arsenal seveile

2012年 09月 20日 ( 3 )

役小角が跋扈した山

伊豆に葛城山があると知ってガイドさんに
見えたら教えて下さいとお願いしておいた。
願成就院をあとに。北條寺へ向かう途中。
c0051781_2251459.jpg

伊豆へ流刑になった小角は昼間はおとなしくしていたが
夜になるとやおら目を覚まし富士山まで飛んでいったとか。
昼夜逆転して徘徊したのか。葛城山にも潜んだかもよ~

狩野川をすすすと滑り (こんもり山がそれ) 
c0051781_23302142.jpg

そこらの草木をなぎ倒し
c0051781_22532084.jpg

田んぼを越えてひた走り
c0051781_22532875.jpg

役小角ってウィキ辞書には
「飛鳥時代から奈良時代の呪術者」 と書いてある
呪術者って(笑)

葛城山頂には平安時代より確認される葛城神社があるらしいが
そうきたら金剛山の葛木神社とか転法輪寺とか行ってみたーい!!!
雪の日に。「言うは易く行うは難し」 ってことわざ、聞いたことあるう?
by elsur147 | 2012-09-20 23:37 | etcetra | Comments(6)

運慶の仏をめぐる伊豆

写真で一目惚れというのも妙なんだけど。
運慶が東国武士にインスパイアされて造ったとか。
鎌倉とか伊豆にある仏様は。
で。足下にいる可愛い童子は。
やんちゃ坊主とあんどん坊主(桃の枝を持ってぼ~っとしている)
c0051781_19411438.jpg


願成就院という~お寺の名前にも惹かれた。
がんじょうじゅいん きれいな響きじゃないですか
天守君山 願成就院
c0051781_1922632.jpg

資料館に展示されていた塔婆型の胎内銘札は4枚
ここに運慶仏が4体も=33
お、二童子は二人で一つね(^.^)
「巧師勾当 運慶」 と自署押印されており
興福寺の僧の位のことだと教わりましたが。
「こうしこうとう」 がネット辞書に出てこなかったので
聞き間違えたか漢字を見間違えたのかもしれない。

全体を見渡そうと下がったら山門のむこうに鳥居が~
c0051781_20185896.jpg

うふ。素敵な拝殿だよ。舞殿のようだ
c0051781_20565046.jpg

舞台をこうして見る角度に長谷寺を思う
c0051781_20574776.jpg

神社に階段はつきものとはいえ
それにしても長っっっ
c0051781_2135345.jpg

守山の。 この森で、天使はバスを降りた だvc0051781_2102852.jpg

拝殿を見下ろす急降下
c0051781_2171172.jpg
c0051781_2172826.jpg

北条時政が頼朝の奥州征伐戦勝を祈願して建立。
運慶は前倒しで仏を彫りはじめたとか。
(またまたいいかげんなことを書くんじゃない)
造りはじめたのが記録によるとその3年前なんだって。

征夷大将軍の征は征伐の征、夷は蝦夷の夷、
よって、蝦夷を制圧する大将軍て。なんじゃい=3
そういえば、蘇我蝦夷の蝦夷も本名じゃなくて(笑)
蝦夷という蔑称にして記録に残したって話もあるなc0051781_21123362.jpg

天守君山 きみのやまはてんがまもる
願成就院 求めよ、さらば与えられん だvvv
Ask, and it will be given to you.
c0051781_21115632.jpg
by elsur147 | 2012-09-20 21:50 | etcetra | Comments(3)

沼津のランチというか

お昼ご飯は大急ぎで=3
沼津港に何台も並んでいた移動販売の中から
「みしまコロッケ」 をバスの中で、これまた大急ぎで
(次で降りる伊豆の国市までそんなに時間ないし)
コロッケパンとコロッケとメンチと揚げイモ大会(笑) 
c0051781_2373020.jpg

メンチは、あしたか牛のメンチでした。めちゃうま~かったvvv
みしまコロッケはご当地グルメ。馬鈴薯が箱根西麓のメークイン。
コロッケパンも美味しくて懐かしい味。学校の購買部の味(笑)
c0051781_23481525.jpg

あと添乗員さんが、隣でがっついてる私を哀れに思ったのか
自分のお土産に買った 「あんぱん」 を分けてくれました(はははは)
これがまた。パン生地のしっとり感といい餡子といい、馬馬~~~
c0051781_23512261.jpg

「あんぱん専門店」 だそうです。地元のバスガイドさん情報。
ここも今度行ったときには絶対に寄らなくちゃ~
by elsur147 | 2012-09-20 00:14 | etcetra | Comments(0)



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.