arsenal seveile

元旦ダービー

「チャールトン vs アーセナル」 1-3 
 
立ち上がり1分で2本シュート打たれたアーセナル…と。だって、これは特筆事項でしょ~?(汗)、さてさて、先行勝ち逃げアーセナル?ヴィエラからもらったボールを、フレディが狭いところで反転してシュート先制アーセナル。なのに、相手のスローインから、エルカルクリの凄まじい弾丸シュートで追いつかれて前半終了。またかと、思わずふさぎこんでしまったハーフタイム。アンリはしょっちゅうボール取られるし、キャンベルのあわやオウンゴールという危機一髪もあり。アルムニアがキャッチしてくれて事なきを得るも怖かったぁぁぁ; 
 
ところが、後半始まってすぐにお目覚めアーセナル。47分にアッシュのスローインから、 
リュングベリが逆転ゴール。左サイドからセンターのヴィエラ、ちょと下がってトゥレ、右からロビン、セスクが落として最後の仕上げがリュングベリ。イメージ通りのシュートです?スクエアなパス交換もスピードのある展開も、とてもとても美しかった。弾丸エルカルクリの左足クリア間に合わず(ふっふっふ!後にロビンにアシストよ) 
 
後半は攻守がダイレクトで激しく切りかわる場面があって胃がキリキリ。相手の攻撃からオフサイドに助けられること2回?3回?アルムニアのキャッチやパンチングは、前半からスリリングなのが多くて、観戦メンタルのアップダウンの激しいこと。 
 
c0051781_20513176.jpg
でもでも来たのよ、ロビンの貴重な追加点!アルムニアがぽーーーんとキックしたボールにエルカルクリがヘッドでつないで(笑)、ファンペルシー!左足をダイレクトで大きく振り抜き、上半身をツイストよろしくひねって、これまた美しいゴールなり。「兄ちゃん、やったよ!」 って感じで、後ろ向いたままアンリの首に抱きついたショットは本日最高のツボだった。アンリと2トップのゲームで結果を出せて良かったね。 ダメ出しの多い渡邊さんだけど、今日のリュングベリとロビンに関しては、もうもう溜息混じりの賞賛をーーー! 

 
そうそう、クリシーがトップチームに入ったときのエピソード。錚々たるメンバーの中でやっていけるのか不安だったと。それは誰かをライバル視するのではなく、仲間をサポートできればと、意識改革することで解消されたとか…。これ、アーセナルのポリシーでしょ?キャンベル発 「together」 の所以でしょ。お互いにサポートしあうアーセナル。素敵よね。これでダービーは連続31試合無敗のアーセナル。2005年初ゲームを勝利で飾ったの、おめでとう!
 
あ、アンリの直接FKが枠内に飛んで、カイリーまったく反応できなかったのに、ゴールネットで真正面から受け止めたバートレットったら、とんだお邪魔虫だったわね。でも、キライじゃないのよチャールトン。勝てたから?たぶんそう(笑)
by elsur147 | 2005-01-01 20:40 | football | Comments(0)
<< で、この方でしたか!(笑) CL最終節‥ローゼンボリ [... >>



climatnara Gunners robinvanpersie
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30