arsenal seveile

2017年 11月 03日 ( 1 )

砂防の吊り橋と別当出合でぐずぐずと

まったくどれだけ名残惜しいんだか
c0051781_2049539.jpg

この吊り橋は記録によると二代目になるのか
以前の吊り橋はもっと下方にあったようです
それが2004年5月17日に発生した土石流により流出
同年6月15日より架設工事 7月24日に完成
夏山に間に合わせるべく急ぐこと驚くべし!
(冬は踏み板が外されるらしい)
c0051781_20505746.jpg

吊り橋が流れるほどの土石流ってどんな勢いだったのか...
以後、定期的に修繕や補修を行っているもよう
c0051781_20502081.jpg
c0051781_20532459.jpg
c0051781_20542130.jpg
c0051781_20544698.jpg
c0051781_21124135.jpg
c0051781_21132472.jpg

夏は17:30発が出る日もあったんだって 
実家にいるなら日帰りできるー
(時刻表に出ていなかった見落としたか?)
バスの時間まで運転手さんとそんな話をしていた
来年も出して下さい とか
団体やツアーの数とかで臨時便を調整するらしい 
c0051781_21135958.jpg
c0051781_21414256.jpg

奥は金沢急行便 手前はフツウの北鉄
市ノ瀬とありますが 白峰~鶴来支所前に変更になった
急行が満席だった為、途中下車の人々は乗り換えた 
あたしも手前のに乗るんだったらよかったのに(里心てんこ盛り=3)
c0051781_21245010.jpg

出発すると車掌さんがマイクを片手にご挨拶
この便が今シーズン最後の登山バスになります
長らくのご利用ありがとうございました云々
車内から拍手がでてウルウルでした

オマケにバスの窓からは御前峰が見えていた
市ノ瀬を過ぎてまだ見えていた
夏は気づかなかった見えないかなーと思って
振り返って見たけれど
あのときは霞んでいたのかもしれない
c0051781_21392115.jpg
c0051781_2141893.jpg

このときに戻りたい 
というより ここに立ちたい
c0051781_21222546.jpg

来年も4649(*^^*)
c0051781_21471074.jpg

by elsur147 | 2017-11-03 22:26 | sato | Comments(0)



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30