arsenal seveile

<   2009年 05月 ( 36 )   > この月の画像一覧

眉村か左京かメビウス二王座

街全体が静かで、あまりに静かすぎて。まるで住民が消えてしまったような錯覚に。路地を入ると、どこにも似ていない、今まで見たこともない不思議な家並み。仕舞た屋のような古いお店が並んでいて。広い店先の、お店は開いているのに人がいない。
c0051781_024445.jpg

長屋門と石畳が続く。映画のセットに迷いこんだようでもあり。そうそう、住所がカッコイイ。何丁目何番何号じゃなくて「組」表示なんですね。臼杵市本町11組とか、二王座7組とか。別府もそうでした。別府市明礬4組とか。
c0051781_0393.jpg

で。二王座に行ったら出られなくなって。じゃないんだけど。来た道が分からなくなって。別の路地に入ったら前から高校生の少女が歩いて来て、ちょっと驚いた。ぎょっと(すいません)、すれ違うとき 「こんにちは」 と声をかけてくれまして、私も 「こんにちは」 と答えたのですが。そのときのことを今思い出しても、夢でも見ていたように現実味がなくてね。
c0051781_0251117.jpg

こっちかな、と思ったら行き止まりだったり、さっき歩いたときに見たぞ、とか。駅に行きたいのに二王座から出られない。似たような曲がり角がいっぱいあるんですよね。
c0051781_0322968.jpg
c0051781_0324376.jpg

ブロックの位置がものすごく低い。家の構造、どうなっているんだろう。不思議。
とにかく。駅から離れてもいいから下へ降りようと。で。途中で出会ったオジサンに(また)駅までの道を訊ね。分かりにくいだろうからと、駅が見える線路沿いまで送っていただいたのでした。なんのことはない、ただの方向音痴ってわけですが。
c0051781_0325995.jpg

佐志生駅を過ぎたところ。臼杵から日豊本線の快速で大分経由の別府行き。の予定が。
c0051781_047956.jpg

臼杵で駅員さんに時刻表を見せて確認したら 「その快速は来ないよ」 ってなんでよ? 「あっちのホームに停まってるのに乗って。早く早く。もう出るから早く」 ってせかされると、あれに乗り遅れたら二度と臼杵から出られないような気がして(また)すごい焦ったわけ。
c0051781_059643.jpg

なんだったんだろう。大分に着いて一安心。大分駅は日常的な馴染み感があってホっとした。そこからソニックで別府はすぐ。切符は別府まで。だから大分で途中下車できないハズなんだけど、時間あまってるし。改札で特急の時間とか確認しがてら、上目遣いで、「そこで買い物したいんですけど」 「じゃ自動改札は通らないで、ここに来て下さい」 と。こういうのもゴネ得というのでしょうか。それにしても。松山と大分の駅員さんハンサムだった(笑)

c0051781_115289.jpg

大分駅で買ったパン。アンデルセンだよ。チェックインが夕食に間に合わないんでねぇ。
大分では「アンデルセン」ではなく「タンドール」と言うそうで。でもパンを見ればすぐ分かる。東京にないのがいっぱい。なので、お店の女の子とパン話で盛り上がってしまった。そういえば、松山でも別名のアンデルセンを目ざとく見つけて汽車ん中で食べたんだっけ(笑)
by elsur147 | 2009-05-31 01:26 | etcetra | Comments(0)

c0051781_2252193.jpg

北浜のアーケードにいた猫。遊んでたらシャツが毛だらけになった。
「犬は人に付き、猫は家に付く」 と言いますな。ふと思ったのは、
イヌは忠義とか忠誠とか。でも真逆もありだな、と。カタカナで書くと尚更に(笑)
そんなことよりガナーズはー。家につくネコでいて欲しいと思って。それだけ。
もーどうにかならないかしら公式。写真付きのメニュー早く下がってオクレよ~
今、FAカップの決勝やってる。おチェルはエバートンに潔く負けてくれろ。
by elsur147 | 2009-05-30 23:19 | football | Comments(3)

豊後水道と臼杵。

静かな海でした。何を期待してたんだか。荒れてたら船は出ませんて。いいお天気で眩しくて。太陽がいっぱ(笑)。海の、波間の流れや、遠くにかすむ島影を見ているとタイクツしません。ときどき風が強く吹いて、そのときは寒かったかな。気がついたら船の手すりや黒いジャケットに白い粒々。塩でした。こちらは佐伯方面になるのかな。奥豊後の山並みかもしれない。刻一刻と変わるグラデーションが幻想的で神々しかった。
c0051781_20515527.jpg
c0051781_2045499.jpg

世界初らしい(伊東屋によると)ミニチュアの磁石。方角、合ってますかね。
c0051781_20451540.jpg

臼杵が近い。南アメリカ経由で。ものすごーい遠路はるばる(笑)。「さむらいウィリアム」でリーフデ号が漂着した行が頭によぎったのでした。アダムスの記録にあったのと同じような、藤色のぼんやりとした、神秘的な光景。流れ着いた日本が、アダムスが今まで海上から見てきた、南アフリカや南アメリカとは、まったく違う世界だと感じたのなら、すごく嬉しい。
c0051781_20494311.jpg

リーフデ号が漂着したと伝えられる黒島。臼杵藩主は太田一吉(1年だけ)。関ヶ原のとき、体調不良で引き籠もっていたのを西方とみなされ、すったもんだ色々あり。そのとき、彼が藩主でなかったらポルトガル宣教師の言うことを信じて即行死刑だったかも。太田藩主がリーフデ号に興味をそそられ、国王の(家康)の指示を仰いだので、待ったがかかった。
c0051781_20453429.jpg

つい身を乗り出してしまい。吸い込まれたらどうしようかと。
c0051781_23214239.jpg

最初に行ったのは臼杵城跡。
c0051781_23294121.jpg

再建された櫓もあったけど、跡のまま残された所は草ぼーぼー。でっかい陥没どーん。掘ったら何か出てきそうな。誰もいないし鬱蒼としていて公園なのに無気味、と、感じてしまったらもうダメで。こわいので写真もあんまり。誰もいないのに誰か写っていたらイヤだよう(笑)
c0051781_23362454.jpg
c0051781_23363571.jpg

サーラ・デ・臼杵。観光案内所になってます。もちろんポルトガル建築の踏襲(←なんかトゲある)。モデルになっているのは南蛮文化を伝えるノビシャド(=修練院)だって。
c0051781_085099.jpg

サーラの裏に廻るとパティオ。長崎で泊まったホテルに似てる。あっちは修道院仕立て。
c0051781_0233211.jpg

で。サフランライスを郷土料理にアレンジしたランチがオススメの 「ポルト蔵」 が隣にあってね。そこのランチと、デザートのクレマカタナラ (クレームブリュレ) がお目当てだったのに休み。じゃなくて。店主がちょいとお出かけ中。看板は出ているのに暖簾は出てないんですけど休みですか?ってポルト蔵の隣でテントはって果物売ってたオジサンつかまえて聞いたら 「あれ。さっきまでいたのに。電話して呼んで来ようか」 と。予約した方がいいと書いてあったのはこういうことかい。「あっちで珈琲でも飲んで待ってれば」 と。のんびりしていて。ははは。いいです時間ないから又来ます。どっから来たの?フナバシ。はあー?チバ県の、観光で。ああそうだったか。それはそれは。また来ます。うんそうしな。
c0051781_0202851.jpg

中庭をかこんで 「珈琲のんで待ってれば?」 のカフェは200年前の長屋門。
c0051781_0215838.jpg

と。だいぶ疲れてきたからメビウス臼杵、というより、メビウス二王座は明日でも。
by elsur147 | 2009-05-30 01:01 | etcetra | Comments(2)

携帯ゲリラ

まあ元気だしてよ(^^;)
c0051781_21462991.jpg

ねー。あたしも面白くないでーす。ミラ君たら人の気も知らないで、
「なにげに三冠なんですね」 だと。
「そうだっけ?でもプレミアでトレブル達成するほどの話題性はないですよ(ぴしゃり)」
とは、あたしの無駄なあがき。
なんかー公式に赤青ユニの杏里がいそう。
今日は行くのやめとこ。じゃ今から帰るね。
by elsur147 | 2009-05-28 21:45 | Comments(3)

ユースカップ優勝

FA Youth Cup/Liverpool 1-2 Arsenal (2-6 agg)
25' Watt 70' Ayala(OG)
c0051781_2342404.jpg

ワットのゴールだ。餡フィールドで優勝を決めたヒヨコGunners。メデタイ!
みんなカワイイですねー。高校生大会じゃあるまいし。ピヨピヨGunners(笑)
c0051781_23453083.jpg

まだハイライトを見つけられないから、結果とメンバーと記念写真だけね。そのあとマッチレポを読もうと思ったらトンデモナイ写真が目に入ってもー。ちょっとー

c0051781_23375829.jpg*Arsenal
James Shea
Craig Eastmond
Kyle Bartley
Luke Ayling
Thomas Cruise(83)
Henri Lansbury
Jack Wilshere
Jay Emmanuel-Thomas(C)(83)
Francis Coquelin
Sanchez Watt
Gilles Sunu(67)
<Sub>
Rhys Murphy(67)
Charlie Mann
Conor Henderson(83)
Oguzhan Ozyakup
Cedric Evina(83)


サンチェスワット。プレシーズンで見られるといいな。ウィルシャーも早くあがっておいで。
c0051781_23433099.jpg
c0051781_23434165.jpg

今日はもうネムくてダメ。でもユースが優勝した事は書いておかないと明日は明日で何があるか分からないし。で、レポを読もうとオフィシャルに行ったら、あたしをヘコませる写真が出ててずっこけた。あの時の表彰式なんか見てないよ。チャンピョンズリーグファイナル?関係ない。なんて思わずに。あたしも見たいと思えたら楽なのに。思いたくもないのだ。
c0051781_1214127.jpg

ヴェンゲル監督は、あくまでもアンリを応援するのであって、バルセロナではないと。そうなのね。あたしはあのユニフォームを着た二人は絶対に見たくない。そこで喜ぶ二人なんか真っ平ごめん。二人がいなくてもアーセナルと対戦するとき以外はバルサはノン。ビッグイヤーはマンウーが持ってって。盲でけっこう。あたしはArsenalだけが好きなのよ。寝る。

c0051781_0554594.jpg
Robin Van Persie
World Player of the Season - Robin Van Persie
by elsur147 | 2009-05-28 01:24 | football | Comments(2)

南アルプスと八幡浜

空は神様に近いね。いちおう天国は上にある。ヒコーキから下界バッチリで楽しかった。てっきり太平洋沿いに飛ぶかと思って右側の席にしたら、こっち側は琵琶湖じゃん。ちぇ奈良はあっちかと、のびあがって見えるわけないって。で、青い空はなんで青く見えるんだろう、と思ったり。たしか習ったよね。あと瀬戸内海の島々は圧巻。橋でつながっているとは。
c0051781_124186.jpg

松山から八幡浜までの列車と八幡浜から港までのタイクツなこと。なんもない。で、私が乗りたかったオレンジフェリーは時間が合わなくて。でもオレンジはオランダのオレンジじゃなくて、四国の、みかんのオレンジだったのでした(そうそうあんたの都合通りいくかよ)
c0051781_1263147.jpg

で。乗るのはこっち。見るなり反応。なんだ?らくさ?落差?あたし?「さくら」 だバカ。
c0051781_1274136.jpg

出航するときはこんなのにワクワクしてたのでした。
c0051781_131182.jpg
c0051781_1311070.jpg

船だ船だ。今テレビではインドの船が(笑)
c0051781_1312623.jpg

2時間のほとんどをデッキの手すりにもたれて海や島影を眺めていたから塩まみれ(笑)。だって珍しくて。クラゲがいっぱい泳いでた。豊後水道は想像していたより静かだった。
c0051781_1313772.jpg

松山から八幡浜がな~。もっと面白かったら今度は別府まで船で行くのに。
by elsur147 | 2009-05-27 01:47 | etcetra | Comments(3)

クツとか

今日プランタンで見つけて即買い。その場で履き替え(笑)、で、八重洲に用事があったので、そこから歩いてウッカリ丸の内口に出てしまい、八重洲への横断通路は一番遠い端っこなんで、工事中の塀に沿ってまた歩いて、八重洲で用事すませてから地下鉄に乗るのに、また丸の内口のオアズまで戻ったので、買ったその日にけっこうくたびれたクツ。
c0051781_2335346.jpg

会社にあったカード会社の月刊誌 「てんとう虫」 にソングがいたからもらってきた。「ナショナルチームの誇り/File3」 だって。えー。1と2はどこだったの?オランダまだだろうねー来月から気をつけてなくちゃ。で。ソングは高齢化が進むカメルーン代表にとって期待の新星と。経験を積んで前線へのパスの正確性を上げていけば叔父に並ぶワールドクラスの選手に成長するだろう、と。ワールドはいいから。アーセナルだけで(またはじまった)
c0051781_23535119.jpg

そのソングの出ていたページに見開きで、90年のイタリア大会の話があって。今なお語り継がれるシーンらしくて。左下に、あらどっかで見たことある顔だわ、と。センシーニではないですか(ジャンルイトランティニャンに似てる)。この大会は見てないけど、私にはワールドカップは思い出したくないシーンばかり記憶に残るな(暗くなるからやめようか)
c0051781_05386.jpg

で、巻末にあった6月の星占いが。天秤座のね。興味ないけど社長が読み上げてくれてさ(笑)。旅行が吉だと(ほほー)、非日常的な時間と空間を経験することで価値観がガラリと変わり、あらゆる面で好影響がもたらされるでしょう、と。(もしかして平城宮跡かしら~) 「まあ君の頭の中はいつでも非日常でしょうが」 と一言多い。当たらずとも遠からず、いや図星。それはさておき。今シーズン最後のアーセナル。ビーティにナイスクロスでセレブレイトのせっちゃんとロビンの、ロビンの、はにかんだような笑顔が好き。
c0051781_0281813.jpg

ディアビにあげたフリーキックの左足ロビン
c0051781_0295399.jpg

ロビンの2ゴール目はネットの米粒映像だともの凄いボレーに見えたんだけど、空振りすれすれの際どさで危なかった。これでアデバを抜いてチーム得点王だと、それはウレシイけど、やっぱチーム内で競争意識、あるんだろうな。って、今日は思考回路が変だから寝る。
c0051781_0333543.jpg

締めくくりにセスクの写真を。これ好き好き好きーーー。足がツボツボーーー
c0051781_038825.jpg

明日はメビウス臼杵の話でも。じゃね。
by elsur147 | 2009-05-27 01:00 | football | Comments(0)

閑話休題

ストーク戦のことを書いてるとき、NHKで世界遺産やってて、メキシコのカリフォルニア湾に 「エル・ビスカイノくじら保護区」 というのがあるんだって。ビスカイノ?ビスカイノはアダムスが伊東で作った船を借りてメキシコに行っただよ。サン・ブエナ・ヴェンツーラ号といって、日本で2番目につくった西洋帆船。ビスカイノの名前が残ってるなんて知らなかった。まったく浦賀といい、余所様になにかとイニシアチブとられるところはオランダ人なみ。
c0051781_23245910.jpg

オランダ人はニュージーランドとオーストラリアを発見するも、ここは使えなさげ、と見捨てたばかりにお株奪われ。浦賀はね。アダムスは浦賀にイギリス商館を開設するよう勧めたんだけど、大昔から海洋気質だったらしい平戸藩が、イギリス人も手元に置いときたくて、せっせと饗応してはイギリスの牙をぬいちゃた、らしい。アダムスの言うことには。
by elsur147 | 2009-05-25 23:34 | hollander | Comments(0)

最終節はストークシティから

4ゴールだ4ゴール~ (マノーネ精悍でかっこよかった。PK?なにそれ)
4-1だよ。ユースカップとおんなじスコア。だから?それがどーした?べつに。
c0051781_21231433.jpg

ネット観戦なんて絶対ムリって諦めてたのね。でももしかしてって、前にberさんから教えていただいたサイトを見てみたら、アーセナルのがあるじゃないの~。つないだら映るじゃないの~。ちょーどアーセナルが先制したところだったのよー。それも10センチ四方の画面じゃ米粒ガナーズなんですけど、アーセナルが目の前で動いてるーってコーフンしちゃってもう大変。画面大きくすると消えそう、とか、テキスト見にいったら、戻ってくれないかも、とかおっかなびっくり。コンピューターに向かって、あ、とか、やたPKだー、惜しい、とか、声だして、バカにつける薬はないと実感。で、持ち主に似たのかなんだか、あたしが見たアーセナルは、しょっちゅう画面の真ん中に輪っかが出てきてクルクル回っては細切れに止まるんですよ。それも、ロビンがFKでキックした瞬間とか、ディアビがシュート打った瞬間とか。別の意味で身体に悪かったです(笑)、でも予想外にキレイな画面でうれしかった。ところでー
プレミアハイライト!ちったあマトモなの映してくれんだろーな(すごんでるツモリ)
c0051781_22465264.jpg

というわけで。米粒ガナーズは最終節をのびのびプレーできたかな。アルシャビンのミドルシュートやディアビの惜しいシュートもあったね。ロビンのFKはもうちょいで、ボール持ったトゥレがペナエリアで相手にフェイントかけてシュート打ったのも楽しくて。ほんの一瞬、5-1キタかとヌカ喜び(笑)。後半も攻めて攻めて、けっこうチャンスもあったのでした。そしてロビンの笑顔がウレシイウレシイ。ゴールが決まって本当によかった。気分最高~
c0051781_2156428.jpg

ディアビのクロスをダイレクトに叩いた左足。心底しびれた。
c0051781_22104100.jpg
c0051781_22102895.jpg

試合終了後のセスク?可愛くて。
c0051781_22114652.jpg

キラキラまぶしくて。
c0051781_22124190.jpg

ロビンもアルシャビンも眩しい。これからもアーセナルのロビン。安心してていいよね。
c0051781_22141768.jpg

ディアビのセレブレイトで。遠くから走ってくるロビンの足、見えるー?
c0051781_22145547.jpg

写真を見てたら今更ながらに胸が熱くなってきて。シーズン中は色々なことがあったけど、来年もまた色々とあるわけで、あたしはアーセナルの、晴れた日も曇った日も好きだけど。できればシーズン健やかに。そうであるよう祈ります。また来年もよろしくね。父なる監督も頼みます。なんかー感無量。監督の写真が並んでるの見た?涙じわじわ~ん;
c0051781_2233139.jpg

最後になりましたが。こちらにコメント下さった方々にも感謝の言葉を。
一年間ありがとうございました。また来年もよろしくお願いいたします。
できればシーズンオフもおつきあいいただければ幸いです。(つきあって ^^;)
by elsur147 | 2009-05-25 23:01 | football | Comments(5)

ロビンロビ~ンのストークシティ

白眉だ白眉!

c0051781_293239.jpg


ロビンロビンロビーーーン
約5分遅れで追いかけていました。アーセナルのロビンロビン。PKとボレーを決めた左足。
ディアビに出した左足。ロビンを忘れない。すばらしい左足。宝物。君に会えて良かった。
ロビンをありがとうアーセナル。今シーズンもお疲れさまで。また来年。それまで元気で。
細切れのオンラインだったけどいっぱい見られたからよかった。しあわせでした。じゃね。
by elsur147 | 2009-05-25 02:13 | football | Comments(1)



climatnara Gunners robinvanpersie