arsenal seveile

<   2005年 10月 ( 33 )   > この月の画像一覧

原作を読まなきゃ無理です 「春の雪」

c0051781_23124112.jpg
ゆったりしたカメラワーク、緑深い庭園、仏閣、構図、日本語、何もかも美しかったけど。
原作を読んでいないと、清顕の心もよう、いくつかの場面やエピソードなど意味不明かも・・・。
それでも、妻夫木の演技に、清顕の厭世観はよく出ていたと思うけど。
竹内結子の聡子?ノンコメント(笑)、でもでもでも、
この映画に関しては、絶対に原作を超えられないと分かっていたから失望もしてない。

清顕は、相思相愛の聡子から何度も何度もアプローチされても、かたくなに心を閉ざし、
(意地?拗ね?笑)、聡子を失ったと知った瞬間・・・
それが自分にとって、どんなに大切な存在だったかと気づくわけ。
もう手遅れと分かっているのに、姑息な手段で(子供っぽい?)周りを翻弄させながら、
わがままを通す清顕。それを、心が未熟ゆえと一蹴してはいかんぜよ(笑)
なぜって、自分でもどうしてなのか分からない意固地な性格は自分もそうだから。
(え?三島文学に、侯爵家の子息を前にして、?頭が高いって?笑)


c0051781_2313925.jpgよって、原作は必読。
この映画で三島由紀夫の世界ってこんな?とガッカリされたら悲しい、これは、大正から昭和へ続く壮大な絵巻の一部にすぎないのですー。豊饒の海4部作には、死を目前にした三島由紀夫の自問自答が・・・。それはさておき、月修寺門跡を演じた、若尾文子の存在感の凄いのなんの!画面が引き締まったわ。あと、蓼科を演じた大楠道代も迫力あり、ありすぎーーー!(笑)
エンディングはちょっとね~
映画のイメージに合わない歌声が耳にこびりついて迷惑(汗)


c0051781_23133270.jpgこれは2巻。「奔馬」
ここにつながる場面もあったけど、
3部へと、4部へと、つながる場面もあったけど、
原作を読んでなきゃ、分かりっこないですよぅ。
それは何?たとえば、清顕の三つのホクロ(発見!笑)
清顕の最後のセリフもそう。
石橋蓮司の役どころもそうよね。
何十年か経て、清顕と法廷で対峙するのね (むふふ)
by elsur147 | 2005-10-30 23:40 | cinema | Comments(3)

バームクーヘン

c0051781_22523944.jpgユーハイムのトゥルム。
これまた、食べ出したら止まらない。
年輪に沿って、ひとつ、またひとつと。
もうひとつ・・・。あ~~~(笑)
周りはホワイトチョコでコーティングされているけど、
ホワイトチョコレート独特の、くどい甘さは皆無です。
柔らかくて、しっとりと優しい甘さ (常温で)←しつこい!
中身とのバランスがとても良いんですよー。
バームクーヘンの金字塔は今のところコレ?
だって、半月くらい前に北海道から取り寄せた、
柳月の 「三方六」 と、ロイズの 「シュバルツ」
まだ開けてないから(笑)
by elsur147 | 2005-10-30 22:54 | sweets | Comments(0)

バターサンドの金字塔

c0051781_22353990.jpg小川軒のレーズンウィッチは久しぶり。
そうよそうよ、求めていたのはこの味よ。
このラム酒の香り!恋し懐かし♪
あ~~~しあわせーーーっ!
あっという間に一列なくなるから恐ろしや。

子供の頃は、レーズンが苦手でね。
楊枝で引っぱり出してたワタシです(笑)
食べる前には必ず常温に置きましょう。
冷蔵庫から出したてだと、
バタークリームが冷たいわ。
優しい・冷たいの 「冷たい」 です(笑)
by elsur147 | 2005-10-30 22:43 | sweets | Comments(0)

恒例!ノースロンドン・バトル・ダービー

レッドキングに先制されたまま迎えた後半。どうなることかと思ったけど・・・。
数あるチャンスは物にならずも (ロビンよく頑張った!)、ガナーズらしさを取り戻し、
ピレスのバースデイゴールで追いついた。

c0051781_22135686.jpg

ピレスは、おそらくスパルタに差し向けて温存だったでしょうに、これはいかんと監督が?
それともピレスが直談判を?(笑)
バースデイにゲームがあるという幸運、そこでゴールを決められるという幸運(実力?笑)、
滅多にないチャンスだもん。本当に本当に良かったね☆
ベルカンプのFKをパンチングしてくれたロビンソンにも感謝します(笑)

c0051781_22165626.jpg
(ずるいよ、クリシー!代わって代わってーーー!笑)

さてさて、今回のノースロンドンダービーの見ものと言えば・・・
キャンベルがドリブルを披露(笑)、どすどす感がたまらない(笑)

レーマンはセーブ以外にも見せ場があって (ナイスセーブをありがとー!)
ドーソンがさりげなくレーマンの進路を妨害。レーマン派手に報復(笑)
すかさずドーソン、さりげなくレーマンに肘打ちしながら、わざとらしく転倒。
レーマンはドーソンを避けようとするも派手に躓く(笑)、ドーソンにイエロー出る。
神は根性の悪さをお見通し?(笑)、ドーソン>言いたい放題でごめんよ。

おっと、レーマンにコインぶつけたの誰ー!?
それと、西岡さんが耳よりなコメントを!フランス代表にデシャン監督が???来て来て~~~♪

というわけで、あっという間にスパルタ戦。
レジェスはそろそろゴール決めようよぅ。リュングベリは大丈夫?ベルカンプも疲労が心配。
でもホームだから気を楽に、余裕で勝とうねアーセナル~*
by elsur147 | 2005-10-30 22:29 | football | Comments(4)

迫力のお豆腐

c0051781_22561139.jpg
すごいねーーー(笑)、
開けてみたら、お豆腐はガーゼでくるまれていて(ここで量的に目減り)
取り出すと、あらら?底の中央に凸が!(さらに目減り・・・上げ底では?笑)


c0051781_2302376.jpg
ごくシンプルに冷や奴。なんかつまんない画像だわね。
木綿の水分を切ったような濃い味してます(絹の方が好きかも~)
キュウリの薄い輪切りを添えて鰹節ふって、わさびとポン酢でいただきました。
キュウリはサラダに入れるときもそうなんだけど、
ビニール袋に入れて、塩をふって(袋は二重に)
キュキュッと丸めてテープで止めて、
冷蔵庫に一日ねかせると塩味が効いて美味しいです。
硬いままのキューリが良いときもあるけどね。
この薄塩キュウリは、冷やし味噌汁に入れると最高に美味しい!(もう季節はずれだって)

ヒバク通院もあと2週間で終了!まだ2週間も?さすがに毎日はしんどい。
3分照射に通院片道30分。でもきっともっと遠くから来ている人もいるのよね。
交通費もバカにならない、東京メトロで途中から定期だからまだいいけどねぇ。
遠距離の方々には、心からお疲れ様です。

ところでスパーズ戦、放送あるかな?ライブで見られそうな時間なんですもの。
ガナーズは文句言ってそうだけど~(笑)、
朝ご飯を食べる時間がどうとか。その分早く起きればいいのにぃ(笑)
by elsur147 | 2005-10-26 23:36 | etcetra | Comments(2)

おまけ画像

c0051781_22384390.jpg

真ん中の黒い頭が中田。ヤンナコプロスが祝福してくれたのが嬉しかったワタクシ♪

c0051781_22405137.jpg

こんなとびきりの笑顔を見るのも久しぶり。
頑張って。バ~クレイズ・プレミアシップのナカ~タ☆


と、カーリングカップ3回戦は、アーセナルがサンダーランド勝ちました☆
61' エブエ、 67' ロビン(PK)、87'ロビン。クラブTVでやるかなー
by elsur147 | 2005-10-26 22:43 | football | Comments(0)

nakata.net TV を流しながら

中田英寿は(結婚する気ないそーです)、
いつ見ても、どんな表情でも弟に似てる (ワタシは弟に似てませんよぉー)

おくればせながら・・・
ツワモノ・アラダイース・ボルトン・ワンダラーズ(またの名を選手再生工場といふ)の
ウエストブロムウィッチ戦でごじゃります。

c0051781_21562844.jpg
アーセナル以外で、コールドプレイのエンディング2回も3回も見て泣けた(笑)
リーボックスタジアムで中田入場をマスコットと真っ白な煙幕がお出迎えウルウルウル。
エンディングのエンディングは中田のゴールセレブレイトでウルウルウル(しみじみ日本人アルわ)


最初のシュートはヤンナコプロスに邪魔されたでしょ?
ここで、アンリのハットトリックをお尻で邪魔したパーラー思い出した人いるよね(笑)
中田は、ヤンナコプロスごと押し込みたかったとコメント (そうでしょうそうでしょう)、
ギリシャ料理を奢って貰いなさいと永井さんが。ギリシャ料理は不味い、とも(確かに・・笑)

c0051781_21565270.jpg
で、満を持してのFKチャンスは、中田が体当たりして得たのでしが・・・
未練たっぷりにヤンナコプロスとディウフとペーターゼンがボール周りをウロウロ、ウロウロ、
まるで檻の中の猛獣みたい(笑)、
そこで永井さん 「ヤンナコプロスは壁に入らないように!」 と、すかさず突っ込み(爆)

c0051781_21594320.jpg
ノーランの2点目にからんだ中田でした。コーナーの粘りとキック素晴らしかったーーー☆
この勝利ですっかり気をよくしたアラダイース監督は、
1月に中田を完全移籍させたいムネのうちを発表。お願いします~

永井さんの解説は面白いな。聞きかじった「アーセナルはアーセナル」って、
調子悪くてもアーセナルに勝ったのは凄いことだとWBAを褒めたのね (ちちち!)
そのWBAのことを。
(あ、カーリング杯で稲本がゴール決めてた!でも優勝はアーセナルに決まり!ぴしゃり!)
「中盤は死んだふりして、ここぞという時にゾンビのようによみがえる」 て。
ゾンビって(爆)
by elsur147 | 2005-10-26 22:35 | football | Comments(0)

気になる二人

c0051781_23115730.jpgそれにつけても気がかりな試合終了後のこれ。
アンリはピレスにどんな言葉をかけたの?
この後、アンリの表情は少し和らいだけど。
と、ハーフタイムで延々と何を訴えてた?
口元を見てるとフランス語って分かるね(笑)



今、ボルトン vs WBAの放送を流してるんですけど、八塚さんが 「WBAはアーセナルに勝ったのが自信になったでしょうねぇ」、なんて言ってて耳ダンボ(笑)、そしたら永井さんが、 「たしかにアーセナルは調子悪かったですしね、でもアーセナルはアーセナルですから!」 って、そーよそーよ!永井さん好き好き!どんな意味で言ったのかしらないけど、褒め言葉だと勝手に解釈(笑)、中田とヤンナコプロス頑張れ!おっと、ワタシはそろそろ寝ないといけません。。

・・・と思ったら、WBAはPKやん・・・。あぅ~、ヤースケライネンまるで逆・・・; あらあら、やり直し・・・あっらーーー!カマラお気の毒さま~。。
眠れないじゃん・・・(爆)
by elsur147 | 2005-10-23 23:25 | football | Comments(2)

シティ戦で言いたい放題

c0051781_2311922.jpg
ムサンパにシュート打たせて画面の右すみで急ブレーキかけてるの誰?(笑)、
フラミニとトゥレはボール避けるんじゃないって(むちゃくちゃ言うなって)

金子さんと渡邊さんのコンビは良かったです。アーセナルの状況に関係なく、ごく普通に、個人の技を賞賛、堪能。羨ましかった~。金子さん曰く 「ひじょーーーに逞しい肉体をお持ちの渡邊さん」 って、見てみたいんですけど(笑)、でもヴァッセルをマークするのはゴメンだそうで・・・。あのローレンすらこじんまりして見えたもん。というか、善人に見えた(笑)、いえ別に、いつものローレンが悪人というんでなく、ヴァッセルが悪人というんでもなく・・・(混乱気味)。ちょこっとローレンがトホホに見えた(ごめんごめーん!)
関係ないけど、ワタクシのお気に入りのマッチアップは、キャンベルとシアラーです♪

c0051781_22544456.jpg

ベルカンプの年季技におびき出されたムサンパに大笑い。大御所の前ではまだまだ修行がたりませんて。隣であーーーって、がっくりうなだれてるのはバートンだっけ?雰囲気がジョーコールに似てるから、かのチームを思い出してちょっとイヤだった(すいません)。ムサンパは上手いからにくたらしいと思っていたけど、この一瞬は可愛いヤツめと思ったわ(笑)
by elsur147 | 2005-10-23 23:06 | football | Comments(0)

たたらを踏んだピレスの憂鬱

c0051781_22165343.jpg

終わりよければ全て良しということで!(放送の映像的に?)
勝てて良かった。ハイベリーで、ヴェンゲル監督の誕生日だったし、イアンライトの記録更新セレモニーもあったことだし。けっこうアーセナルらしいスピードも見られたし。ね!

2番目のPKは他の誰かじゃダメだった?本日のPKはピレスと決まってた?最初のPKを決めたから追加点で自信を?それが裏目に出たのかも?PKって、誰にも邪魔されず、制止したボールを打つわけで、エリアが広い分、ゴルフのパターより簡単だと思うですが、それだけに緊張するんかな。過ぎたことはさっさと忘れよ、原因追及しても意味ないし、二度とないでしょ?(どうかなぁ、苦笑)

c0051781_22173656.jpg

本日のピレスは(笑)何かを払拭するような、吹っ切ろうとするような感じで、意欲的で、スピードもあったし突破もしたし (ケンカも!笑) がんばっていたと思うけど。最初のあれは(どれ?遙か銀河系の彼方まで飛んでったやつ)、チーム状態がいいいときだって、ああいう場面で大きくハズすことあったって。ピレスに限らず。こんな時に限って、みたいな見方はしたくない;

c0051781_2223430.jpg
やれやれ、おつかれさん・・・。
って、この時のベルカンプは、疲れた背中とは裏腹に、してやったりな表情だったはずだけど?(笑)、ピレスとアンリとベルカンプでゲームを組み立て、最後のところが決まらないってあるけど、渡邊さんが指摘してらしたように、若手とベテラン混合の経験って少ないし・・・。

若手にとっても、主力不在で低迷中のスタメン起用は、チャンスと思う反面、プレッシャーも大きいよね。順調なときに交代で入って、のびのびと実力を発揮できるのと違うと思う。ふと思ったのは、セスクって、お膳立てされてシュートするタイプではなさそう、というか、お膳立てされるの好きじゃないのかも(笑)
by elsur147 | 2005-10-23 22:16 | football | Comments(2)



climatnara Gunners robinvanpersie