうか。
タルコフスキーを見るにはクッション必携(笑)

もとい。白山神社
拝殿と社務所が渡り廊下でつながっている。
して毎度ノボリ旗は裏返る と(笑)
c0051781_2211327.jpg

今 あじさいまつり のさなかですが
開催中に行かれそうにないので
おまつり前の(6月4日の会社帰り)
日照り続きに行った日のこと
c0051781_218758.jpg
c0051781_21202985.jpg

約三千本のアジサイは七分咲きの
c0051781_21261230.jpg
c0051781_21353034.jpg
c0051781_2137474.jpg

猫天国
c0051781_21105786.jpg

そこらじゅう~ひねもすのたりのたりネコ 
しかし場所柄か
国芳の浮世絵に登場するような
ゴロニャ~ゴといった面持ちで
c0051781_21484640.jpg
c0051781_2114643.jpg

かわいくない(笑)
c0051781_21504648.jpg

あじさいは元気なかったけど
いくつもの丸みになごんだ
c0051781_21303124.jpg

神社を囲む白山公園から
垣間見える本殿
c0051781_21332341.jpg

町会の社?赤門とは?
赤門といえば
東大は前田家の江戸屋敷 跡
だそうな
c0051781_21411246.jpg

そこからほど近い 小石川 とは
加賀の石川の プチ という意味である
(加賀国石川郡)←今の白山市やw
町会の社?
神社の脇に鎮座する
いくつもの神様の祠のように
いくつも並んでいた
c0051781_21421941.jpg
c0051781_2143180.jpg

ブライダルなあじさいを見つけた
天使のリング ウェディングの冠♪
c0051781_22164487.jpg
c0051781_2212854.jpg

不思議だね
c0051781_2231643.jpg

鳥居はやっぱこっちから見る方が好き
c0051781_2244054.jpg
by elsur147 | 2013-06-13 22:28 | etcetra | Comments(0)

築地の獅子頭

築地市場の波除神社(なみよけ)
c0051781_12103046.jpg

夏越し大祭つきじ獅子歳
町を巡行する御神輿の獅子頭は
鶴来の千田工房からやってきたw
そう広くはない境内に
狛犬ならぬ狛獅子は
大きな歯をむき出しの
右左どちらも阿形のような(笑)
男と女

獅子殿に鎮座する オス
c0051781_1384688.jpg

厄除天井大獅子という
樹齢約3千年の黒檜
c0051781_1312546.jpg

お歯黒獅子は(メス)総漆塗り一木造
女性が担ぐ区間もあって(毎年ではない)
金の巻き毛は金箔押しです
c0051781_13202288.jpg

始め納め神事に納められたもの
能登ひかり 萬歳楽 氷酒 白山氷室
加賀の国 鶴来 と。
素直に嬉しかった♪
近くにいたヒトたちに
うちの田舎だと
自慢したくなった(単純おバカ)
c0051781_13374112.jpg

晴海通りを銀座方面へ歩くと歌舞伎座がある
(日比谷線の東銀座駅に直結された)
c0051781_1424997.jpg

昔スポーツジムに通っていた頃
和雑貨というコトバもない頃(笑)
バスタオル代わりに湯あげを使っていた。
荷物が嵩張らないのが何よりの理由v
それを買っていたのがここ。
c0051781_15212260.jpg

そういえばシネパトスはなくなったんだっけ。
ミニシアター系の名画座というか・・・
それも元はポルノ映画館のリニューアルで
ミニ系になってもしばらくは
意味深なタイトルやポスターによっては
何の疑いもなくポルノだと(~o~)/~~~v
そんなオヤジをたまに見かけた。

思い出すだけでも
・処女の泉(言わずと知れたベルイマンだが)
・白い婚礼(十代のバネッサパラディと中年教師のラブラブ)
・美しき諍い女(エマニュアルベアールのセミヌード)

予告編あたりで 何か違うぞ 
と気がついたのか
気まずそうに引き上げていった(笑)

もとい。獅子頭を産んだ 加賀一宮
子供の頃
一宮が何を示しているかも知らず
神社の坐すところ当たり前にあるとも知らず

おだんご結って
デコ光らせてのがあたしや
c0051781_203831.jpg

単純に 「かがいちのみや」 
という響きに惹かれた。
c0051781_18425091.jpg

北陸鉄道・石川線の加賀一宮駅
2006年に廃駅となったが(年間利用80人弱)
金沢からのバス路線は名前も健在v
新幹線が開通したらバスで行こう
c0051781_18474058.jpg

一週間くらいのんびりしていたいなあ
将来 ここで暮らしたいなあ なんて 夢
c0051781_18411497.jpg
by elsur147 | 2013-06-13 21:07 | sato | Comments(0)

父と見たnara

いいかげんに終わりにしないと
5月23日の話をいつまでも~
で。田植えが終わった日御子町
c0051781_19173290.jpg

獅子吼をゴンドラで降りながら
いま金沢に奈良の仏像が来てるよ
行ってみようか まだ時間あるから

えーーー 父から nara と聞くなんて 
nanto 意外な (とんだ井の中の蛙ならぬタコスケ=3)
で 橿原神宮初詣の話などを聞いたわけです。

で お抱えのタクシーを呼び出してGO~
(日御子から小松より金沢の方が近い)
途中で 獅子頭の千田工房 の前を通ったら
筋金入りな風貌の職人さんが出てきたところで
(あの爺さんが作ったんや) と。

で。あっと言う間に県立美術館の前で
(日御子は小松より金沢の方が近い)

ここに金城霊沢があり(きんじょうれいたく)
前田利家が 芋掘り五郎兵衛の伝説にちなんで
(正直者が芋を洗ったら砂金がざくざく)←ちょと違うが
町名を 金沢 としたと伝わる、
「金洗いの沢」 もあるらしい、
前田家と後水尾院が 心の同志 と崇める、
菅原道真の
金沢神社 (前置き長ぇぇぇぇぇ)
c0051781_19274267.jpg

で。県立美術館の表玄関から
国宝 薬師寺展のページに飛ぶと
カーソルがキント~ンv

「まもなく僧侶による本日最終のガイダンスが始まるのでご参加ください」 と
何度もくりかえし、館内放送だけでなく、
係員が各部屋をまわってお誘いに来られたので
なんか学校にいるみたいだ と思ったりしたのである。

聖観音菩薩と吉祥天女像のほかに
凍れる水煙のレプリカがあった。
東塔露盤蓋板と伏鉢も来ていた。

c0051781_20133569.jpg
とか奈良時代の大般若経47帖
凄かった~ 墨書された箱ごと
ごっそり出てきたらしいです。
(大目玉だな)
奈良時代の魚養経もあったので 
ふと十輪院 を思い出したり。
で。いつか薬師寺に行ったときは
この背中を思い出すんや(*^^*)


あと 奈良時代の等身大の十一面観音w
長髪(ロン毛)を
両肩にたらしているという珍しいお姿v


それらは修理中の東塔におさめてあったのだらうか
たぶんそう?東塔の四天王と日光月光も来ていた。

薬師寺展だから その流れで密かに
大津皇子が来ていないか という淡い期待は
泡と消えたが(そうは問屋が?はいはーい)

で。帰りは香林坊まで歩いてバスと電車で。

金沢城公園と兼六園をぐるりとまわる
百万石通り (奈良でいえば登大路か)
・旧制第四高等学校 跡
c0051781_20335784.jpg

金大理学部、金沢地方裁判所を経て
現在は郷土資料館になっているらしい
初代館長が加賀18代目の前田利祐だって。

あれ?
金沢城と兼六園をぐるっとまわるって
皇居の外堀内堀と似たような・・・
話とぶけど金沢城はぷち江戸城だったとか
似ているんだって(主に高山右近による)

で。香林坊でコーヒーブレイク
ブレない味を求める父の希望でスタバ
ここらへんはあたしに似ている
ちなみにあたしはタリーズ派v

ストロベリーシフォン だったかな
c0051781_21401712.jpg

激ヘビーーーな濃厚ショコラ
父が頼んだデビルスケーキは
こっちに半分まわってきた(やり~w)
c0051781_2143894.jpg

野町駅までのバスはいくらでも来る
そこから石川線は1時間に2本(笑)
c0051781_2147214.jpg
c0051781_21552556.jpg

道を降りていくと温泉が?
今もやっているのだろうか
c0051781_2156495.jpg

煙突があるにはあるが。
c0051781_2158065.jpg

日御子に着いたら
駅から5分とかからない(楽)
家の前で 座れば牡丹w
(うちの庭ではない 誰の庭でもない)
丸い蕾が好きw
c0051781_227254.jpg

あたしが届けた こっちは芍薬
c0051781_2291920.jpg


c0051781_22234854.jpg

ところで。
この鐘 な~んでしょ
何で部屋の隅に?
撞木もあったので
というより
カナヅチみたいな(笑)
ちょいと撞いてみたら
ごぉぉぉぉぉぉん・・・
とホンモノの音が響いたので
あわてて逃げた(笑)






こにゃ おこられるど
c0051781_22362124.jpg

で。実家に何しにいったかというと
衣類など遺品の整理
一日で出来るだけでいいから と言うので。
それが二人して出かけてしまい
タンスにゴンしただけ(^^;)
何しに来たんだか分かりませんな
と言ったら
ニヤニヤしながら
まあいいぢゃないの(^_-)v と。

めったに拝めない霊峰 白山
夕焼けが綺麗でした。
c0051781_2245792.jpg

by elsur147 | 2013-06-11 23:08 | sato | Comments(0)

スカイ獅子吼

白山比咩神社から獅子吼へ続く里山
濃い緑の山並みは白山につながっているc0051781_10485852.jpg

くくり姫の加賀菊酒 
c0051781_10555724.jpg

獅子吼の山は後高山という(しりたかやま)
その昔、泰澄が白山開山に行く途中
後高山の四ヶ所で宿泊したので
四宿→ 「ししゅく」 を 獅子吼と当てたらしい

その 獅子吼 とは
ペラペラとのべつまくなしに
雄弁であることと違う
c0051781_111217100.jpg

貧富の差などものともせず
たとい相手がならず者であれ
ひるまずに
正しいことを言う姿勢。
(けどそれも一歩間違えば傲慢や)

並んでいるのは獅子頭
プレミアリーグこと 金の獅子
ならぬ 金歯の獅子 や 
(青いバケツが何ともいいねえvvv)
c0051781_12383719.jpg

その獅子頭の工房が麓にあるが。
ここは観光用の施設で
ホンモノの知田工房は
下の道路(県道かな)沿いにある。
なんの飾り立てもない もろ工房(笑)

「ああ あの爺さんが作ったんだよ」 と父が。
あとで車で通りかかったとき ちょうど
職人さんと出会い頭でw(意味が全く違う)
c0051781_12381656.jpg

ゴンドラで山頂まで行って見ようか(649M)
ここにも奥の院があり 928M あるらしい
c0051781_12551031.jpg

ハングライダーとパラグライダーは
強風で中止だった。一時間程度なら
乗って鳥になってみたいけど
天候に恵まれる方が難しそうだよ
c0051781_12581779.jpg

あの紫色の花は何?
藤が自生してるんだよ
へー すごいねv
c0051781_12592961.jpg

光がまぶしすぎて
c0051781_130191.jpg

下に見える棚田が 神田 なのかな
その下の
溶岩流が止まって固まって出来たっぽい
山裾の手前は鶴来町
その先に日御子町がかすんでいる
お天気がよければ日本海が見えるかも。
c0051781_1303177.jpg

ガスっていて展望が良くないと父は言っていたけど
あの茶色い屋根のが何何で 手前のが何何で と
細かい場所を説明してくれた。

子供の頃は毎年必ず盆暮れに来ていた故郷
あらためて扇状地とか意識しながら興味津々

母が里へ引き上げてから
一度も訪ねていなかったのは
私には幸いだったかも
母がいるときに来てみたかった 
とは思うけど
c0051781_138692.jpg

一緒に過ごした場所を訪れると
母がいたときの事を思い出して
いないということを実感するから
故郷を封印してしまったかもだ

だから日常、通勤エリアのなかでも
銀座四丁目の交差点を新橋側に渡れない
不二家が見える数寄屋橋の交差点や
日比谷方面は意識して迂回しており
デパートの華やかな雰囲気に動揺する。
母とデパ地下を歩かなかったのが幸い
品川と新宿には二度と行きたくないな 

山裾を縫うように
手取川が流れている
c0051781_1382264.jpg

父は在所ウォッチングに夢中~~~
c0051781_1394348.jpg

そろそろ降りるよ、と、どうやら
次に行くとこを思いついたらしいv
c0051781_13113566.jpg

加賀の獅子舞は金劔宮の御輿に由来するとか

それと父から聞いた話で驚いたのが
父が大阪に単身赴任してた時代(出家前)
毎年お正月は母と橿原神宮へ初詣に行ってたって
えーーー(*_*)
そんな話、聞いたことないわよ=3
で、薬師寺が定番のコースだったっつーじゃん

唐招提寺は?
そこも行ったことはあるけど
あそこはちょっと地味だしね
あまり好きじゃなかったみたいよ
(派手好きが^^;)

あたしはたぶん聞いてても
聞いていなかったんだ(笑)
泊まりがけなら
富士山かどこか、山に行ってるんだと
勝手に思い込んでいたんだろ
あたしの中にまだ 奈良の
な の時もなかった時代(^^;)

よかったね母の足跡ならたどれるよ
by elsur147 | 2013-06-06 22:08 | sato | Comments(0)



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30