arsenal seveile

サブマリンは浮上する

「footballista」 “リケルメからピレスという変化” より超抜粋。。
世界レベルの選手が抜けスケールダウンしたが、逆に個人に頼らないぶん、まとまり・規律・犠牲心がプレシーズンから際だっていた。チーム力はアップしている。マウバが取材をうけたとき、通訳を買って出たピレスの人柄は、ピッチ内外で良い影響を及ぼし、ホシコの残留も、補強に匹敵する明るい話題。マドリーに思わぬ大崩した原因はDF陣の不安にあるが、まとまりのある今シーズンのビジャレアルは要注意。開幕戦の大勝は偶然ではない。
c0051781_0362263.jpg

あら、アーセナルとおんなじ(笑)、けど、アーセナルの方がレベルは高いね。あらためてどポーツマス戦を見てそう感じた。あ、ペジェグリーニ監督は、後半はアクシデントだったと仰ってます。
仕切り直して、あらためて連勝を重ねよう。きっと大丈夫。
by elsur147 | 2007-09-06 00:38 | football | Comments(0)
<< 「アーセナル vs ポーツマス... ビジャレアルだいじょうぶ? >>



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31