arsenal seveile

Before Sunset

c0051781_21224269.jpg
恵比寿ガーデンシネマは余韻に浸るのには最高でした。劇場を出ると、大きな広場があって街路樹があってベンチがあって、なんとなくパリの箱庭風。水曜日だから?みなさん千円映画に繰り出したのかしら?空いていました。それを狙って行ったんですけど…(笑)

c0051781_2123427.jpg
9年前に製作された「恋人までの距離」は公開時に観たきりなので、おさらいしたかったのに、考えることはみんな同じなのか、ずっとレンタル中。劇場の入り口に色々掲示されていたレビューの中で、沢木耕太郎さんのコラムが面白かった(@朝日新聞)、「これはサッカーのゲームような映画だ」と。都会的な会話=不自由な会話、つまり、手を使わないサッカーのように不自由だからだと。

スタジアムはパリ。
選手は二人。
ボールは会話。
時間は85分。
ルールは、直接的な感情や質問の表白は避ける。
なるほどね・・・。

c0051781_21244946.jpg
で、footballの目で観ると?ジュリー・デルピーが押せ押せのワンサイドゲーム。イーサン・ホークは防戦一方で、スキを見てカウンターをしかけるも、ジューリがパンチング(笑)

ジュリーの飼い猫が可愛かったな。中庭でパーティができるアパートも素敵♪
イーサン「何て言う名前?」
ジュリー「チェ」
イーサン「アカだ!(笑)」

奇しくも?お隣の劇場で「モーターサイクルダイアリーズ」を上映中(面白かった!)ツボにはまった(笑)いつのまにか私はイーサン・ホークの気持ちに同化して観ていて、ジュリーと一緒にパリのカフェに入り、そぞろ歩き、遊覧船に乗って、そしてそして。イーサンelsur147ホークとしては?さて、どうしよう…。歌と踊りに酔ってまったりしてる場合じゃないんだけど。ま、いっか~。
こんな感じかなぁ(笑)、この続きは何年後になるのかな?今から待ち遠しい。

ジュリー・デルピーは、9年前に比べてずいぶん痩せてしまって驚いた。饒舌な中にも落ち着いた大人の雰囲気が漂っていて、昔のような研ぎ澄まされた緊張感というか、次に何を言い出すのか分からない危なっかさのような感性が失われていたのは、ちょっと淋しいような…。でも、イーサンと監督と三人でアイデアを出し合いながら、試行錯誤を重ねて創られた過程を思うと、気持ちが温かくなるのよね。
by elsur147 | 2005-02-16 21:21 | cinema | Comments(2)
Commented by borderline-kanu at 2005-02-20 12:10
サッカーに例えるのは面白いですね。
押せ押せで攻めていても、結局ドロー。これが一番疲れるですよ(^^;
3人のライフワークのようなかんじであと2作ぐらいは見てみたいかな。 カヌ
Commented by elsur147 at 2005-02-20 22:42
カヌさん、こんばんは!
いつもコメントをありがとうございます。
ご報告が後になってしまいまたが、勝手ながらリンクさせて頂きました。
今後ともよろしくお願いいたします♪

<微妙にネタバレ注意報です>
終始押していて、結局はドローなんて(一番疲れる>たしかに!)
まるで、アーセナルのゲームみたいです(苦笑)
ふと思ったんですが・・・
もしかしたら、セリーヌはずっとボールを回されていて、
気がついたら、自陣ゴールにジェシーが・・・?(笑)

あ、私も今後の人生でまた3人と再会したいです。
<< 春色シューズ アーセナル vs クリスタルパレス >>



climatnara Gunners robinvanpersie
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30