arsenal seveile

カテゴリ:climatnara( 641 )

法隆寺といえば柿

柿を買ったのでした。雨宿りさせていただいたところで。ひと山300円。
c0051781_21593185.jpg

ヘタの周りはまだ青くて熟してない感じだけど。甘くて最高に美味しかったです。感動ものの美味しさ。種なしでした。で、種のある部分がゼリーみたいなの。味もすごく濃厚で。この時期に斑鳩に行ったら絶対に柿を買うべし。写真の色がうすくて、本当はもっとオレンジ。
c0051781_220313.jpg

by elsur147 | 2009-09-24 22:08 | climatnara | Comments(0)

奈良の原風景

私にはここが。興福寺。
c0051781_21291667.jpg

王寺からJRで奈良へ戻ったら近鉄奈良へ。すっかり見慣れた風景に心から安堵~
c0051781_21144855.jpg
c0051781_21145723.jpg

奈良公園のそばで1300年祭のイベントやってて、奈良各地の物産即売会や、会場では平城遷都を祝うダンスなど。普段なら絶対に近寄らないのだけど、気持ちがヘタれていたので逆に嬉しかった。心底ほっとして。すごい気分転換になりました。
c0051781_21164118.jpg

大和郡山は金魚ですね。なるほど、行ったらこういうお土産があるのね~と。
c0051781_21173949.jpg

超ラッキー!うめもりが出店されてたの~嬉しー
c0051781_21234273.jpg

古代あなら寿し(奈良漬けが最高のアクセント)と、わさび葉寿し。
c0051781_21255173.jpg

王道は猿沢池から。でも、春日山系を仰ぎ見たいときはこっち側から。
c0051781_21265841.jpg

中金堂跡で、長くなってのんびりしてるのが好きで好きで。
c0051781_21284439.jpg

南円堂は夢殿より明るい印象。扉が開くのは10月17日だけ。ワンチャ~ンス。
c0051781_21313077.jpg

猿沢池には大きなカメがうようよ。池は汚いです(笑)
c0051781_21325096.jpg

ここまで来たら角のお店でお蕎麦ですよ。張り出し窓が開いてて気持ちよかった。
お店は五重塔の麓にあるので、窓から塔は見えない。あの石段は52段だって。
c0051781_21351382.jpg
c0051781_21353972.jpg

おろしそば。おろしたて削りたて。
c0051781_2135507.jpg

そして定番の。ブレてしまった。平城宮跡と、東へはみだしたエリアが好きなわけ。
c0051781_21393097.jpg

by elsur147 | 2009-09-24 21:50 | climatnara | Comments(0)

斑鳩にて

法隆寺駅から寺まで歩く途中。地元では普通にある?
文字デザインが可愛いな~と思って。入らなかったけど。
それは斑鳩だからでしょ。自分の地元じゃそそられない。
法隆寺までの道は(20分くらい)、退屈だったから次はバスにしよう。
歩いてると信号なかなか渡れない。まだかよーってくらい、渡れない。
c0051781_17154048.jpg

法隆寺の参道は松並木で南大門までの長いこと。
こちらは退屈しませんよ。来た早々お土産屋さんに引っかからないようにしないと。
南大門から、五重塔と金堂をのぞむ~です。
c0051781_172236.jpg
c0051781_17221052.jpg

中門。真ん中に柱がある。間口4間。
偶数だと中にセンターが取れないので、本尊を安置する場所がない。
中に祀った太子が外に出られないようにしてあるとか。
c0051781_17421475.jpg

塑像の阿吽。やはり金剛力士が一番のコワモテ。阿~senal のCBだな(笑)
c0051781_17524811.jpg
c0051781_17525765.jpg

これが不思議な伏蔵?
太子が、仏教が滅びたときに使うようにと沢山の宝物を収めた、とか。
まだ仏教は滅びないので、封印されたまま調査されていないのだろう、とか。
それも30年以上昔の段階で、ですが。
しまった!南大門前の鯛石を見てくるの忘れたー
c0051781_18272342.jpg

五重塔にカマささってますね。両サイドから草刈り釜がグサっと。
なんなんですかね。
壁面の涅槃とか塑像は金網で被われ、距離もあって暗くて、
どう目をこらしても見えない...
c0051781_18283967.jpg

ところどころ紅葉が。同じ敷地内でも、場所によって色づき具合が違うね。
c0051781_18311346.jpg
c0051781_18312588.jpg

調子丸と。よく見たら書いてあるではないですか
馬を引く太子じゃないじゃないですか~寮母姐!太子の舎人(従者)だった人。
法起寺口から南下したあたりに古墳があるらしいのですが。寄るの忘れた(笑)、
もっとも太子なら、いくら屋根があっても外に置くわけないか~
c0051781_1846248.jpg

夢殿は。救世観音は来月でした。一ヶ月まちがえてた事こにその場で気づいたアホ。
なーんだ、程度ですんだのは、金堂と宝蔵院の仏像軍団でお腹いっぱいだったので。
金堂に本尊三種のナゾ。釈迦像の白毫に打たれた釘などなど。
とりわけ百済観音はすげえ迫力。梅原氏のおっしゃることには、
あまり持ちたくないものを持たされているような、と、水瓶を手に提げてるアレ。
そう言われて見ればたしかに(笑)、救世観音は来年の4月でいいや。
c0051781_1924550.jpg
c0051781_1934717.jpg

法輪寺と法起寺へ向かう通り。狭い。クルマがけっこう入って来るんですよね。
道の途中だと進むことも引き返すことも出来ない、壁にへばりついて避けないとー
c0051781_19205645.jpg

入り口で子供たちが採っていたのはエビ。釣りのエサにするそうです。
なんでもお父さんから、100匹掴まえてこいと言われたそうで、可愛かったですよ~
まだ幼い姉ちゃんたちと坊や。
c0051781_19222232.jpg
c0051781_19223297.jpg

通りを抜けると、高台にこんな表示があったのですが。
c0051781_19283092.jpg

この通りの先に?どう考えても、すぐありそうにない。
c0051781_19285094.jpg

行ってみたら案の定(笑)。「すぐそこ」の意味を書いておこうかしら(笑)、
c0051781_19294977.jpg

あの坂を登れば?どうせまだ先なんでしょお?でした。(わかっていても疲れる)
c0051781_19295848.jpg

で高台は。やけに静まりかえった気配がするな~と思っていたら、池でした。
c0051781_19315381.jpg

天満宮は牛?(来年は信貴山だね)、中には入れず。屋根にそそられる何かが。
c0051781_1931373.jpg
c0051781_19332321.jpg

法輪寺へ至る道のり。のどかな斑鳩の里は。どことなく置き去りにされた感...
c0051781_1941415.jpg
c0051781_19411480.jpg
c0051781_19412599.jpg
c0051781_19413734.jpg

山背大兄皇子の、法輪寺の三重塔が見えてきた。後ろの山は生駒山?
c0051781_1941475.jpg

中に安置されている仏像は飛鳥時代のものも。
ガラスや金網の被いがなく間近で見られるので感激。
三重塔と金堂の配置が法隆寺と同じ。
と、急に雨が~けっこうなゲリラ雨で~
c0051781_19512260.jpg

法起寺まで来た。
中に入ってから見る寺務所と山門が綺麗でした。松が渋い。
c0051781_19582619.jpg

蓮が咲いてた。
c0051781_19585721.jpg

鐘楼跡と、謎めいた石。塔が映れば風情があるのに?そう都合良くいくかって。
c0051781_2014180.jpg
c0051781_2015246.jpg

収蔵庫の仏像は、正面が狭くて暗くて、多くは左右に置かれ、ほとんど見えない。
一括りにまとめてあるような、雑多な並びが奇妙でした。コスモスがちらほら。
c0051781_2061517.jpg

法隆寺へ戻ろうかと。25号沿いに歩道がない。
田んぼ!白いラインぎりぎりに車ひっきりなし!
バスが来た日にはもうこわくて。もしかして人が歩いてはいけない道だったりして。
c0051781_2017031.jpg

ここはどこ?王寺駅なんですけど。何線だったっけか?もう忘れてら。
c0051781_20282477.jpg

疲れてバスに乗ってしまったので。今にして思えば春日大社方面でよかったのに
法隆寺へ戻る予定でいたけど法隆寺前まで来たところで、もういいや、とスルー
で、王寺駅の時刻表を検索したら、北区王子しか出てこないじゃないですか、
なんでー?とキレかかりったり(笑)、
王子じゃなく王寺でしたよ。駅に着いてから納得してたり相変わらずアホ三昧です。
斑鳩は。点在する溜池が、行く手を阻むような気もしてこわかった(気のせい)
by elsur147 | 2009-09-24 21:13 | climatnara | Comments(0)

リンクする阿修羅

出た!本当は怖い阿修羅 この原型にピーン!どこかで見た顔(写真でですけど)、法隆寺の阿修羅に似ているんです。五重塔、塔北面の、釈迦涅槃を表した群像(塑像)の中の阿修羅に。
c0051781_20411095.jpg

で。塑像に麻布を塗り重ねて出来上がった興福寺の阿修羅が、当初からの計画だったのか、製作過程で自然に出来上がったのかは不明だと。私は、像や絵など、ヒトが手がけたものには、そのヒトの心模様が表れる、と、思うのだけど。これは計画だったのかもしれませんね。
c0051781_20413679.jpg

興福寺の仏像は素朴な温かみがあるから好き。その多くは光明皇后が仏師につくらせたものだとか、付け焼き刃によると(笑)。藤原氏の思惑とは別に、真に仏教に心酔していった光明皇后の、心の表れ、のような。となると計画ではなく自然に、ということになるんですけど。左は父と母に対する反発。右は罪の意識。正面は浄化されたい心。となると、阿修羅=光明皇后(ただの思いつき)
c0051781_20414992.jpg

というわけで。今月は連休の合間に法隆寺へ行ってきます。夢殿が開いて救世観音も見られるし(こわいもの見たさ)、来月は阿修羅が戻って南円堂や北円堂も開くので思うぞんぶん興福寺。
by elsur147 | 2009-09-10 21:01 | climatnara | Comments(1)

はみだしバンビ

c0051781_2129574.jpg

前足を折り曲げているのがとても可愛い。
c0051781_21301831.jpg
c0051781_21302646.jpg
焦げ茶の丸いのは松ぼっくりです。念のため(笑)
by elsur147 | 2009-09-03 21:34 | climatnara | Comments(0)

ならまち界隈

平城宮跡からシャトルバスで近鉄奈良へ戻ったらバスで破石町から新薬師寺へ。漫画ちっくな薬師如来とバサラが目当て。新薬師寺の 「新」 は焼き直しとは違い、新たかな。高畑の交差点に来たら 「ココから0.8キロ」 の表示が。なんの変哲もない閑静な住宅街を1キロ弱あるくと思うとちょっと溜息...
c0051781_195915.jpg

坂をのぼると、たしか、また、ここから表示が(笑)
c0051781_1952618.jpg

新薬師寺の門前。ここから白毫寺まで15分と。天気の良い日は二上山まで遠望できるとか。15分で行けるとは思えないけど。ポツンとあった「まんま亭」 と親子地蔵にウケた。
c0051781_1953486.jpg
c0051781_1954284.jpg

創建当時は、奈良教育大学あたりまで締める広大な敷地。今の本堂は、昔は本堂ではなく、別の目的に使われていて、何に使われていたかは不明。間口7間。当時の本堂は9間だって。それは置いといて。光明皇后が、聖武天皇の病気平癒を祈って建立されたとあり、
c0051781_1929323.jpg

そのせいか、そこかしこに女性らしい優しさを感じる。やっぱり暖簾?
c0051781_19283686.jpg
c0051781_1928580.jpg
c0051781_1929239.jpg
c0051781_19293757.jpg
c0051781_19295297.jpg

漫画ちっくな薬師如来。ぐりぐり目玉がなんともキュート。
c0051781_20114168.jpg

ぐるりと囲むバサラを含む十二神将。てめーら近寄るんじゃねえぞ!って感じで迫力満点。天井が高くて気持ちのよい空間。誰もいなかったので、神将の周りをぐるぐる回ってみた。まるで十二神将が回っているような錯覚に。面白かった。人が見たらバカかと思うわ(笑)
c0051781_19525096.jpg

出たら引き返す。当たり前のことだけど来た道を引き返すのってけっこう虚しい。と、街路に鹿が一匹迷いでて来ると。なんの変哲もない閑静な住宅地ではないな、と思ったのでした。
c0051781_19541130.jpg

新薬師寺に面白そうな小冊子があった。中モノクロで文字ぎっしり。渋い。
c0051781_2024942.jpg
c0051781_2025875.jpg

最後は元興寺。門前に来た瞬間ただものではない気配を感じ。ほんと冗談でなく。
で、そのとき読みかけてた本の、先を読んだらビックリ仰天の話が出てきて鳥肌もん。
ま、また行かなきゃ~。
c0051781_20192648.jpg

本堂(極楽坊)。間口6間。柱が真ん中。法隆寺と同じ云々。何かを封じる出口のない堂。
c0051781_20195898.jpg

お堂にあがると畳部屋。仏壇が近くて親近感があり、それは実家の(お寺)、お御堂を思い出したからなんですけど。またあがれるかどうか、誰もいなければ怖くてあがれないかも。
c0051781_20245596.jpg
c0051781_2025422.jpg
c0051781_20251413.jpg
c0051781_20252350.jpg

見所であるはずの石仏群は。ちゃんと写ってないけど。桔梗がきれいでした。
c0051781_20341044.jpg
c0051781_20343499.jpg
c0051781_20344690.jpg

ならまちは、私には少し息苦しく。可愛いお店はゆっくり廻ってみたいけど。ランドマークが見えて心からほっとするなり。藤原氏の思惑か、元興寺を見下ろす配置にあるかも、とか。こういう曰くを調べてくださる学者さん達には感謝なのです。奥が深くて、やみつき奈良は知れば知るほど。
c0051781_20381923.jpg

それでもやっぱり興福寺。
c0051781_203834100.jpg

by elsur147 | 2009-09-03 21:10 | climatnara | Comments(0)

うまいものなら

猿沢池で見つけたお蕎麦屋さん。ご夫婦で昔ながら、の、食堂風。外でカメのエサも売ってる。お蕎麦は外でいただくものなの。父の教育でそうなった(笑)、おろしソバを頼んだら、山盛りの削り節がうれしかった。こんな削り節は家では使いようがないもんね。大袋入りでしょ。毎日うどんも何だしねえ。それよりなにより、ふわ~っと盛られた削り節はお外で堪能するのが一番ですよん。
c0051781_07723.jpg


そして忘れちゃイケナイ 「うめもり」 お目当てだった古代米の穴子にぎりが売りきれで残念。奈良漬けのスライスが挟んであって美味しいのだ。で、今回は芥子菜でくるんだ穴子と、もうひとつのエビのはついで。うめもりのおにぎりを買うためだけに、法隆寺に行くのも近鉄にしようかと目論見中。大和西大寺にあるのよね。 「やまとさいだいじ」 という駅名も好きだからここで乗り換えたい(笑)
c0051781_09839.jpg


ならのしめは 「ふる里」 のクリームあんみつに決まっ寺。ここのお蕎麦も美味しい。
c0051781_092544.jpg

そうそう、盛りそばのワサビは蕎麦猪口に入れてはダメよ。お蕎麦に散らしてワサビの効いたところとそうでないところのコントラストを味わうのが江戸風、とは江戸っ子社長のご指南でした。
と。好きな地名で思い出したこと。子供の頃から憧れているのは大津。それと乗ってみたいのは湖西線。「こせいせん」 なんてきれいな響きなんだろ~って。子供の頃に読んだ 「風花の湖西線」 という短編で。お話しは怖かったよな記憶があるけど。大津は大津皇子の悲劇から。その大津と違う?それと二上山を見てみたい。今は 「にじょうざん」 と言うらしいけど、やっぱり 「ふたかみやま」
by elsur147 | 2009-08-16 20:23 | climatnara | Comments(2)

平城宮跡にて

二日目は朝ご飯もそこそに平城宮跡へ。朱雀門を間近で見たかったのでした。やっぱり安っぽく見えてしまうのと、鉄柵や看板が美観を損ねるのですが仕方ないですね。カンロクが出るまで長生きしないと。ああそうそう、前に薬師寺に行ったとき。再建された金堂を見上げながら爺さまが、だいぶ年季入ってきたな、長生きはするもんだ、と、しみじみされてた(隣で聞いててじーんと来た)
c0051781_21474894.jpg
c0051781_21555226.jpg

いつもは車窓からの近鉄線が通り過ぎるのを見たかった。いくらでも来る(笑)
c0051781_21562171.jpg
c0051781_21564971.jpg
c0051781_23174660.jpg

踏切で先を行く姉弟の後ろ姿に。自分の弟を散歩に連れ出した頃を思い出し。
c0051781_2201450.jpg

奈良シルクロード記念館。お休みでしたが。記念館て、あんまり興味ないのだ。東京にあれば入り浸るだろうけど、奈良にいたら奈良にいるのだけでいいので、たいていはそんな感じで。
c0051781_2284070.jpg

レンタサイクルは。爪先がほんのちょこっとしか着きませんで。いったん止めると、走り出すときにサドルを合わせるのが大変ですよ。一般道ではガードレールとか使わないと倒れそう。
c0051781_22124886.jpg

走り出したらもう気持ちいいのなんの最高なんですけど、カーブとか川を渡るときは気をつけないと。調子に乗ってハンドルあやまって落ちたら、平坦で綺麗な道ばかりではないので(笑)
c0051781_22174811.jpg

平城宮のモアイじゃなくて朝堂の柱跡。ちゃんと剪定しているそうです。偉い。
c0051781_22182838.jpg

東院庭園。映画の撮影に使われるらしい。そのせいか朱雀門よりくたびれ感あり(笑)
c0051781_22231989.jpg
c0051781_22232841.jpg

さっきの姉弟とガイドさん。二階建て部分は特別室。当時は珍しかったのね。便乗(笑)
c0051781_22233822.jpg

朱雀門の前はだだ広くて。フェンスの向こうの倉庫街も気になったりした。
c0051781_22275969.jpg

東院庭園を出たところで外人のカップルに道を聞かれた。(おっと~ガイドさ~ん。いねえ...)。なんとかかんとかテンポーて。テンポー?天保か?(なわけないだろ)、ああテンプルね。ここ寺院じゃないんだけど。宮殿はなんていうんだっけ?とか考えてたら、持ってた地図をひらげて指さしたのが法華寺。なるほど(笑)、跡を北にショートカットできるか?と。イエス、そこからバスで行けます、が、ここから北まで遠いですよ、と。もし急ぐなら二条通りか新大宮駅からタクシーか、大和西大寺まで戻ってバス、とか、地図を指しつつ、身ぶり手ぶりで、なんであたしが道案内を(笑)、それ英文で書いてみろと言われたって無理ですよ(汗)、けっきょく女性の方が、おお新大宮からタクシ~それそれ~!と。バス停のある北、はるか遠くて見えなかったし(笑)、東を仰げば若草山と御蓋山。
c0051781_2373990.jpg

by elsur147 | 2009-08-16 10:22 | climatnara | Comments(0)

中元万燈籠

春日の暗やみついで夜の書いちゃお。
東大寺の大仏殿万燈供養会と春日大社の中元万燈籠。
これは晩ご飯。通りすがりに見つけたお店。
旅館の大広間みたいなお座敷でくつろげました。
c0051781_22552978.jpg
c0051781_22554122.jpg
c0051781_22555515.jpg

サウス(ビッグ)ゲート(南大門・笑)、並んで待つとは予想外でして。
飛火野から見る高円山の大文字焼きはすでにチロリ火。
これは戦没者慰霊のほかに、煩悩を焼き捨てる目的もあるそうですが、
私は8時の点火に間に合わなかったので、
まだチロチロ燃えてるんですかねボンノーが(笑)
入道を待つ列の中には、シカが何頭か潜んでいますの。
鹿センベイの残り香にそそられて?
c0051781_22595288.jpg

とか、日中遊ばれ疲れたシカは
逃げる気もなくグッタリごろごろ。そこら中シカくさくて(笑)
c0051781_2393129.jpg

大仏殿の、下の方に見える2列の光(横の)。
その中に、黒く小さーく見えるのは参拝客です。
万燈籠の中をゆったり、ゆらゆらと進んでいくシルエット。
とってもとっても幻想的でした~
c0051781_230442.jpg

多くは先祖供養ですが。
世界平和や家内安全、無病息災など(絵馬のような感覚?)、
あらかじめ申し出ておけば、東大寺のお坊様が書いてくれるのだそうです。
中には個人の手書きと思われる、身につまされるようなお祈りもあって。
それを見つけたときは目頭がじーんと熱くなった。
c0051781_2312733.jpg
c0051781_2325015.jpg
c0051781_2313987.jpg

春日大社の中元万燈籠。一の鳥居から。
参道の途中にある神社(寺院?)では供養会が行われていて、
読経の朗々とした声と
鏡太鼓を叩く規則正しいリズムは今まだ耳に残っております。
c0051781_1173494.jpg
c0051781_2332216.jpg
c0051781_2335427.jpg
c0051781_2341579.jpg
c0051781_234304.jpg

興福寺の五重塔に戻って9時過ぎ。
もう朱雀門と薬師寺に行く元気は残ってなくてさ。ちぇ。
c0051781_1164317.jpg

by elsur147 | 2009-08-15 22:28 | climatnara | Comments(0)

ぼった栗うちわ

提灯は。必要に迫られて買ったのですよ。たいして役に立たなかったけど。
c0051781_21465674.jpg

だってほらコレ。フラッシュ焚かないと真っ暗でしょ。ほんと真っ暗。春日大社の参道。
c0051781_21474946.jpg
c0051781_2148542.jpg

近づいてフラッシュ焚いてみました。参道に並ぶ石灯籠はローソクが1本だけで、
間隔もあいてて障子紙で覆われているから、火をつけても明かりにならないの~
c0051781_21485173.jpg

なんだかお化け出そうだよねえ。
c0051781_21535849.jpg

どろどろ~ん
c0051781_21492071.jpg

なんだっけ。そうそう大文字のウチワ。
奈良では400円なのに日本橋では千円で売っててヒドイと思ったけど。
入るフトコロは一緒なのだろうからそれもいいかと今思った(おそい)
by elsur147 | 2009-08-15 22:06 | climatnara | Comments(0)



climatnara Gunners robinvanpersie
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31