arsenal seveile

カテゴリ:climatnara( 640 )

南円堂から東大寺の穴場など

南円堂が好きなのは
どことなく閉鎖的な夢殿と比べて明るいから
天気のせいだけではないと思うよ
南円堂の鐘の音は
いつでも思い出す事が出来る
気持ちが軽くなるカンフル剤だv
c0051781_19484769.jpg

登大路~~~
c0051781_19512430.jpg

地下に潜る手前で北へ折れれば
南大門の竹下通りをショートカット
c0051781_19533029.jpg

東大寺塔頭真言院 渋っっ
c0051781_19551599.jpg

眩しすぎるにゃんこ段
c0051781_1955492.jpg

行基堂のひっそりとした佇まいが好き
c0051781_19561772.jpg

威風堂々と奈良太郎 ででーーーん!!!
c0051781_201146.jpg

湯屋の写真は
角度がイマイチだったので消そうとしてたら
後ろから覗き見たダンナが
お、かっこいいじゃん
正面から撮るよりこっちの方がいいじゃん
どうやらダンナには
奈良太郎と湯屋が同じ建物に見えたらしい
c0051781_20152588.jpg

お堂を回るのに登山靴は面倒だったが
鏡池の根っこ道にいたのが(そこ道か?)
c0051781_20191158.jpg

この立派な角のシカ
どうしても角を撮りたくて追いかけてきた
靴は根っこ道では役に立ったよ(そんなとこ歩かないでしょう普通)
c0051781_20202286.jpg

ここは戒壇院へまっしぐらの
歩いてこその道(*^^*)
ここのお蕎麦は美味しいですですv
c0051781_202104.jpg

東大寺から大和西大寺までぶらぶら歩き
(新大宮から西大寺まではけっこうあった)
朱雀門も帰りの近鉄から眺めるのと違って
帰らなくていいのが嬉しかったv
c0051781_2023097.jpg

こうした景色を眺めていると
奈良観光の初心にかえるよ(笑)
c0051781_20255152.jpg

レンズだけ近寄ってみたりして
c0051781_20262721.jpg

近鉄キターーーv
c0051781_20271539.jpg

湯屋は本邦初公開!
見学できてラッキーだった
しかもお風呂あたしの貸し切り(^^;)
(俊乗堂も貸し切りだったとは勿体ない)
湯を沸かして運ぶこと何回?
湯屋は少しでも温度を保つために
天井を低くしたそうです

湯屋はいつも
二月堂の行き帰りに眺めていた
今年は節分もお水取りも行けなかったな~
ふとそんなことを思い
後ろめたいような気もした
by elsur147 | 2017-08-16 23:17 | climatnara | Comments(0)

奈良交通の車窓から

おいおい太平洋高気圧はどこへ行った(笑)

関東はあたしが奈良にいた頃からお天気が悪かったらしく
ダンナは 「こっちは寒かったんだよ」 なんてボヤいていたが
それが八月に入っても続いていて
今日まで毎日毎日雨
明日も明後日も雨で今週いっぱい雨=3
関東はガルシアマルケスの 「百年の孤独」 だ

奈良は二日目が (7/26) いちばんお天気良かったな

法隆寺から東大寺へ行くのに春日大社行きのバスがあったので
これは楽だと思ったらとんでもなかった=3
斑鳩周遊ライン?郡山周遊の間違いでは?
郡山合同庁舎 郡山市役所 郡山なんとかホール
まるでメビウス郡山(笑) 
c0051781_14231757.jpg

TOTO
c0051781_14451140.jpg

住宅街やらのストップ&ゴーに耐えきれず
三条大宮で下りた(もうちょっとだったのにねえ)
c0051781_14484737.jpg

歩いた方が気持ちいい~
c0051781_1455867.jpg

中途半端の続きは明日
by elsur147 | 2017-08-16 01:00 | climatnara | Comments(0)

三郎岳から高井まで

高見山かな
c0051781_19191232.jpg

こぢんまりと開けた山頂は微妙に傾斜
なので座っていても
いまいち落ち着かないのであった(笑)
c0051781_20142963.jpg

素晴らしい三角錐は袴ヶ岳
遙か遠くに吉野熊野の山山山
高かったvvv
c0051781_20155965.jpg

樹木の遮りはあるものの
ほぼ360度のパノラマだった
c0051781_20173547.jpg

長い長い急斜面は鎖伝いに下りていく
けど鎖をつないである杭は(鉄の棒)
どこもかしこも緩んでいた
グイっと揺さぶるとグラっときた(笑)
雨風で地盤が緩んだもよう
なので鎖やロープに身体を預けてはいけない
一生懸命に下りたので写真なし(^o^)

出口(^.^)v 
c0051781_21202497.jpg

緑と木漏れ日と光の加減が綺麗だった
c0051781_21445014.jpg

高城三郎のご褒美は
山頂のパノラマビューとこの道ねv
c0051781_21454610.jpg

いつまでも歩いていける(*^^*)
c0051781_2146349.jpg

愛宕神社
c0051781_21463980.jpg

バス停近くの野菜直売所の自販機に立ち寄ると
「三郎岳へ行かれましたかv」 これ嬉しかった
墨坂神社を過ぎて以来、やっと人に出会った(笑)
c0051781_21474390.jpg

笹藪の笹を刈る等、登山道を整備されているそうです
笹が腰の高さまである道もありました と話したら
ついこないだ刈ったばかりやのにもうそんなでしたか と
「高城や三郎岳は秋もいいですよv」
(鎖場の補強もお願いしておけばよかった)
ここ日帰りでもイケル(ホントホント)

登山帰りの声かけといえば
金剛山から下りた時
村の人たちが お帰りなさい 
これもうれしい思い出v
やっぱ金剛山は奈良コースよねー と
お腹の中でほくそ笑みつつ(^^;)
by elsur147 | 2017-08-10 00:53 | climatnara | Comments(2)

室生寺南門から高城三郎

(7/25)
榛原駅のコインロッカーに荷物を預けたとき
窓越しに山が見えた 福地岳らしい
c0051781_14545959.jpg

墨坂神社へ続く宇陀川沿いの
懐かしい道からもよく見えた
c0051781_17251321.jpg

阿弥陀三尊は(額井岳)
お天気が良くても薄墨で塗りつぶしたように見える
もっとよく見えないかと
高いところへ上がってみると
近くの電線と建物がお邪魔になるが
今でも額井岳を見ると
法隆寺金堂の阿弥陀三尊を思い出す(*^^*)
c0051781_17283248.jpg

鳥見山と貝ヶ平山と香酔山
c0051781_17475122.jpg

こちら方面はバスにも乗ったことがない
初めての道でワクワクしたよ
c0051781_1843269.jpg

御杖や曽爾にも面白そうな山があるね
生まれたて原始の日本が残っていそうな
(古さがコフンを越えている^^;)
c0051781_1845762.jpg

台形の山は仏隆寺の裏にあった山?
c0051781_1814640.jpg

次次に山が現れるとドキドキする
それは山登りをはじめる前から同じ
なぜって山は眺めるものだと思っていたから
歩きながら山容が変化するのも面白い
c0051781_1821268.jpg

内牧川
c0051781_18263133.jpg

次のバスを待つより早く着いたよ
c0051781_18421135.jpg

一つ手前の 「自明」 という
バス停の周辺が気になりつつも
寄り道して次のバスに追い越されたら悔しいので
気持ち先を急いだり(そこに何の意味がある)
c0051781_18591870.jpg

チラチラ見えていた山あれか
c0051781_19181239.jpg

仏隆寺のてっぺん先割山
c0051781_1918422.jpg
c0051781_22535989.jpg

千本桜を過ぎると頭上注意の大枝が二本
石段に張り出しており
足下に気を取られていたら(ヘビが出やしないかと)
ストックの先が当たってあぶなかった=3
c0051781_1920315.jpg

あと防護柵の開け閉めが大変だった
両手を使って両扉の上下を水平にしないと
取っ手がL字に引っかからない(あたしだけ?笑)
もたもたしてると不法侵入みたいでねえ
c0051781_19325533.jpg

赤埴の集落から眺めが良かった(たぶん西)
c0051781_19552044.jpg
c0051781_1957442.jpg

場面は変わって高城山の山頂
あれ画像こんだけ?今となっては方角がちょっと
c0051781_2056745.jpg

高城山の標とか雨乞いの祠とか
うっかり消し兵衛\(^.^)/
因みに 神武東征の際
鴫罠を張った宇陀の高城は
ここではなく
尾根伝いの小泰岳ではないか という説もある
c0051781_20563182.jpg

天気がいまひとつ怪しいので先を急ぐ
笹藪の急斜面これでもかって感じ=3
c0051781_2135666.jpg

分岐がV字(笑)
c0051781_21252498.jpg

若干、頼りなくも ありがた~い道しるべ
笹の丈も短くなってやれやれだ
c0051781_2125596.jpg

登りきるとちょいと展望が開け
手前の三角山に見入っていると
c0051781_22123966.jpg

目の前に岩やら根っこやらが鎮座しており
c0051781_221436.jpg

左の岩を越えました=3
c0051781_22143565.jpg

笹藪の先は急斜面だし
斜面と道の境もよく見えない
c0051781_2217010.jpg

岩に這いつくばり状態で片方の足は
蛙が伸ばした後ろ足みたいになっていた
びょーんと伸びたその足を
次はどこにかけたらいいのか
岩に貼り付いたアマガエル
かっこ悪いったらありゃしない(^^;)
c0051781_22172579.jpg

と言うわけで無事到着vvv
c0051781_22333982.jpg

by elsur147 | 2017-08-09 00:17 | climatnara | Comments(0)

金剛山れんげ祭(違います)

この足袋の伏線(榛原から仏隆寺へ歩く途中)
c0051781_948745.jpg

金剛山から下り
ゲリラをやり過ごし
林道を下りきったところで
思いがけないプレゼント
c0051781_9435598.jpg
c0051781_9454680.jpg
c0051781_94693.jpg

金剛山では役小角の命日に
れんげ祭があるってよ(大祭)
c0051781_9472254.jpg

天孫降臨高天原vvv
c0051781_9474588.jpg

by elsur147 | 2017-08-08 11:06 | climatnara | Comments(0)

役小角から高天彦

ここんとこ弱い雨が降ったり止んだり
スッキリしないところに
湿気だけは上々でストレスたまるーーー
かといって先日の北東の風は秋みたいでもっとイヤ(わがままー)
薄暗い雲が垂れ込めてるのにも息が詰まる
あたし天井が低いのはキライなんだよ(薄暗くていいのは山ノ中だけ・笑)

さて 画像が前回のお尻から被っているが
裏口入道 de 転法輪寺
c0051781_18282657.jpg

お会いできたなんて夢のよう
広い境内の中央にそそり立つ不動様に一目惚れ
(たしか御所市のパンフだったと思う)
山頂のお寺じゃ絶対無理だと諦めていたのだ
c0051781_192907.jpg

何年か前に名前に肖って(すみません)
大和二見の転法輪寺を訪ねたことがあるんだけど
その時に泊まった宿坊に
「歴史散策」 のメンバーが泊まってらしたとは奇遇杉(^^)v
c0051781_193032.jpg

緑萌え萌えはウレシイけれど
いつか雪の日に訪ねてみたい
時間が欲しい
一日48時間 一週間は十日くれ!!! (バカも休み休み申せ=3)
c0051781_19383794.jpg

屋根の反りがかっちょいいv
c0051781_19414588.jpg

正面にまわってみたらもっとナイス
c0051781_1945261.jpg

三つ叉枝垂れ(テキトーに命名)
c0051781_19464742.jpg

そろそろおいとま
c0051781_2028297.jpg

役小角
c0051781_19584069.jpg

葛城修験道の根本道場
c0051781_2027115.jpg

転法輪寺
c0051781_20312752.jpg

ホンモノの山頂は神域で立入禁止の為
こちらが山頂として庶民に解放されている
楠木正成の国見城跡である
c0051781_20411955.jpg

こんな高いところに城?
用事の度に上り下り大変だったろう
下りは急斜面を御柱とか(あり得ない)
c0051781_20545474.jpg

ほいでここにも視界を遮る良弁お杉(^^;)
c0051781_2053127.jpg

お帰りは御所方面へGO
c0051781_2195996.jpg

ひ~る なお 暗きー 郵~便の道
c0051781_21112040.jpg

果てしなく続く階段道は
下り楽勝 上りは地獄
雪ならこっちの方がいいかもな(何考えてんだこら)
c0051781_21235697.jpg

救助を要請したら 「遭難の発生」 となる
そうそう白山は今年から登山届け必須だそうだ
違反してたら罰則があるらしい(遭難してバレたら)
いえ出しますよちゃんと
c0051781_2132794.jpg

ポドルスキの 「ケルン」(意味不明^^;)
c0051781_21354496.jpg

写真を撮るときは止まりましょう~
c0051781_2210745.jpg

あっという間に高天彦
深い杜に石州瓦がよく映えるv
c0051781_22142839.jpg

高天彦の白雲岳
c0051781_22163789.jpg

下山してほどなくゲリラに見舞われ=3
高取方面かなー
上昇気流に山山が幻想的v
c0051781_2218104.jpg

幻想は刻一刻と変化していた
c0051781_22435145.jpg

橿原方面はうすぼんやりと
年増香具山
雄々し畝傍の背後に寄り添い(しっしっ)
c0051781_224613100.jpg

この画像を見ていたら
緑の向こうに海があるような気がして
海原は 鴎立ち立つ うまし国ぞ あきつしま 大和の国は 
という~舒明天皇の国見の一節を思ったのである
c0051781_234771.jpg

ふりかえれば高天の白雲
c0051781_22533152.jpg
c0051781_23193.jpg
c0051781_2313528.jpg
c0051781_23208.jpg

仮締めは(笑)温泉でさっぱりv
c0051781_2315910.jpg

長長とすみません
ご同行下さりありがとうございました
また一緒に登り隊(*^^*)v
by elsur147 | 2017-08-05 00:01 | climatnara | Comments(3)

金剛山のラビリンス

中間地点v
c0051781_2135913.jpg

頼もしい魔法の杖はヘビ祓いにも(*^^*)
登りコース四匹でた=3 (一度にじゃない)
c0051781_21123285.jpg

視界が開けると わ~っと声が出ちゃうよ
c0051781_21143291.jpg
c0051781_21145473.jpg

ええい静まれ静まれ=3
この紋所が目に入らぬか!の 
モチーフとなったフタバアオイ
c0051781_2115495.jpg

笹藪は苦手だよーん
c0051781_2157245.jpg

こんな穏やかな道があるなんて
想像もつかなかった
大阪との国境を隔てる巨大な壁のような
奈良の西側でピカいち偉容を誇る金剛山に
c0051781_2263837.jpg
c0051781_22104043.jpg

アジサイv
c0051781_22111933.jpg

金剛山 転法輪寺
憧れの不動明王かと 人違いだった(^^;)
こちらはお出迎えの不動様  ふん悪かったわね
c0051781_22271436.jpg

凄い!鳥居が森と同化しているvvv
c0051781_22342819.jpg

ブナの林から葛城山が見えるような
c0051781_22403274.jpg

もーちょい かな
c0051781_22411989.jpg

うーん なんかそれらしき山がもっさりと(笑)
c0051781_2242950.jpg

絶頂には葛木の神社あり 大社なり 一言主の神といふ (by貝原益軒)
c0051781_23154845.jpg

巻き毛も立派なタテガミ狛が目を剥いて がるる=3
c0051781_23195464.jpg

吽はお尻で失礼をば(^^;) 阿はあっち向いてるしな
c0051781_2320304.jpg

いたーーー役小角~~~(はあと)違うって
それよかどうやら裏口から来たもよう
c0051781_23215095.jpg

ここら辺は色んな分岐もあって迷路みたいだった
どこをどう回ってこの上に辿り着いたのか(はて)

じゃまたね
by elsur147 | 2017-08-03 00:34 | climatnara | Comments(0)

金剛山は登山口まで

山登りを始めて三ヶ月足らずも
夏に奈良へ行くなら 「そうだ 金剛山、登ってみよう。」 
そんな軽いつぶやきに頼もしい同行者が二人v
c0051781_19533640.jpg

不慣れな土地ではありがたい限り
それにしても下見登山に加え
登山口の下見には恐れ入りました<(_ _)>
c0051781_19542531.jpg

高速のカーブは好きな風景だよ
山がちょこっと顔を出している(^.^)
c0051781_20183544.jpg

登山口までの里山歩きは
炎天下でなかったのが幸いだった
そうでないと体力消耗戦だ=3
c0051781_20313693.jpg

井上内親王親子については
悲しくなるから思い出さないようにしている
祟りを怖れ慰霊のために建てられた神社の多くが
"縁結び"というのは なんか違うと感じてしまう
あたしには ふいに現れた御霊神社
c0051781_2032896.jpg

おお正面に金剛山とは 完ペキ杉vvv
c0051781_20362997.jpg
c0051781_20393987.jpg

御霊神社の狛犬は寂しげな表情をしていた
c0051781_20413586.jpg

烏の塒屋(カラスのとや) 「とや」 とは
八咫烏の ねぐら(=塒)を意味している
歩いて来た道を振り返ると(東方向)
特徴ある山容が幻のように見えていた
c0051781_2043302.jpg

ほたるぶくろ
c0051781_21495591.jpg

表示があってもなくても基督の十字架
c0051781_2224933.jpg

だいぶ上がってきました
c0051781_22111895.jpg

登山口キターーーv 右カーブは巻道で(たぶん)
白い板みたいのが置いてある薄暗くなっているとこ
天ヶ滝新道
c0051781_22134449.jpg

ここは天使が舞い降りた広場だと思った
c0051781_22232134.jpg

やっとですか(^^;)
c0051781_22351450.jpg

書きかけては寄り道しているので
実際に歩いたより時間がかかった(笑)
to be continued.
by elsur147 | 2017-08-02 00:17 | climatnara | Comments(0)

法隆寺で閑話休題

田原本から西田原本への乗り換えは
なんともならないだろうな(笑)
近鉄田原本線の車窓はなかなか楽しい
奈良盆地を西へ横断するとき
二上山は巨大なタンコブになっている
c0051781_1852178.jpg
c0051781_18533891.jpg

正面に信貴山が見えてくるよね(写真撮り損ねた)
あそこは一年中紅葉しているみたいな山だよね(笑)

南大門の手前からショートカットで東大門の脇に出る
(塀の中は若草伽藍跡)
c0051781_1911677.jpg

突き当たりは東院伽藍(右に屋根のある処が聖徳会館)
c0051781_1915175.jpg

大義名分(^^;)
c0051781_195937.jpg

午後はお坊様に伽藍を案内していただくんですけど
西円堂のお薬師様は制限時間がありまして
午後一番のお参りとなります
聖徳会館に近い東大門から
西院伽藍を通過して一番西へ=3
そこから東院伽藍の伝法堂と舎利殿(これも時間限定)
中門に戻ってドレンジャー放水を見学(水が臭い・笑)
遮るもののない玉砂利を東から西へ
西から東 東から西へと
ザクザク黙々(ほんと黙るしかない・笑)

というのは一昨年までの話(去年と今年は拝観していない)
もう少し効率がよくなったかもね
by elsur147 | 2017-08-01 19:30 | climatnara | Comments(0)

東大寺の一服処にて閑話休題

ここで一服しながら
手向山八幡の鳥居を眺めるのが好きなんですよね
一の鳥居が "こっちよー"って呼んでるみたいで(幻聴)
日没頃は中門の提灯が幻想的です(期間限定だったかな)
当日はお天気が良すぎて画像が真っ白けになってしまい
捨てるのも忍びないのでデフォルメ
c0051781_17511479.jpg

角立派杉(あぶねー)
c0051781_17574980.jpg

てなわけで関東の山ではクマ襲撃ニュースが続続
ケガ人らが出たのは秩父と山梨で
(頭はネット巻の上腕には三本爪跡だの=3)
追っ払って難を逃れた強者共は空手の有段者という~
奥多摩ビジターセンターにも目撃情報がほぼ連日=3
(ちょっとちょっと浅間峠来週行くんだけどー)
「看板の設置を呼びかける」 といったってねえ
クマが看板を見てコースを外れてくれるわけじゃなし

<白山概要より抜粋>
ブナ林にツキノワグマ ニホンカモシカ イヌワシ クマタカなど
大型の鳥獣の棲息密度が全国的にも高い って どひゃー\(^O^)/
by elsur147 | 2017-08-01 18:46 | climatnara | Comments(0)



climatnara Gunners robinvanpersie
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31