arsenal seveile

長崎の眼鏡橋

着いたのが夜だったので眼鏡になってなくて(笑)、川幅が小さいのも意外。
c0051781_103452.jpg

下に降りられるんだけど、夜じゃ怖いよねぇ。
c0051781_13771.jpg

江戸末期の町屋を改装した喫茶店。南蛮茶屋。うちの田舎のニオイがした。
c0051781_161157.jpg

手作りのレアチーズケーキ。ネス湖のネッシーのようです。
スイーツこれだけでは物足りなくて、でも8時すぎたらお店みんな仕舞ってるし、
しかたがないからコンビニでデザート買ってホテルで食べた、と(笑)
c0051781_181821.jpg

柱時計も田舎にあるのと同じような、うちのはもっと大きかったけどなつかしかった。
大きいって、寺だから家ん中にだだっ広い御堂と仏殿があるわけよ。こわいのなんの(笑)
c0051781_19767.jpg

ケーキの前に食べたトルコライス。めちゃ美味しかった!
なんでもケチャップパスタに具が入っているのは邪道なんだと。
c0051781_11415100.jpg

友だちが平戸で買ってきてくれたお土産。
長崎に 「オランダ」 と名の付くお菓子は見つからなかったのよね、なぜか...
c0051781_1163325.jpg

かわら煎餅をハードにしたような感じ。ウラ表で焼き印が違う。
当時のオランダ人が作っていたのを踏襲しているんだろうな~って思うような素朴さ。
歯をを丈夫にするならグミよりこっちの方がいいんじゃないのロビン(笑)
c0051781_118467.jpg

出島で買ったお醤油さし。カラーよりブルーで。まだ使ってない。使う気ないでしょ。
c0051781_1495644.jpg

大浦天主堂も夜。関ヶ原から島原の乱もろもろ、徳川オランダ連合だったなんて。
習ったけど忘れてた?今更ショッキン...でも私のオランダ愛は変わらない。
c0051781_1501237.jpg

そうそう、ペリーが浦賀に行くとき、シーボルトは一緒に行きたいと交渉したらしいんだけど、
アメリカは、オランダに開国のイニシアチブとられたらヤバイからって断ったそうな。

*渋くてカッコかっこいいサイト見つけた。水土の礎
写真や地図ながめて綺麗だわ~ってうっとりしているだけだけど。本で読みたい。
by elsur147 | 2008-10-18 01:44 | hollander | Comments(6)
Commented by MAY at 2008-10-18 20:22 x
私もその「昔」めがね橋と長崎の町、行きました。とても懐かしいです。えー・・・30年ほど前です(^^;)そのまま時が止まったようなお店、いいですね。と、試合を前にドキドキしながらかいてます。ロビン、雄たけび期待してるよ。
Commented by elsur147 at 2008-10-18 22:46
>MAYさん
こんばんは~試合前にありがとうございます。たぶん長崎は、昔も今も変わってないと思います~眼鏡橋は街中に普通にあるのも意外で、でも石橋の重厚さはステキでした。思う存分スリスリ触ってきました(笑)、南蛮茶屋は落ち着いた雰囲気の喫茶店で、ああいうの、地元にもあるんですよね。オランダと長崎は私に日本を再発見されてくれてます♪
あ、ロビンとセスク、出られますね、よかった~。MAYさんと一緒に、勝利を祝えますように☆
Commented by ber at 2008-10-19 21:48 x
 クリシが苛ついていたのは、SHに置かれたソングとデニウソンのビルドアップの無さかなぁと。以前なら、一定の高さまで相手陣地に進入した上で、逆サイドへ走り込んできたクリシがチャンスメイクするという展開だったのですが、やはり縦への圧力が弱まった上、上がろうとする気配がない以上誰かが持ち上がっていかないといけない。ソングやデニウソンに任せても無難なプレーに終止しちゃいますから。
 倉敷さんや川勝さんが彼等の課題について述べられていましたけれどその通りだと思います。ソングはCBとしてのプレーの方が安定していましたし、質のいいボールを蹴るので最終ラインでいたほうが彼にとってもいいのではないかと思いました。あそこは他に比べてそう動かなくてもいいですし、対人の場合は無類の強さを発揮できますから。
 デニウソンは怒られるべきで、復帰したディアビと交代して少しばかりお灸を据えるということも必要かもしれませんね。なんでしょう。必死さが見られないんですよね。フラミニと比べるとというよりも、安心しちゃってるような、悪い傾向です。
Commented by ber at 2008-10-19 21:49 x
 ポジショニングにしても彼の持ち味は飛び込んでくるプレーだと思うのですが、コーナーキックの際にしても他のプレーヤーと共にペナルティエリアの中で待機。彼は外でこぼれ球を狙う立場であると思います。そんなとこにいても勝てないです。
  やはり、ペルシは前でプレーしていた方がいいですね。裏をかく動きといい、見事なトラップといい敵への圧力となり得ていました。得点も単純にそこにいたということで、彼が下がり目で繋ぎ役に徹していた場合は有り得なかったものだったと思います。
 アデバヨールはもう少し自身のストライドの幅を考えておいた方がいいと。もう少し後ろの位置でだって彼なら追いつけるでしょう。
 それでですね、倉敷さんや川勝さんが仰られていたことに関係するんですが、ソングやデニウソン、特にソングですね。一歩遅いプレーをしているなと。前へボールを送るにしてもわざわざ隣のプレーヤーに渡して送るんですよね。セスクなどは後ろを向いた状態でも上手く体を反転させて、最小限の時間で前へとボールを送っているんです。
Commented by ber at 2008-10-19 21:49 x
勿論時と場合によるんですけれど、果敢に挑戦する時間帯が無いんですよね。勢いに乗っている時間帯はそういったプレーが展開を停滞させてしまいますから、中盤がなかなか機能しないのはそのせいかなと、まだ最終ラインでの事であれば寛容できるのでCBとして使って欲しいと。メリダやラムジーは荒削りですけれどそういったところは評価できるんですよね。というか、さすがにSHソングは…やっちゃ駄目だろヴェンゲル。
 最近フライデー・ナイト・ファンタジーという曲を久々に聴きました。いいですよねあの曲。金曜ロードショーのOPに流れていた曲です。水野晴郎さんが解説されていた頃の。
Commented by elsur147 at 2008-10-20 01:15 x
>berさん
こんばんは!コメントありがとうございます。
勝てたけど、勝たせていただいた、としか、言い様のない内容でしたね。
クラッキーと川勝さんのコメントも耳が痛くて、いました。
クリシーのイライラも分かりますし、中盤で孤軍奮闘していたセスクも哀れでした。

デニウソンとソングは、自分から仕掛けるという積極性に欠けますか、
安心、と言われれば、そうなのかもしれません。
アデバイヨルを見ていても感じたのですが、
今のアーセナルに何が足りないって、闘争心が足りないな、と。
berさんがコメントされた、必死さと同じだと思うんですけど。
なんとなかると思ってないですか?と。

ロビンのゴールは、たまたまそこにいたから、だったので、
素直に喜んでいいものかどうか、悩んでしまったのですが、
そこに居ることが大事なのでしょうね。

金曜ロードショーのOP、流れるようなメロディラインの、綺麗な曲でしたよね。
そういえば、オランダ講座の先生が、日本人が語学に弱い原因のひとつは、
映画の吹き替えだと仰ってました(そう言われても島国で周りにガイジンいなかったし...)
<< ロビン祭りに決まってるが。 セスクの足 >>



climatnara Gunners robinvanpersie
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30