arsenal seveile

<   2012年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

風に煽られ危機いっぱ~つ!!!

傘を持ち直そうと手元を緩めたところで
待ってましたとばかりに突風が~~~3
こんな感じ(笑)。
c0051781_22151987.jpg
冗談でなく。一瞬、身体が宙に浮いたぞ
傘を離したらあっっと言う間に飛んでった
こわいわあああ
ジェラワット(台風17号)
今、長野の佐久辺りを通過中
特養から西船までバスで帰ってきた。
いったいぜんたい
何の都合で列島を縦断していくのか
むかつくーーー
by elsur147 | 2012-09-30 22:37 | etcetra | Comments(2)

閑話休題

会社の上様たちが昨日から役員旅行で(笑)
私はお留守番を兼ねての出勤でした。
土曜日はオヤジ茶房が朝いいかげん遅いんで
デニーズでモーニングトーストをば。
デニーズは年に何回も行かないのに
顔を覚えられていて 「良く焼きですね」 と。
c0051781_2321945.jpg

駅チカも駅チカ。超~駅チカ。
ここが↓メトロ築地駅出口。ほんと出てスグ。
c0051781_2333119.jpg

で。台風が直撃する恐れが出てきて
(飛行機が欠航になるかも)
一日繰り上げて今日の午後帰ってきたよ。
助かったわ~
事前の申し送りに変更が出たから
あたしとしては今日中に報告できて
対応の確認もしてもらえて一安心。
営業関係の月末締めも出来たし。
月曜から一日の仕事にかかれる~v
c0051781_23173261.jpg

週中の奈良疲れもデスクワークで緩和されたし。 
(桜井→明日香まで自転車こいだぜv)
また道まちがえたクセに威張るなっつーの
(それと出雲から朝倉まで歩いた)
平坦な道だろ
桜井まで歩けば少しは褒めてあげんのに
おと。出雲は島根の出雲と違うからね。

なにしろ特養はねえ
およそ10時間勤務を立ちっぱなしだ。
しかも横綱級を抱えの寝かせの=3
けどみんな、抱えたガール、寝かせたガールでv
あたしがー あたしがー 
あんたばっかりダメよー
という具合に直接業務の取り合いなわけ。

ちなみに間接業務というのは
水回りとか食事介助とか
利用者に直接関わらない勤務で。
間接勤務だけの人もいるんだけど
資格があるなしでなく本人の希望とはいえ
雑用押っつけられて=3
それはそれで気の毒。
けっこう疲れるんだよ、洗濯物の仕分けとか、
リネンも食器も量が嵩むと重いんでねえ・・・
そこもヒマをみてフォロー出来ると
ありがたガール と。
なんかニュアンス違うかな(笑)

カレンダーがあっちこっちに 忙しくて=3 
c0051781_015427.jpg




宇陀川で拾った石
ペーパーウエイトにしてるのを
あたしが不在のときは
誰かが使っているもよう(笑)


さ。明日は特養ひとっ走り、じゃない、ひと働き。寝る。
by elsur147 | 2012-09-30 00:39 | etcetra | Comments(0)

富士山

今回はお目もじかないそうな~
c0051781_22361598.jpg

鉄塔から針金みたいのがいっぱい伸びてて
千手鉄塔(笑)
c0051781_22384489.jpg

山の稜線が好き
c0051781_22441693.jpg

工場が見えるのも。煙も出てるv
GANBAROU NIPPON !!!
c0051781_22444962.jpg

煙煙~
煙突と、煙突の煙も嬉しい私だ。
がんばろうニッポン
c0051781_22461396.jpg

ありがとうニッポン
c0051781_23203826.jpg
by elsur147 | 2012-09-28 23:25 | climatnara | Comments(0)

美味しいコロッケ

「黄金屋」 のコロッケ美味しいねv
橿原神宮前の駅ナカにあります。
カボチャ美味しい~
夏の枝豆コロッケも超美味かった。
夏季大学で橿原ロイヤルにいた時
毎日買って部屋で食べてた(笑)
c0051781_22183376.jpg
by elsur147 | 2012-09-28 22:34 | climatnara | Comments(0)

呼んでいるのは桜井

観音様の頭上に鎮座する十一仏の面に
それぞれ意味があったとは知りませんでした
後頭部の鎮座仏は笑っているらしいな。
c0051781_0489.jpg


こっちは今現在憂慮される問題に絡めたコラム。
今回は尖閣。毎回、なるほどね~と
読むそばから頭を通過していくタコスケ
まさに馬の耳に念仏。しかし今回のコラム、
こちらよりアチラに読んでいただいた方がよさげな...
c0051781_0372557.jpg


c0051781_152876.jpg
さてさて。おつかいのついでに
まほろば館へ寄ってみました。
これじゃ何だか分からないよ
表の立て看板です。
鹿ちゃんのあしらいが可愛いね♪
帰りに寄れたらいいんだけど
こんなん買って戻って
会社に入ると皆の目が
一斉にこっちにとんでくる気がして(笑)
大き目のフクロ持ってくればよかった...




玄関先で出迎えてくれたのが
のっぺらぼうの山伏~
c0051781_050667.jpg

中へ入ったら憤怒=3=3=3
c0051781_051692.jpg

奥は別コーナー。三輪の古墳や発掘のパネルと
映像は箸墓古墳だっけ?遺構の復元バーチャル?
時間がないんだからダメダメ(理性総動員)
c0051781_1273042.jpg

聖林寺のガラスの十一面観音は
照明の加減で写真うつりワルオ
角度や向きでどうにか出来そうだったけど
そんなことしてたら時間がぼろぼろ過ぎるって=3
しまった!
後頭部の笑い仏を見てくるんだったー 
ちぇっちぇっちぇっ
c0051781_0552718.jpg

ガラスの青大将vvv
c0051781_0592686.jpg

聖林寺は迷うところだけど。やっぱ無理。そのうち(出た)
十二柱神社とか、行き残してあるところへ行きたいのよね
なので。長谷寺も室生寺も今回は割愛(27日)
帰り道にあるんだから寄れるだろうと
今までそのつもりでいて寄れたためしがない(学習・笑)
なので。あっちに行かないときは大和八木から行くわけよ
室生の山や宇陀川は行かないときは見たくないの~
とか言う舌の根も乾かぬうちに
クルっと方向転換するかもだ(^o^) じゃね。
by elsur147 | 2012-09-26 01:43 | climatnara | Comments(0)

伊豆の名残りとか

帰りの新幹線は三島発。三島大社は横切っただけ
c0051781_2014508.jpg

と。桑原藥師堂について書いておきたかったこと。
あの藥師堂には仏たちの心が残されているよ。
お堂の中に入ったとき、そんな気がした。魂の家。
写真は伊豆商工会議所の観光ページの。
とても幻想的で素敵だったので、すみません、、c0051781_21182311.jpg

で。藥師堂で思い出した映画(またですかあ~
「ハワーズ・エンド」
この映画を見て、家には魂があるのだ、と思った。
内容は姉妹の心の確執とか葛藤だった記憶(朧~
c0051781_21211895.jpg

さて、コロッと変わって。
三島駅の不二家で抹茶パフェ
c0051781_21431227.jpg
わらび餅に生クリームに
粒あんにバニラアイスに
抹茶アイスの下に
かんてんと水羊羹vvv
スプーンをタテ方向に刺して
まんべんなく味わう~

こういうのはいつでも迷う
まず、和風か洋風か
イチゴ系かチョコ系か
季節柄、マロンもありだ。



そしてとっても美味しかった沼津産直の駅弁
港あじ鮨vvv 
アジだよ、アジアジ!この手のお寿司は鯵に限るー
(サンマ、イワシでなく、という意味。あ、鯖はオツケv)
巻いてあるのは海苔と高菜と紫蘇vvv
c0051781_21594040.jpg

とか三島から東京まであっと言う間=3
お弁当ひろげてるヒマとかなくて家で。
生ワサビに喜んだのと
おろし金にウケたvvv
(洗って使ってる・笑)
c0051781_21585992.jpg

ダンナのは、あしたか牛すき弁当。
ちょうど作りたてが届いて、ほんのり温かだった
旅行から帰った日の夕飯は駅弁よ(^^;)(^^;)
ちょいと豪華版にしてお茶を濁す、と(えへへ~)
by elsur147 | 2012-09-25 23:06 | etcetra | Comments(0)

桑原の藥師堂

かつて此処に小筥根山(こはこね)新光寺という(817年建立)
七堂伽藍をもつ大寺院があったらしい。函南町桑原区。
c0051781_21262782.jpg

かんなみ仏の里
c0051781_2361970.jpg

函南町は伊豆半島の付け根の真ん中あたり。東は熱海市、
西は静岡市、北に三島市、南が伊豆の国市、となっている。
美術館に展示されている仏様の古巣である藥師堂へ行く。
仏像を保護するため、明治30年代、民の有志により建立。c0051781_221219.jpg

このお寺の裏にある丘の上にある。この道案内から
どうせまたとうぶん歩くのだろうと、誰もが思ったらしい(笑)
すぐ近くだった。ほっとした。暑かったからね
c0051781_21273124.jpg

源頼朝と文覚上人が旗挙げの相談をしたと伝わる
(どこかで似たような話を...どこにでもあるか)長源寺c0051781_2136135.jpg

大陸のどこか砂煙が舞うような、乾いた風の匂いがした。
あれはなんだろう 右に十字架のようなものが見える。
c0051781_21485677.jpg

*かんなみ仏の里美術館*
c0051781_20494141.jpg
c0051781_20502432.jpg

新光寺のご本尊だった薬師如来像をはじめ
子院に安置されていたと伝わる阿弥陀三尊像ほか
十二神将などなど、
藥師堂に安置されていた仏像達は函南町に寄付される。
町の財産を後世に語り継ぐべき、伝統を守る施設として、
「かんなみ仏の里美術館」 が新設された。

藥師堂の建つ山はどころどころに崩落のあとも見え
見学に行った日も細い細い山道を修復していたよ。
ここに大きな地震が来たらひとたまりもないよね、と。

かんなみ仏を守ってくれる?熊野神社は。
c0051781_22481387.jpg

くるっと振り返って立つ。
c0051781_22483774.jpg

藥師堂から美術館が見えたとき。寂しくて悲しくなった
c0051781_22412553.jpg

主を失ったお堂が。なにもないお堂が寂しそうで。
避難した仏様たちを見守っていてくれる藥師堂は
心のふるさと。仏たちが帰りたいときに帰れるように
いつまでもいつまでもそこにあって欲しい。。
c0051781_22461336.jpg
by elsur147 | 2012-09-24 23:12 | etcetra | Comments(0)

北條寺

山門が素敵でした。
大きな桜~ これ咲いたら圧巻だろうな~
c0051781_2322203.jpg

で、雅やかな観音様に皆さま盛り上がりまくりで
(あたしが知らなかっただけみたいだ)
イケ面なのだそうです。確かにそうかもだけど...
で、木像の観音菩薩で、遊戯坐像というのは
鎌倉文化の流行だったとか。
書いててなんだか空しくなってきた(ははは)
c0051781_23333388.jpg

で、運慶が渾身を込めたという阿弥陀如来坐像は
(阿弥陀如来を作ったのはこれが最後らしい)
眼力がすごかった、カカカカーーーッと渇が入ってて、
隣でちゃらちゃらしてんじゃねえよ=3てイケ面に(笑)

本殿は高床になっていました。
赤い柱から中宮寺を連想した。
c0051781_23273239.jpg

この辺り、守山八幡宮の上がって下りてとか、
千本浜の砂利で足とられたとか、疲れが少々...
ということを思い出して疲れる私の特異体質よ(笑)
けど次に行った 「かんなみ仏の里美術館」 は良かったよ♪
美術館が出来る前に仏様がいたお寺が(またへそ曲がりが)
あんまり写真撮らなかったんだけどね。
じゃまたね。
by elsur147 | 2012-09-22 01:49 | etcetra | Comments(0)

かもかも守山の忘れ物

いきなり拝殿や(舞殿兼務だって)本殿の写真ではね。
(主語がない!主語が!誰が?とよく怒鳴られる・笑)←会社で社長から
守山八幡宮は宇佐の神様を勧請されている。
のちの鶴岡八幡宮の元祖、のようなもの?
鶴岡は何回か行ったことあるけど(中学高校のレベル)
記憶の中では東照宮の印象と被っている。城っぽい。

鳥居の左後ろの石は頼朝挙兵の碑。
この杜で、頼朝は兵を挙げた、と(笑)
c0051781_20535036.jpg

頼朝の流刑地とされる蛭ヶ小島は
守山の山頂からよく見えたらしいが。
(本殿から先は道なき山道)
で、蛭ヶ小島は後付けの記録かも。
頼朝は守山で北條氏に匿われていたのかも。c0051781_2157754.jpg
by elsur147 | 2012-09-21 22:29 | etcetra | Comments(0)

役小角が跋扈した山

伊豆に葛城山があると知ってガイドさんに
見えたら教えて下さいとお願いしておいた。
願成就院をあとに。北條寺へ向かう途中。
c0051781_2251459.jpg

伊豆へ流刑になった小角は昼間はおとなしくしていたが
夜になるとやおら目を覚まし富士山まで飛んでいったとか。
昼夜逆転して徘徊したのか。葛城山にも潜んだかもよ~

狩野川をすすすと滑り (こんもり山がそれ) 
c0051781_23302142.jpg

そこらの草木をなぎ倒し
c0051781_22532084.jpg

田んぼを越えてひた走り
c0051781_22532875.jpg

役小角ってウィキ辞書には
「飛鳥時代から奈良時代の呪術者」 と書いてある
呪術者って(笑)

葛城山頂には平安時代より確認される葛城神社があるらしいが
そうきたら金剛山の葛木神社とか転法輪寺とか行ってみたーい!!!
雪の日に。「言うは易く行うは難し」 ってことわざ、聞いたことあるう?
by elsur147 | 2012-09-20 23:37 | etcetra | Comments(6)



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.