arsenal seveile

2017年 10月 24日 ( 2 )

室堂にて欲張りサンセット

暗くなっても山頂にいれば大丈夫ですけど
(火口湖など裏側へ回っていると方角がちょっと)
山頂でサンセットを眺めるのもいいかもだけど
夕ご飯の時間がヤバイので下ります下ります
山小屋は時間厳守です
c0051781_19484733.jpg
c0051781_2083672.jpg
c0051781_2030388.jpg

設定を 「夕焼け」 にしてみた(イマイチ!)
c0051781_20301721.jpg
c0051781_2031159.jpg
c0051781_2034018.jpg

中宮道への分岐である
大汝峰、お池めぐり、お花松原へのショートカットと聞けば
少しは楽そうな気がするが なんのことはない
御前峰の尾根の先に着くわけ(御宝庫の辺り)
やはり登るんですな (平坦かとでも?そうは問屋が だ)
c0051781_20344585.jpg

お手洗い
c0051781_20405064.jpg
c0051781_20425795.jpg
c0051781_21453512.jpg

おおそろそろv (左の建物お手洗い)
c0051781_2039867.jpg

飽きたらず夕食後に展望台へ出てみた
太陽が雲海に沈むのを初めて見た(感激)
あちこちから上がる歓声にも感激
c0051781_2132747.jpg
c0051781_21323824.jpg

今回は満点の星空も見ました
天の川を見たよ凄かった!!!
こりゃ絶対に見逃しちゃいかんと飛び起きた
しかしなんというかヘッドランプほぼ不要
人様ので十分明るかった(^^;)
by elsur147 | 2017-10-24 22:03 | sato | Comments(0)

御前峰の山頂にて

ご来光を拝む方角
c0051781_8402578.jpg

山頂まで登って来ないと見られない剣ヶ峰
ここは足下が切れ落ちている=3
c0051781_8435249.jpg

尾根を北西に進みながら(大汝峰方向)
振り返って見た
c0051781_8445184.jpg
c0051781_8465341.jpg

あたしのイケメン剣ヶ峰vvv
c0051781_8471319.jpg

お花松原はもとより(室堂から往復5時間)
大汝峰にも登れず仕舞いだった
二日目?
下山バスが13:30 一本しかない
それまでに別当出合まで下りないとイケナイ 
夏が過ぎると日の出が遅いんだよ(笑)
白山では上りも下りも急ぎたくないよ
c0051781_857427.jpg

剣ヶ峰を眺めつつ
c0051781_97298.jpg
c0051781_9111150.jpg

来た道を振り返ると青空という~
コントラストが凄かった 
大きな岩は天柱石というマグマの塊
c0051781_9113584.jpg

同じく御宝庫
c0051781_919192.jpg

室堂の方は(福井方面)雲海
c0051781_9315027.jpg

また立ち止まっては振り返ル
c0051781_932172.jpg

白馬岳から立山等が見えていた(北東)
c0051781_9332013.jpg

うんと手前に 三方刮げの崩山~
c0051781_9474341.jpg

可愛い岩はお気に入り
夏は神主さんがあれに登って祝詞を唱えvvv
c0051781_942363.jpg

まったりとしていていい雰囲気でしょう
人も風景の一部になるよね って
近くのどなたかが呟いていた ほんとそう(^^)v
c0051781_9514699.jpg
c0051781_10685.jpg

切れ落ち具合が分かるかな
c0051781_10741.jpg

山頂に着いたの何時だったかな
山頂から360°見渡しながら
尾根伝いに歩いていると
夕暮れ時になってしまった

今回は大汝峰にも行けそうにない と
山頂で出会った人に話したら
(山頂から御宝庫の辺りまで一緒に歩いた)
「いいじゃないですか次の機会でも
山はどこにも行きませんから」 と
その時のその方の笑顔も忘れられない
by elsur147 | 2017-10-24 10:31 | yama | Comments(2)



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.