arsenal seveile

<   2005年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

シャルロットにふられちゃった

c0051781_22572343.jpg
も~このシャルロットゲンスブールったら最高に幸せそうですね~♪
今日は彼女のダンナ様イヴァンアタルが監督主演の 「フレンチなしあわせの見つけかた」 を観に渋谷まで行ったら昼間の回の上映は終了してた; 夕方方まで4時間もどーすんの;

せ、せっかく渋谷まで来たんだから、雑貨や古着の店でも探すかな~と思ったものの、どこもかしこもなんであんなにウルサイの~; 通りには人があふれているし、道は狭いし、ファンションビルショップに入れば音楽ガンガン、まるでBGM競争やってるみたいだし、どうにも耐えきれず地下に避難する也。地下鉄に乗って銀座へ出る也。ほっとする也。日頃はニューオープンはブランドショップばかりと文句、雑誌やネットで欲しいと思った物は、たいてい渋谷か原宿だなんて言ってるクセにこれだもの~

銀座は小さい頃から買い物や食事に来たし(来たというの表現が我が物顔?笑)社会人になってからもずっと京橋&銀座近辺だったから、ここにいると一番落ち着く。ババアになっても銀座を徘徊したいよ(笑)、URCAのTシャツはシャルロットに会えなかった憂さ晴らしかな~

「バッド・エデュケーション」 「エレニの旅」 「コンサート」
銀座で観たい映画もあるんだけど今日の気分じゃなかった。今日はどうしてもシャルロットの映画を観たかったのー;
by elsur147 | 2005-04-29 23:23 | etcetra | Comments(0)

本日の一目惚れ (Tシャツ)

c0051781_2243885.jpg銀座プランタンのモード館B1にて。
そもそも1階でベージュのプリーツスカートに合わせてディスプレイされていたのが運の尽き。同じような雰囲気のスカートを持っているからさ。で、相変わらずピンクが好きな日々です。フレンチスリーブが可愛くて、前身頃の裾が丸くカットしてあるのも変わってるでしょ。後ろは真っ直ぐ。フットボールのゲームシャツと反対だね(笑)、これは 、「URCA」 というイタリアのブランド。同じフロアでスペイン直輸入のシャツも一緒に展開。斬新可愛いストリートカジュアルが沢山あったけどこれ以上は目の毒なので、理性を総動員させて素通り(笑)、あれ?画像で見るとなんとなくアジアンぽい?白い文字がそんな感じ?



c0051781_225246.jpgURCAはリバーシブルで着られる、というのがコンセプト。だから、ロゴの 「R」 はくるりと裏返したデザインになっていて、 “このタグはロゴの下からハサミで切って、こんな風に裏返して・・・” と、図で説明しされた細長いタグも面白かったり。つまり、ロゴのタグは残したまま着て欲しいのね。それはいいけど、裾についた素材表示や洗濯マークの大きなタグはどうするんの??これを出して着るのはちょっと変でないかい?(笑)、綿に絹が20%入ってる。
by elsur147 | 2005-04-29 22:46 | collection | Comments(0)

「北ロンドンダービー」 スペインコンビが制す!

センデロスとレジェスのワンツーでしょ。チェルシー優勝に 「ちょっと待ったぁぁぁー!」 (古すぎる) をかける早朝のライブはお寝坊しちゃったので、ネット絶ちして帰ってから見た。
「アーセナル vs トテナムホットスパーズ」 1-0

c0051781_0311817.jpg
立ち上がり1分かそこらで、ロビンのパスからレジェスが抜け出して、超決定的チャンスがあったのに外してしまってぇぇ。でも、セスクのロングキープから、レジェスがえぐって決めたよ!文句なしの強烈な左足!押さえのきいた良いシュートと粕谷さんが溜息。良かった、レジェスが決めてくれてホッとした。ピレスがいたわるように祝福に駆けつけ、とりわけセスクが嬉しそうだったのが印象的。

レジェスはずっと調子があがらなくて、ホームシックだなんだと害やがうるさくて心配したけど、最初と最後が良ければいいのよ(笑)、危ないときはDFに戻るの早いし、積極的にGKにプレッシャーかけにも行くし、頑張っているのだ。このゲームの最後の方でも決定的チャンスはサイドネットだったけど (シウバとエドゥのブラジルホットラインだったのに~)、そう、このゲームではエドゥが復活。たくさんボールに絡んでシュートも打って、エドゥと一緒に入ったベルカンプも 「らしい」 シュートを打ってと、先制してからのアーセナルは流れるようなパスワークがたくさん見られた。これだけ攻めて1点というのはなんだけど、アーセナルだから・・・。

c0051781_0441236.jpg
この画像はロビンのFKに合わせてセンデロスがヘディングした直後。ボールは勢い余って、ワクの左にびゅーっと派手に飛んでっちゃって。 「キャンベルなら行ってましたねー」 なんて、粕谷さん、それはコクですよん。センデロスは、悔しいというより、拗ねたように、ほっぺをプ~っ!とふくらませて自陣に戻ってったのが可愛くて思わずパチリ(笑)、

c0051781_057920.jpg
これは試合終了後。レジェスに後ろから(どなた?)よくやった!お疲れさん!という感じで肩をポンポン。ほんと良かった。。そして、セスクは今日もほぼフル出場で大奮闘。ミドルシュートあり、ダイレクトボレーあり、そろそろ決めさせてあげたいよ。相手をかわしながらピッチを横断するロングロングキープのドリブルにはスタンドから拍手があがってた。見せてくれるね♪

そしてそして、スタンドにアンリ発見ーーー!
御簾の向こうで観戦中の寂しげな御仁。レントゲンで再チェックしたら、あと2、3週間かかるかもしれないと、FA杯ファイナルは無理かもしれないと; 今シーズンは痛みを抱えながらそうとう無理したから完全に治してね。
by elsur147 | 2005-04-27 01:12 | football | Comments(2)

ドトール「あれあれ」物語・・・

c0051781_0264612.jpg
行徳のドトールコーヒーは、巷で見かけるドトールとちょっと違う。ミルクもガムシロップもコーヒーも店頭販売の備品も袋入りのコーヒーも同じドトールなんだけど。

ここには一人で食べきりサイズのトマトピザがあったりするのだ(トマトのスライス&チーズ)、フードメニューの殆どはテーブルまで運んでくれるし、粒マスタードやケチャップの他に、塩やタバスコも置いてある。コーヒーをはじめ、お値段は若干高め。コーヒーはワンサイズで¥230。氷がクラッシュでなくコーヒーが濃い目なのが嬉しい。アーモンドオーレもある。ホイップクリームは、アイスクリームを盛るのにガチャガチャやる 「あれ」 で (何ていうんだっけ?笑)ぽこんとスクってくれる動物性。朝はモーニングセットもあって、厚切りトーストがサクサクでこれまた最高なんだわ。

c0051781_0273066.jpg
ミラノサンドも、ベーグルサンドも、ホットドッグもあるけど、普通のとちょっと違くて、画像のはミラノBサンド。モルタンデーラとゴーダーチーズ。ぶ厚いトマトがたまらない~。他にスープとパンセットや、ケーキセットのケーキもケーキが全然違う。ショコラオレンジでしょ、ナポレオンパイでしょ、あと、あれ、チョコムースとバニラムースとキャラメルムースが三段層になってて、トップをキャラメリゼしてあるアレ・・・なんて言うんだっけ、あぁぁ名前が出てきません。たしかイタリアかキリスト教っぽい名前だったような(笑)、ワタシがオペラの次に好きなヤツ~。
そんなの誰が分かるかって・・・(笑)
by elsur147 | 2005-04-25 01:00 | etcetra | Comments(2)

柏のサッカースタジアム

c0051781_09946.jpg 先制ゴールを決めた中村はインタビューに応えていたので、
他のメンバーより遅れてのご挨拶。
吉村のクロスに合わせて飛び込んだ。
追加点は、後半の追加タイムにマルケスからクライトン。
それまでの流れというか、ボールの奪い合いも迫力あった。
惜しいシュートもあり。私の目には、消えてた選手はいなくて、
みんなよくボールを追いかけて絡んで頑張ったと思う。

「柏レイソル vs 名古屋グランパス」 0-2


柏のホームは、football専用スタジアムなのでピッチが近いよ。楢崎が、マルケスが、クライトンが、本田が、増川が、すぐ目の前!というミーハーはさておき、試合の流れがよく分かるのでありがたかった。グランパスはこれで3連続完封勝利。柏に押され気味のグランパスだったけど、守備が安定していて、楢崎も安心して見ていられた。押されてもじりじり下がるのではなく、常に攻撃のチャンスを狙っていて、相手のミスを見逃さない。グランパスは熟成されているのかな。


c0051781_083154.jpg
後半はじっと戦況を見つめていたサブGKの川島君が好き。
あと4席前なら背中に手が届きそうでねぇ (それはないない)
楢崎が代表戦のときはグランパスのゴールを守ってくれる。
どことなく、リヨンの (フランス代表でもある) クペを彷彿とさせる、
キリリと精悍で侠気を感じさせる雰囲気があるのよね。
そうそう、友だちが板前系だと・・・。言えてる(笑)




c0051781_095639.jpgナイトゲームはさすがに寒くて・・・
ハーフタイムに、暖かいコーンスープのほっとすること、ありがたいこと!しかも粒々入りで、スプーンもつけてくれるのが嬉しかった。その場で鉄板焼きしていたお好み焼きも美味しくて!しっかりイカとタコと豚肉が入っているではないですか。表面に焦げ目がついてパリパリしているのも私私好みでシアワセでした、はい♪

あ、乱闘事件・・・;
私はグランパスのメンバーが下がるまでスタジアムにいたけど気がつかなかった。
by elsur147 | 2005-04-24 00:06 | football | Comments(5)

7月4日に恵みの雨が・・・「ベルンの奇蹟」

c0051781_00126.jpg
footballを愛するドイツの人たちが自国開催に向けて、その昔、敗戦の痛みから立ち直れないでいた国民に夢と希望を与えた、こんな大会があったんだよって世界中に発信してるみたいだった。街の復旧に、家族の復旧に、みんなみんな頑張ったんだよと。当時の代表の様子や監督のコメントなどは、生存するメンバーから教わったそうで、彼らは今もハンガリーの選手達と会うことがあるそうで、そういうのって素敵だ。監督が22人の代表を 「子供たち」 と 「問題児ほど可愛いものでね」 と、宿舎のお掃除おばさんに語っていたのが印象的だった。だからこの画像のシーンが大好き。問題児でボビー・ロブソン監督を思い出したりして(笑)

ここに描かれる家族にも感じ入る部分がたくさん。父がいない間、生活を支えるため、バーを切り盛りする母と娘に。兄弟はのびのび育っていたようで、そこへ父が戻ってきて緊張が走るんだけど、父は父で、出征中の家が守られていた事に安堵する反面、居心地の悪さ、疎外感を感じたのだろうか。だから、たいていは父の権威で厳しく当たるしかなかったのかも。優しさも見せるんだけど、ぎこちなくてね。父ピーターと主人公マティアスは本当の父子。息子が演技で見せた不快な表情を、いったいどこで覚えたのだろうと訝ったらしいけど (インタビューで) 知らない面を見て複雑な思いだったのかな。


c0051781_184365.jpgこちらは本物のヘルムート・ラーン。当時の代表メンバーの様子も興味津々。ホテルでのお喋り、トレーニング風景、戦術を説明しながらのスタメン発表も。決勝戦の再現は迫力あったよ(復刻ボールは扱いにくそうだったけど)ハーフタイムにメンバー同士が揉めると監督が檄を飛ばしてたっけ。そうそう、監督が自分に寄せられた抗議レターをみんなに読んで聞かせたのって凄い。これ本当だったんだろうな。そんなの聞かされたら燃えるよね。追加タイムはスタンドもTVで応援する人々も固唾をのんで沈黙。静まりかえった街の映像には緊迫感と祈りが・・・。


c0051781_111776.jpgこちらはラーンを演じたサーシャ・ベーゲル。
雰囲気がちょっとモリエンテスに似てた(笑)
それにしても、ハンガリーの戦術を封じるには効果的だったらしい雨が本当に降ってきたなんて。きっと当時もキックオフ前には、
映画で描かれていたように、カラっと晴れていたんだろうな。
footballの神様がドイツの必要に応えて降らせたに違いない(笑)
by elsur147 | 2005-04-23 01:36 | cinema | Comments(2)

健気なファブレガス

c0051781_0305175.jpg
守備に貢献すること多々。よく走ってた。ボールをヒールでつなぐ小技も披露。
後半はさすがに疲れたのか足が重そうだった。今シーズンは荷が重かったよね。

c0051781_0312224.jpg

こころなしかボールも重そうに見えた。(まだ終わってないけど)来シーズンもよろしくね。
by elsur147 | 2005-04-22 00:38 | football | Comments(0)

西ロンドンダービーは痛み分け

デサイーやヴィルトールがいた頃は、フランス代表の紅白戦かい?とか言われたもんです(笑)

「チェルシー vs アーセナル」 0-0
まったくもうタフなゲームだったよ。立ち上がりは押せ押せで良かったのにな。ローレンとアッシュの上がりも上々で。縦に横にいいパスが出て、ボール回しも小気味よくて、アーセナルらしいリズムがたくさん見られたのにな。

c0051781_23534448.jpg

ピレスは今日もキレキレ!開始2分で打ったダイレクトボレーは(しかもミドル)クロスバー直撃!カキーンと大きな音がした。ローレンのサイドチェンジをレジェスがヘッドでつないだボールをね。次のチャンスでピレスの目の前にこぼれてきたのは、ネットの右に外れちゃったけど、顔をおおって悔しまぎれの照れ笑いも余裕だったのに。ジョーコールのシュートを追ってゴールを留守にしたレーマンの代わりに、ドログバのこぼれ球シュートをセンターでクリアしたピレスだった。あ、ピレスの前にローレンのクリアもあった、誰が打ったの?すごい攻防戦だった。怖かったよー;

c0051781_2353740.jpg

そうそう、その前にレーマンもナイスセーブあり。ドログバのシュートの際どいところで右足が出ましたの。 「蜘蛛のように、低ぅ~くかまえて、いい足が出ましたねっ」 などと、金じぃにコメントされてましたっけ。でもシュート打たれたらダメぢゃなーい(笑)、ドログバ、ドログバ、ドログバの攻め!余談にもならないけど、ドログバは良い人。マルセイユ時代に心温まるエピソードをいろいろ聞いた。どんな話だったか忘れたけど(笑)、レーマンと接触して 「すわ!キーパーチャージか!?」 って、一発触発状態になりかけたのを、うまいこと宥めてその場を納めていたっけ。

c0051781_095598.jpg

またまた、どうでもいいけど、テリーがソックスを直すのに屈んだ背中を支えにして通り過ぎたの誰だろうと思ったら、どうやらピレスのようだ(笑)、それはさておき、後半は失速しちゃったアーセナル。じりじり下がって、パスミスも目立つようになって、エネルギーの消耗は映像からも伝わってきた。ロビンをもう少し早く入れた方が良かったんじゃないかな(77分)、アリアディエールもプレミア復帰!君、リザーブでは結果を出しているんだから、自信を持ってこれからもアーセナルで頑張って(大きなお世話?笑)、センデロスもトゥレもセスクもよく頑張った。アーセナルのゴールを死守したよ。お疲れ様ね。ささ、次は北ロンドンダービ~~~!
by elsur147 | 2005-04-21 23:42 | football | Comments(0)

エマニュエル・ベアールに誘われて・・・(ネックレス)

c0051781_0504468.jpg
プランタン銀座の 「プランセス」 で扱ってた「PILGRIM」 というデンマークの一点物アクセサリー。
エマニュエル・ベアールの大きなフォトに (画像がそのフクロ。これに入れてくれたのは嬉しかった~) 惹かれまして!大きな大きなターコイズブルーに!これと同じのは、まだ何処にも出ていないそうで (入ったら電話くださいって頼んできた) 似たようなデザインのがあって、付けてみたら凄い存在感で、もう二度と手放せなかったです(笑) 七宝焼きです。エマがつけているのはこれの3倍くらい大きいんだって。で、ワタシはエマが大好きなんです。あんなフランスフランスした顔立ちなのに、カウガールスタイルもイケるなんて素敵で惚れ直しました。リヴェットの 「Mの物語」 も見逃してますが、家でDVDで観るのもちょっとなぁ; なんと言っても好きなのは 「愛を弾く女」 でございます。このネックレスに気をよくして (試着したまま値札を切ってもらった) 、ターコイズブルーのストールも買ってしまったのでした (画像で敷いてあるやつ) ところどころラインストーンがごく控えめに光ってて綺麗。今日は寒かったからこれもスグ巻いたです(笑)
by elsur147 | 2005-04-21 01:11 | collection | Comments(8)

ピレスの契約はどうなるかな?

アーセナルとの契約は来シーズンで切れますの。ヴェンゲル監督は、もう1年延長することを考えているそうですが、ピレスは長期契約を希望しているとか。年齢のこともあるから?ベルカンプの時のように、代理人とフロントが揉めないといいけど。まだまだアンリとのワンツーを見せて欲しい、ずっとずっとアーセナルのピレスでいて欲しい、キャリアを終えるまでGunnersでいて欲しい。
c0051781_03991.jpg
画像はアーセナルのオフィシャル・マガジンに寄せられたキッズサポーターの(11歳のGlenn君)イラスト。今シーズンのユニフォームだけど、ヒゲがあるのね?エッフェル塔とフランス国旗が可愛いでしょ。そばに一緒に写っているのは、エッフェル塔のメモスタンド。なにを挟もうかな。

さぁて。もう一つのFA杯準決勝は、マンUが1-4で勝ったわ。
どうしようどうしよう、こわいわぁぁぁ; あたしがビビってもしょうがないけど。アンリは真のライバルはチェルシーでもスパーズでもなくマンUだと、開幕当初、マンUが不調だった時からコメントしてた。いろいろなエピソードやトラブルや論争があったからね、と。絶対に勝ってね。ここに勝てて晴れてシーズン終了を迎えられるのよね。
by elsur147 | 2005-04-18 00:16 | football | Comments(4)



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.