arsenal seveile

<   2012年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

日光街道で見つけたnara

神橋の方へ戻りながら・・・(登山口から10分くらい)
やたらめったら赤いな と。
板垣クンのところが断トツ目立つなv
c0051781_19384925.jpg

神橋の社務所も。左の紅葉は板垣クンや
c0051781_2185016.jpg

地味~でしょ。日光羊羹街道は。
仕舞た屋ありの ありのままな所が好き。
c0051781_22272962.jpg

三人官女はガイジンさん♪
c0051781_22321379.jpg

街道の途中で遅ランチ 「さん・フィールド」 
c0051781_22404797.jpg

ゆばの御膳 コーヒーゼリーにも ゆば(葛に似た食感)
ごはんの上に乗っているのは 紫蘇巻き唐辛子 
梅干し系が好きなら ご飯がススムくんで大変ですよ(笑)
(紫蘇の葉で巻いた唐辛子を細かく刻んだもの)c0051781_22402542.jpg

で。なんといっても これこれ 巨大ゆば
渦巻きをほぐしながら 美味しくて楽しい~
c0051781_22443485.jpg

イチョウは もう~チョイ ってとこ?
c0051781_22505736.jpg

アンティークショップが好きなんだけど
普段は近寄らないようにしているのだ。
縁取りのついた怪しい洗面器とか(笑)
丸イスとか錆びたバケツとか 欲しかったーc0051781_2334264.jpg

奈良のだ 奈良の絵はがき~(絵じゃない)
持って帰らなきゃ~って
日光のとか京都のとか 
入り交じりの中から探して
表でしゃがみこんで足が痺れた(笑)
c0051781_2351162.jpg


これは戦前のだって。二月堂だよ

りあに上ぐすの堂華法 堂月二
にして立建てるの尚和忠實子弟の辯良年四寳勝平天
りな所ヽるらせ興再の綱家川徳軍将年九文寛は堂現
・・・云々 解説が逆から書いてある(ほほっ)
c0051781_23713.jpg

その表に 見えるかな ロシア語みたいだね
c0051781_23121168.jpg

門外不出の ふだらく本舗の ゆばむすび
c0051781_23242559.jpg

ペタっとしたゆばの皮の食感と
お醤油だけの味付けおこわ 
絶品絶品!!! たまらな~~~い
このために日光に行きたかったりvvv
c0051781_23294650.jpg

それと油源の ゆばちらし 
(どんだけ食べんの)
器は洗って乾かしてお菓子入れとかに使っている。
キッチンの下にも 同じのがごろごろ入っている。c0051781_23304786.jpg

お弁当二個と 金谷ベーカリーの食パンとドーナツと
おむすび三パックと羊羹と。 手荷物重杉(笑)
今度は憾満ヶ淵に行ってみよう 
お地蔵様が化けて並んでるんだって(どんなの?) 
c0051781_23393728.jpg

じゃーねー
by elsur147 | 2012-11-28 00:15 | etcetra | Comments(4)

外山の騎馬太子とか

頂上まだかいな だいぶ疲れたな 
と。いくつ目かの鳥居が現れた。
c0051781_20235493.jpg

このあたりから急な登りになる
両手は空けておくのが正解なのかも
岩に両手をついてヨジ登った所もあって
肩からバッグが前にズルンだ=3
カメラを庇ったり、けっこー大変
でもあたしリュックは苦手なんだよ
c0051781_2029169.jpg

すこし視界が開けて
明るさにほっとした。
赤薙山の方(北西)←違うかもだ
c0051781_20595032.jpg

頂上にある毘沙門堂(輪王寺の管理)
c0051781_2134228.jpg

見張り台にもなったらしい。狼煙の合図とか。
この日は曇っていたけど 
それでも大谷川の流れとかバッチリ見えて感激
c0051781_217592.jpg

神橋から星宮・星宿・化星宿と続く鳴虫山
c0051781_21221589.jpg

毘沙門堂の裏が山頂になっている
c0051781_21251524.jpg

いたいたいた 石仏やvvv
c0051781_21232821.jpg

この騎馬太子に会いたかった~
c0051781_2142719.jpg

太子と違う。 「勝軍地蔵」と呼ぶらしい
c0051781_2140748.jpg
c0051781_214756.jpg

西から男体山・大真名子山・小真名子山・女峰山・赤薙山と
曇り空で写真写りがよくないけど (雨もぱらつき)
肉眼では目前に聳える連山の偉容さを実感できたよvvv
c0051781_2150575.jpg

お手洗い。傾斜がなんとも・・・
c0051781_22232117.jpg

毘沙門堂の前で軽いお昼
金谷ベーカリ~~~
フレンチドーナツとクルミあんぱんc0051781_22262315.jpg

ツイスト具合がたまらなくウレシイ
先っぽを囓ったときのシアワセったらもう最高~
c0051781_2228404.jpg

鳴虫山の連なりとか眺めてぼ~っとしていたc0051781_22293113.jpg

せっかくだから荷物ちょい置き。
c0051781_22303226.jpg

さて。降りますか。降りる方がこわいんだよね
自然に踏み固められた登山道は
魚眼でもなんでもなく こんな山道なんでした。
突き出た岩や木の根が
ちょうどよい足場になっていたりして
おもしろいよね
c0051781_22313460.jpg

日光一気に終わらせるつもりでいたけど
特養三連勤あけに本業が残業でだいぶ疲れたのでまたー
残りは殆ど日光けっこう食い道楽や(笑)
じゃあねー(^O^)v
by elsur147 | 2012-11-26 22:55 | yama | Comments(0)

外山のラビリンス

稲荷川橋を渡って二股。右が興雲律院。c0051781_2383133.jpg

網掛けの部分が世界遺産だ。
おおそうだそうだ 春日大社・東大寺・興福寺 なみに
参天セットそろい踏み。効率よいのも有りがた屋~v
で。そこからハミ出た(笑)点点の部分に行ってきたよ。
こないだは滝尾神社。今回は右の点点。外山へGO~
c0051781_23123730.jpg

まあまあまあ それなりに歩くでしょうよ
c0051781_23114961.jpg

山に向かって左側は鳴虫山
c0051781_2331584.jpg

保養所があったり別荘地にもなっている。
c0051781_23224393.jpg

ずいぶんと激しい犬の鳴き声が聞こえてきた。
可愛いワンコが二匹。舶来種っぽい、何様?
c0051781_23244712.jpg

まいいや、と引き返したら更に激しい鳴き声が=3
気になって戻ると。お犬様が増えてるやんけ 
戻って何分もたってないのに いつの間に=3
猟犬の飼育でもしているのかしらん

何やこら(がるる) お前こそ何様や=3 いちいち反応せんかて...なあc0051781_23264364.jpg

ペンションとかが並んでいる住宅地の奥に
登山口が口をぱっくり開けている (昼なお暗きだ)
c0051781_23325530.jpg
c0051781_23371736.jpg

うそっっ というか。どっかでクマ出たよねえ
c0051781_2338763.jpg

登山道にある石鳥居。これが見たくってvvvc0051781_032392.jpg

山の鳥居をくぐりながら登ル。で。トートツに思い出した
母の実家は山の麓にあって、その頂上に神社があって
山道の途中に鳥居が あったあったそういえば。
(ケタタイシャの末社だったかな)  ↓奥にも鳥居があるc0051781_035889.jpg
c0051781_041990.jpg

外山は輪王寺・東照宮・二荒山神社の鬼門にあり
山頂にはこれらを守護するための毘沙門堂があり
毘沙門天が祀られている。
鳥居はここが神社だった時代の(廃仏毀釈前)名残り

人知れず 色づく楓 世を照らす
昼なお暗き お杉の杜で ひらひらと
伸ばした枝も いじらしく
c0051781_0461589.jpg
by elsur147 | 2012-11-23 01:30 | yama | Comments(0)

豊臣の御霊寺院

外山(とやま)に登るんだけど。880M です。
でも登山口で(この近く)もう 660M あんのよね(笑)
そこ言わないでて威張ったら詐欺みたいだよねえ
そうじゃなくて ウソはついてないけど ってやつ
c0051781_2232184.jpg

で。大谷川の支流の稲荷川の
稲荷橋を渡るところなんですけど
あのーーー
c0051781_230229.jpg

一番奥の llllll あの近くまで行ってみたーい
c0051781_2305684.jpg

下に降りたら行けそうだけど
見つかったら怒られそう
すぐ近くに日光警察がある。

で。外山に登る前に。
行く途中にあるお寺に寄ってみた。
「興雲律院」 という天台宗のお寺で修練道場。
“ 酔っ払いとニンニクお断り!!! ” の石碑がある
それを 不許葷/酒入山門 と区切って
酒はオツケvvv と。 誰だか言ってたな
(誰や とんだ自己虫解釈や)

あと。「摂僧大界」 とも刻んであった。徹底している。c0051781_23163351.jpg

山門は唐様の 鐘楼門 というらしい。
竜宮造りの変形だそうだが
c0051781_23324199.jpg

どう変形なのか分からないな...
c0051781_23343518.jpg

白亜の覚宝蔵。大蔵経800巻を納めてある
c0051781_23361453.jpg

一間社流造りの三天堂
c0051781_23373388.jpg
c0051781_23375393.jpg

子供体型で悲しげな瞳の
不動明王が見つめているのは
c0051781_23384281.jpg

梵鐘の跡地なのか。
大平洋戦争で供出されたという
美しい音色だったらしい
c0051781_23395920.jpg

暗がりの木立に紅葉の灯り
c0051781_021519.jpg

鐘楼門から入って正面が本堂になっていました。
お堂の入り口が離れたところに三カ所あって
横に長い造りで、お屋敷も兼ねているようでした。
(カメラに全体が入りきらなかった)

このお寺は豊臣の菩提を弔う目的もあり
輪王寺宮が。東照宮をお祀りしていても
心が咎めて安まらないので
大阪城から取り寄せた床板を
豊臣兵が血だらけの足で駆け回った床板を
本堂の天井に張ったとか・・・。
by elsur147 | 2012-11-21 01:17 | yama | Comments(2)

日光神橋赤く燃え

東武日光に着いたら一番にすること。
ここで帰りのお弁当を予約しておく。油源のゆばちらし弁当2個v
神橋のお店から持ち歩くには重いでしょお (羊羹も買うしな)c0051781_21283422.jpg

外へ出て。まだすることがある。
駅ナカは、お手洗いの順番待ちと(女大行列)
帰りの切符を買う人でごったがえしている。c0051781_21361228.jpg

で。パンを予約しておくのだが
(夕方には神橋もここもホント空っぽ)
途中で食べる分で早々と手荷物を増やす
c0051781_2139084.jpg

ここは帰りでも十分間に合うのに
さかえや家ねv
c0051781_21442273.jpg

揚げたてを見たら素通りできませんで
c0051781_21454669.jpg

中華まんもビックラの熱熱=3
(超猫舌がよせばいいのに)
あげ ゆば まんじう
c0051781_21464056.jpg

で。まだすることがあったりして。三番目
ゆばむすびも予約しておく
c0051781_2157630.jpg

日光街道は行きも帰りも楽しいです。
あ、帰りにここ寄ろう~とか思って
帰りは反対側を歩いて忘れたりするけどな
c0051781_21523436.jpg

顔が丸いね。緑?JR東日本?
c0051781_21534488.jpg

消防署。 見りゃわかるって
c0051781_229958.jpg

建物もレトロな
あたしが一番美味しいと思う羊羹はここの
c0051781_22131667.jpg

一車線の狭い街道は渋滞にはまると手も足も出ない
すんなりいけば 15・6分のところを 2・3時間かかるってよ=3
それを避けて戦場ヶ原とか中禅寺湖に行く奈良 
その辺に泊まって翌日
お昼頃に降りる鹿 ないですな。
湖はなんかこわくてあんまり好きじゃないんだけど。
二荒山神社の中宮祠に行ってみたい
ちなみに男体山に登るなら事前に警察だかに届け出が必要

駅から神橋まではあっと言う間なんだけどね
屋根塗り替えたのか?ずいぶん赤いね
赤い瓦の 葛城の 高天彦神社 思い出したc0051781_22232148.jpg

ノボリもベーカリーも真っ赤っ赤
c0051781_2234326.jpg

ここ一番 断トツの赤だv
どちら様か分かる?
c0051781_223723.jpg

板垣退助君と彫ってある。
退助くん てこと?
c0051781_22381490.jpg

その退助君は。幕府方には。
徳川の懐に隠れてないで表へ出て堂々と戦えと、
勤王方には。
宮の扁額は後水尾天皇のよるもので焼き討ちは不敬にあたると
両方にうまい口実をもうけて日光山を守ったらしいその恩義vvv
で。ご自身はプロテスタントだったらしい。
で。神橋を
c0051781_2249121.jpg

日光橋から眺めている
c0051781_2343680.jpg

今日は行かないけど。鳥居はいいな~
神様の気配を感じられる。しかしこの赤...
もうちょっとどうにかならなかったのかねえ
c0051781_2371160.jpg

ふと見上げると
看板は逆光で真っ白だが 神橋 と書いてあり
信号がもみぢに埋もれて喘いでいた(笑)
c0051781_2362293.jpg
by elsur147 | 2012-11-19 23:26 | etcetra | Comments(0)

明日は休みの羊羹女

行く前からなんですが。日光に行ってきまーす
フナから直で 1本 ぽーーーんvvv
これは7月に行ったときの。
c0051781_0212513.jpg

お天気悪そうだけど
会ってみたい不動明王がいるの。
あと羊羹が楽しみだったりしてv
日光街道 ならぬ
日光羊羹街道か(笑)
こうまで並ぶと圧巻を通りこして 
恐れ入りの助(へへー)
c0051781_0173311.jpg
c0051781_0181285.jpg
c0051781_0182250.jpg
c0051781_0201895.jpg

ひしや家の竹皮包は
日持ちのしない本練りのみ
その日 出来ただけ。
c0051781_0342152.jpg

化けてでそうな猫のイラスト
こういうのをキモカワイイというのか
ごろ にゃ~~~ご
c0051781_0334516.jpg

黒黒艶艶瑞瑞しい本練り。絶品!!!
c0051781_034441.jpg

鬼平(きびら)も素朴で美味~ 
ゴムはアームバンドに使っている
c0051781_051269.jpg

水羊羹ももちろん!!!
c0051781_051526.jpg


奈良で仕入れた羊羹
まだいっぱいあるのにねえ(笑)
c0051781_058491.jpg

じゃあね
by elsur147 | 2012-11-17 01:03 | etcetra | Comments(3)

与喜浦

そうそう角柄の山奥に春日宮天皇陵があります。
行ってみたい気もしたけど
急な山道を約700メートル登ると書いてあった。
ちょっと無理 (吉祥龍穴すら怖いあたしだ)
少し前に訪れた人はイノシシに遭遇したとか
でも志貴皇子の妃がどうしてあんな山奥に?

さて。日常では気にも留めないススキも
奈良にいては別物となる。
ふわふわと柔らかくて手触りがよい
ブタクサはあたしの秋のアレルゲン(くしゃん=3)
よって。セイタカアワダチソウという名は降格(笑)
c0051781_20325138.jpg

黄色い棚田が書き割りのようで。なにとなく ベタ
c0051781_21501321.jpg

この標識のポイントは小夫 おおぶ
そうか~あっちなのか~と
感じ入って眺めてみただけ
c0051781_22263424.jpg

ダンナはあたしが撮った標識の写真を見るにつけ
“鈴木英人の世界みたいじゃん” て そら褒め杉や
c0051781_2216561.jpg

あっち→ だって。お祭りの時はバスが出るよc0051781_22203556.jpg

喜びを与える浦?そうではなくて
隠国の初瀨の山は
出で立ちの よろしき山 と
雄略天皇が褒め称えた
よろしき山=与喜山と同じく
よろしき浦?
c0051781_22275245.jpg

ここに来たかったのよー。
来たから何ってわけじゃないけど
与喜浦だ与喜浦~vvv(どういうのかね)
c0051781_2235463.jpg

ふんで今回も化粧坂は未確認で山口神社の
またまた裏口入道
c0051781_22384937.jpg
c0051781_2244564.jpg

こんな初瀨川が一番うれしい
c0051781_22445528.jpg
c0051781_22453446.jpg

帰り絶対ここで草餅食べる~と先を急ぐべ=3
c0051781_22472022.jpg

は。なんかー
やっとここまで辿り着いた
というより
フルサトへ帰って来たような気分
c0051781_2248056.jpg
c0051781_22492996.jpg

眼下に初瀨川という懐かしさ
c0051781_22503323.jpg

にしても。榛原からここまで
バッグ右から下げて歩いてきて
なんで左手まで痺れてんのか=3
下りとはいえ膝とかにもきてて=3
この石段を登るチカラは残っていないのであった
登ってもまだまだ先があるんだ ふう(溜息)

道でも石段でもまっすぐなのが好きだけど。
この どことなく くね~ くね~ と曲がっているのも
シナをつくって勿体ぶっているようで
良い感じではないですかvvv 見上げるだけなら(笑)
c0051781_2251083.jpg

で。天神橋で一休み 榛原で買った栗もちc0051781_22594718.jpg

いつまでも眺めていたい初瀨川
c0051781_2312496.jpg

で。長谷寺に行ったら行ったで長いので(笑)
またにする。

長谷寺に入る予定はなかったんだけど
山口神社で出会った大和茶の小母様が
あたしの左肩を見て
ちっちゃいお猿さんがおるな と
ついで右の肩をみて
こっちには 巳(へび) や と。

道中を守ってくれたんやと思うわ
観音さん拝んでくるとええよ て。

で。小母様は出がけに貼った温湿布をはがし
あたしの背中に貼ってくれた(衣類に貼るやつ)
ちょっとこっちきてな 服めくってごらん と。
それがこれ。小母様の心の温もり(*^_^*)
c0051781_23124894.jpg 
by elsur147 | 2012-11-15 23:51 | climatnara | Comments(2)

165号沿いに角柄と吉隠と

初瀨街道の地名にも惹かれ
どんな表示でもいいので
ここがそうかと実感しながら
歩いてみたかったわけ。
それも私には毎度のバス停だったり
標識だったりで
変わりばえしませんよ。

角柄 つのがわら 
c0051781_21582567.jpg
c0051781_22213697.jpg

バスはあるにはあるんですよ
榛原の北口から与喜浦へ行くのがー
c0051781_22215216.jpg

それが一週間に1本でねえ...おほほv
c0051781_2243669.jpg

桜井から与喜浦行きはそこそこあるの
で。最初は与喜浦までブーッとバスで行って
近鉄の南側を歩くコースを予定してたのを
急に額井岳が見たくなって変更したわけ。
よかったよね。
好きに立ち止まりながら高みの見物(笑)
c0051781_22533977.jpg

しかしさ
上の写真から何メートルも歩いてないのに
何でこうも色が違うのか=3
まあいいや
それ 近鉄キター!!! やっぱ赤白がいいよねv
c0051781_2254277.jpg

桜井市に入った。左の道が旧街道
c0051781_23162514.jpg

吉隠 よなばり 
なんかさ 夜な夜な とか 夜這い とか連想しないか
(しないしない あんただけでしょ)
c0051781_232099.jpg

黄色いのはアーバンライナーかな
(来りゃなんでもいいのね) 
c0051781_23263477.jpg

刈り入れた稲の三角、可愛いね
c0051781_23464651.jpg
c0051781_044839.jpg

降る雪は あはにな降りそ 吉隠の
猪養(ゐかひ)の岡の 寒からまくに (by 穂積皇子)

亡くなって吉隠に葬られた但馬皇女を偲んでね。
但馬皇女は高市皇子の妃で人の奥さんですが(^^;)
あたしには 吉隠 ときたら 降る雪は と続くわけ♪
c0051781_2348711.jpg
c0051781_2349249.jpg

近鉄は榛原-長谷寺間で見えていたのか
またいつか大阪線に乗ったときに見えたら
あそこ歩いたな~とか 色々思いだすから
乗ったときは見たくないな (ほんとめんどくさい)c0051781_2350257.jpg

棚田が見たかったvvv
c0051781_23503036.jpg

田んぼの滑り台
c0051781_23511115.jpg

じゃ寝る
by elsur147 | 2012-11-14 01:28 | climatnara | Comments(0)

伊勢本街道迷い道

というワケで。なんかあんまり奈良っぽくないけど。
千葉県は印西市と縁もありげな墨坂神社に来られたことも
満足満足vvv  (戒長寺へ行こうかずいぶん迷った・・・)
c0051781_1912187.jpg









←額井三尊vvv




秋の宇陀川(いちいち降りてみるわけね)
c0051781_1929793.jpg

貝ヶ平と香酔山と香酔峠と(凹んでるとこが峠)
額井岳こと額井三尊
もいちど墨坂神社の鳥居に立ってv
c0051781_19314850.jpg

お藥師さまの三尊山
振りかえり
振りかえり
拝みながら歩くシアワセ
c0051781_19353623.jpg

駅前で一服。食べかけですいません
ミスドのパンプキンファッション
美味しかったなあ
エンゼルクリームはあたしの定番v
c0051781_19571956.jpg

街道に出る前にちょいと寄り道。
そのメモを忘れ
お店の名前も思い出せずで
携帯電話の Google で検索して調べた
「宇陀川饅頭」 と(笑)
c0051781_2004770.jpg

お目当ての宇陀川饅頭と
ついで買いの栗まんとか
ミニサイズのどら焼きとか。 
で。裏口から入って?
出るときは正面玄関という~
こんなマヌケもあたしならでは=3
店先に置かれた脚立は。高さもいろいろ(笑)
c0051781_2045842.jpg

こちらは。外壁を塗り替えたのでしょうか
綺麗なのがやや拍子抜け(こらこらこら)
旅籠あぶらや あぶらでツヤツヤ(よせって)
c0051781_20113067.jpg

165号と沿う伊勢本街道。
往と復とで 名前が変わる?
大和へ往くなら
下り楽ちん初瀨街道。
c0051781_20204142.jpg

一本道のようでいて地図にない脇道もあり
(印刷のマーカーが脇道を塗りつぶしている)
西峠で北へ逸れてしまったようで(あとで分かった)
尋ねようにも誰も歩いていないし
助かったわ~~~~
まさに 地獄に仏!!! とはこのことやvvv
c0051781_20542152.jpg

見えなくなる山並みが名残惜しい
c0051781_2181448.jpg

あっちはどっちだったっけ?まあいいや(笑)
ほんと方向音痴だよね
磁石はどうした?
しまっといたら意味ないやんか
c0051781_2110415.jpg

つまり。西峠を下りてきたわけ。
まだ先は長そうだけど。
桜井の文字が見えて一安心v
一泊荷物にカメラと
お饅頭とか持って重いって(笑)
c0051781_223143100.jpg

でわまたそのうちv
by elsur147 | 2012-11-13 00:30 | climatnara | Comments(0)

紅富士と。余談というか妄想というか

2010年1月のときの富士山。
もっと赤く染まっていたけど
出遅れてしまった。
夕暮れ時は刻々変わるの。
c0051781_2327239.jpg

あたしとしてはブレた工場と
煙突の煙も好きなショットでしたが(笑)

近年の帰りは海側(三列シート)の
通路側に座るので富士山は見えない。
なぜって行きにウキウキ眺めたものを
帰りに見るのはいやなんだよね(^^;)
年々そうした傾向が強くなり
行動範囲を狭めているかも。

話はコロっと変わって。
すごいな。大津町って見えるでしょ(@五條市)
その左上。「念仏寺」 と書いてあるだ。
c0051781_23443654.jpg

その念仏寺から歩いて2・3分のところに
旭宣坊という~ 宿坊のような旅館があるの。
航空写真みて驚いた。吉野川すぐそこじゃーん
そうはいっても。
宿からはモリモリに遮られて見えなさそうだが(笑)

で。なんかいい感じで。五条に着くのが正午頃だと
五条から霊安寺に行くバスが13時にあってねv
そこから念仏寺まで歩けるかどうか知らないけど
頭の中ではあっと言う間や(得意)
どうしてももういちど見たい場所があるんだよ
御霊神社を降りたところの石橋~(@丹生川vvv
by elsur147 | 2012-11-13 00:11 | etcetra | Comments(0)



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.