arsenal seveile

カテゴリ:hollander( 145 )

犬吠埼から銚子まで駆け足で

犬吠埼の荒ぶる海の遊歩道
どどーん!!! (もっと凄いのも来ていた) 
c0051781_0544147.jpg

青空
c0051781_0552190.jpg

中生代は恐竜が跋扈していた時代の砂岩泥岩互層
c0051781_0554665.jpg

腹へった 飯っ
c0051781_102773.jpg

何貝か忘れた(笑)
c0051781_11863.jpg

メニューは海老フライと鰺フライだったのですが
鰺を焦がしてしまったのでメカジキになったと(ラッキーv)
c0051781_12298.jpg

灯台 どーーーん
c0051781_125480.jpg

君ヶ浜(初日の出は灯台とセットでここで拝むらしい)
c0051781_163977.jpg

露天風呂だったらいいのにー
c0051781_17597.jpg

こわこわっ
c0051781_173887.jpg

こんもり平ぺったいのが地球が丸く見えていた愛宕山
c0051781_175966.jpg

いつまでも眺めていたい海である
c0051781_191997.jpg
c0051781_11982.jpg

犬吠駅
c0051781_1183354.jpg

小森のトンネル(はみ出した枝が窓に当たる当たる)
c0051781_119292.jpg

利根川と利根川大橋(1.5k)
c0051781_124137.jpg

さんまで有名な銚子漁港
c0051781_128820.jpg
c0051781_130022.jpg

防波堤を挟んだ川向こうは茨城県
c0051781_1304542.jpg

そこらじゅうにカモメがいた
c0051781_1311154.jpg

エサ物色中~
c0051781_1325550.jpg

by elsur147 | 2017-02-17 01:36 | hollander | Comments(0)

やはり地球は丸かった

日御子に電話したらけっこう雪積もってるって
玄関前はスプリンクラーで水を出しっぱにしているらしい
(たまに向きを変えないといけない)

けっこう降ってんの? そうねえそこそこ降ってるね
一昨年お正月に行った時すごかったじゃん あんぐらい?
ああそうね 
(人ごとの様などうでもよさげな言い様は父ならでは・笑)
屋根の雪おろしとかしないでよ はいはい

てなわけでノロマ更新に戻ります
「地球の丸く見える丘展望館」にて (1/17)
c0051781_19254519.jpg

<東> 犬吠埼灯台方面
c0051781_21443297.jpg

<西> 屏風ヶ浦  突先は刑部岬(ぎょうぶみさき)
そこから(画像は屏風の裏側)太東岬まで九十九里が続く
c0051781_19261035.jpg

<南> 外川漁港方面
c0051781_21455062.jpg

<北> 銚子方面 画像の左に青く見えるのは利根川
銚子大橋の先に鹿島臨海工業地帯も丸見え(笑)
c0051781_2141593.jpg

ほんの数段でも階段の上に立つと更に
丸丸とした絶景が広がるのでありますv
c0051781_21514553.jpg

ランチは展望館の隣 「風のアトリエ」 これが楽しみだったのよー
c0051781_22344261.jpg

番犬わんこが日向ぼっこv
(なんで寂しそうな顔をしているのか後で分かった)
c0051781_22351684.jpg

裏庭に回ると山羊がいたり(夏はテラス席が出る)
c0051781_2236111.jpg

でも山羊は目がちょっとおっかない
c0051781_2238096.jpg

昔見た映画のワンシーンを思い出すのである
タイトルも内容も忘れてしまったが
山羊が嗄れた声で薄笑いをしながら
預言めいた事を喋るんだよね不気味だった
タルコフスキーの映画だったかもしれない
c0051781_22421621.jpg

"休業女" とでもいいますか割と当たります(^^;)
c0051781_22482545.jpg

わざわざ京都まで醤油買いに行って臨時休業とか(笑)
c0051781_22485045.jpg

明日の 「探検バクモン」 は薬師寺だそうだよ
(録画予約してある)
てな話をしていたらダンナが
何回も行ってるじゃん今更見なくてもいんじゃね?
そういう問題じゃないだって
そうなの?
父もダンナもどうかするとお姐コトバになる(^.^)

じゃまた~
by elsur147 | 2017-02-15 00:33 | hollander | Comments(0)

渡海神社

話は犬吠界隈にもどります
外川の山側を渡海神社へ向かっている
c0051781_1825144.jpg

色あせた標識に文字もハゲハゲ
c0051781_183516.jpg

案内板は倒れかけ=3
c0051781_18414844.jpg

そんな社叢の周りは
新キャベツの産地である
c0051781_1834783.jpg

三社渡御の渡海神社
c0051781_1842394.jpg

三社とは
・香取郡東庄町の東大社(とうだいしゃ)
・香取市小見川町の豊玉姫神社(豊玉姫は海神"わたつみ"の娘)
・海上町の雷神社(うなかみまち)
ちなみに海上町は現在の旭市飯岡付近
ここらは江戸初期までは 「椿海」 とよばれる
湖だったそうだ (もしかして塩湖?)

極相林は自然の照葉樹林
樹種の構成がさほど変化していないらしい
c0051781_1843774.jpg

なるほど~ 天然の照明が素晴らしいv
c0051781_1845823.jpg

奇妙な木があった
c0051781_1853359.jpg

スッポンみたいなの何?
(トイレ詰まりの) それはさておき
葉を照らす光が美しかった
c0051781_186280.jpg

複雑に入り組んだ狛犬の
光背木が不思議な形容
c0051781_1863746.jpg

わざわざゴツゴツした岩を運んだのかねえ
後ろ足が痛いわあ
c0051781_187098.jpg

扁額と人魂(笑)
光が風で変化するのが面白くて
しばらく眺めていました
c0051781_1883358.jpg

創建時は外川漁港にあった社ですが
津波の被害により(貞元元年:976年)
現在地に引っ越してきたそう
c0051781_18101344.jpg

極相林のトンネルですよ
c0051781_18113679.jpg

ゆるゆると愛宕山へ上っている
c0051781_1812473.jpg

向こうが海だと分かりますか
風が気持ちよいけど埃がな(笑)
c0051781_18122993.jpg

坊主の屏風が見えたv
c0051781_18125639.jpg

この辺でも地球の丸さを体感できる
c0051781_1913131.jpg

犬吠埼の灯台が見えると
水平線にやっほーて感じーv
c0051781_19135130.jpg

by elsur147 | 2017-02-07 23:53 | hollander | Comments(0)

しおさいと銚子駅と外川坂

幼なじみと伊豆高原に行った前の週(1/17)
昔なじみの友達と犬吠埼へ出かけたのである

特急 「しおさい」 (千葉-銚子)にて
「新潟に十日市場ってあったよね、田舎に帰るとき止まった」 
「それ十日町じゃないの?」 「言われてみればそうでした~」
すかさず指摘された知ったかバカはあたしです(おほほ)
c0051781_2022292.jpg

飯岡は (あの建物なんだろう気になるね)
九十九里の北で九十九里の終わりの方(始まりか?笑)
c0051781_20225179.jpg

ここはJR銚子駅のホームである
停車しているのは総武本線
c0051781_2023148.jpg

あたしらが乗ってきた特急は右にチラっと見えるやつ
(どうでもいいですって) 
改札が一緒なので特急は車内検札が来る
銚子電鉄はホームの先を間借りしている
c0051781_2023421.jpg

電鉄のホームは視界が開けていて気持いいよv
c0051781_202496.jpg

銚子電鉄に乗る機会がありましたら
とりあえず終点の外川まで行ってください(笑)
なんだ坂があり
c0051781_2327365.jpg

こんな坂もあり
c0051781_23275342.jpg

どの坂も下りたら海で(外川漁港)
漁港の周りは荒ぶる海~vvv
c0051781_042133.jpg
じゃまたねー
by elsur147 | 2017-02-02 00:46 | hollander | Comments(0)

踊り子号と海の見える露天風呂

立派立派v (赤沢ラウンジ)
c0051781_2155099.jpg

これは 「踊り子号」 です(伊豆高原駅)
c0051781_19543876.jpg

車内がけっこうにレトロでしょう
窓が手で開けるタイプというか
親指で下げるやつだよ(笑)
特急で今時ありえないような
開くかどうか確かめなかったが
c0051781_19572885.jpg

フックもレトロ (新幹線のより丈夫そうではある)
c0051781_20151818.jpg

シートを回転させるレバー
c0051781_2016385.jpg

指定席のプレートとかも(はめ込み式)
お手洗いが和式だったと友達が嘆いていた=3
c0051781_20164767.jpg

ちなみに東海道本線の東京駅ホームだが
列車案内が上から下がっているやつだった
列車名とかが書いてあるプレートが
ホームの上に洗濯物みたいに並べて干してあるやつ
(説明が貧困すぎないか)

伊豆高原駅を出たところ 
あたみ桜か河津桜
c0051781_21534663.jpg

車窓からもちらほら見えていたのだが
ほとんど喋りっぱなしなのであった
伊豆の東と南は海じゃなきゃ山(西側は未踏の地である)
c0051781_20292549.jpg

赤沢ホテルのラウンジから きれいでしょう~
で、すぐ山 (ダンナに言わせれば火山だそうだ=3)
c0051781_2032019.jpg

外洋でも入り組んでいるのでこんなもんです
c0051781_20445250.jpg

船に乗ってみたーーーい
c0051781_20483560.jpg

海の見える露天風呂(3F) 絶景絶景vvv
c0051781_20531320.jpg

帰りのスーパービュー踊り子号は
池袋行きだった(東京行が超少ない)
新宿はいいとしてなにゆえ武蔵小杉に止まるのか
なので熱海で新幹線をつかまえた
これも "ちょい乗り" というのでしょうか(笑)


昔は小田原から小田急線に乗り換えていたかな
親が江ノ島とか湘南の海は人が多くて砂も泥だからときらい
(そういう偏屈はあたしにしっかり踏襲されている・笑)
海水浴に今井浜まで連れて行った(根性)
泊まりがけん時は伊豆急下田の弓ヶ浜
入り江も子供にとっては果てしなく広がる海だったよね
by elsur147 | 2017-01-31 22:02 | hollander | Comments(0)

閑話休題(犬吠の一コマ)

今日は近くの友人を誘って犬吠埼へ行ってきたv
c0051781_23422365.jpg

変わった社叢の神社も行ったよ
(渡海神社)
そのうちおいおい書ければね
来週は幼なじみと伊豆高原=3
休みが少ないのか出かけ杉なのか...
では話を田舎へ戻します
(まだ正月ボケかい^^;)
by elsur147 | 2017-01-18 00:32 | hollander | Comments(0)

荒ぶる神の鯛の浦

天津小湊という町は合併により消滅したが
たしか国道か県道には残っていて 
標識を 「てんしんこみなと」 と読んで笑われた
(天津甘栗を連想したのダ ^^;)
c0051781_2348123.jpg

その流れで勝浦担々麺を
どうして天津麺じゃないのかと突っ込んだこともある

安房鴨川からの戻りは右の外房線(どうでもいいって)
帰りはここから特急で帰ろうと思ってね
c0051781_23315143.jpg

南国駅のお決まりは
ヤシだかシュロだかソテツだか
c0051781_2349031.jpg

鯛の浦の遊覧船も欠航ですよ
c0051781_23515259.jpg

浦の遊歩道を歩いてみた
ここにも荒ぶる神がいたはず
c0051781_23522996.jpg

岩場に出られるもよう
c0051781_063271.jpg

この日は砕けた波が歩道まできていた
c0051781_0131820.jpg

荒ぶる神の(大弁天)赤鳥居は 逆光で見えない=3
c0051781_02226.jpg

干潮時は弁天まで歩いて行けるらしいが
岩場で裸足はちょっと~
ウエットブーツが必要かもな
c0051781_0224216.jpg

振り返ってみた。けっこう歩きでがある
c0051781_0181524.jpg

何の碑かと思ったら注意書きだった
しないで下さい ではなく
「禁止する」 という厳しさが好きだ(笑)
c0051781_023847.jpg

本当に鯛がいるらしい(特別天然記念物)
それを見学する遊覧船が出ている
船縁を叩くと深海にいるはずの真鯛が
群れをなして海面ギリギリに上がってくるとか
(鯛なら鯛焼きの方が嬉しいけどな ^^;)

手前が小弁天 奥が大弁天 
c0051781_042121.jpg

山側の石段を登ってみたら
c0051781_0545641.jpg

眺め良しv
c0051781_0563196.jpg

ベンチと 灰皿まで(笑)
c0051781_05839100.jpg

そこそこ急な斜面で階段があったり無かったり
雨上がりで下りの方が怖かった(そろりそろりだ)
c0051781_0595257.jpg

頂上に誕生時の仏舎利塔があったらしい
(駅から先っぽだけ見えた・笑)
道なりに先へ進むつもりがベンチの奥から
この時期まさかの
獣の足音らしきもの聞こえ(ザザザザ=3 空耳?)
踵をかえし と=3
c0051781_14324.jpg

鯛の浦に 取って付け(ほほほ)
c0051781_16239.jpg

あれ↓ を近くで見たかったなー
c0051781_165059.jpg

側の防波堤も立ち入り禁止で残念でした
by elsur147 | 2016-12-31 22:59 | hollander | Comments(0)

安房鴨川にて

東京発の特急 「わかしお」 安房鴨川行き
祝日でも10時を過ぎるとガラガラ~
蘇我駅に来ていたのを捕まえてちょい乗り(笑)
c0051781_1955169.jpg

一時間に一本の外房線に間に合わなかったんですよー
総武線が遅れていたのがイケナイ (ならもっと早く出ろって)
蘇我から御宿までの海側は
c0051781_20165357.jpg

向こうに海がある(九十九里)という空気が好き
c0051781_2017773.jpg
c0051781_2017198.jpg

勝浦を過ぎると海とトンネルの繰り返し
c0051781_20173473.jpg

勝浦のホームで外房線を30分待つのもタイクツだったので
そのまま終点の安房鴨川駅まで行ってしまった(物臭)
c0051781_20503857.jpg

戻るまでの待ち時間は(一時間に一本) 海岸に出てみた
オフショアで綺麗な波がたっていました ひゃ~~~v
c0051781_20524492.jpg

海も波もサーファーも眺めていて飽きない
c0051781_20525751.jpg

波がブレイクしていく先 (画像の右端) 昆布とかワカメじゃないですよ 人です人↓↓↓
c0051781_20531873.jpg

うねりを越えていく瞬間もスリリングで好きだった
(パドリングという) 裏側へ降りるとき
うねりが大きいと胃がせりあがるような感覚
実は 怖くてやり過ごしたのだった(^^;)
c0051781_20541082.jpg

遠くから見たとき 「茂原」 が 「奈良」 に見えた
c0051781_2120544.jpg

さてどうする
とりあえず安房小湊まで戻るかー
特急だと早いし楽だしな
c0051781_2234292.jpg

ほんじゃまた~
by elsur147 | 2016-12-24 23:07 | hollander | Comments(2)

幻の赤鳥居

上総興津の守谷海岸へ赤鳥居を見に行くはずが
上総興津に止まらなかったんですよ~特急が~
まあいいやと安房鴨川から安房小湊あたりをブラブラし
そしたら帰りの特急は上総興津に止まるぢゃないか~
なんだい=3
c0051781_0275778.jpg

いえね前に和田浦に行ったとき帰りの特急から見えて(赤い鳥居が)
なんなんだあれは荒ぶる神か と(笑) またそのうち行くわい
ほんとは銚子沖からクジラを見に行く予定でした
ピーカンで暖かかったけど(歩いたら暑っ) 海があんなに荒れているとは=3
by elsur147 | 2016-12-24 00:46 | hollander | Comments(0)

和田浦の忘れ物

漁港の前に開放的な漁村が並ぶ
c0051781_14593450.jpg

どこかオランダ風と感じたのは
錆びた自転車とベンチと
(王国ではボロいほどステータス)
平べったい家屋にねv
c0051781_1295955.jpg

岩の上は小浦稲荷
囲いの仏様は摩滅がひどくてほとんど見えない
c0051781_12104421.jpg
c0051781_122207.jpg

海側は漁港が逆光
c0051781_12292146.jpg

山側は内房線 (安房鴨川-館山)
この辺りは外房で内房ではないのに 
内房線という
安房鴨川が館山への折り返しになるから
だそうだ が だからって
外房を走る電車がどうして内房線になるのか
説明を聞いても納得できない(笑)
c0051781_12222370.jpg

和田漁港は日本で数少ない捕鯨基地
特養で 和田浦に行ってきた と言ったら 
ああ、クジラの と知っている人もいた
c0051781_1240054.jpg

道の駅で買ったお赤飯は
八街の落花生入り(薄茶色の) さすが千葉(笑)
美味しかった
落花生はモチモチですよv
c0051781_13172549.jpg

by elsur147 | 2016-11-29 20:42 | hollander | Comments(0)



climatnara Gunners robinvanpersie
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31