arsenal seveile

カテゴリ:climatnara( 625 )

1Day奈良(西の京)

鑑真大和上ご開帳ということで唐招提寺。シンメトリーな造りがたまらない。
c0051781_20364192.jpg

東京を朝7時、帰りは京都を20時発の。強行日帰り奈良ですよ。次に行くときは、朝は6時でいいかもな。いや行きはヒコーキでもいいかもな。家からバス1本というのもあるんだけど、皆が口を揃えてヤメロと言うの。鑑真大和上は、少し前に、奈良の国立博物館でも見ておりますが。やっぱり本来あるべきところで。ご本山で見たいもの。

西の京へ行くなら。薬師寺へ。今回はそれも目的でした。創建当時(約1300年前)の姿を残す東塔を、もう一度見ておきたくて。全長33m。相輪部だけで10m。三重塔。
c0051781_63181.jpg


東塔は解体修復工事されるので。当時の姿は今月いっぱいでお別れです。7月になったら被いがかけられ。来年の1300年祭にほんの一時期開くのですが(時期は未定)、再び被いがかかるとそこから10年。出てきたときに昔の姿はありません。それはそれで見に行くと思うけど。たしかに老朽化してはいますね。なんたって仏像と違い、吹きさらし。
c0051781_635032.jpg

突先の水煙には、音楽を奏でる24人の飛天が繊細な透かし彫りで表現され、だそうですが。いったいどーやって見るんです?50×70の双眼鏡でも持ってこいとか?(横浜に持ってった。杏里のプレイヤーズ観戦。ベンチにさがればベンチの杏里と。笑)
c0051781_2110392.jpg

表玄関ともいうべき重厚な南門。電車からだと裏口入学(笑)になる。ので、受付で南門への道順を尋ねたら「そな!ここまで来てわざわざ外から遠回りせんかて!やなら目ぇつぶって通り過ぎて、改めて南門から入られたらえーですよ。」 と姐さんカンロク。
c0051781_2121991.jpg

西塔は1981年に復元されたもの。これがあなた写経勧進のみ(当時1巻1000円)で!
8年かけて復元達成。凄い。中門、回廊、と、写経勧進は続くのであるよ。
c0051781_5515175.jpg

金堂。薬師三尊像像の。薬師如来を中央に。しなやかな日光菩薩と月光菩薩。すばらしーの一言ですよ。「私は見た。日光月光を。」 という詩を書いたのは誰でしたっけ。ああこの事だったのか、と。1月にも来てるのに。あとから胸にじわじわ。効き目が遅いんですよ。
c0051781_21251178.jpg

渋い東院堂。
c0051781_21325846.jpg

どっからみても感動するので。つい写真を撮ってしまう。これでもだいぶ捨てた。
c0051781_21354115.jpg

あれーーー。真ん中のなんだっけ(笑)。中門だっけか。元食堂だったかな。
c0051781_2137818.jpg

少し離れて。玄裝三蔵院伽藍から眺める白鳳伽藍。当時とそう変わらない眺めかも。とか。写真ではピンとこないと思いますが、遠目に見る金堂、東塔、西塔の並び。それはそれは美しいのですよ。さすが、トップオブ伽藍と言われるだけのことはある。こういう整然とした伽藍の造りは、奈良時代ならでは、だそうですよ。そーいえば。電線とかないわー
c0051781_21394368.jpg


薬師寺から唐招提寺までは歩いてスグ。のどかな住宅地が続きます。
c0051781_22211025.jpg
c0051781_22212495.jpg
c0051781_22213253.jpg
c0051781_22214133.jpg
狭い道をバスが平気で通る。この道を↑巨体が入って来たんで焦ったよ。
そんな狭い通りに地味~にあるのが唐招提寺。茶色いの。
c0051781_22215221.jpg

ここでいったん上げて編集で続けるかも。あらためて書くかも。昨日は薬師寺で時間くって後、押した押した。とか。もうカメラ持ってくのよそうかな。
これなんという?普通に暖簾?柄が可愛い。いちばん好きなのは法隆寺の。もっと長い。
風をはらむとヴィスコンティの 「山猫」 を思い出すのは、あたし独自の記憶回路(笑)
c0051781_655932.jpg
c0051781_22513117.jpg

参道を歩くのも好き。あんまり遠いと、あれをまた戻るのかーとも思うけど。
c0051781_2251406.jpg

校倉造りの芸術。
c0051781_22542016.jpg

講堂。 年季の入った木造て落ち着くよね。すわって足を投げ出してぼんやり。
c0051781_22572752.jpg

鑑真大和上の御影堂に向かう道は緑がいっぱい。鳥のさえずりも聞こえた。
c0051781_22582221.jpg
c0051781_22584051.jpg
c0051781_22585185.jpg
c0051781_2259499.jpg

御影堂の入り口。入ったら木の縁側を歩いてまわる。なつかしい感触。
c0051781_2331978.jpg
c0051781_2343815.jpg

ハッキリ言って、国立博物館の方が近くて全体がよく見えました。が。お姿がフスマを隔てて遠かろうが、サイドを御簾に覆われて薄暗かろうが、しっとりと向き合えるのはいいもんです。東山大画伯のフスマ絵は。あそこには。うーん(笑)。ささ。廟へ向かいますよ。
c0051781_2394726.jpg
c0051781_2310425.jpg

御廟の写真はなし。前に灯籠が。灯がともってますね。
c0051781_691437.jpg

さて。唐招提寺の休憩所でお昼。西大寺駅で買ったおにぎり絶品!「うめもり」 だって。
わさびの葉で巻いた海老。と、古代米のは、穴子の下に奈良漬け。超美味しかったー
c0051781_2312744.jpg

本店は奈良町。ネット通販してるけど。1本いらないよねぇ。買い置きもできないし。
次は奈良町で買うかな。あら、お盆に泊まるホテルの近くだ。やた~しめしめだ(笑)
by elsur147 | 2009-06-04 23:32 | climatnara | Comments(0)

ひょいと奈良

先週の木曜に日帰りで。のぞみ速いー!って窓にかぶりついて(笑)
今朝から熱っぽくて風邪ひいたみたい。フツウのですフツウの。でねー私1月に奈良に行った翌週、インフルエンザに罹ったのね。で、先週の木曜に奈良に行って今週また?奈良でなにをもらってくるんでしょうか(笑)、鹿はお煎餅あげないと見向きもしませんで。はい~
c0051781_124138.jpg


阿修羅を興福寺で見たいと思う気持ちは、アーセナルをロンドンで見たいと思う気持ちに似ている。本来あるべきところにいて欲しい。ホームにいてほしい。でも近くに来たら見に行ってしまう。国宝館で初めて見たときは、これが有名な阿修羅かと。仏像界のアイドルとは知りませんで。気がついたら周りは阿修羅ブームなんで驚いた。流行りにのったみたいでイヤだわと。でもみんなそう思っているんだろうな。自分の思いはブームと違うと(笑)

c0051781_1243528.jpg


今回は、興福寺と国会博物館の鑑真和上展へ。興福寺では留学僧、普照と栄叡を思い。和上の死期を察した弟子たちが渾身の思いで造った坐像に感動。しずかなたたずまいに。普照たちが和上に来日を依頼する行から描かれた絵巻もすごかった。東山魁夷画伯の御御堂障壁画は迫力満点。なかでも濤声は荒波の音が聞こえてくるようでした。フスマ12枚分!空いてたから色々な角度から見られてたよかったです。そして最古の鴟尾や美しい写経などなど。唐招提寺のトルソーは流線美の素晴らしさに溜息でますよ。

c0051781_1245699.jpg

脱力というか、笑ってしまったのは平常展で見た金銅誕生釈迦仏立像。生まれたてハロ~!金ピカのシッダールタ?7世紀のは流石にすごいんだけど、平安時代のブツ、鎌倉時代のブツ、いっぱいあるんですよ。ポケットにしのばせたり、ちょいと置いて拝むのにるにちょうどよいサイズのがいろいろ(笑)。いっぱい造られたんですね~バラ巻き作戦でもないでしょうが、よく新聞広告とかに出てるあやしい仏像を連想してしまったのでした。

c0051781_1252866.jpg

にしても。仏像は博物館でまとめて見るもんじゃないわ。と思う。搬送スペシャリストには申し訳ないけど置かれた寺院で見たいもの。車窓から見える平城宮跡が広い広い~。快速で通り過ぎてしまう前にキャッチ。いつまでもいつまでもそのままそこにあって。

c0051781_1331864.jpg

by elsur147 | 2009-04-29 02:00 | climatnara | Comments(2)

奈良のお土産

違う。奈良ではなく京都。お買い物するなら奈良より京都。なんですね~
南座です。賀茂川を渡って(欄干にもたれて一休み)、夜の祇園をそぞろ歩き。
c0051781_22132757.jpg
c0051781_22133570.jpg
c0051781_22134536.jpg

河原町に戻って 「季の音」 の栗抹茶パフェ。めっちゃ美味しかったです。
c0051781_22152783.jpg

京都はいいな。伊勢丹と大丸と高島屋がほど近い距離にあるし。神戸にも奈良にも近い。九州へも東京の半分の距離でいけるかも。横浜だって。だってここからだと東京湾を超えてまだまだ遠い(距離感が現実とズレてるのは分かってますって)、学生の頃はしょっちゅう遊びにいってたのに(実家が町田市)、でね。子供の頃は海水浴といったら、伊豆の弓ヶ浜まで行ってたの。なんか面倒だねというときは逗子どまり(笑)、江ノ島なら1本なのに、たぶんミーハーっぽくてイヤだったに違いない。そういうところは私そっくり。今思うと親はマメで元気だった。子供と一緒にでかけようという意識がね。サービス満点パパでした(笑)

c0051781_22262192.jpg

京都は和装小物にハマりまくり。羽織は部屋でガウンがわり。はおり心地最高~
c0051781_22285816.jpg
c0051781_2229477.jpg

と。薬師寺で買った文鎮。白鳳伽藍を修復するときに使った建材、
c0051781_22263425.jpg
カーブがいい感じで。手に持ったときの感触もたまりません。
会社で使っているけど経費で落としてないですよー(笑)
c0051781_22264435.jpg

またいつか京都へ行ったら、奈良へ寄りたくなるだろうな。奈良に添えられたエピソードが、それが自分のことでなくても思い出を別の色で染めてくれたような。で、行きたいところだらけで、大きな夢はオランダからロンドンなんだけど。それはずっと先の話。しばらく大人しくしてます。去年、長崎に行ってから、日光と奈良と?たいした距離でも時間でもないのに疲れがとれない。知恵熱というか(笑)、見たものから受ける印象が強すぎて。影響されやすい?だからカウンセラーにはなれない私。ロールプレイングで挫折したっちゃ(情けない)
by elsur147 | 2009-02-12 22:53 | climatnara | Comments(0)

大和まほろば2日目

鹿のカメラ目線て珍しいかも。一張羅のコートに何をつけられようが平気(笑)
c0051781_235958100.jpg
c0051781_21414168.jpg

春日大社に向かうと石灯籠のお出迎え。総数3000基というから凄い。
c0051781_21415194.jpg
c0051781_2142288.jpg

出た!ウワサの釣り灯籠。ぶら下がって並んでいるではありませんか(当たり前)萌えた~
c0051781_21421173.jpg
c0051781_21422023.jpg

扉が空いていたのでパチリ。太いロウソク3本ですね。節分にはこれ全部に火入れですよ。
c0051781_21423221.jpg

火入れを控えてなのか、無造作に並んでた東照宮の灯籠軍よりお洒落というか・・・
c0051781_21424264.jpg

春日原生林のなかを降りていくところ。道なき道、の向こうに石灯籠が(笑)
c0051781_2143441.jpg
c0051781_21433697.jpg
c0051781_21434635.jpg

世界最大の木造建築、東大寺の南大門。
c0051781_21435548.jpg

ズームで撮ってるので。本当は大仏殿がもっともっと遠くに見える。
c0051781_21442260.jpg
c0051781_21443373.jpg
c0051781_21444398.jpg
c0051781_21445371.jpg

お水取りの二月堂までの道がまた。しかも上り坂。でも下る方が疲れる。
c0051781_2145996.jpg

二月堂の縁側というか、松明もって走るところから見た下界。桜の季節は綺麗だろうな。
c0051781_21451970.jpg

正倉院までの道のりもすごい。砂利道を黙々と歩く記憶。
c0051781_2145308.jpg

世界遺産に登録されてから近寄り難くなったもの多し。これも。正倉院、全部入ってない;
c0051781_21454111.jpg

校倉造りの。昔は下まで行けたのだそうな。言われてみればそんな記憶も。
c0051781_21455183.jpg

寮母ちゃんに頭突き☆
c0051781_2146324.jpg

鹿さまのお通り。奈良公園は鹿ちゃん天国♪人がいたって意にも介さず(笑)
c0051781_21464489.jpg
c0051781_21465414.jpg

東大寺の、大仏殿の参道は、両側がうーんと開けていて、とにかく広い、広かった!
人気もまばらだったので、広さをまるごと実感できた。
空はどこまでも高く青く、空気は澄んでいて、いつまでもここにいたい、と思ったのでした。
鑑真和上、思託、普照、遣唐使時代の遠い天平。昔と変わらぬ今もこの地に。

はー。スパーズ戦までに間に合った(笑)
by elsur147 | 2009-01-29 22:20 | climatnara | Comments(6)

大和まほろば1日目

世界文化遺産をめぐるゴールデンコース(笑)、どこに行っても人があまりいない。
世界最古の木造建築、法隆寺からスタート。
c0051781_20433333.jpg
c0051781_20434864.jpg

風をはらんだ垂れ幕(?)、「山猫」を思い出すんですよね。前に神戸に行ったときも、
異人館のベランダのカーテンがそよ風にゆれているのに惹かれた。
c0051781_2044351.jpg

東院伽藍、西院伽藍、大宝蔵院をぐるりと囲んで、参道の遠いこと遠いこと。
塀の向こうはお坊様の居宅。住所が、法隆寺山内何丁目とか、カッコイイのだ(笑)
c0051781_20442444.jpg
c0051781_20453495.jpg

黙々と歩いて着いたら来た道を引き返さなきゃならないのですから大変ですよ。
当たり前なんだけど。ときどき後ろを振り返っては、あの道また戻るんだよね~と。
c0051781_2045391.jpg
c0051781_20454652.jpg

昼食をとった 「萬京」 のおしぼり。ねじり方が可愛い。いただいたのは懐石弁当。
c0051781_2046866.jpg

薬師寺。下の黒っぽい塔が東棟。天平時代に創建された当時のまま。
c0051781_20462344.jpg
c0051781_20463280.jpg

「写禁」表示がないからってすぐこれだもの、すいません。
c0051781_20464133.jpg

奈良のメイン唐招提寺。天平の甍の(速攻で読み直してった)、鑑真和上が建立。
c0051781_20465075.jpg
c0051781_2047496.jpg
瓦に唐招提寺と掘ってある。芸がこまかい。
c0051781_20471534.jpg

高床式の宝物殿。自然光がさしこんで実際は写真よりずっと美しく。静か。
c0051781_20472599.jpg

こちらはネットからいただいてきた画像。西大寺は愛染明王のご開帳でした。
灼熱の赤。愛とは赤く燃える事、というありがたい説法を拝聴してきました。
本当に赤い仏像なのだ。
普段は脇に設置された模造品を拝むのですが(当然真っ黒)
それでも鎌倉時代作とは!
c0051781_20492037.jpg

西大寺境内の近くで見つけた石灯籠。ポツンとひっそりした感じがいい。
c0051781_20473448.jpg

春日ホテルの予約は8畳でしたが、空いているからと12畳間で。畳は寒かったです。
ありがたいことに、大浴場も露天風呂も貸し切り状態でした。
で、ロッカーの番号をとるのに、ほら、それぞれありまして(笑)、あたし11番~♪
ドライバーの寮母さんが 「私、7番ー」 若い寮母ちゃん「あたし22番とり~」 で
お互い何の番号か聞きもしないところがいい。人のこだわりなんか興味ないよねぇ(笑)
c0051781_20474680.jpg

夜の興福寺。ライトアップされてきれいでした。とにかく静か。
c0051781_2047565.jpg

で。なにが驚きといって拝観料と駐車料。トータルで1万円以上。すごい~
by elsur147 | 2009-01-28 21:40 | climatnara | Comments(1)



climatnara Gunners robinvanpersie
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31