arsenal seveile

<   2011年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

近鉄の車窓から飛鳥まで

なつかしい室生口大野駅。
c0051781_1949557.jpg

室生口大野→榛原 額井岳?...
c0051781_19532692.jpg

榛原→長谷寺だったと思う 長谷寺を通過するときはドキドキした
後方に。去っていくのが額井岳?(笑) アナウンスして(誰がするか) 
c0051781_201485.jpg

上り坂を振り返りながら仰いで見た山が見えるので。懐かしくて
とは言うものの。あのとき見た山と同じ山かどうか。はなはだ怪しい
長谷寺→大和朝倉(たぶん) 
c0051781_21275629.jpg

・泊瀬川 ながるる水脈(みを)の瀬を早み ゐで越す波の音の清けく・
でもここいらへんは綺麗に整備されてて。長谷寺の辺りがいいよね
c0051781_21281154.jpg

で。初瀬までくると。名張から赤目、三本松、室生の荒削りな風景と違って、
町全体が落ち着いて見えた。腰を据えているというか。(↑昔のU2みたいな)
室生の辺りはまだまだ。地底から声が響いてくるような太古のイメージ。

帰りは通りたくないな。思い入れありすぎ。行き慣れていないからかな。
そうじゃなくて。あんたほんとは名古屋乗り換えがめんどくさいからでしょ
はいはいそういうことにしておいて次次。 桜井に着いた。
c0051781_22123018.jpg

アンフライは夜のおやつ
c0051781_22132928.jpg

サンチェリー。もう少し早く着ければフルーツパフェだったんだけどねえ
ここから自転車で安倍文殊院を通りすぎて山田から明日香へ向かうだ。
(いちいち 「通り過ぎて」 と書かなくてもいいだろうに)
c0051781_22143860.jpg

で。一気に飛んで。明日香は万葉文化館でランチ
c0051781_22154636.jpg

フルーツパフェはこちらで(笑) とりあえず気が済んだY
c0051781_22193921.jpg

で。山田へ戻って飛鳥資料館へ寄ったついでに山田寺跡。
なーんにもないのがいいのよね~ (また磐余の看板見忘れて)
とくべつ見晴らしがいいわけでもないんだけど
c0051781_22263139.jpg

そうそう。山田の仏頭が(レプリカ)万葉文化館に来てたんだけど、
資料館にあるのと別のなんだって。何個あるんだ?あと骨董の茶碗とかは。
某かの美術館とかが海外で買い付けたコレクションだと聞いてガッカリー
昔々日本に、シルクロードから渡ってきたブツじゃなきゃやだ(笑)
c0051781_223049.jpg

さて。今度はどこを歩いてるんでしょーか 柵なしだよ。こわいわぁぁぁ
c0051781_22412946.jpg

石舞台から。たぶん時計回りにあがってきたんだと思う(あやしい)
c0051781_22441182.jpg

棚田かな。光の加減がむずかしくて。いい眺めだったよ
c0051781_2245401.jpg

途中の集落を過ぎると。あとは鬱蒼とした森が続く
c0051781_23141666.jpg
c0051781_23155472.jpg
c0051781_231661.jpg

夕日が差し込んでるんだけど。なんか不気味だよね
c0051781_23161682.jpg

あらそう(こころぼそげ)、赤いチロチロがこわい
c0051781_23163486.jpg

葛城金剛山あたりかな~て感じ。二上山も見えたよ。
c0051781_2348824.jpg

上居(じょうご)の上宮寺(じょうぐうじ)の前 
聖徳太子が騎馬太子だったころ駆け回っていたらしい。
仏生山上宮皇院という無人のお寺。
c0051781_23503732.jpg

道に迷っちゃって。一本道のはずが。微妙な分かれ道があるんだよね...
とか思い出したら眠くなってきちゃった。中途半端だけど今日はもう寝る。
by elsur147 | 2011-10-29 00:57 | climatnara | Comments(0)

子安地蔵と海神社(@三本松)

ホームから滝が見えたんですよね。ずーっと先の方に(室生寺方面)
今度は滝の近くまで行きたい。滝じゃなく。増水で崩落するあれ(おいおい)
c0051781_197969.jpg

地蔵菩薩。制作は867年(貞観9年)室生寺。
元は室生寺の本尊、釈迦如来の脇持だったのではないかと。
まるで生まれたばかりの赤ちゃんのようでした~
ふっくらしたお腹は子供体型、眩しそうに薄目をあけた瞳とか

c0051781_1832517.jpg安産寺に住職さんはいらっしゃいません。
管理していらっしゃるのは三本松の3長老。
事前に拝観の予約をしておきました。

こちらのご本尊、地蔵菩薩は →
室生寺金堂におられる釈迦如来の
ソックリさんなんですね。でもって
室生寺金堂におられる地蔵菩薩
その方の光背にピタリと合うのは
こちらのお地蔵様、というわけで、
室生寺で大きさの違いを見たわけよ。

宇陀川をくだって、海神社脇に
流れ着いたところを拾われたとか。



昭和17年。奈良博に預かりの身となったものの、
(鑑定→国宝→修理→像の中から貞享五年五月の木札→うちで保管しとくわ)
って経緯。ちょっとーひどいんじゃないの~(素人は言いたい放題)

で。村人の嘆願により、
収蔵庫を建てることを条件に返していただいたそうですが。
後付の光背と台座が揃ってないってことで重文に格下げって
なんじゃい=3
その間16年。費用負担の内訳など、具体的な話にも興味津々

法要や行事とは別に毎月9日の午前中にご開帳されるんですけど
人の出入りが多くて、ゆっくりご説明できないかもしれませんので
その日は避けていただいた方がよろしいかと思います、との事でした。

確かに。年表を元にお地蔵様にまつわるお話しをお聞きするのは、
会式の合間には無理。改めて、訪問者への配慮に感じ入った次第。
と、お地蔵さんのお話しをしたい、という気持ちにも。愛ですよ愛
c0051781_1723691.jpg

当初の予定は。一日かけて三本松から榛原、できれば長谷寺まで行けたらなあ
長谷寺から駅までの上り坂はキツイから、長谷寺まで送迎、お願いしようかな~
日没が過ぎて、ボンボリ燈籠が見られるかな~ とか思惑いろいろ一人歩きで(笑)
いたのだけど。午後から別の予定が入り。それでも三本松界隈は余裕のはずが。

ご祈祷の方と重なり、途中から通りすがりの奥方グループが、ここは何か?と。
で、ですね。お話しが。もといもといで(笑)、私は栞を後ろの方々に回し(笑)
ご祈祷に来られたご夫婦の奥方は、お茶の用意をするのに台所へ立った(笑)
それもこれもお地蔵様のおひきあわせですな、と管理人さん嬉しそうでした。

至近距離でおがませていただけます。靴、履いてます。
足の間に垂れた布もいい感じでしょ。室生寺様式の翻波。
c0051781_18582963.jpg

宇陀川が見えるホームは降りた側、大阪上本町行き。反対側は山肌(つまらん)
c0051781_13512062.jpg
c0051781_14575755.jpg

川は渡らず、室生方面に歩くとトンネルの参道がある。近鉄の下をくぐるわけ。
安産寺やから 産道 ともいうな。(うっそ八百~ 今おもいついたんや)
c0051781_2236855.jpg

近いと行っても高台にあるので上りはそれなり
c0051781_15344054.jpg

のぼった途中で道が左右に別れてて広い方の道に行ったんだけど。
そっちは住宅地に続いているから。広いのであった。
しょっぱなから間違え寺。 向こうに見える、あのモリモリか、と。
c0051781_22364011.jpg

八柱神社(@境内) この先馬頭観音があるもよう。次の宿題
c0051781_164405.jpg

本堂。もとは集会所だったところを本堂としたもの。
信徒が集まるところが教会、という精神に通じる世界。
砂利が均等に波打って掃き清められ。感激の美しさ。
会堂の中も。どこかの位牌堂と違くて(こらこら)、掃除が行き届き、
ストーブや重箱なども真っ直ぐに置いてあるのが気持ちよかった。
c0051781_176461.jpg

境内から見下ろす下界。むこうに滝。滝じゃなくて。ここここー↓近くで見たーい
c0051781_1915083.jpg

海神社の常夜灯。第一次大戦の鉄兜のようだ。西部戦線異状なしの。
c0051781_2018559.jpg

国道をわたって橋の向こうが海神社
c0051781_2237539.jpg

橋から振り返って。安産寺方向に鎌倉山
c0051781_22381283.jpg

これ室生寺の方なんですけどね。 あの杉の並びは何なんだーーー
あれの近くまでいって独り占めしたい。写真、でかでかとすいません
c0051781_20265085.jpg

杉だか檜だかどっちでもいいけど。あたし好みにキッチリ並んでて嬉し杉~vv
c0051781_20282958.jpg

海神社(かいじんじゃ)
c0051781_2252693.jpg

渋っ
c0051781_21552690.jpg

海と彫ってあるね。大砲3発=3 じゅどーん!!!
(なにしろ頭塔の屋根瓦が要塞に見えたあたしだ)
c0051781_21554667.jpg

どこからか流れてきた煙のキナ臭さもいい感じでねえ
c0051781_21561899.jpg
c0051781_21563452.jpg

高っ
c0051781_2157560.jpg

煙突みっけ
c0051781_20375280.jpg

のどか~な、煙突側は、名張方面になる。
c0051781_2262443.jpg

ステキな歌碑があったよ
c0051781_2264071.jpg

あの山の向こうに。室生寺があるらしい
c0051781_2271620.jpg

三本松駅の踏切 (駅員さんが不審に思うからよせって)
c0051781_226594.jpg

杉とか鎌倉山とか、駅をはさんで真逆に行きたいところがあって。
木曜日にして自転車かりないとダメかな。水曜日は道の駅お休み。
ダメモトで行ってみたら、開いてそうな顔して開いてなかった(笑)
パンフレットとか売店はやってるの。 じゃまた絶対ねーーー
c0051781_2273622.jpg
  
by elsur147 | 2011-10-27 22:55 | climatnara | Comments(0)

三本松

次もここ。年明けだな~年内は連休とれません。忙しくなるって(そうでないと困るが)
午前中に軽く駆け足でまわるつもりがとんでも発憤=3  まさかまさかの三本松は
駅チカの安産寺と海神社だけで3時間ちょ~い(^^;) 錆びた柵まで名残惜しいぞ!
c0051781_0513632.jpg

by elsur147 | 2011-10-26 01:45 | climatnara | Comments(0)

奈良の、始まりと終わり

日本橋口。私には奈良の山門であり、一の鳥居でもある象徴
奈良に行くときと、帰ってきたとき以外は、絶対に通らない口。
c0051781_21331373.jpg

富士山は霞んでいましたが。
工場の屋根とか煙突とか煙とか。がんばるニッポン!
c0051781_2319123.jpg

上のライトが目玉に見えると、可愛く思えてくる不思議
(それはあなたー 「行き」 だからでしょお~)
c0051781_21405365.jpg

木曽川を渡ったあと。大きなカーブになっていて、川を挟んで、
道路がタテに走っていたような、どうなってんのかよく分からんが
すれ違った近鉄が見えると、ワクワクして楽しい。
c0051781_23234459.jpg

でも車窓は名張からのが一番。
運転席の真後ろが座席のに乗れると超ウレシイ
荷物置いて見てられる
c0051781_2337721.jpg

お帰りはこちら~ (あらもう?) やぱ可愛くない (ほれみろ~)
c0051781_23253546.jpg

変容していく二上山。どこらへんだろ。大和郡山より手前(←手前って?笑)
このあと駅を通過したら郡山城が見えたから。特急だとどこ駅か分からない
c0051781_23283061.jpg

新横浜を過ぎたら(もう?しつこいなあ)、あっというまに品川で、品川から
5分くらいかな。夜のイルミネーションは節電してても明るくて、
新橋有楽町を通過すると↓着いたも同じ。ちょっぴりホっとするんだよね。
c0051781_2341941.jpg

ここらでカメラ向けてると完全にお上りさん(笑)
山門であり、一の鳥居でもある 「日本橋口」 
c0051781_2343921.jpg

ロータリーを出て地下鉄スグ。改札を通って、たいていは、
階段を降りたら快速が入線してくる。タイミング良すぎというか、
いきなり現実に引き戻される問答無用さが毎度毎度で。参る~
c0051781_23462667.jpg

そうそう。お天気の良い日没の頃に富士山を通過すると、
富士山が赤~く染まった 「紅富士」 が見えるんだよ。
夕日の照り返しで↑あと二上山は大阪からは日の出なんだね(何今更)
by elsur147 | 2011-10-22 00:38 | climatnara | Comments(4)

赤目口にて

c0051781_10135127.jpg

次は三本松〜三本松 ちんちん♪
by elsur147 | 2011-10-19 10:13 | Comments(2)

あしたあさってうましうるわし

「幾たびも 参る心は初瀬寺 山も誓いも深き谷川」(西国8番ご詠歌)
は。行けるかどうか分からないんだけど。予定が少し変わったのでR
明日いちばんに三本松。次の日はいっとう西まで行ってしまうかもだ。
c0051781_0361433.jpg








ではね。

なんだろねこれ ぐぐってたら出てきた。なつかしいあたし(笑)
じゃ寝る。寝坊してまうGunner s(あほ)
by elsur147 | 2011-10-19 00:44 | climatnara | Comments(0)

室生口大野のフタコブ山は

「かぎろひの大和路」を読んでいて、あ~もしかして~ と。
室生口大野駅のホームから南西方向に(たぶん)
見えたフタコブ山は? 額井岳↓(電線の下)だったのかもしれない。
c0051781_2057729.jpg

<「かぎろひの大和路」 “大津皇子”号 夏見廃寺の頁より抜粋>
名張、夏見廃寺跡。境内を擁する大地は南西方向に谷がひらけ
遠望には大和富士と異称をもつ奈良県榛原町の額井(ぬかい)岳が
どこか二上山を思わせる姿で薄青い影を作っているのが印象的だ。
(こうした本文に惹かれて 行ってみたくなるんですよね~)
c0051781_20563432.jpg

「飛鳥の悲唱」で溌剌としていた巨勢多益須(こせのたやす)も
大津皇子号の “ひと” で紹介されていました。うれしかった
でも本は。お忍びで伊勢に大来皇女を訪ね、別れた場面で読むのやめた(^^;)
その先はいい(>.<)、気が向いたら読むかも知れない、そのうち。

で。 3月の震災以降、人は防災セット(避難袋?)の中に
「思い出の品」 (たいてい写真) を納めるようになったそうで
で。私は (わ、私も~ ^^;) 奈良の何かに決まってる。
何がい?見て、開いて、読んで、思い出して、心温まるもの。
室生寺号をお供させたい。なんといっても旅のお供だ(^^)v
c0051781_2194957.jpg

横顔の君のホルダーに入れて
宇陀川の石はポケットに(ちと重いんでね?)
今でもまだキラキラ光っているよ☆
c0051781_211226.jpg

ありがと。
by elsur147 | 2011-10-18 23:39 | climatnara | Comments(4)

スーパースイーツ

温泉じゃなくー(笑)、スーパーマーケットで買ったスイーツ
見てのとおりの巨大ロールは高さ甘さも満点ロール
c0051781_075660.jpg

カボチャのクリームと生地がほぼ均等であたし好み。
生地もシフォンケーキのような弾力があって当たり~
c0051781_0244418.jpg

カットされたロールケーキだと何だかわからないうちに終わってしまうんですよね
(だから2個買いなんだろ?笑)、これだけ高さがあれば十分満足。ごちそうさまー

あとさっきのスターウォーズの話の続きというか。映画にかぎらず(音楽でもそう)、最初に観たものが全てで。刷り込み現象で。アレンジされたのとかカバーとかリメイクとかダメなんですよね。同じアーチストでもライブの録音だとなんかイントロからして違うな、とか。趣味の世界を狭めているかもだけどいいのそれでも。
by elsur147 | 2011-10-18 00:31 | sweets | Comments(0)

スターウォーズ

20世紀FOXを背負ってテーマ曲がはじまるアレ(笑)
遠い昔、はるか銀河系の彼方で... 
A long time ago in a galaxy far, far away...
文字も銀河系の彼方へ消えていき
英語の響きにもトロ~ンと酔いしれ...(^.^)

それなのにひどいじゃないの 
c0051781_237769.jpg
テレビで 「ジェダイの復讐」 やっててなんとなく観ていて、大団円に他愛なくホロリときかけたところに、後から公開当時にはなかった映像がCGで付け加えられていて、後入れするなよって感じ。それに加えて、心を入れ替えて昇天したダースベーダーが師匠のヨーダと師範のオビワンと並んでルークの前に幽霊になってあらわれる場面では、ダースベーダーの顔がヘルメット外した親爺じゃなくて、このシリーズのうんと後に作られた、でも監督が仰ることには、元々あったらしい後づけのエピソードで若いダースベーダーを演じたヘイデン・クリステンセンにすげ替わってるじゃないか。なんだい。だったらいっそオビワンの顔もユアン・マクレガーにしたら?(-.-)

ふん

今となっては。一万幾らもした、本棚でホコリかぶってるVHSでしか存在しないよ
あたしが大好きなスターウォーズ三部作は。嗚呼...;(それ大げさすぎないか)
でもって。 「帝国の逆襲」 がいちばん好き(はあと)←なんだろね(^^;)

じゃあね
by elsur147 | 2011-10-17 23:31 | cinema | Comments(0)

まほろば館の五條フェア

夕方時間つくってかっ飛びで三越前=3 幟旗でてました~
(正面にまわってせんとくん入れたら文字が裏返しや)
c0051781_21235078.jpg

五條市役所の職員が五條の柿を試食販売。
さっぱり的を射てない写真でどうにもこうにも...(笑)
c0051781_23273762.jpg

チラシ入り。2個150円
c0051781_21413330.jpg


c0051781_21424263.jpg


「JAならけん」
と書かれたフクロ
それがなにか?



c0051781_21425973.jpg



後生大事にとっとくんやろ(笑)





飛鳥ブランドも続行中。猿石4体のうち、3体は二面石なんですよね。
門の奥にいて(吉備姫王の墓守をしている)、背中は見えませんが。
背中が写っているような... でも門の外からじゃここまでも見えない
<山王権現>
背中の顔には、タテガミ状の耳と牙がついているんだって~
c0051781_21514358.jpg

神秘的な「紅蓮のうまこ」
配置と角度の影響で猿石(僧と男)がはいってしまった...
c0051781_2150814.jpg

そろそろ帰ろうと。五條フェアの前をとおりすぎようとして、
ふと、ターンテーブルの下に置いてある箱に目を奪われ候
c0051781_22443594.jpg

うちわの陣中見舞いと思われる、新十津川村から届いたメロン箱
しゃがんでシャッター押しながら涙腺、思いきりゆるんだゆるんだ;
c0051781_2246111.jpg

でもって。外にいたいた、これがウレシイ想定外♪
「あっ いてくれた~」 て思わず声がでてしまった。
写真を撮らせていただけますか、と、もう泣きそう(何なの)
ね。カッキー君と並ぶと。せんとくんgood男っぽいネー(笑)
c0051781_22511627.jpg

媚びない味。美味しかった。御霊神社の五條柿
バイバイまたねーーー(*^^*)vv
c0051781_23574299.jpg
by elsur147 | 2011-10-17 00:01 | climatnara | Comments(0)



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.