arsenal seveile

カテゴリ:hollander( 145 )

改めましての和田浦

けっこう長~いこと 揺れていました(今朝の地震)

さて 和田浦に行くには 
内房線の館山駅または外房線の安房鴨川駅から乗り換え
よって行きは館山へ出て半島の南を横断し
帰りは安房鴨川から外房を上るという~
下総、安房、上総と 房総ぐる~りひと回り(笑)

まんま房総半島のチーバくんは(^.^)
c0051781_21122188.jpg実に良くできていると思う
JR東日本のSuicaと同じ作者ですv
Suicaならスイスイお買い物
改札もスイスイ
ついでにペンギンもスイスイとv

もとい ベロの辺りが(舌) 浦安
船橋は口角あたりかな

で。こちらは和田浦の駅
c0051781_18592758.jpg

ホームから海が見える (帰りに撮ったもの)
<今朝はこの辺にも津波警報が出ていた=3>
c0051781_1912767.jpg

ウッディな造りの広いホームは待ち時間もくつろげる
c0051781_19112387.jpg

クジラの頭蓋骨もあったよ(ホンモノ)
c0051781_191151.jpg

駅から 300m ほどで黒潮がぶつかる海です
c0051781_1905225.jpg

沖合を行き交う船がたくさん見えた
c0051781_2141463.jpg

海岸沿いに岩場に出ると竜宮社がある
この岩がまた地層の歴史ありありなv
c0051781_21562523.jpg

青の濃淡がきれい
c0051781_21582738.jpg
c0051781_21425091.jpg

地球?吉野の脳天大神にもあった(どこにでもある?)
c0051781_21442644.jpg

竜宮社
c0051781_21444825.jpg

猫の額ほどの境内ながら(罰当たりな=3) 眺めのいいことv
c0051781_21474793.jpg
c0051781_2153503.jpg
c0051781_2148447.jpg
c0051781_21504063.jpg

今朝の地震は東日本大震災の余震だそうだ
まだ?と思うなかれ
自然の威力は何年何十年単位では語れない
岩場にカモメが止まっているのが見えるかな?
c0051781_222945.jpg

by elsur147 | 2016-11-23 00:05 | hollander | Comments(0)

和田浦のネコ

画像を覗き見たダンナが一言
「ネコの後頭部なんか撮って何」 (^^;)  地面に映った影がネコ耳(笑)
c0051781_054178.jpg

「動くと逃げちゃうかもしれないからそーっと撮ったんだよ」
「ははは」
海岸沿いに遊歩道があって
c0051781_146125.jpg

なんか生ってた 葉っぱは肉厚
c0051781_1464099.jpg

で。その叢からにゃんこがすすすと出て来て
ちちちちちって呼んだらこっちに寄ってきたv
c0051781_131070.jpg

毛がフワフワで気持ちいいのなんの
c0051781_133765.jpg
c0051781_13593.jpg

首輪がついていたよ
いいなあ~ ネコのいる生活
c0051781_143452.jpg

寝ちゃったら動けない
あたしは細かい枝とか痛いんですけど
c0051781_15367.jpg

試しにトートバッグの口を開けてみたら やはりーーー\(^^)/
c0051781_120198.jpg

身動きできなくて困った困った(*^^*)
c0051781_1214411.jpg

by elsur147 | 2016-11-22 02:11 | hollander | Comments(0)

今日の和田浦

もう昨日か(^^;)
和田浦は安房鴨川よりもう少し南
c0051781_0483528.jpg

海の色がきれいでしょv
c0051781_0402614.jpg

じゃまたーーー
by elsur147 | 2016-11-19 00:47 | hollander | Comments(0)

オランダと犬吠(関係ない・笑)

柵があって入れなかった(ちぇっ~)
灯台の真裏(海から見たら表かな・笑)
c0051781_2342413.jpg

地上から27m 海面から52m 
c0051781_235713.jpg

螺旋階段は下りる方がおっかない=3
全99段は九十九里に因んで設計された
c0051781_23241858.jpg

アダムスが北西航路を調査するため
浦賀からぐるりとまわって北上した海  
と思うだけで 外房は好きなのである
灯台からは三方 海ですv
c0051781_23595469.jpg

岩の窪みに沿って遊歩道がある
今は立ち入り禁止になっている
c0051781_001590.jpg

ポルトガルの宮殿風建築だそうだ
が ポルトガル(とスペイン)は
オランダとイギリスに比べてイメージがわるい
キリシタン大名時代の印象と
football の影響大かね(^^;)
のど元過ぎても熱さ忘れず(ははは)
c0051781_1975277.jpg
c0051781_1982059.jpg

この辺のベンチはどこでもヒゲタ
奈良はカメヤマローソクだったかな(^.^)
c0051781_19163732.jpg

自転車ときたらオランダ
自転車王国オランダ(笑)
c0051781_2224911.jpg

じゃまた~
by elsur147 | 2016-11-08 22:28 | hollander | Comments(0)

白亜紀の犬吠埼

ここんとこ寒くて 気分がすぐれません
(体調不良とかではなく単なるわがまま)
時間差の目覚まし三個で三度寝のところに
(ライディーンという派手なの二個と携帯アラーム)
どうかするとケータイを握りしめて寝ているらしく
あわてて飛び出して気がつくとケータイがない=3
帰ると布団の中に転がっていた(あたしだけかね)
ダンナが ケータイも眠いんですかねぇ と(うるせえ)

銚子電気鉄道の途中駅
c0051781_220182.jpg

最近はガスストーブの前で四度寝です=3
ああ太平洋高気圧と青空が恋しい・・・
尤も寝坊助の状況は夏でもさほど変わらない
しまいには 休むんなら連絡しなさいよ と
まるで親(^^;)

さて。 もとちょうし  は 本銚子 と書くのだが
どうしても ほんちょうし と読んでしまう

でもって 笠上黒生は
車内アナウンスでも かさがみくろはえ に続いて
かみのけくろはえ と 手が込んでいた(笑)
おや隣は 毛はえ薬の広告け?違うようだ(こらこら)
c0051781_2215359.jpg

灯台までの遊歩道は
c0051781_23423298.jpg

砂浜と違って
c0051781_23442268.jpg

岩場も波も違った表情を見せてくれる
面白いよv
c0051781_23444425.jpg

「犬吠埼の白亜紀浅海堆積物」 という
国指定の天然記念物だそうだ
c0051781_23451828.jpg

波が打ち寄せる音もダイナミック
地殻変動で傾斜した <砂岩泥岩互層> 
砂岩と泥岩が交互に堆積している
とても堅い層で苔のようなぬめりもなく
歩きやすかった(歩ける岩場もあるんだよ)
c0051781_23455571.jpg

きたっ 逃げろーーー ざっぱーん!!!
c0051781_23461118.jpg

地質時代の生物の痕跡と 
穴には波に置きざりにされた貝達
貝、ちゃんと中身入ってました
ちょいちょいと触ると逃げるんです
可愛かった(*^^*) 
こういうのを観察してると童心にかえるねv
c0051781_004343.jpg

by elsur147 | 2016-11-02 00:35 | hollander | Comments(0)

どこが絶景?B級岬(^.^)

ひょろっと飛び出しているのは長崎鼻
銚子半島の先端部である
c0051781_1955713.jpg

長崎鼻一ノ島照射灯 
アップロードした画像を確認していたら
ダンナが 「焼却炉のエントツじゃねーのか?」
知ってるくせに横から茶々だ (ったく)
c0051781_22123763.jpg

流木やら石やらゴミやらで(笑)歩くの大変=3
向こうの白いのが犬吠埼の灯台ですよ
c0051781_2213271.jpg

長崎鼻は犬吠埼の南に位置しているため
いちばん早い日の出だそうだ
サンライズ拝んでみたいが寝坊助が
その時間に行くのは不可能だって
c0051781_22361052.jpg

太平洋に飛び出した突先の
行けるところまで行けて満足(笑)
入り江や砂浜の海岸と違う世界の
最果て感がなんともいえない
c0051781_2244541.jpg

照射灯は岩礁を照らす光である
(使い方が違うような ↑ ^^;)
真夏のピーカンにまた来よう
c0051781_2314161.jpg

黒々とした岩場を眺めていると
カラパナのブラックサンドが聞こえてこないか?
聞こえない聞こえない(空耳アワ~)
ほいじゃまたーv
by elsur147 | 2016-10-28 23:36 | hollander | Comments(0)

美味小屋

お昼はキンメ定食
c0051781_20481655.jpg

貼り紙に呼ばれた~ 
前は外川漁港
お店の名前は美味小屋です「うまごや」
定員8名?テーブルが二つばかり(*^^*)
c0051781_20472519.jpg

甘辛の煮汁が濃厚で濃厚でvv
思いがけないところから
身がポロッと出てくるのも楽しいのよね
c0051781_20485126.jpg

残った煮汁とアラはスープで
掻き混ぜるごとに味に濃淡が出て
たまらなく美味しいのでありますv
c0051781_20491821.jpg

大杉神社
c0051781_2051118.jpg

もちろん海が見えるのだ
が。写真に撮るのは難しい
c0051781_20514685.jpg

魚って 彫ってあるような
c0051781_20521423.jpg

先へ進みます
c0051781_2052532.jpg

こっからが絶景絶景の連続でねえ
あたしには
ダンナは呆れていたが(^^;) 
漁港と防波堤と 飯喰った時間は別として
岩場を5時間近くもウロウロと?(あはは)
by elsur147 | 2016-10-28 00:56 | hollander | Comments(0)

房総族は道草だらけ

お天気が良さそうだったので思い立ち
千葉→ 総武本線<銚子>→ 銚子電鉄(銚子電気鉄道)
c0051781_19231477.jpg

犬吠埼はヒトに話すときに
よく石廊崎と言い間違える(^^;)
c0051781_19255460.jpg

二両編成の銚子始発は満席だったが
みんな犬吠で降りてしまった(団体観光)
c0051781_204093.jpg

電鉄の終点は外川(犬吠の次)
そこから徒歩で犬吠埼の燈台に行って
電鉄で(犬吠駅近)銚子へ戻ったら
銚子大橋を渡ってみようかと 企画倒れ(笑)
c0051781_20385180.jpg

駅から海まで降りる道が何本も何本もある
だからといって坂を下りてからまた上って
c0051781_2104734.jpg

別の坂を下りてみなくてもいいだろうに
そんなんだから時間がなくなる
c0051781_211211.jpg

夏は暑っいんだろうな(ここに限ったことではないわ)
c0051781_2135371.jpg

それとかネコと遊んでいたり(飼い猫は毛並みがきれい)
c0051781_2154260.jpg

外川漁港は広くて眺めが良かったv
c0051781_2194087.jpg

あっちは犬吠埼方面
c0051781_21107100.jpg

波の打ち寄せる音を聞きながらイップク
(漁港の背中側)
c0051781_2111856.jpg

防波堤の突き当たりは千騎ヶ岩(せんがいわ)
およそ二億一千万年前の岩礁だそうだ
房総半島で最初に出来たのが(隆起?)銚子と勝浦の辺り
c0051781_21144566.jpg

おお屏風ヶ浦だズームズーム
c0051781_22113624.jpg

あの岸壁にも行ってみたいが
c0051781_22122458.jpg

とか銚子にのっていると 危ねーって=3
c0051781_22132972.jpg

防波堤から見えていた岸壁の裏側に回ると
ジュラ紀のお犬様ちんざ(でーーーん)
c0051781_22171942.jpg

億千万の胸騒ぎ
c0051781_2315269.jpg

エキゾチックジャパ~ン(笑)
c0051781_2315445.jpg

郷はさておき
防波堤の先に釣り人が見えたので進んでみた
c0051781_22394617.jpg

反対側は岩礁がごろごろしている(お犬様の方)
c0051781_22463186.jpg

歩き出すとけっこうな距離である
c0051781_22472240.jpg
c0051781_22475645.jpg

ダンナから屏風には近づかないよう釘を刺されたので
遠くから眺めるだけ (高さ40~50m 長さ10キロ)
c0051781_22595739.jpg

震災の影響で遊歩道の一部は立ち入り禁止だし
屏風自体も緩んでいるだろうって
(突然何が起こるか分からないから)
前は海岸伝いに眺めることも出来たんだけどね
c0051781_23520100.jpg

しかし西之島すごいな
ニュース映像とはいえ
成長し続けているジオを目の当たりだ

防波堤の行き止まりまで来た
突先の堤にも釣り人がいたのだか
テトラ越えは無理無理無理
(釣り人の根性恐れ入る=3)
c0051781_2395215.jpg

戻りは足下が更にぬめっていて危なかった
波の様子を見ながらおっかなびっくり=3
c0051781_23131111.jpg

by elsur147 | 2016-10-25 23:41 | hollander | Comments(0)

丸の内のガリオン船

いろいろ山積で滞っているが今日のこと
東銀座のハンコ屋に行った帰り(笑)
(頼んだのはハンコではなくアイロンプリント)
季節外れの夏日が嬉しかったのに
外に出たら陰ってしまった交差点(京橋)
c0051781_21491557.jpg

東京駅にリーフデ号を見に行った(彫刻)
なんだまだ工事中かい
c0051781_2235220.jpg

駅舎の赤煉瓦ホテル正面は
近すぎてうまく撮れない これだものー
c0051781_22353657.jpg

うっとうしいのう(先は皇居)
c0051781_2239186.jpg

雲が多くてすっきりしません
c0051781_22393999.jpg

それにしてもここら辺と
大手町の地下道と千葉駅は
いつ行っても工事してんな
リーフデ号いたいた
c0051781_2244182.jpg

そこら中の開発で引っ越したかも
とかチラっと脳裏をよぎったのでねえ
c0051781_2254392.jpg

あっちは駅舎
c0051781_22551518.jpg


船尾にエラスムスも掘ってあるv
トーハクに当時のホンモノがある(寄託)
船尾の像がなぜ
栃木のお寺にあったのか尋ねてみたい
c0051781_22561218.jpg

いつまでもここにいてくださいな~
c0051781_22591851.jpg

船はヤンヨーステンのお屋敷があった辺りということで
今は丸の内だけど昔はあの辺りも八重洲だったそうだ
左の白いビルは中央郵便局
横長の低いビルの左脇に船がひっそり(先は皇居ね)
c0051781_2313892.jpg

馬場先門から皇居方面に出ると
c0051781_23144037.jpg

目の前が開けてスッキリーーー
c0051781_2371579.jpg

二重橋と伏見櫓の鏡堀
c0051781_23125423.jpg

広々としていて気持ちいいです
真夏のピーカンは大変だろう~(^^;)
あっちは丸の内ビル群ね
c0051781_23141756.jpg

by elsur147 | 2016-10-18 23:57 | hollander | Comments(0)

アダムスの足跡を探して?

いえ あたしの足跡(笑)
話は 9/30 に遡り
砂がゆるいので砂浜は歩きにくくて
裸足で波打ち際を歩いた方が楽チン
c0051781_21352041.jpg

遡っても海ですか(昆布が根こそぎ・笑)
c0051781_20355950.jpg

ここはどこかと言いますと
c0051781_1925619.jpg

その前に外房線の好きな駅
太東(たいとう)という言葉の響き
c0051781_18424714.jpg

大原(おおはら)は その昔
京都大原三千院を京都大原三千里と聞き間違えていた
あたしの耳オンチは
異人さんに連れられてを曾爺さんに連れられて等等
数知れない(笑)
c0051781_19244398.jpg

太東も大原もちょーどいいところで止まらなかったんだよ
もとい御宿海岸から
サンフランシスコ号が漂着した田尻を目指し
海岸線を歩いてみたが(ズームで撮っている)
c0051781_19421544.jpg

先は漁港と防波堤に遮られ
c0051781_20515969.jpg

行き止まりでした(笑)
c0051781_20511497.jpg

陸路を20分くらいだったか
c0051781_20523966.jpg

行間にアダムスの足跡を見つけて
ちょっとドキドキした(バカかね)
c0051781_21205348.jpg
c0051781_21222596.jpg

猫の額ほどの海岸だったよ
見るからに 「どん深」 (どんぶか)
今から407年前~
c0051781_2123781.jpg

海岸に降りられるけど
独りではちょっと無理
ひょいと飛び降りることは出来ても
たぶん上がってこられない=3
c0051781_21292040.jpg

ロドリゴ達がメキシコへ帰国するための船は
家康がアダムスに造船させたのである(@浦賀)
日西墨の記念モノリス
<メキシコとの交流>
オランダの国旗はなかったが(ここには関係ないって)
c0051781_2243489.jpg

しかもアダムスはオランダジンじゃありませんで
大西洋からマゼラン海峡を越えて
日本に初めて上陸したイギリスジンv
そんな理由もあって太平洋は好きなんである
(アダムスが眺めていたのは相模湾か東京湾だが)
c0051781_2211169.jpg

ちなみに同乗していたヤンヨーステンは八重洲の語源 と
関ヶ原で小早川軍勢のお尻を大砲で威嚇したとか(^^;)
by elsur147 | 2016-10-11 22:58 | hollander | Comments(0)



climatnara Gunners robinvanpersie
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30