arsenal seveile

カテゴリ:sato( 209 )

厳島神社から西松原

案内板の前にシカの像かと
思うよ普通(笑)。
c0051781_15371535.jpg

シカも オスとメスでv
c0051781_15402362.jpg

みんな驚いて感激して写真を撮っていたけれど
そこはあたしの困った性分
何事かに引っかかると時間を忘れ
そして誰もいなくなり、だ。 
雨ふってんのにー いつまでも何やってんの?(なあ)
c0051781_15404731.jpg

表参道は 清盛通り とも言うそうだ
けっこうな雨で午前中なのに暗いです。
c0051781_15591967.jpg

シャッターの棒を外していないのは
平日やし、雨で観光客も少ないし、とか?c0051781_1615462.jpg

このあと雨脚がはげしくなり
場面は一足飛びに
厳島神社の廻廊である。
c0051781_16275480.jpg

海に浮かぶ大鳥居を(自立しているらしい)
眺めながら渡り廊下をすすむの贅沢。。
c0051781_16333234.jpg

ちなみに廻廊の
床の板間には
満潮時にあげてくる海水の
圧力を弱めて海へ逃がすための
隙間を設けてある
c0051781_16292633.jpg
c0051781_16294682.jpg
c0051781_16471565.jpg

どこを中心に撮るかな~ とかウロチョロしていて
シャッター押したら保安官みたいなガイジンが(巨漢) 
ニッコリ笑って オーケエ?
(返事は指で輪っか作ってサンクスだ)
あたしが終わるのを待っていてくれたので
(ぐずぐず時間くってすいません)

高舞台は清盛が京都から持ってきたらしい
c0051781_16524887.jpg

火焼前 ひたさき と読む
昔、船の参拝客を誘導するため
かがり火が灯されていたから。
c0051781_17154538.jpg

そこから振り返れば
それなりに観光客はいるのだv
c0051781_17164476.jpg

で。ちょうど干潮なのである
近くまで行けるのかと
わくわくしだすと落ち着かない
c0051781_1720548.jpg

能舞台は永禄年間の毛利氏が寄進したとか。
足拍子の響きを良くするため、床が一枚板で出来ている。
c0051781_1730272.jpg

で。鳥居の近くへ行くのに気を取られて
大願寺に寄るのを忘れてしまつた
(白檀の不動明王がお目当てだった)
c0051781_17401960.jpg

大鳥居の前から浅瀬を渡り
傘を差して歩いてくる姿がいい感じでw
c0051781_17405071.jpg

たぶん二度と同じ形には出てこない
このときだけの 砂州(笑)
c0051781_17431086.jpg

寄せて返す波もまた
c0051781_17553889.jpg

でもちょっと裸足にはなれないな
c0051781_21291527.jpg

海から見える本殿 
c0051781_1872178.jpg

そろそろ引き上げないと~
c0051781_1885785.jpg

両サイドから波がよせてきて
足下がヤバイとか
問答無用の自然が相手で
急な潮の流れもあるかもよ
とか 真顔で急いだ(笑)
c0051781_189201.jpg

いつかまたここまで仰げる日があるかな
前に来たのは小学校のときで
その時は ど満潮 だったような気がする
足下に水が見えててこわかったような記憶。c0051781_1812798.jpg

そこから西松原へススムと
海岸沿いの松が見事で
並ぶ燈籠も趣向いろいろ。。

飛鳥時代の釈迦如来とか
ベラスケスのマルゲリータみたいな
(どこまで思考が飛んでいくんだか)
c0051781_1916591.jpg

こっちは内気な、どこか大人しめな
それでも末広がりでいるのが可愛いw
c0051781_1926586.jpg
c0051781_19471148.jpg

清盛神社
c0051781_19501998.jpg

宮島のシカは奈良のシカとだいぶ違う
c0051781_2010168.jpg

なんかいいニオイすんな
c0051781_2011307.jpg

とか寄ってきたはいいけど
c0051781_20163513.jpg
c0051781_20172021.jpg

寄り杉=3=3
c0051781_201759100.jpg

追いかけられた=3
c0051781_20184998.jpg

テキトウにやりすごし
絶景あるよvvv西松原
c0051781_20241521.jpg
c0051781_204392.jpg

お天気だったらよかったのにね
c0051781_20242712.jpg

砂は本当は白いんだろうけど。c0051781_202442100.jpg

ずっとレンズに雨粒ついてた(笑)
c0051781_2025525.jpg

多々良潟だったかな
宮島の外れは東になる? 
大元公園の近くまで来た。
あっちの森は清盛のモリモリ 
とか 「みやじマリン」 とか。
(宮島マリンじゃゴロが悪くて?)
c0051781_20464620.jpg

宮島は西松原を歩きたかったので
とりあえずは満足満足
ではまたそのうち(^^;)
by elsur147 | 2013-07-11 22:38 | sato | Comments(2)

宮島口から宮島桟橋

山陽本線に宮島口という駅があり
そこから宮島までフェリーで10分
フェリーは都市部の路線バス並みに
次から次へとボンボン出ているので
c0051781_21272050.jpg

時間を見なくてまったくオッケーv
けどフェリーがJRってなんか不思議~
c0051781_2121314.jpg
c0051781_21103628.jpg

とかフェリー乗り場の前で
さっそく引っかかりよって=3
あと 「安芸の宮島」 の 安芸 って
季節の秋だと思ってた。もみぢだから
(そんなだから宇宙人と言われる)
c0051781_21105689.jpg

ほんとは宮島-呉もフェリーで移動したかったんだけど
広島港を経由するので港までのアクセスとかちょっと(笑)
けどここの連絡船でそこそこ満足できたよ
(夢は視界360度の海海海です~)
c0051781_21295815.jpg

Ohhh!!!鳥居が見えたぞv
c0051781_21304018.jpg
c0051781_21311812.jpg

山の凹凸がすごいね
c0051781_21505473.jpg

千畳閣と五重塔はつかず離れず
眺めていただけ。
c0051781_21521090.jpg

で。フェリーを降りたらこれも駅ナカ?
早々とシカに出くわしてちょっとビックリ
c0051781_22173897.jpg

というわけで続きはおいおい。じゃね
by elsur147 | 2013-07-04 22:10 | sato | Comments(2)

築地の獅子頭

築地市場の波除神社(なみよけ)
c0051781_12103046.jpg

夏越し大祭つきじ獅子歳
町を巡行する御神輿の獅子頭は
鶴来の千田工房からやってきたw
そう広くはない境内に
狛犬ならぬ狛獅子は
大きな歯をむき出しの
右左どちらも阿形のような(笑)
男と女

獅子殿に鎮座する オス
c0051781_1384688.jpg

厄除天井大獅子という
樹齢約3千年の黒檜
c0051781_1312546.jpg

お歯黒獅子は(メス)総漆塗り一木造
女性が担ぐ区間もあって(毎年ではない)
金の巻き毛は金箔押しです
c0051781_13202288.jpg

始め納め神事に納められたもの
能登ひかり 萬歳楽 氷酒 白山氷室
加賀の国 鶴来 と。
素直に嬉しかった♪
近くにいたヒトたちに
うちの田舎だと
自慢したくなった(単純おバカ)
c0051781_13374112.jpg

晴海通りを銀座方面へ歩くと歌舞伎座がある
(日比谷線の東銀座駅に直結された)
c0051781_1424997.jpg

昔スポーツジムに通っていた頃
和雑貨というコトバもない頃(笑)
バスタオル代わりに湯あげを使っていた。
荷物が嵩張らないのが何よりの理由v
それを買っていたのがここ。
c0051781_15212260.jpg

そういえばシネパトスはなくなったんだっけ。
ミニシアター系の名画座というか・・・
それも元はポルノ映画館のリニューアルで
ミニ系になってもしばらくは
意味深なタイトルやポスターによっては
何の疑いもなくポルノだと(~o~)/~~~v
そんなオヤジをたまに見かけた。

思い出すだけでも
・処女の泉(言わずと知れたベルイマンだが)
・白い婚礼(十代のバネッサパラディと中年教師のラブラブ)
・美しき諍い女(エマニュアルベアールのセミヌード)

予告編あたりで 何か違うぞ 
と気がついたのか
気まずそうに引き上げていった(笑)

もとい。獅子頭を産んだ 加賀一宮
子供の頃
一宮が何を示しているかも知らず
神社の坐すところ当たり前にあるとも知らず

おだんご結って
デコ光らせてのがあたしや
c0051781_203831.jpg

単純に 「かがいちのみや」 
という響きに惹かれた。
c0051781_18425091.jpg

北陸鉄道・石川線の加賀一宮駅
2006年に廃駅となったが(年間利用80人弱)
金沢からのバス路線は名前も健在v
新幹線が開通したらバスで行こう
c0051781_18474058.jpg

一週間くらいのんびりしていたいなあ
将来 ここで暮らしたいなあ なんて 夢
c0051781_18411497.jpg
by elsur147 | 2013-06-13 21:07 | sato | Comments(0)

父と見たnara

いいかげんに終わりにしないと
5月23日の話をいつまでも~
で。田植えが終わった日御子町
c0051781_19173290.jpg

獅子吼をゴンドラで降りながら
いま金沢に奈良の仏像が来てるよ
行ってみようか まだ時間あるから

えーーー 父から nara と聞くなんて 
nanto 意外な (とんだ井の中の蛙ならぬタコスケ=3)
で 橿原神宮初詣の話などを聞いたわけです。

で お抱えのタクシーを呼び出してGO~
(日御子から小松より金沢の方が近い)
途中で 獅子頭の千田工房 の前を通ったら
筋金入りな風貌の職人さんが出てきたところで
(あの爺さんが作ったんや) と。

で。あっと言う間に県立美術館の前で
(日御子は小松より金沢の方が近い)

ここに金城霊沢があり(きんじょうれいたく)
前田利家が 芋掘り五郎兵衛の伝説にちなんで
(正直者が芋を洗ったら砂金がざくざく)←ちょと違うが
町名を 金沢 としたと伝わる、
「金洗いの沢」 もあるらしい、
前田家と後水尾院が 心の同志 と崇める、
菅原道真の
金沢神社 (前置き長ぇぇぇぇぇ)
c0051781_19274267.jpg

で。県立美術館の表玄関から
国宝 薬師寺展のページに飛ぶと
カーソルがキント~ンv

「まもなく僧侶による本日最終のガイダンスが始まるのでご参加ください」 と
何度もくりかえし、館内放送だけでなく、
係員が各部屋をまわってお誘いに来られたので
なんか学校にいるみたいだ と思ったりしたのである。

聖観音菩薩と吉祥天女像のほかに
凍れる水煙のレプリカがあった。
東塔露盤蓋板と伏鉢も来ていた。

c0051781_20133569.jpg
とか奈良時代の大般若経47帖
凄かった~ 墨書された箱ごと
ごっそり出てきたらしいです。
(大目玉だな)
奈良時代の魚養経もあったので 
ふと十輪院 を思い出したり。
で。いつか薬師寺に行ったときは
この背中を思い出すんや(*^^*)


あと 奈良時代の等身大の十一面観音w
長髪(ロン毛)を
両肩にたらしているという珍しいお姿v


それらは修理中の東塔におさめてあったのだらうか
たぶんそう?東塔の四天王と日光月光も来ていた。

薬師寺展だから その流れで密かに
大津皇子が来ていないか という淡い期待は
泡と消えたが(そうは問屋が?はいはーい)

で。帰りは香林坊まで歩いてバスと電車で。

金沢城公園と兼六園をぐるりとまわる
百万石通り (奈良でいえば登大路か)
・旧制第四高等学校 跡
c0051781_20335784.jpg

金大理学部、金沢地方裁判所を経て
現在は郷土資料館になっているらしい
初代館長が加賀18代目の前田利祐だって。

あれ?
金沢城と兼六園をぐるっとまわるって
皇居の外堀内堀と似たような・・・
話とぶけど金沢城はぷち江戸城だったとか
似ているんだって(主に高山右近による)

で。香林坊でコーヒーブレイク
ブレない味を求める父の希望でスタバ
ここらへんはあたしに似ている
ちなみにあたしはタリーズ派v

ストロベリーシフォン だったかな
c0051781_21401712.jpg

激ヘビーーーな濃厚ショコラ
父が頼んだデビルスケーキは
こっちに半分まわってきた(やり~w)
c0051781_2143894.jpg

野町駅までのバスはいくらでも来る
そこから石川線は1時間に2本(笑)
c0051781_2147214.jpg
c0051781_21552556.jpg

道を降りていくと温泉が?
今もやっているのだろうか
c0051781_2156495.jpg

煙突があるにはあるが。
c0051781_2158065.jpg

日御子に着いたら
駅から5分とかからない(楽)
家の前で 座れば牡丹w
(うちの庭ではない 誰の庭でもない)
丸い蕾が好きw
c0051781_227254.jpg

あたしが届けた こっちは芍薬
c0051781_2291920.jpg


c0051781_22234854.jpg

ところで。
この鐘 な~んでしょ
何で部屋の隅に?
撞木もあったので
というより
カナヅチみたいな(笑)
ちょいと撞いてみたら
ごぉぉぉぉぉぉん・・・
とホンモノの音が響いたので
あわてて逃げた(笑)






こにゃ おこられるど
c0051781_22362124.jpg

で。実家に何しにいったかというと
衣類など遺品の整理
一日で出来るだけでいいから と言うので。
それが二人して出かけてしまい
タンスにゴンしただけ(^^;)
何しに来たんだか分かりませんな
と言ったら
ニヤニヤしながら
まあいいぢゃないの(^_-)v と。

めったに拝めない霊峰 白山
夕焼けが綺麗でした。
c0051781_2245792.jpg

by elsur147 | 2013-06-11 23:08 | sato | Comments(0)

スカイ獅子吼

白山比咩神社から獅子吼へ続く里山
濃い緑の山並みは白山につながっているc0051781_10485852.jpg

くくり姫の加賀菊酒 
c0051781_10555724.jpg

獅子吼の山は後高山という(しりたかやま)
その昔、泰澄が白山開山に行く途中
後高山の四ヶ所で宿泊したので
四宿→ 「ししゅく」 を 獅子吼と当てたらしい

その 獅子吼 とは
ペラペラとのべつまくなしに
雄弁であることと違う
c0051781_111217100.jpg

貧富の差などものともせず
たとい相手がならず者であれ
ひるまずに
正しいことを言う姿勢。
(けどそれも一歩間違えば傲慢や)

並んでいるのは獅子頭
プレミアリーグこと 金の獅子
ならぬ 金歯の獅子 や 
(青いバケツが何ともいいねえvvv)
c0051781_12383719.jpg

その獅子頭の工房が麓にあるが。
ここは観光用の施設で
ホンモノの知田工房は
下の道路(県道かな)沿いにある。
なんの飾り立てもない もろ工房(笑)

「ああ あの爺さんが作ったんだよ」 と父が。
あとで車で通りかかったとき ちょうど
職人さんと出会い頭でw(意味が全く違う)
c0051781_12381656.jpg

ゴンドラで山頂まで行って見ようか(649M)
ここにも奥の院があり 928M あるらしい
c0051781_12551031.jpg

ハングライダーとパラグライダーは
強風で中止だった。一時間程度なら
乗って鳥になってみたいけど
天候に恵まれる方が難しそうだよ
c0051781_12581779.jpg

あの紫色の花は何?
藤が自生してるんだよ
へー すごいねv
c0051781_12592961.jpg

光がまぶしすぎて
c0051781_130191.jpg

下に見える棚田が 神田 なのかな
その下の
溶岩流が止まって固まって出来たっぽい
山裾の手前は鶴来町
その先に日御子町がかすんでいる
お天気がよければ日本海が見えるかも。
c0051781_1303177.jpg

ガスっていて展望が良くないと父は言っていたけど
あの茶色い屋根のが何何で 手前のが何何で と
細かい場所を説明してくれた。

子供の頃は毎年必ず盆暮れに来ていた故郷
あらためて扇状地とか意識しながら興味津々

母が里へ引き上げてから
一度も訪ねていなかったのは
私には幸いだったかも
母がいるときに来てみたかった 
とは思うけど
c0051781_138692.jpg

一緒に過ごした場所を訪れると
母がいたときの事を思い出して
いないということを実感するから
故郷を封印してしまったかもだ

だから日常、通勤エリアのなかでも
銀座四丁目の交差点を新橋側に渡れない
不二家が見える数寄屋橋の交差点や
日比谷方面は意識して迂回しており
デパートの華やかな雰囲気に動揺する。
母とデパ地下を歩かなかったのが幸い
品川と新宿には二度と行きたくないな 

山裾を縫うように
手取川が流れている
c0051781_1382264.jpg

父は在所ウォッチングに夢中~~~
c0051781_1394348.jpg

そろそろ降りるよ、と、どうやら
次に行くとこを思いついたらしいv
c0051781_13113566.jpg

加賀の獅子舞は金劔宮の御輿に由来するとか

それと父から聞いた話で驚いたのが
父が大阪に単身赴任してた時代(出家前)
毎年お正月は母と橿原神宮へ初詣に行ってたって
えーーー(*_*)
そんな話、聞いたことないわよ=3
で、薬師寺が定番のコースだったっつーじゃん

唐招提寺は?
そこも行ったことはあるけど
あそこはちょっと地味だしね
あまり好きじゃなかったみたいよ
(派手好きが^^;)

あたしはたぶん聞いてても
聞いていなかったんだ(笑)
泊まりがけなら
富士山かどこか、山に行ってるんだと
勝手に思い込んでいたんだろ
あたしの中にまだ 奈良の
な の時もなかった時代(^^;)

よかったね母の足跡ならたどれるよ
by elsur147 | 2013-06-06 22:08 | sato | Comments(0)

白山比咩神社 

白山比咩神社
c0051781_2214162.jpg

その前にお昼ご飯。

お昼どうする?(@羽田)
おはぎ屋に笹寿司頼んどいたから
りっちゃんが着くまでにとってきとくよ
どこまで行くの?おはぎ屋ってどこ?
比咩神社の前だよ
あたしも一緒に行く~v
比咩神社行きたい そのお店で食べようよv
ほなそうするか
てわけで おはぎ屋 (白山市白山町 レ-122)←れ
c0051781_2248068.jpg

で。お店の中がどうだとういうのでなくこのストーブ
実家にも同じのがあって石油とガスファンヒーター
各部屋にこのセットで置いてあるんだよね
冬は全開でぼんぼん燃やしてても寒いぞ~
c0051781_2252894.jpg

で。笹寿司の笹はクマザサだそうだ
作る日の朝ウラの山から取ってくる
あらあ ずいぶんシンプルなのねえ
(精進の笹寿司はおあげだった)
c0051781_2331120.jpg

で。囓ったらなんか別の歯ざわりがしたので
ひっくしかえしてみたらウラに鮭のサプライズ(笑)
どっちがウラなのかオモテなのか
それはどうでも かじりかけですいません

これ、翌日の方が絶対に美味しいのー
食べきれないのは持ち帰って
次の日会社で 朝昼三時といただいた(笑)
酢飯と鮭の味が全体に馴染んで絶品w
あと鮭の下にガリがはさんである
c0051781_23363431.jpg

あと写真に撮らなかったけどセルフのお茶のね
やはりというか置いてある湯飲みが九谷焼きv
尤も家にもどこん家にもごろごろあるにはあって
(会社の来客用のに家から貰ってきた^^;)
改めて ぜいたくな町というか田舎やと思った。
唐津とか伊万里とか有馬とかもそうなんだろうか

さて行きますか。
c0051781_23563618.jpg

子供の頃お稚児さんで来たのはココだったのだろうか
いつもそれを父に聞くのと
そのときの写真を探すのを忘れる
c0051781_014584.jpg

なんとも忘れがたい後ろ姿だ と
この写真をハガキ印刷にして書いて出してやった
c0051781_034864.jpg

なだらかな参道に木漏れ日が美しw
c0051781_045882.jpg

もみぢの新緑もまぶしくてw
c0051781_053743.jpg

その参道脇に唐突に現れた滝は
わ~って歓声をあげたほどきれいなんだけど
デジカメじゃ伝わらないやね
琵琶滝
c0051781_21401836.jpg

三本杉は老杉(おいすぎ?笑)のご神木
800歳やv
境内の案内に「老杉並木」 と書いてあった
とし とりすぎ?(幾つがよ・笑)
c0051781_2161918.jpg

手水舎の屋根とか造りが渋い
c0051781_2341363.jpg

岩間の獅子が迫力満点
c0051781_1203251.jpg

反りのきつい屋根を上から眺めたとき
室生寺の灌頂堂を思い出したんだよね
これは撮った角度がちょっと今イチ
(拘ってぐずぐずしていると置いて行かれる=3)c0051781_235260.jpg

三の鳥居の向こうに日の丸w
c0051781_2355571.jpg

神門もなかなか渋いっしょw
c0051781_2365187.jpg

鳥居からまっすぐの正面にあるのが
荒御前神社 (あらみさき)
荒御前大神、日吉大神、高日大神、五味島大神の4柱とあり
荒御前大神は神功皇后が朝鮮出兵したときの守護神である。c0051781_2373351.jpg

弊拝殿 弊て?
c0051781_2394618.jpg
c0051781_23131595.jpg

白山山頂に奥宮がある。養老元年(717)泰澄が建立
山頂は2,450m も =3 
そこまで比咩大神を乗せて登遙したと伝わる神馬
c0051781_23282398.jpg

白山奥宮遙拝所
c0051781_232235.jpg

北の鳥居 向こうの山は獅子吼山 ししく
c0051781_23212751.jpg

とうわけで。そのまま獅子吼へGO~vvv
驚いたことに獅子吼は築地につながっていた
その話はまたそのうちに と。
by elsur147 | 2013-06-02 01:33 | sato | Comments(0)

飯と飛行機

飯 めし です。いきなりすいません
午前中から忙しそうにしていると社長はたいてい 
おい飯食ったか?と聞くので
まだ食べていないときは
食ってないです と答える。
食べたときは 食いました ではなく
食った と答える(笑)

さて羽田はラウンジでアイスラテをば(マシンでセルフ)
ここのグラスの丸っこいフォルムが好き♪
アルコール類もあるのでおつまみも置いてあり
タダならいただく というのは女ならでは(笑)
カリーあられは中村屋の。父に軽い手土産v
c0051781_21193877.jpg

シートスペースが余裕で
足 とどかないですな。
c0051781_21235526.jpg

あいにくの天気で雲ばっか
c0051781_21251340.jpg

雲平線というか
c0051781_21254413.jpg

朝ご飯はまあ こんなもの
和食GOZENてないのかな
路線による?
赤いのはヨーグルトでがっかり(酸っぱい>.<)
てっきりパンナコッタかと...
c0051781_2129133.jpg

けどクリームスープは優れものである
トッピングを混ぜると 白濁するのだvc0051781_21292069.jpg

雪山の雪はだいぶ少なくなっていて
写真を見てダンナが一言
「なんかシナプスみたい」 
c0051781_21435248.jpg

シナプスと関係ないけど。
DeNAと耳で聞くとどうしても
デオキシリボ核酸を連想(笑)c0051781_21445014.jpg
c0051781_21453534.jpg

小松行きはアルプスを過ぎると
c0051781_2146178.jpg

比咩の霊峰、白山から
白山市の上空を飛ぶわけで
帰りのリムジンじゃないけど
あ、ここで降りまーす とか(笑)
c0051781_21465844.jpg

飛行機は日本海上空をゆっくり旋回したので
こないだもその前もなかったので
何かトラブルかとちょっと焦った。
低空で海面が見えているんだ
なんでも研修員が乗っていたので
正規のルートを飛んだんやて。
て事は。そうでなければショートカットするんかい
c0051781_21514279.jpg

で。時間は飛んで帰り便GOZEN~
c0051781_22171326.jpg
ブリの照り焼き
水菜と油揚げのおひたし
チキンロール
厚焼き玉子、ヨモギ麩、筍
巻き湯葉
桜餅とイチゴ

ダンナが一緒だったら
ブリが二つ来るのにね(笑)



タコとエビのちらし寿司は
表面張力で箱から盛り上がっていた
c0051781_2218513.jpg

コーヒーのおかわりをお願いしたら
クッキーを添えてくれたvvv
c0051781_22354116.jpg

スタバの反対側にANA(のマグがあったら欲しい)
c0051781_22365779.jpg

乗ってきた飛行機は機体に「がんばろうニッポン」と書いてあった。
この先ずっとずっといつまでも発信していくメッセージ
自粛自粛で暗くなった心に灯った東京タワーのライトアップ
GANBARO NIPPON !!!
c0051781_22382932.jpg
by elsur147 | 2013-05-30 23:06 | sato | Comments(0)

トーハクつながりで白山三

白山比咩神社の白山妙理権現と
(白山妙理権現てかっこいいv)
右は金劔宮の男神、白山第一王子
左は白山三宮姫
今トーハクに来てる。かっこいい名は体を表しw
c0051781_23532183.jpg

「吉野御子守神像と比べてみましょう」
ということで (byトーハク) 見比べてみました。
(あ、はい、と行きつ戻りつ、言うことは聞く方^^;)

平安瓜実顔でたおやかな御子守神とは対照的に
白山妙理は。細眉キツネ目でキリリと凛々しい
そんなハンサムな女神にふさわしい社であるよ
石川県白山市三宮町ニ−105
ニ-105 の ニは イロハニの ニ である
しらやまさん こと 白山比咩神社
c0051781_0411962.jpg

ちなみに白山妙理権現は。
菊理媛神でもあり、十一面観音でもあり、
菊理には 括る という意味もあるので
白山妙理と菊理と十一面が三位一体、三括りw
かどうかしりません今思いついたんやーーー
c0051781_12528.jpg

じゃまた~
by elsur147 | 2013-05-29 01:07 | sato | Comments(1)

日御子界隈の神様

そろそろ田植えがはじまる頃かな
これは3月下旬に里帰りしたときの日御子町c0051781_2002068.jpg

買い物がてら散歩など。
この柵もフタもない側溝どうなの=3
c0051781_2024639.jpg

お通夜で帰ったとき自転車で風に煽られてこわい思いをしたんですよね=3
父は運転免許をもってなくて自転車で
それもマウンテンバイクでお参り行くんです。
夜とかでも平気で。 おいおいおい て感じです。
「だあーいじょーぶだよ」 とか笑ってて も~

で。歩くのが大大大嫌いなダンナが珍しく同行(*^^*)
(なにしろ駅から徒歩10分が遠いと言うのだ)
喪服ズボンのベルトを忘れたんやて
という父の事情で実家には車ないんでねえ
歩いてたら神社のモノリスを見つけた♪
c0051781_20121242.jpg

ここら辺の神社はモリモリがないんだよね
木登りかなんかで子供がケガをしたことがあって
危ないからと切ってしまうんだそうな。

明島神社(あからじまじんじゃ)
c0051781_20233278.jpg
c0051781_20243513.jpg

御祭神は4柱(ここのも はしら でいいのけ?)
伊邪那岐命、伊邪那美命、天照皇大神
菊理比咩神 くくりひめのかみ
豊受比咩神 とようけびめのかみ
そこまでは分かるんですけど
もう一体
闇霊神 くらおかみのかみ これどなた様?
c0051781_20271896.jpg

ベルトを買ったフクロを下げているのはダンナや
@ファッションセンターしまむら(笑)c0051781_20285013.jpg

神橋があった
c0051781_2031151.jpg

ついでにコンビニに寄って行こうよ と。
こうづ って読むんだ 京都じゃないんだ
あれが?そら無理だろ~
違うだろうとは思ったけどさ 言ってみただけー
どうだかー 
ふん
c0051781_20314427.jpg

おやなにやら乙なものがvvv
c0051781_20381576.jpg

買わなかったけど このオニギリ
ばくだん て。 超超なつかしいーーー
c0051781_20552489.jpg

家では昔から。海苔一枚にご飯をのせて
それを二つ折りにした巨大なオニギリを
「ばくだん」 と名前つけて。家だけかと思ってた(笑)

ぐるっと回るより(手前の道路)こっち行った方が近いかも↓
c0051781_2113036.jpg

遠くに連峰をおがみ
遮るなにもないのどかな里でしょ
(用水路も遮るものなし=3)
だから
父が玄関先から見送ってくれると
いつまでも立っている姿が見えていて
小さくなって見えなくなるのがせつないんだよね
c0051781_2121676.jpg

で。やはり道の真ん中で撮り直さないと(笑)
c0051781_2125864.jpg

来週は日帰りだけど。楽しみw
2015年の春には新幹線が金沢まで通るって。
長野の名前がなくなる?から?
長野北陸新幹線にして とか?
もとい 「北陸新幹線」 でしょうそりゃあvvv
c0051781_22542078.jpg

で。グリーンの上にグランクラスが出来るらしいw
どんなのかな♪ とか わくわくしつつ
でも新幹線のグリーンて
飛行機のプレミアほど旨味というか、ないような
(飛行機は先に降りられるのが最高の旨味や)
なんしろ普通席は前後のシート間隔狭すぎ=3
わがままですいません
c0051781_2258132.jpg

最後に。こちらにおられますは 
彦火火出見命 ひこほほでみのみことw
(ひこ ほのほの じゃないのネ)
ニニギとコノハナの子で神武天皇のじいさんや
日御子神社(実家の玄関から見える)
c0051781_22342540.jpg

by elsur147 | 2013-05-16 23:04 | sato | Comments(4)

実家の本堂とか

実家のお仏壇です
c0051781_22424470.jpg

真宗大谷派の目印。
鶴亀の燭台と鶴の輪灯
c0051781_22434493.jpg

阿弥陀如来
c0051781_22474535.jpg

あらw
c0051781_22515945.jpg

天女♪
c0051781_22554757.jpg

風よけなんですけど
ボロいから片付けなよとか言いやがって弟
c0051781_2392481.jpg

子供の頃に見たことある絵
家のどこで見たんだっけー
母が風よけの ボロ隠し に貼ったらしい(はは...)
なんかほのぼのするじゃん
c0051781_23144967.jpg

太鼓がぶらさがっている。
c0051781_23173669.jpg

法事ときたら大掃除からはじまるわけで。いつもしてないわけじゃないんだろうけど人様が通る所とか待機するお部屋とか、特別に来ていただいた住職様達は一番奥の離れにお通しするので渡り廊下の拭き掃除とか、座布団を何十枚も出したり(五枚入りの箱が重っ)いくつもの大きな石油ストーブを念入りに磨き上げたり、広い御御堂がまんべんなく温まるよう移動したり(重っ)自宅が公務というか兼ねてる家は日常が大変だ にゃ=3
c0051781_23574849.jpg

父一人になってしまったのでお風呂に電話を持って入っているもよう。
今フロ 
じゃあがって落ち着いたら電話ちょーだい
とは言ったものの
いつまでたってもかかってこないで(母は入浴中の発作だったので)
不安になりかけたところにかかってきたっ
おそうなってゴメン 温泉に行っとったんや て。も~=3
石川線の沿線に駅チカの銭湯で温泉のところがあるんやてw
by elsur147 | 2013-05-10 00:09 | sato | Comments(0)



climatnara Gunners robinvanpersie
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31