arsenal seveile

<   2012年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

奈良交通の車窓から

バスに飛び乗ったはいいけど。 はて、どっから乗ったっけ、だ(笑)
あ、ここ桜井。関係ないときに談山神社行きとかちょうど来て=3
c0051781_21245674.jpg

で。長谷寺参道口か、初瀬観光センターのどっちか。
今頃になって路線図をひろげるアホ。
門前からそんな歩いてないと思うから参道口だったかも。
この路線の(路線図を眺めるのも楽しい) 終点は与喜浦だって。
ちょっと惹かれる、浦って。 海のニオイ、磯と塩のニオイがしてくる。
喜びを与える浦?どんな感じなんだろう~て、想像が膨らむ。で、
ちょろっと覗きこんだダンナが 「とれとれ・オークワ前」 にバカうけ。
とれとれ とは何ごとかと。クワガタでもとれんのか、と。
c0051781_21433715.jpg

つまんないよ、それ、と、横ヤリはサラっとやり過ごし
途中下車する予定も。 昼飯くうか、と、山びこが。
空空でれんの?れるれる、と。(「ら」 はどこへ?笑)
で。歩きたかった長谷街道はバスからのぞむよ、出雲か黒崎
十二柱神社近辺は初瀨山か↓巻向山。ちろ見えのが初瀨山↓かも
c0051781_22132953.jpg

ウワサの脇本、雄略天皇の宮跡かも、は、ここいらへん 
c0051781_22165982.jpg
c0051781_22171172.jpg

ほほっ☆玉列(たまつら←何回読んでも面白い・笑)神社キャーッチ
c0051781_2222170.jpg

この場所すごーく好き。中和幹線が好きって変だけど
この先に、冥途の飛脚の舞台となった新ノ口があり
そこから 「多」 はわりとすぐ(たしか) おお 0h!!!
で。あの橋から連想されるイメージ。オランダのポストカード
c0051781_23111919.jpg

外山 とび の竹藪。つまんないからちっちゃくしとくわ
c0051781_2243845.jpg








龍先生の(←?笑)宇陀が辻~
これ座ってんのと反対側だからね(根性)
c0051781_2245880.jpg














藥師町、かな。 雲が ぽかん と。 そ ん だ けー
c0051781_2246468.jpg

曲がったらスグ近くにあるような、どんだけ遠いんだかー
c0051781_22534537.jpg

というわけで桜井に着いたところで今日はおしまい。
すげーーー 出来たてーーー やばーーーい
c0051781_2255413.jpg

こっちもーーー 熱々だから冷ましてある
c0051781_2256021.jpg

ふくらんでんの美味しそう~ とか既に膝の上や
c0051781_22564728.jpg

おごっそさま じゃない いただきま~す
c0051781_22572140.jpg

あーあ、マルツベーカリー 近所にほし~
欲しい欲しい、ほしがるりっちゃん、最終章は
昼下がりをまったり過ごしたお寺など。じゃねー
by elsur147 | 2012-01-30 23:44 | climatnara | Comments(3)

泊瀨

白髭神社の前のお店で焼き立ての草餅をいただきながら(また)
(懐紙は寒ぼたん。アジサイとぼたんとコレと、あと何があるかな)
c0051781_21195178.jpg

お店のオジサマから聞いた話で、言われてみれば、の世界でなんですが。
長谷寺は毎晩8時からホラ貝の合図とともに喉つぶしという修行があり
c0051781_21222463.jpg

そう言えば、夕べ、お寺の方から野太い声が聞こえていたな、と。
言われてみれば、ホラも吹かれていたような、と H000~
c0051781_2257351.jpg

朗々と響く声は、ノドをつぶすことで出るらしい(逆カストラートか)
で、門前まで聞こえてくる声は、角を曲がると全く聞こえないらしい。
風向きや天候にもよるのかな。朝ごはん、卵焼き美味しかったなー
お味噌汁が白味噌で感激ですよ。まったり甘いの大好きで(嬉)
c0051781_2145219.jpg
c0051781_22585870.jpg

c0051781_238195.jpg
それにつけても寒かった。朝ごはんのお支度が出来ております、と言われても急須のフタもお椀のフタもあけられないほど手がかじかんでて、食後もしばらく部屋から出たくなかった。で、十二柱神社へ行く予定が、おかみさんにお聞ききしたら予想外に中途半端で歩くには遠い、と。行ったはいいけど、限られた時間でそこからどうする?と。まあ出たとこ勝負で、長谷寺までの上りはなんとしても避けたいなとか思いつつ、大通りへ出たらバスが来たではないか~あれをのがしてなるものか、走れ---3

がるるるる (憎たら可愛い龍穴の狛子)




さよなら
・三諸つく 三輪山みれば 隠国の 泊瀬の桧原 おもほゆるかも・
箸墓と、桧原の鳥居をすかして拝むは真東の、
冬でもモリモリの泊瀨山こと与喜山こと天神山 (邪魔だ電線)
c0051781_23254587.jpg

なつかしい門前町と (しつっこいわぁ)
c0051781_23282734.jpg

初瀨川、遠くに見えるは天神橋の太鼓橋 (やっと消えたぜ)
c0051781_23311077.jpg

あらあ、てっぺんから。 ばいばーい またねーーー って;
c0051781_23462749.jpg

いくたびも 参る心は はつせ寺 山もちかいも 深き谷川
c0051781_2347552.jpg

by elsur147 | 2012-01-29 00:28 | climatnara | Comments(2)

朝の勤行@長谷寺

冬時間は7時から。闇に浮かぶぼんぼり灯籠を撮りたくて
c0051781_2125655.jpg

はげしくブレてる、明かりが灯ってる、急げ急げ夜明けは近い
c0051781_2135490.jpg

ところがぎっちょん バッテリー切れでうんともすんとも動かない=3
交換するところとか探すのに暗くて、公衆電話の明かりを頼りに
交換しているあいだに、夜が明けてしまいました(笑)
c0051781_217506.jpg

歩いているからブレている。立ち止まると寒い
それでも載せる強引さ。愛着あるのでねえ...
c0051781_2181516.jpg

失敗、もう少し早く出てご来光を拝めばよかった
c0051781_21173920.jpg

舞台から門前は撮れない 朝日が眩しくて
頭に Blinded by the Light がリフレイ~ン♪
c0051781_21175331.jpg

霜だ霜がおり寺~日常で滅多に見ないから珍しくてしょーがない
c0051781_21183999.jpg
c0051781_2119413.jpg

スロープになっているから滑りそうでした
c0051781_21201559.jpg

すごい 誰もいねえ あたしだけの本堂 
c0051781_21222498.jpg

礼堂というのか 独り占め
c0051781_21393979.jpg

わーい わーい わーい
c0051781_2138188.jpg

たしか 「流れ観音」 と教わったような。
かじかんだ指で書いたメモ判読不明...
観音経の全部に、太鼓をたたくのは長谷寺だけ。
お腹の深いところに響いてデトックス効果も満点。
リズムよし、テンポよし、ノリもよし
お坊さま達と声を合わせて唱えられる。お勧めvvv
c0051781_2124178.jpg
c0051781_225688.jpg
c0051781_2254520.jpg

寒ぼたんもふるえていた おぉ寒...
c0051781_2271651.jpg

長谷寺詣では朝いちに
夜明け前から心を鎮め
朝のお参りすませたら
仁王門は青空だ。
c0051781_2216937.jpg

雨女ならぬ青空女 
わーい わーい と 暖帯林も喜んで(*^^*)
c0051781_2218437.jpg

遙拝は山に向かっては与喜山と愛宕山の二つ。
それと、五重塔とご本尊。瀧倉神社の方か。
あと。日本最大級の仏画である長谷寺大観音は
東北へ出開帳のもよう。(もう帰ってきているかも)
by elsur147 | 2012-01-26 22:54 | climatnara | Comments(4)

桜井経由の長谷寺=3

室生錦の香り袋は新色でてましたvvv  
c0051781_19471648.jpg

室生寺では小雪がちらつき人もいないし?早めの閉門となり。受付からロープをくぐって外へ出ました。バスを待つこと数分、草餅を買ったお店のオジサマが、なかへ入って少しでもストーブで手を温めていきなさい、と。そのとき、吹雪がサーーーっと舞い、幻想的だった~。エビちゃんの連続ショットだったら写るのに(コンクリートに落としてガラスが割れた。修理に出すと最新のを買う倍近くかかるといわれた)、これでは何だか分かりませんが。冬枯れもそれなりに味わい深い室生の木
c0051781_18261765.jpg
 
バス停からは拝観のたび顔を会わせては挨拶を交わしていた東大阪のおばちゃんコンビと、横浜から来られた看護師の姉さんと一緒。貸切状態なものだから、それぞれに離れた席から、ああでもないこうでもない、と。二言目には、うちら朝から飲まず食わずや、とボヤいていたおばちゃんコンビの片割れ、草餅ほおばったまんま喋っていたな。
c0051781_18264995.jpg

私はもう少しよりたいところがあるので、と駅前でお別れしたものの、宇陀川も大野寺も海神社も寒さには勝てず、コンビニへ夜食用の菓子パンを買いに行ったところで、またおばちゃんコンビと遭遇、なぜか姉ちゃんも一緒におり(笑)、お喋りの勢いから来た電車に乗ってしまい、急行に乗ってしまい、しまった長谷寺は止まらないぞ、と。桜井まで連行された。寒空のホームで10分少々。なぜかホームの待合室が苦手。透明のに囲まれて扉が閉まっているのが変。だからって開いていたら寒いだろうし見えないと困るだろうが。それが喫煙所なら何のためらいもないのだが。
c0051781_19212997.jpg

長谷寺へ着いたときはもう真っ暗。
c0051781_19321873.jpg

夜の門前に対向車がびゅんびゅん来るのがちょうど途切れたとこ。
与喜山。喜びを与える山?いいね。命名は日本人に違いない(笑)
c0051781_19332136.jpg

私の到着を待っていてくれた明かり。この道の先が長谷寺。
c0051781_19363173.jpg

荷をほどいて
c0051781_19404975.jpg

鳥すき
c0051781_19412734.jpg

早速PENQのレンズカバーどっかで落とした=3
と、報告メール書きにげて早寝zzz
受信(返信)のお知らせに角が出ていたかな(^^;)
by elsur147 | 2012-01-26 22:42 | climatnara | Comments(0)

日本橋の東大寺

なんちゃって。まほろば館の写真だけ~
企画の回転が早いところに、気がついたのも遅かったところに
行ける日に限って雨雨で、またしてもぎりちょんの駆け込みやー=3
JR東海のCMを見ると焦る。東大寺に行きたい病になり(笑)
たとえばね。人気映画の初日とか、最寄り駅に着いたら、
降りた人がみんな行くんでないかと急ぎ足になったものよ。
c0051781_23442215.jpg

手にとってじっくり眺めたい本や写真がいっぱい。時間がなーい
この 「東大寺」 て文字(フォント?)可愛いね。
c0051781_2356418.jpg

紙衣 かみこ 紙って、丈夫で保温効果あるんだよ。
紙ナプキンはこよりにすると綴じ紐になる(関係ない)
ねんねこみたい。あったかそうだね
c0051781_23574276.jpg

差懸 さしかけ 「水取りや こもりの僧の 沓の音」 
“ お水取りや ” やて。 その や と違うわー
間接照明のガラスに展示してあるので色が妙。カメラのせい...
c0051781_03478.jpg

眼光鋭っ!あ、戒壇堂に行ったら天井の落書きを見つけてねv
c0051781_075954.jpg

ミュージーアムまだ行ってないよ。そういえば興福寺のもまだ~
お堂とかと違って美術館は苦手な方、なんとなく息苦しくて...
とか行ってお水取りの前に行く気満々vvv
鹿ちゃんもかまってこなくちゃー  あ、れ?光背は?
c0051781_09268.jpg


c0051781_0192078.jpg
これなんだっけ?
どこにあるっけ?
トートバッグなんだけどね。
どう見ても西大寺の
天の邪鬼に見えるんだけど~
意固地な娘の
天平の声が
聞こえたような(空耳・笑)




三越本店前から撮ってみた。なんでって
c0051781_0201481.jpg

東京駅まで歩くから。それだと日本橋もいつもと違う側
c0051781_0261598.jpg
c0051781_0262799.jpg

首都高のカーブが好きだったり。とりたてて意味もなく
無機質なものに惹かれるときもあり。
c0051781_0285747.jpg

呉服橋の交差点。右の茶色いのは鉄鋼ビル。ビルディング。
有楽町あたりは、まだ何何ビルヂングてのが残ってる(ヂが現役・笑)
まっすぐ行くと八重洲を通り過ぎて数寄屋橋の交差点に出る。
c0051781_185256.jpg

鉄鋼ビルのむこうにシャングリラとかグラン東京とか。
c0051781_1102148.jpg

関係ないけど。飛行機から見える夜の羽田沖はすごいぞー☆
c0051781_111499.jpg

<1>は永代通り。なんか火の玉が... 奈良の1号線はどこだっけ
c0051781_1123347.jpg

法華堂におられた時のが良かったですよね
それをいうたらあかん て、まほろば館に常駐らしいおじさまが。
なんかあったときはあこいって慰められたものさ、と。
修二会の沓は木で出来ている 「木靴の樹」
c0051781_1132416.jpg

by elsur147 | 2012-01-26 01:46 | climatnara | Comments(2)

閑話休題

おおもうこんな時間か。夕べ、雪降りましたねー
室生寺のことを書いていたとき、しんしんとvvv
で、朝おきたころの空はこんな。電車が見える。
まだ暗いの。5時半。駅は東へまっすぐGO~
で。ふりかえると月、傾きかけてるときもある(笑)
c0051781_1572436.jpg

会社の近く。築地から5分程度の間で3人ころんでた
まっすぐ行くと築地警察、さらに進むと馬券売り場(笑)
c0051781_1584522.jpg

本日ひと目惚れの衝動買い。匙もピンクでうれしいうれしい
c0051781_2114488.jpg

今日は終わってからまほろば館へ行ってきたんだけど。明日かな~
これは去年の 「お松明」 なんで たいまつ と読めるんだろうね
「お水取り」と書いてあるが。見るのは お松明。
c0051781_2142077.jpg

by elsur147 | 2012-01-25 02:32 | etcetra | Comments(0)

冬枯れの室生寺は

地味で誰もいなくて、なあ~んにもないっす(笑)
c0051781_2118559.jpg

吉祥龍穴まで送り届けてくださったタクシーのおじさまは。
私が、横着した気がする、といったのを気にしていたのか、
なに、帰りノンビリ歩いたらええやないか、と。
バスん乗んなら時間にきいつけてな、とも言い添えて。

水量が低下している。龍穴は空っ穴だったし(お留守?)
c0051781_1840547.jpg

これまたお決まりのように。そろりそろりと渡る太鼓橋。
このときはまだ、室生口大野まで歩く気でいたのだが~
c0051781_18415782.jpg

室生寺も門松のお出迎え。とはいえ室生寺も長谷寺も、
門前のお店は軒並み休みだったけど。
あたしと同じく、遅いお正月休みをとっていたのでしょ。
c0051781_18453711.jpg

とにかく、かじかんだ手を温めなければ。休憩所にて。
丸いのは杉の花らしい。すぐ枯れてしまうかな、と思ったけどまだ緑。
なにかとやっかいな手荷物だったよ(笑)
c0051781_18455424.jpg

2時頃着いて4時15分のバスに乗ったから2時間くらいいたのか
ひときわ大きくて明るく照らし出される 「横顔の君」
c0051781_21181781.jpg

今回はライトも照らされており (それも明るすぎない)
私が一目ぼれしたのは広告大賞の写真で、云々...
という話をしたら、パナソニックのLEDなんですよ、と
弥勒堂のお母さんは嬉しそうに微笑んでおられた。
そのLEDは此処だけではないと分かっていてもうれしい

弥勒菩薩の横顔も拝んできたよ。
横から見えるお姿は、お腹ぽっこりの子供体型、
室生寺でいちばん古い仏様。小さくて愛らしい。
・赤い天神社も可愛いね。
c0051781_21283155.jpg

弥勒菩薩は横顔の君の妹のようで、それなら、
金堂の十一面観音はお母様、釈迦如来はお父上、
如意輪様はドロップアウトした大姉御、と。
実直な地蔵菩薩やお茶目な小姓たちを従え、
室生寺 ひとつやまの下。
c0051781_21395971.jpg

役小角は高下駄はいて怪しさ満点vvv
c0051781_21402555.jpg

かなり寒くて疲れてもいたのだが奥の院をめざした。
c0051781_214050100.jpg

下を向いて黙々と登る。ぜったい上を見ちゃだめ!
せっせと登る。こんなにキツイと思ったのは初めて!
そろそろ着くかな~ って 
おそるおそる顔を上げたら目の前に番人がー
エプロンの赤を見たとき、ほっとして身体中から力が抜けたー
どんなに安心したと思う?忘れられない瞬間ですよ
c0051781_21451031.jpg
c0051781_23161094.jpg

で。舞台の下から左へ行けるのに気がついた(行っても行き止まりだ)
で。こんなところにおわしましたはせいたかさんの弘法大師
感激~ 後頭部から背中にかけての滑らかなライン、どうよ
c0051781_22503461.jpg

それにしてもなんとまあ穏やかな。
人に与えるまなざしが、こんなにも温かいものかと。
c0051781_22532866.jpg

閉まっ寺。七重石塔 ↓ とっといた
c0051781_22571422.jpg

むこうに大師とTHE後光~ あかるい未来だ    
c0051781_2318344.jpg

書くのも疲れてきたから、奥の院を降りながら
出会った仏様たちの写真だけとか。
c0051781_23213027.jpg
c0051781_23214884.jpg
c0051781_2322478.jpg

中に明かりがともっている、人のいる気配が、温かかった。
ふと聞こえてきた声にお寺の日常を思い、それもまた温かく。
c0051781_23225473.jpg
c0051781_23242316.jpg
c0051781_23264197.jpg
c0051781_23285982.jpg

宀 一 べんいち 
べんは室生のはじめ、いちは室生のおわり
はじまりであり、おわりである 室生山
c0051781_23474231.jpg

さよなら太鼓橋と石灯籠。また別の季節にね。
c0051781_2349913.jpg

by elsur147 | 2012-01-24 00:44 | climatnara | Comments(2)

閑話休題その2

特養土産御用達の(軽くて数があって見栄えのするやつ)
自分では食べたことがなかったクッキー
が、予想外の美味しさでびっくり♪ 
クッキーというよりサブレ。どう違うか?(知らん・笑)
あたしがきらいなエリアの銘菓ピジョンより上かもよー
ココアはカカオのほろ苦さ、白いのはバターの甘い風味
クッキーのせんとくん、目がネコ娘になってるね(笑)
c0051781_0203549.jpg

さっくりした歯ごたえにちょーどよい薄さ。薄すぎず厚すぎず
バターをうすく乗せても美味しい。気が向いたらマーマレードもvv
c0051781_0225849.jpg

おごっそさま(^O^)vvv
by elsur147 | 2012-01-21 00:37 | sweets | Comments(3)

閑話休題その1

頑丈な箱まで嬉しいギフト(どちらからかバレバレっぽいが)
写真に入りきらなかったブツも含め、ひとつひとつについて
書きたいことはいっぱいあるんだけど取り急ぎは甘いもの
c0051781_2194558.jpg

見るからに美味しそうなお餅~
水蒸気(?)が美味しいって そそられる~
ぴっちり包装してあるのも気持ちE~
c0051781_2114542.jpg










いいものがあった。
c0051781_21143551.jpg










丁度、こしあんも買ってあったり。
(アンフライを作ってみようかと・笑)
c0051781_21164420.jpg












ぜんざい。お餅、力強くて超、美味しい
c0051781_21281137.jpg










モチモチは 「お餅」 だけでいいからね(しつこい)
スイーツに米粉はNG~(わかったって)
で。粒あんのが 「ぜんざい」 と言うの?
c0051781_21292698.jpg










今度はおしるこにしてみよう。お鍋でとろとろ
という匙さばきは怪しげな気分で楽しい(どんな)
c0051781_21305449.jpg










よもぎは室生寺と長谷寺の香りがするよ
こしあんのなめらかさもたまらなーい
c0051781_23204390.jpg
c0051781_2321830.jpg










家に帰って着替えたら
まずはおしるこで一服vvv
こしあんは
アンフライを作る前になくなりそう
おしるこする奈良
やっぱ白餅がいいかもねー
c0051781_21393283.jpg
by elsur147 | 2012-01-21 00:11 | sweets | Comments(0)

龍穴神社

とにもかくにも室生口大野。このホームも大好き。桜並木でしょ
c0051781_2224852.jpg

で。道の駅で聞いた話の続き。大野から「やまなみロード」 は
くねくねしていなくて、わかりやすそう、ここを歩こうかな、と。
そしたらレジのお姐さんが、あこはトンネルがえらく長いですよって
気味が悪いです、車で行く道ですから、歩道もついてますけど、
車で走っててもちょとこわいです(言われてみればあったなそんなの)

で。大野寺の手前を、宇陀川を時計回りに裏道へ行くとすぐ、
左手の岩壁にオオクニヌシノミコト風の格好いい石仏があるからね。
法隆寺の金堂にあった持国天みたいな、大陸の香りむんむんの。
今思えば、そこで止まってもらえばよかったよ(桜並木の頃に行く~)
で。そこを通り過ぎると、オレンジ色の長ーいトンネルくぐるわけ。

話は駅に戻って。大野のロータリーでどうしようかうろうろしてて
バスは大幅に時間をはずれており、歩く気力も、ちょっと~
で。すすすと近寄ってきたタクシーのおじさんが2千円でどうか、と。
龍穴神社なら500円+と(500円やるから歩けと言われたら歩くけどな)
じゃ、オマケして吉祥龍穴まで行って(上目遣いぶりぶりだ^.^...

で。あっという間に着いてしまい(今でもなんとなくうしろめたい)
おじさんは車から出て、キチンとお参りして戻りました。
c0051781_2363546.jpg

遙拝所を見下ろす眺めがすき(上から目線と違う)そんなことより写真でか杉
c0051781_23272594.jpg

滝が流れる岩の舞台は、やはりきれいには撮れない。
中に入れないのと足下が不安定でまっすぐ立てない。
このステージのような岩盤にきっと、神と天使は降り立った。
c0051781_23321613.jpg

勧請縄は新しいのがかけられていました。よかった
これが気になってて、どうしたか確かめたかったんだ。
それにしても水がないな。で、ここのが龍穴神社のご神体
c0051781_23431356.jpg

龍穴はあと二つあって。仙人橋の近くと、室生寺金堂の近く
らしいんだけど、それは伝承ということで。どなた様も未確認(笑)
c0051781_23525621.jpg

天の岩戸。あるんだよって言ったら、あちこちにあると言われた(うるさいよ)
c0051781_2357231.jpg

なら、あちこち同時に坐だ。神様はなんでも出来ると言い返してやった。
c0051781_012874.jpg

吉祥龍穴から県道?へもどる山道は杉が織りなす天然連子
c0051781_0101423.jpg

c0051781_0104749.jpg

ブラピのモンタナ。モンタナはスペイン語。マウンテンのこと。山。
歩いていても写真ながめていても、あのメロディが聞こえてくるな
c0051781_021197.jpg
c0051781_0213794.jpg
c0051781_0215369.jpg

モンタナ。てっぺんに飛び出してる木がある。
c0051781_022783.jpg

宇陀の 宇
c0051781_0301021.jpg

なんちゃって カエルマタ
c0051781_1145611.jpg

龍ものどがかわくのか
c0051781_116372.jpg

おすぎの十把一絡げ
c0051781_1163446.jpg

龍穴神社 
c0051781_0304837.jpg
c0051781_031255.jpg

お正月に門に飾るのなんだっけ、門松だ
c0051781_0311745.jpg

怪奇的に膨らんでいる。きっと中になんかいる...
c0051781_0331727.jpg

足もとのリボン可愛いね>アスラン
c0051781_0414951.jpg

ここの狛犬がどこの神社のより大大大好き。遠い目をしている。
時間がとまっているようだと前にも書いたけど。旧約時代を想像させる。
SFと太古が背中合わせの、同じ場所の同じ時間に、
今も生きて坐す神の、過去・現在・未来を見ているようだよ。
c0051781_0435110.jpg
c0051781_044959.jpg
c0051781_0443012.jpg
c0051781_0444762.jpg
君に会えて、よかったなあ
by elsur147 | 2012-01-19 01:36 | climatnara | Comments(0)



climatnara Gunners robinvanpersie