arsenal seveile

<   2011年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

長谷寺は続くよ

お参りがすんだら本堂へ案内していただけます。
尾上の鐘という梵鐘に文亀元年(1501)の銘がある鐘楼
c0051781_10342041.jpg

本堂で二丈六尺七寸の十一面観音を拝みます(見上げる)
オミアシは長年さわられ(なでられ)すぎてツルツル
地中湧出の大盤石は初瀬山系の基岩で黒(おぼえてない)
頭のてっぺんに干支をのせた十二神像も並んでました。
徳川幕府歴代の位牌もあったよ。

五色線はハンサムなお坊様が帰りに結んでくださる。
いまも出かけるときにつけていますよ。けっこう可愛い
c0051781_1045751.jpg

「遠路はるばる よう来たな」 
c0051781_12394038.jpg
と、お出迎え。
観音様は(でかっ)頼もしげ
錫杖と水瓶を持っておられる。
てっぺんが鍵十字の
なんだっけ、名前が出てこない
煩悩をくだくあれ。
あれじゃなくてよかった
なあ(笑)



本堂から東へ少しのぼると。三社権現。瀧蔵三社。
真ん中が中社で?瀧蔵権現? お勤めのところをすみません 
c0051781_1094585.jpg
c0051781_1095255.jpg


燈籠は八方の一種。八方というのは四方八方
てことは。八方美人の八方なので?(毎度のいきなり)c0051781_11114859.jpg

←中登廊の蔵王堂前の。
蔵王堂には
金峯山寺の蔵王権現が祀られてあり
と、言われてみればあったような。
美人に見とれていてよく覚えてない
脇には紀貫之が植えた梅の木も。
蔵王堂を背にして右に馬頭夫人社
あああの赤いのがそうだったのか。
やぱ一度行っただけではダメよね~



権現からもすこし東に能満院(鬼子母神?)
「かぎろひの大和路」 長谷寺号のカバーを飾った
慈母観音に会えました。感激。
早朝の門番は芝のおイヌさま。人の気配を察して
すすすと出てきてちょこんと座って後ろ足の位置を直して。
かわいかったですよー (かまっていると時間をわすれる)
c0051781_11524359.jpg
c0051781_11404623.jpg
c0051781_11405547.jpg
c0051781_11411494.jpg
c0051781_11413950.jpg
c0051781_11414829.jpg

どう見ても。聖母マリアと幼な子イエスだ
c0051781_11421086.jpg

そろそろお腹がすいてきたので宿へ戻る道すがら。
午前中の日差しが分かるかな。まだ柔らかい、でも、夏の。
c0051781_124338.jpg
c0051781_1241230.jpg
c0051781_1242298.jpg
c0051781_1243792.jpg
c0051781_1244734.jpg

玉子焼きと佃煮とかで、ご飯がススム君だった朝ご飯。
c0051781_12155065.jpg

懐紙に今旬のアジサイ。これと牡丹以外にどんなのがあるか気になる。
c0051781_1216988.jpg

青空と仁王門。 仁王門!?金剛力士像 まったく見てない
c0051781_1224216.jpg

すっかり八方美人に心うばわれ
存在すら頭から外れていました(笑)
by elsur147 | 2011-07-07 12:50 | climatnara | Comments(0)

朝のお勤め@長谷寺

朝は5時に起きて。洗面所側の窓を開けたら
c0051781_1993058.jpg
本堂の屋根が見えるね。
ほんと門前、お膝元、
眼下を流れるのは初瀬川。
川のせせらぎ という
風流なものではなく
ゴーゴーに近かった(笑)
ここで暮らす人たちは
生活の中で
川音の変化も
感じているのだろうか

手前に洗面台があって
身体をナナメにしないと
撮れなかったから
写真もナナメってしまった。


夕べのうちに女将さんが、勤行申込書を用意してくださり、
そうそう、「明日の朝、お参りに行かれますか?」 と。
勤行という形式ばった言い方でなく普通に お参り でいいのネ。

朝の門前。この日も暑くなりそうな予感でした。
c0051781_19535941.jpg

早朝の仁王門は。夜の静けさとは違う静けさ。 
c0051781_19585677.jpg

さあさあ お待ちかね 登廊のはじまりはじまり (切妻造)
この日、何往復かしたけど。399段なんでもないよ全然
両サイドには花あり塔あり子院あり。何回見ても見飽きない
とはいえ。花は盛りには当たらず、アジサイちょぼちょぼ。

登廊の先にお坊様が!感激~ (しかもオラニエ)
c0051781_20371067.jpg

長谷寺式と呼ばれる燈籠は等間隔に並んでいて、
柱や屋根とセットで遠近感とか、
うまく言えないけど 好き好き好き好き
c0051781_20434285.jpg

続々登城されるオラニエ (よくよく見たら、山吹色だったでしょお)
c0051781_2049159.jpg

石段を掃き清めるオラニエ
c0051781_21395172.jpg

c0051781_21395923.jpg
もうすぐ頂上だ。
ここを渡っていて思い出した
この緩い感覚と木の香りに
南伊豆の伊古奈ホテルを。
子供の頃、家族と親戚と
年末年始を過ごした温泉。
本館とか旧館とかが
渡り廊下でつながっていて
両サイドに観葉植物や
間欠泉があったような...
あいまいな記憶だけど。
廊下も子供だったから
長く感じたのかもしれないし


お参りの前に。ハンサムなお坊様から説明があります。
ハンサムなのも 「長谷寺方式」 だそうです。いやホント
その話はあとで。 はい、定番ですがなにか?(笑)
c0051781_2228437.jpg

で。ご本尊や本堂についての説明と。お参りの手順。
で。輪袈裟とお経を貸してくださいます。

「長谷寺謹行法則」 というもの。
表紙には 「門外不出」 と書かれたフセンが貼ってあった。
お経の横に独特のマークがついためずらしいものでした。
音階をあらわす記号なのだそうです。

c0051781_2262348.jpg
ソロでワンフレーズ唱え(違うだろ)
続いてコーラスが(それも違うー)
そのテンポの良さと
小気味よいリズムには
思わず
踊り出したくなりそうに(ばちあたり)


・南無歴代化主尊霊・ なむ れきだい けしゅ そんれい
回向日月牌供養諸精霊
回向戦没被災者諸精霊
回向全国檀信徒諸精霊

↑上記は教典に書かれてあるもの。続いて
教典に書かれていない方々への祈りが捧げられ
<回向東日本大震災被災者諸精霊> 
はっとした 思いがけなくて 心がふるえた


・遙拝(ようはい) 外舞台法楽
三山に捧げる祈りと拍掌。
与喜山と愛宕山と、たしか 三輪山 だったはず...
c0051781_2336077.jpg

天に昇られた魂が。安らかでありますように。
c0051781_23423467.jpg

by elsur147 | 2011-07-06 00:50 | climatnara | Comments(3)

小出し長谷寺

本堂におかれたダダイコ
c0051781_23232060.jpg

6月23日は午前10時から、雅楽会結成50周年記念ということで
雅楽の奉納がありました。そんなのまったく知らなかったのですが
わたしと同じ旅館に泊まってらした撮影の方と女将さんとの会話に
耳ダンボ(笑)

写真は雅楽奉納がおわったあと。
静かそうに見えるけど片付けのまっさい中。
本堂の通路はバタバタですよ。
よし誰も見えなくなった 今だ~~=3
ダダイコが舞台をおりる前に急げ=3

じゃね。
by elsur147 | 2011-07-05 00:05 | climatnara | Comments(0)

海老のタルタル

エビフライを丸めてカットしたものの 最後の一切れ(笑)
c0051781_023393.jpg
・レディースディナーセット・
エビロール
バケットのオープンピザ
それとサラダがワンプレート。
それとコーンスープ(超濃厚)
それとハーフパスタを
5種類のなかからチョイス



ミートソース ペペロンチーノ 茄子トマト カルボナーラ ...
あと一つ どうしても思い出せない=3
まあいいやね。 お昼タルタル、夜もタルタル ということでー(^o^)

畝傍御陵前にあるアストリアはね。
イタリアンだけどサンドイッチが美味しいお店。
とりわけ カツサンドが断トツに美味しいです。
ランチセットはサンドイッチとコーンスープとハーフパスタとデザート。
ディナーセットもデザートがついてます。とてもバランスがよいのだあ
おっと栄養バランスじゃないよ。
ブラウニーとホイップクリームとアイスクリームのバランスがさ♪
c0051781_0391663.jpg

じゃまた明日か明後日ね(^.^;)
きょうはもう寝る。
by elsur147 | 2011-07-03 01:11 | climatnara | Comments(0)

朝風峠

もりもりと 緑濃ゆる夏至 
c0051781_0595962.jpg

棚田は初夏の色 いちめんの緑 
c0051781_23313215.jpg

by elsur147 | 2011-07-02 01:02 | climatnara | Comments(1)

地図のいらない明日香

よくいうよ また道 間違えたくせに(笑)
お姐さんとは桜井でお別れでした。
あたしはサンチェリーで自転車を借りて明日香へ。
安部文殊院を通りすぎモウコンの森を左に見ながら走るはずが
橿原市へまよいこんでて いちいち 「昆虫館」 のカンバンが現れ
(昆虫って文字だけでダメなあたし... そんなんで龍穴行いけるー?)
自分で間違えたくせに なんでー?ここどこー?とか鼻息荒げ=3
c0051781_22371232.jpg
c0051781_22372118.jpg

のどかな田んぼ道をスイスイ走ったはいいけれど
文殊院を過ぎたら あんなキツイ登りだったっけ?
自転車おりて 押してるだけでもキツかった のが 
のど元過ぎて これが見えたら着いたも同然 (またまた~)
c0051781_22411733.jpg

おととし泊まったホテルだ。なんだここに出てきたのか
c0051781_2243878.jpg

山田寺跡 好きなんだけど。今回は寄る時間なーい
4時半までに辿り着かねば。 立て札が好き↓
c0051781_2248366.jpg

あたしの定番。奥山のもひとつ先(西?)
写真撮ってたら 後ろから亀バスがboo!煽られた=3
信号かわってんだ さっさと走れ?
c0051781_22532316.jpg

飛鳥坐神社。まだちゃんと見たことない。 また今度ねー
(今度とオバケは出ないって)
c0051781_22545849.jpg

あそこを左にまがったら飛鳥寺だ
c0051781_225527100.jpg

門前の。大佛屋さんの紅生姜と梅干しは。あたし御用達。
もっぱらファックス通販で。 母が漬けてたのと同じ味♪
c0051781_22594479.jpg

ここいらへんも定番的に好きな風景
この先が岡寺のぼり口の細い道で、そこでさっきのバス追い越した
c0051781_233740.jpg

石舞台は。観光バスが3台も停まっていたのでパス。
ここで自転車を返す。あとは歩いて?走り!急げー=3
c0051781_23174163.jpg

ほれ急げ~ 緩いカーブ。自転車で下ったときの感触、今も身体が記憶してる
c0051781_23281012.jpg
  
バイパスが欲しい(笑) 
c0051781_23292863.jpg

・明日香川 瀬瀬に玉藻は生ひたれど しがらみあれば靡きあはなくに・
字余りが気になる歌だよ。 
「靡きあはなくに」 は万葉集の解説に
「靡きあえない」 と書いてある。 
それなら 「しがらみあれば靡きあえない」 
で、いいのにと思う。それじゃダメなの?
c0051781_23382491.jpg

c0051781_23415269.jpg



げっ






もうすぐモニュメントが見えてくる もうひとがんばり
c0051781_2346725.jpg

モノリスー (さあ2001年 ツゥラトゥストラかく語りきを口ずさめ)
c0051781_23465558.jpg

2001年 とっくに過ぎてますな。ブレードランナーは何年だった?
2023年だったかな。あんなNYには なりそうにはないですな
また脇道それて。もとい。めずらしく逆光にならなかった仏頭山
c0051781_23472546.jpg

あー間に合った(笑) いったいぜんたい何 やってんでしょ~か
c0051781_23482817.jpg

品の良い境内が好き
c0051781_23593817.jpg

あたしは東門からはいって。西門から出るのが決まり
c0051781_0134023.jpg

出たら振りかえる
c0051781_014881.jpg

空気がきもちいい
c0051781_0143293.jpg

丸いものが大好き
c0051781_0151424.jpg

三輪山
c0051781_0163211.jpg
c0051781_0173693.jpg
c0051781_0175740.jpg
c0051781_019276.jpg
おつかれさん またね☆
by elsur147 | 2011-07-02 00:56 | climatnara | Comments(0)

外山

外山 (とび) 
「ノープレイ」 が生まれたところ(*^^*) ホーショーセクション
c0051781_2229724.jpg
えーとね。能楽です。大和四座の。私には宝生といったら石川県の銘菓、加賀宝生。こしあんの周りを白い落雁で固めてあって私はあまり好きではないのだけど。落雁が。そんな私が宝生が能楽だと、奈良に行くまで知らなかった私が、発祥の地が外山で、その地名は今でもあると知って見に行ったのでした。


あったわよー バス停が(笑) とびだ とびだー
c0051781_2228093.jpg

反対側にもー 
c0051781_22283584.jpg


c0051781_2239368.jpg
桜井市は推古朝の昔。
聖徳太子が土舞台をつくり
子供たちに伎楽舞を習わしめ
という伝説があり。
土舞台ってそうだったのね。あたしは
相撲の舞台かと思っていました(笑)
宝生座は。
観阿弥の息子、蓮阿弥が流祖だと。
宝生の名は。
外山座の中心的役者であった
「宝生太夫」 の名前から。
で。なんで石川の和菓子に?
江戸時代に
加賀藩で流行ったからでしょ
←(17世宗家宝生九郎 建立)


境内の入り口に記念碑をおく宗像神社
c0051781_2325895.jpg

大昔の創建は高市皇子。総本営は福岡県。
玄海の三社がセットで宗像大社。筑前の、
胸肩道善の娘、尼子娘が天武天皇に嫁ぎ、云々
興福寺の支配下から逃れ春日神社と統合し、云々
その後、独立し、云々
統合と独立と。今も昔も。世界のどこでも。

茶臼山古墳のわきを通りました。通り道に古墳が普通にある奈良だ
c0051781_23232788.jpg

で。お昼は桜井の駅前ならなんかあるわよってことで。バスは1時間こないので、歩いて。サンチェリーはペンション。予約したこともあり、自転車を借りたこともあり、中に入ったのは二度目なのに何度も来たことがあるような気がするのはココのパンフレットをデスクの引き出しに入れっぱなしのせいかもしれない。引き出しを開けるたびにサンチェリー(笑)、整理しようと思いつつそのまんま。閉めたら忘れ、開けたら やんなきゃ の繰り返し(笑)
c0051781_23251355.jpg

田舎ランチ だったかな。2時をまわっても食事が出来るありがたさ。
和洋折衷で美味しかった。海老フライのタルタルソースが美味美味でした♪
c0051781_23294056.jpg

結局。脇本遺跡も雄略天皇の宮跡もよく分からないまま炎天下を歩いて歩いて。春日神社の鳥居から外鎌山を拝むのも脇本のバス停もころっと忘れており。オニギリ型の外鎌山は歩きながら見ていたのに山の名前を思い出さなかった。どことなく 「耳成」 の大人版だわあ とか思っててバカだな。 川の流れに無常を感じる。それを嘆いたのは ヘラクレイトス?
c0051781_23431452.jpg
リーちゃん なかなかお参りにいけない(笑)
by elsur147 | 2011-07-01 00:26 | climatnara | Comments(0)



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.